あの人建ちも若かった?!懐かしいアイドルが勢ぞろいのドラマ「FIVE」
2016年2月15日 更新

あの人建ちも若かった?!懐かしいアイドルが勢ぞろいのドラマ「FIVE」

1997年に放送されたドラマ「FIVE」今では見られない豪華なキャストが揃っています。派手なアクションシーンも見所です。では当時を振り返ってみましょう。

12,320 view

FIVE

『FiVE』(ファイブ)は1997年4月19日~6月28日に日本テレビ系で毎週土曜夜9時に放送されたテレビドラマ。全11話。
 (1574872)

スタッフ

脚本:野尻靖之、橋本以蔵、大川俊道、村田岳史、酒井直行
音楽:Ram Jam World、キハラ龍太郎、yagihashi kanpei
演出:猪股隆一、大谷太郎、長沼誠
ファイティングコーディネイター:佐々木修平
カースタント:スーパードライバーズ
技術協力:NTV映像センター
美術協力:日本テレビアート
チーフプロデューサー:小杉善信
プロデュース:佐藤敦、北島和久

サブタイトルと視聴率

TRAP-1 1997年4月19日 大脱獄 17.9%
TRAP-2 1997年4月26日 死の絆! 17.7%
TRAP-3 1997年5月03日 悪魔の密売 美少女失跡の罠 17.0%
TRAP-4 1997年5月10日 死の旋律! 毒ガスの恐怖!! 18.8%
TRAP-5 1997年5月17日 永遠の別れ 第1部完結編! 16.3%
TRAP-6 1997年5月24日 イジメ少年暗殺計画! 15.0%
TRAP-7 1997年5月31日 完全犯罪!湖底に消えた謎 13.5%
TRAP-8 1997年6月07日 殺人VTR 仮面の女の牢獄犯罪 14.6%
TRAP-9 1997年6月14日 復讐の切札!スキャンダル報道の罠!! 14.8%
TRAP-10 1997年6月21日 裏切りの十字架!友が泣きながら死す 17.2%
FINAL 1997年6月28日 悪魔に勝利する日!愛する友が燃え尽きる…香港マネー強奪作戦13.4%
 (1574882)

最終回の6月28日の夜に神戸連続児童殺傷事件の犯人(当時14歳の少年)が逮捕され、各局が特番を放送したため最終回の視聴率が大幅に落ちてしまった。

主題歌

「ESCAPE」 - MOON CHILD
1997年に発売された5枚目のシングル『ESCAPE』が大ヒットし、オリコンシングルチャート1位を獲得し、一躍人気バンドとなる。ポストMr.Chlidrenとして注目が集まるが、1999年に解散した。

FIVE 傑作選 第1話 - YouTube

ストーリー

ある男(淀橋幸世)と彼の部下になったアウトローな5人の少女たち(アサミ、ナナカ、カヨ、イヅミ、マドカ)と犯罪組織との戦いを描く。
主役に当時旬であった5人の女優を起用し話題となった。
少女版「スパイ大作戦」を目指した作品とのこと。残念ながら「スパイ大作戦」の緻密(ちみつ)さはなく、突っ込みどころ満載。首をひねるような展開が多い。
海外逃亡中の時効とか、香港の返還とか、いろいろなキーワードは出てくるが、途中でどこかに行ってしまう。
ただし、テンポはかなり早く、次々とイベントが起こるので、見ている間は深く考えさせずに引き込んでしまう力は持っていると思う。
映像も、当時としてはスタイリッシュな部類に入ると思う。
人気アイドルを揃えたキャスティングは、当時はなかなか豪華だったし、悪役陣の濃さも魅力。
90年代前半に流行ったジェットコースターのように不幸が加速するとか、ラストでヒロイン以外はみんな死ぬとか、今考えるとけっこうとんでもないサスペンス物
物語は、生き残った1人(知念里奈)が見た幻でした。
4人は、遠藤久美子→ビルから飛び降り、篠原ともえ→額を撃たれる、鈴木紗理奈→爆弾持って敵に飛び込む、ともさかりえ→敵に撃たれてボスみたいな男性と手を繋いで死ぬ。などBADENDです。
さりげなく悪役の妹として、深田恭子もカナコ役で出ています。デビュー作です。
 (1574902)

登場人物

アサミ(瀧川 麻美) - ともさかりえ

アサミ(瀧川 麻美) - ともさかりえ

15年前におきた銀行強盗事件に家族で巻き込まれ人生が狂ってしまった少女。何度も生死の境を潜り抜けるが、最終的には爆薬が仕掛けられていた山でアサミがリモコンのスイッチを押して爆発させる。越山は吹っ飛んで爆死した。ついに宿敵越山を倒すがアサミにも淀橋にも起き上がる力は残されていなかった。
後半はアサミが淀橋を愛するようになるという展開となる。
出典 ameblo.jp
32 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

シノラーの面影、無し!!あの篠原ともえが深田恭子とのツーショットを公開!

シノラーの面影、無し!!あの篠原ともえが深田恭子とのツーショットを公開!

30代後半とは思えない若さ!現在アーティスト・デザイナーとして活躍する篠原ともえが、インスタグラムにて深田恭子とのツーショット写真を公開しました。
隣人速報 | 3,676 view
ストーカードラマ目白押しだった!1997年1月~1998年3月☆パロディにも

ストーカードラマ目白押しだった!1997年1月~1998年3月☆パロディにも

「ストーカー」という言葉が使われ始めた1997年。この頃には、ストーカーを題材にしたドラマがたくさん放送されました。これによって、ストーカーと呼ばれる存在が世間に広まったと思われます。怖いような、ちょっと行き過ぎて笑っちゃうような!?そんな展開もありましたね。
mikimini1225 | 27,465 view
大人の事情で再放送されない?問題作といわれた医療ドラマ「心療内科医・涼子」

大人の事情で再放送されない?問題作といわれた医療ドラマ「心療内科医・涼子」

1997年、「失楽園」の後番組として放送された医療ドラマ。しかし、内容が心療内科医としての範囲を逸脱しているとして、現実の医師から数多くの抗議文が送られた問題作でもある。
cyomo | 9,931 view
20歳になったばかりの安室奈美恵がSAMとの電撃婚&妊娠を発表!世間に衝撃!

20歳になったばかりの安室奈美恵がSAMとの電撃婚&妊娠を発表!世間に衝撃!

1997年10月22日,人気絶頂の歌姫・安室奈美恵がTRF・SAMとの結婚を発表!さらに妊娠しているニュースに世間は驚きました。同年に発売した「CAN YOU CELEBRATE?」はオリコン年間シングルチャート首位を獲得するなど、さらに人気を不動のものとしました。
並木モッズ | 2,367 view
1997年カンヌ映画祭で物議を醸したサイコ映画『ファニーゲーム』暴力シーンを”描かずに描いた”問題作

1997年カンヌ映画祭で物議を醸したサイコ映画『ファニーゲーム』暴力シーンを”描かずに描いた”問題作

1997年のサイコホラー映画『ファニーゲーム』。ミヒャエル・ハネケ監督が暴力の蔓延する映画界に疑問を投げかけた問題作です。1997年のカンヌ映画祭では物議を醸しロンドンでは、ビデオの発禁を求める運動が起こったとされています。
ひで語録 | 2,267 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト