「てんぎゃん」の作者がジャンプ黄金期に連載していた、知る人ぞ知る漫画「恐竜大紀行」がついに復刊!!
2018年5月18日 更新

「てんぎゃん」の作者がジャンプ黄金期に連載していた、知る人ぞ知る漫画「恐竜大紀行」がついに復刊!!

1980年代後半に週刊少年ジャンプに連載されていた岸大武郎「恐竜大紀行」が、「恐竜大紀行 ≪オリジナル版≫」として復刊ドットコムより刊行されることが決定しました。

2,011 view

80年代後半のジャンプ黄金期に連載されていた「恐竜大紀行」が復刊!!

1980年代後半に週刊少年ジャンプに連載されていた岸大武郎「恐竜大紀行」が、「恐竜大紀行 ≪オリジナル版≫」として6月中旬に復刊ドットコムより刊行されることが決定しました。
 (2010385)

カルト的人気を誇る名作「恐竜大紀行」とは?

「恐竜大紀行」とは、岸大武郎が週刊少年ジャンプ1988年51号から1989年12号まで連載していた恐竜漫画。中生代を舞台としており、その時代に生きた恐竜たちの苛酷な環境、そして弱肉強食の世界がリアルに描かれています。
 (2010400)

集英社から当時発売された単行本。
本作の特長として挙げられるのは、まずは「観察者たる人間」のような存在がおらず、あくまで作中に登場する恐竜たちの視点から、物語が展開されている点です。動物園的な視点で恐竜を扱う子供向けの恐竜図鑑などとは一線を画しています。
 (2010419)

更に、恐竜達の動きに合わせてセリフがつけられているのも印象的です。このセリフについては、恐竜が頭の中で考えている事を投影している、といった解釈が可能かと思います。
 (2010421)

そんな「恐竜大紀行」が“オリジナル版”として復刊!!

このたびの復刊では、週刊少年ジャンプに掲載されていた当時の誌面のままの復刻を目指し、4色・2色カラーページ、扉などを忠実に再現しています。まさに≪オリジナル版≫という名前にふさわしい仕様として蘇った「恐竜大紀行 ≪オリジナル版≫」。お早めに予約しておきましょう!
 (2010429)

鳥山明も認める異色漫画家「岸大武郎」とは?

岸大武郎は1963年生まれ。1983年に「21世紀の流れ星」で手塚賞に準入選した後、1985年に週刊少年ジャンプ『水平線にとどくまで』で商業誌デビュー。荒木飛呂彦、森田まさのりのアシスタントを経て、「恐竜大紀行」「てんぎゃん -南方熊楠伝-」といった当時のジャンプとしては異色の漫画を連載していました。
 (2010401)

「恐竜大紀行」そして南方熊楠の生涯を描いた「てんぎゃん -南方熊楠伝-」も、少年漫画特有のデフォルメといった要素はなく「リアルな描写」に終始しており、アンケート至上主義であった当時のジャンプで受け入れられることはなく、「てんぎゃん」に至っては物語の途中で打ち切りとなってしまいました。
◆週刊少年ジャンプ 1988年51号 聖闘士星矢 した... - ヤフオク! (2010459)

「恐竜大紀行」が連載されていた頃の週刊少年ジャンプ(1988年51号)。
「てんぎゃん」を最後にジャンプを去り、当時の子供たちの記憶から消えていくかに見えた岸大武郎。しかし、彼の作品に注目する人物がいました。ジャンプ黄金期の巨匠・鳥山明です。週刊少年ジャンプ誌上でのインタビューで「好きなジャンプのマンガは?」と訊かれた際に「恐竜大紀行」を挙げ、かつて復刊された際にはコメントを寄せるなど、岸大武郎フリークとして存在感をアピールしています。

商品概要

27 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ミドルエッジ男子必見!河合奈保子“伝説のビキニ”が「デジタル写真集」として配信開始!!

ミドルエッジ男子必見!河合奈保子“伝説のビキニ”が「デジタル写真集」として配信開始!!

80年代を代表するアイドルのひとり、河合奈保子を特集した1982年発行の雑誌「別冊近代映画 河合奈保子スペシャルパート3」が、このたびデジタル写真集として配信をスタートしました。
隣人速報 | 11,510 view
80年代~90年代のりぼん歴代連載作がスカイツリーに集結!「250万乙女のときめき回廊」1月9日から開催予定

80年代~90年代のりぼん歴代連載作がスカイツリーに集結!「250万乙女のときめき回廊」1月9日から開催予定

月刊少女漫画雑誌「りぼん」の創刊60周年を記念したイベント「250万乙女のときめき回廊 at TOKYO SKYTREE」が、2017年1月9日~3月31日までの期間限定で開催される。今回、80年代~90年代に連載された人気漫画が東京スカイツリーを彩る。
red | 2,128 view
ミドルエッジ世代のバイブル「魁!!男塾」全34巻が期間限定で無料で読み放題に!関連作品の半額キャンペーンも!

ミドルエッジ世代のバイブル「魁!!男塾」全34巻が期間限定で無料で読み放題に!関連作品の半額キャンペーンも!

電子書籍サイト「ebookjapan」にて、80年代に週刊少年ジャンプを読んだ世代のバイブル「魁!!男塾」全34巻が無料で読み放題となるキャンペーンを現在開催中です。期間は2月21日23時59分まで。
隣人速報 | 2,084 view
忘年会に最適!?東京・歌舞伎町に「キン肉マン酒場」がオープン!2929(にくにく)円で飲み放題だと話題に!!

忘年会に最適!?東京・歌舞伎町に「キン肉マン酒場」がオープン!2929(にくにく)円で飲み放題だと話題に!!

週刊プレイボーイ(集英社)が東京・歌舞伎町で営業する「週プレ酒場」にて、80年代にミドルエッジ世代を夢中にさせた「キン肉マン」とのコラボ酒場「キン肉マン酒場」が、12月4日より営業を開始しました。
隣人速報 | 5,334 view
直進行軍、油風呂、義呂珍、撲針愚…マネしたくても出来ない「男塾名物」の数々!!

直進行軍、油風呂、義呂珍、撲針愚…マネしたくても出来ない「男塾名物」の数々!!

80年代にジャンプを読んでいた方であれば誰もがご存知の宮下あきら「魁!!男塾」。全34巻の長編漫画なのですが、その初期に「男塾名物」というイベント(?)がよく開催されていました。この記事では男塾名物についておさらいしてみたいと思います。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト