2017年2月17日 更新

1974年にブリヂストンから発売されたロードマンって知ってる?

1974年にブリヂストンから発売されてから少年達に絶大な人気だったロードマンを覚えてますか?ドロップハンドルの元祖とも言えるロードマン。少年たちの憧れの1台でした。

12,101 view

ロードマンとは?

グリーンバージョン

グリーンバージョン

1974年より発売開始された入門者向けスポーツ自転車。少年漫画雑誌の裏に広告が掲載されることが多かった。セミドロップ車よりも高い年齢層を対象としており、ロードレーサーやランドナー、スポルティーフなど、ドロップハンドルの本格的スポーツ用自転車へ目を向けさせるきっかけになった。ブリヂストンサイクルの歴史を代表する名車種として知られる。

しかし後の各用途に特化させたそれぞれの車種に道を譲り渡す形で1999年に生産と販売を終了した。
ブルーバージョン

ブルーバージョン

ロードマンのヒットから他社も追従し、宮田カリフォルニアロード、松下TamTamRoad(後継はランディオーネ)、丸石ロードエース、富士フェザーコンポなどが販売されていた。各社仕様はほぼ同じであり、このカテゴリーの自転車は車両本体定価が4万9800円に設定されていたことから、俗に「ヨンキュッパ」と呼ばれた。
今では普通だけど・・・40年以上前に5万円のチャリンコなんて結構な金額だよね。
でもロードマンは26×1・3/8ホイール仕様がフレームサイズ2種類、27×1・3/8ホイール仕様がフレームサイズ5種類で、いずれもフロント2段リヤ6段12段シフトとなってた。
凄いチャリンコでした。

ロードマンのカタログを見るだけでちょっと満足してました

今だとネットなので画像や情報を得られる時代になりましたが、当時の情報源と言えば自転車販売店などでもらえるパンフレットか雑誌の広告記事がメインでした。
カタログはそれだけで楽しめるもので、自分の乗っている姿を想像したり、色やパーツについて友達と語ったりしたものです。
カタログ

カタログ

オプションカタログ

オプションカタログ

ブラックジャクも乗ってた?

ブラックジャクも乗ってた?

ブラックジャックだから少年チャンピオンなどの少年誌にタイアップ広告として掲載されていた手塚治虫が描いた「ロードマンの世界」
vol.8だから連載企画だったのでしょうか。あまり記憶にありません。

当時の最先端技術がつめこまれたロードマン

本格的なスポーツ自転車に近い形で量産の一般車でもセミオーダーを実現したロードマン。
ブリヂストンの開発力が詰まった自転車でカタログにも詳細を記載し、少年の心を射止めることに成功することになりました。
科学技術が組み込まれて

科学技術が組み込まれて

フレームにも

フレームにも

出典 ameblo.jp

“ミスター・ロードマン”とも言えるブリヂストンサイクル渡部裕雄さんインタビュー記事もありました

あの頃の開発エピソードや値段についての裏話、ブームの終焉など非常に中身の濃いインタビュー記事となっています!是非、インタビュー記事サイトで読んでみて下さい!
ブリヂストン渡部裕雄さんとロードマン

ブリヂストン渡部裕雄さんとロードマン

1973年にブリヂストンサイクルに入社し、ロードマンの登場から終焉までを見届けた渡部裕雄さん。「私も今年で64歳。今のうちにいろいろ話しておこうと思って」――そう言って笑う“ミスター・ロードマン”のまなざしは、自転車への愛であふれていた。登場以来、20年以上にわたり累計150万台が販売された伝説的ロードバイク「ブリヂストン・ロードマン」。その開発秘話やエピソードに迫った。

当時のテレビCMはこんな感じでしたね!

ブリヂストン・ロードマン CM

パンフレットにも登場しているハーフもしくは外国人と見られるお姉さんが綺麗でした。
こちらのCMでは、女性でも軽々持てるくらいの軽量が売りだったのでしょうか。あまり自転車のCMっぽくないのが特徴です。このお姉さんの情報をお持ちの方はお知らせください。

改造も流行ったロードマン

もともとがセミオーダーで自分好みにカスタマイズできるロードマン。
一方でロードマンが大ヒットモデルだったため、高校や中学校の駐輪場がロードマンだらけになってしまい、自分のロードマンを見失う人が多数いたとかいないとか。
そんなときに目印になるのも改造のメリットだったりしました。
自分好みのハンドルに変えたり

自分好みのハンドルに変えたり

※画像はイメージです。
補助ブレーキをつけたり

補助ブレーキをつけたり

※画像はイメージです。

特別仕様としてフラットハンドル仕様とセミドロップ仕様も登場していました。

フラットハンドル

フラットハンドル

こんなパンツ汚れ防止バンドした中学生いましたね。

パシップ セーフティー

パシップ セーフティー

ロビンフッド保険

ロードマンの頃だろうか・・・自転車にロビンフッド保険というのができたのは。
実際によく盗まれる自転車だったからね。
○盗難補償(エコシリーズ等一部車種を除く)
 ・3年間盗難補償(ブリヂストン指定の車種)
 ・3年間盗難補償(電動アシスト車)
 ・1年間盗難補償(一般自転車)
 補償内容につきましては、製品添付の「ロビンフッド手帳」もしくは「盗難補償書」をご覧ください。また「ロビンフッド手帳」添付のハガキを投函して頂いた場合でも、同等の補償を受ける事ができます。

まだまだロードマンは現役で走れます!

ロードマン・スーパーコルモ
ロードマン・コルモ(サンツアー系の部品構成)
ロードマン・プレビオ(シマノ系の部品構成)
ロードマン・スカラ

など色々な車種とバリエーションが販売されたロードマン。
今でもヤフオクや自転車ショップなどで見かけることも多いです。少し検索すると30年以上も大事に乗っている方やレストアを請け負ってくれる方など様々な方に愛されているロードマン。

あの時は買えなかったので、ロードマンでダイエットします!
イエローバージョン

イエローバージョン

37 件

思い出を語ろう

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』や『ゴーストバスターズ』が「プレイモービル」で登場!映画など5作品がコラボ!!

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』や『ゴーストバスターズ』が「プレイモービル」で登場!映画など5作品がコラボ!!

世界中で大人気の「ファンコ社」とドイツ生まれの知育玩具「プレイモービル」のコラボレーションによる新シリーズ「200%プレイモービル」が登場。今回、初めて映画やアニメのキャラクターが「プレイモービル」になる。
red | 625 view
【プロゴルファー猿】藤子不二雄Aによって描かれたゴルフ漫画。その連載の長い歴史と、数々の名シーンを振り返ってみましょう。

【プロゴルファー猿】藤子不二雄Aによって描かれたゴルフ漫画。その連載の長い歴史と、数々の名シーンを振り返ってみましょう。

1974年に週間少年サンデーで始まった少年誌界初のゴルフ漫画です。少年誌としては前代未聞のゴルフ漫画は、編集部が抱いていた大きな不安とは反対に、その号の読者人気アンケートでいきなり1位を獲得するほどの大反響でした。頼れるのは自分一人、栄光と挫折にみちた孤独なゲーム、そんなゴルフの魅力にみせられた主人公の物語です。
cyomo | 4,135 view
昭和の子供のあこがれ 70~80年代の多段変速自転車の魅力 昭和レトロな自転車です

昭和の子供のあこがれ 70~80年代の多段変速自転車の魅力 昭和レトロな自転車です

1970~80年代、子供達の憧れだったスポーツ自転車。 他のどの自転車にも無いような特徴的なデザインが今でも思い出されます。
bohemianrhapso1 | 99,542 view
【1980年代男子が好きだったおもちゃ&遊び】男子ならどれかはハマった、80年代を代表するおもちゃ、楽しかったあの頃の遊び。

【1980年代男子が好きだったおもちゃ&遊び】男子ならどれかはハマった、80年代を代表するおもちゃ、楽しかったあの頃の遊び。

1980年代、男子に人気だったおもちゃや遊びは無数にありました。「家遊び」「外遊び」とで分けてみても、どちらにもたくさんの楽しいおもちゃ、そして遊びがあったことを思い出す人は多いでしょう。決してファミコンだけではなかった80年代の私たちを取り巻くおもちゃや遊び。懐かしくも楽しい思い出を、振り返っていきましょう。
青春の握り拳 | 685,639 view
流行したモノは何でもプラモデルになった、自転車、ラジカセ、ヤン車

流行したモノは何でもプラモデルになった、自転車、ラジカセ、ヤン車

昔は流行したモノが、何でもプラモデルになる傾向がありましたよね。子供にとっては嬉しいですが、これはマニアックだなというモノまで。
M.E. | 14,153 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト

懐かしい!記憶をくすぐる商品

(PR)アマゾンで購入可能