32年越しの快挙!荻野目洋子「ダンシング・ヒーロー」がオリコンカラオケチャートで首位を獲得!
2018年1月11日 更新

32年越しの快挙!荻野目洋子「ダンシング・ヒーロー」がオリコンカラオケチャートで首位を獲得!

80年代を代表する荻野目洋子の大ヒット曲「ダンシング・ヒーロー」が、2018年1月15日付のオリコンの週間カラオケランキングで初の1位を獲得しました。昨今の「バブル期」ブームはここまで盛り上がってます!

2,469 view

32年越しの快挙!「ダンシング・ヒーロー」がオリコンで首位を獲得!

80年代を代表する荻野目洋子の大ヒット曲「ダンシング・ヒーロー」が、2018年1月15日付のオリコンの週間カラオケランキングで1位を獲得しました。
ダンシング・ヒーロー  荻野目洋子 / シングル... - ヤフオク! (1963804)

「バブリーダンス」でリバイバルヒット!!

1985年11月21日に発売された「ダンシング・ヒーロー」ですが、近年の「バブル期」ブームの流れに乗ってリバイバルヒットをしています。特に、大阪府立登美丘高校ダンス部による「バブリーダンス」に同曲が使用されたことが話題となりました。

【TDC】バブリーダンスPV 登美丘高校ダンス部 Tomioka Dance Club

YouTubeで3000万回を超える再生数を記録している注目の動画です!
リバイバルヒットにより、2017年の日本レコード大賞では特別賞を受賞した「ダンシングヒーロー」。荻野目洋子はレコ大で登美丘高校ダンス部をバックに同曲を披露し、キレキレのダンスで健在ぶりをアピールしています。

荻野目洋子&登美丘高校ダンス部「バブリーダンス」 御堂筋ランウェイ 2017.11 大阪/ダンシングヒーロー

こちらは御堂筋で行われたバブリーダンスの模様。

実は「オリコン1位」は初めてです!!

1985年11月に発表された「ダンシング・ヒーロー」ですが、実はオリコンで1位になるのは初めて。30万枚を超えるヒットであるものの、オリコンでの週間最高位は5位、ザ・ベストテンでも2位が最高でした。
WEEKLY ORICON オリコン 1985/12/16 おニャン子... - ヤフオク! (1963811)

「ダンシング・ヒーロー」が発売された当時のオリコン。
発売から32年以上の時を経て、オリコンカラオケランキングで1位を記録した「ダンシング・ヒーロー」。荻野目洋子は「老若男女問わず選曲して頂けたことが、一番うれしいです。場が和むような歌をこれからも歌っていきたい」とコメントし、歌手としての意気込みを新たにしています!
 (1963864)

荻野目洋子の曲を歌う人の年齢分布。10代、20代が多いのが見て取れます。男性も結構歌うんですね!

「ダンシング・ヒーロー」だけじゃない!荻野目洋子の魅力!!

巷で盛り上がっている「バブリーダンス」及び「ダンシング・ヒーロー」ですが、荻野目洋子のヒット曲はそれだけじゃないですよね!ここでは彼女が世に送り出した「他のヒット曲」を紹介してみたいと思います。

六本木純情派

1986年10月に発売された10枚目のシングル「六本木純情派」。オリコンでは初のトップ3となった楽曲で、売上も26万枚と「ダンシング・ヒーロー」に次ぐヒットとなっています。ちなみにB面の「ロマンティック・オデッセイ」はファミコン「銀河伝承」の主題歌です。
● EP盤 荻野目洋子 ~ 六本木純情派 、ロマン... - ヤフオク! (1963869)

さよならの果実たち

1987年6月に発売された12枚目のシングル「さよならの果実たち」。オリコンで初めて最高位1位を獲得したのはこの曲です。「第13回あなたが選ぶ全日本歌謡音楽祭」にて最優秀タレント賞を受賞するきっかけとなった曲でもあります。
32 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【高音ボーカリスト・邦楽男性編】カラオケで高音ボーカルに挑戦して玉砕!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

【高音ボーカリスト・邦楽男性編】カラオケで高音ボーカルに挑戦して玉砕!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

80年代から90年代、日本の音楽シーンでは高音域を歌うアーティストが次々に登場しました。そして楽曲を聴いて、カラオケで挑戦しては玉砕した私たち。あれもこれも原曲キーで歌えたらどんなに気持ちいいか、なんて思いましたね。そんなアーティストたちの表現する高音域を示しているサイトが「音域.com」。こちらのサイトを拝見し、あの頃によく聴いてよく歌ったアーティストたちの平均高音域をみていきましょう。
青春の握り拳 | 124,475 view
【高音ボーカリスト・邦楽女性編】どこまでも続くハイトーンボイス!カラオケで歌える女性に惚れた!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

【高音ボーカリスト・邦楽女性編】どこまでも続くハイトーンボイス!カラオケで歌える女性に惚れた!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

80年代から90年代、日本の音楽シーンでは高音域を歌うアーティストが次々に登場しました。可聴領域の限界に近いんじゃないか?なんて感覚にすらさせられたハイトーンボイスの数々、カラオケで歌える女性には驚嘆したものです。そんなアーティストたちの表現する高音域を示しているサイトが「音域.com」。こちらのサイトを拝見し、あの頃によく聴いてよく歌ったアーティストたちの平均高音域をみていきましょう。
青春の握り拳 | 102,104 view
音楽配信サイト"AWA"でミドルエッジがお届けする「昭和J-popに酔いしれる!!」をご紹介!

音楽配信サイト"AWA"でミドルエッジがお届けする「昭和J-popに酔いしれる!!」をご紹介!

音楽配信サイト"AWA"で公式プレイリスターとして情報提供しているミドルエッジがお届けする「‘70 ‘80 ‘90 Best」シリーズ!今回はその集大成と言える「昭和J-popに酔いしれる!!」に収録した84曲の一部をライナーノーツ的に紹介します。曲のチョイスは「何故この曲?」なんて堅いことは言いっこなし(笑、有線さながらのバックミュージックに使えて、そして懐かしむミドルエッジの王道を是非ご堪能ください。
Your&My | 12,426 view
ナンパされたいアイドル!?さすがの猿飛の主題歌を歌ってた「伊藤さやか」って覚えてる!?

ナンパされたいアイドル!?さすがの猿飛の主題歌を歌ってた「伊藤さやか」って覚えてる!?

「花の82年組」と呼ばれたアイドル豊作の1982年。小泉今日子、中森明菜、早見優といった超大物アイドルが続々と輩出されました。そんな中、他のアイドルとは一線画した雰囲気の「伊藤さやか」というアイドルがいたのを覚えていますでしょうか?
一風堂とSHAZNAの「すみれ September Love」を両方とも振り返る!実はあのバンドもカバーしてた!?

一風堂とSHAZNAの「すみれ September Love」を両方とも振り返る!実はあのバンドもカバーしてた!?

80年代前半に一世を風靡したロックバンド「一風堂」。当時流行していたニューウェーブといったジャンルをけん引していました。この記事では、そんな彼らが1982年に発表したシングル「すみれ September Love」を、カバーバージョンを発表した「SHAZNA」も交えて特集してみたいと思います。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト