本日は1984年のアルバム『パープル・レイン』が全米で発売された日!プリンス専属エンジニアだったスーザン・ロジャースが語る『パープル・レイン』の秘密
2018年6月25日 更新

本日は1984年のアルバム『パープル・レイン』が全米で発売された日!プリンス専属エンジニアだったスーザン・ロジャースが語る『パープル・レイン』の秘密

1984年6月25日にプリンス&ザ・レヴォリューションの大ヒット・アルバム『パープル・レイン』が全米で発売されました。同作品についてプリンスの専属エンジニアだった、スーザン・ロジャースが色々と語ってくれました。

257 view

1984年に全米で発売されたアルバム『パープル・レイン』!プリンスの専属エンジニアだった、スーザン・ロジャースが語る『パープル・レイン』の秘密

1984年6月25日にプリンス&ザ・レヴォリューションの大ヒット・アルバム『パープル・レイン』が全米でリリースとなりました。ロック・アルバムの金字塔とも言えるこの作品について、プリンスの専属エンジニアだった、スーザン・ロジャースが語ってくれました。
スーザン・ロジャース

スーザン・ロジャース

Q:まず、あなたがプリンスにエンジニアとして雇われたのは、1983年の8月と聞いています。8月3日にライブハウス、FIRST AVENUEで行われたライヴでは、アルバム『パープル・レイン』に収録される重要な曲がライヴ・レコーディングされていますが、その場には立ち会っていたのですか?

・・・・・いえ、私はちょうどプリンスの仕事をすることが決まって、まだロサンゼルスに住んでいたの。契約書をチェックしたり、ミネソタに引っ越す手配をしていて、ミネアポリスに着いたのはあのライヴの直後だったわ。着いてからすぐにプリンスと一緒にライヴ録音されたテープの作業に取りかかったけれど、残念ながらライヴは見ていないのよ。

Q:以前インタビューであなたは、プリンスの自宅のマスターベッドルームの向かいには小さなベッドルームがあって、そこで彼は『パープル・レイン』の一部を制作したとありますが、そこで『パープル・レイン』のどのような曲が制作されましたか?

・・・・・そうねぇ、「ビートに抱かれて(When Doves Cry)」はロサンゼルスのサンセット・サウンドで作ったから、あの曲じゃないことは確かよ。私が雇われた時点で「ダーリン・ニッキー」はすでにレコーディングされていたんだけど、あの曲はその部屋で作ったものだった。あとは「ダイ・フォー・ユー」、 「ベイビー・アイム・ア・スター」、「パープル・レイン」のベーシック・トラックもその部屋で作って仕上げた曲よ。「レッツ・ゴー・クレイジー」はセント・ルイス・パークにあるウェアハウスでレコーディングしたわ。プリンスの家の小さなスタジオではレコーディングしたり、オーバーダブの作業をしたりしていて、「ダーリン・ニッキー」のようにプリンスが一人で演奏しているような曲もその部屋でレコーディングしていたのよ。
『パープル・レイン』

『パープル・レイン』

Q:では、基本的にはこの部屋はプリンスだけでベーシックなものを作り、その後ウェアハウスでバンドと一緒にレコーディングして、仕上げるというプロセスだったのでしょうか?

・・・・・そうね。彼は一人で何でも出来たから、その自宅の小さなベッドルームにエレクトリック・ドラムをセッティングして、楽器を次々と持ち込んでレコーディングしていたの。「レッツ・ゴー・クレイジー」のようにバンドと一緒にやるような曲に関してはウェアハウスでレコーディングしていたわ。ベッドルームにもウェアハウスにもレコーディング・コンソールがあったから両方でレコーディングできたの。あと、彼はサンセット・サウンドも大好きだったので1984年になるとLAのサンセット・サウンドに行って、「テイク・ミー・ウィズ・ユー」と「ビートに抱かれて(When Doves Cry)」をレコーディングしたのよ。

Q:プリンスのアルバム『パープル・レイン』は1984年6月25日に発売されました。以前のインタビューでプリンスは成功を確信していたと言っていますが、彼がどんな風だったか、教えてくれませんか?

・・・・・すごくハッピーで、ご機嫌だったわ。その前年の冬は長くて、寒くて、ずっと天気が悪かったから、夏になる頃にはみんながハッピーで明るくなっていたのよ。当時、プリンスはとても前向きで、私たちはみんな彼のことを心から信頼していた。素晴らしいリーダーだったし、とてもクリアなヴィジョンを持っていたの。そのヴィジョンをみんなが信じて働いていたわ。未来に希望を持ってね。でも、今でもハッキリ覚えているのは、アルバム・カヴァーを見たときのことよ。ウェアハウスにアルバムが届いて、他のクルーと一緒にそれを見た瞬間、「あら?これって花?しおれた花?これってどういういう意味?プリンスがこれを気に入らなかったらどうするの?大きなツアーも決まっているのに」って心配になったの。でもすべてが上手く行って、素晴らしい結果に終わったというわけ。
 (2024813)

Q:とてもエキサイティングな時期でしたね。

・・・・・そうなの。結果がわからない時ほどエキサイティングなのよね。アルバムをリリースするのって子供が産まれた時のようなもので、「この子は健康だと思うけど、100%大丈夫かしら?」なんて思うじゃない?そしてアルバムがリリースされるとアルバム評でいろいろなことが書かれる。この子は難しい子供かもしれない、悪い子になるかもしれないなんてことをね。でも実際に子供を見ると、自分が期待したような子に見えるの。むしろ期待したより良い子に育っているように感じる。そして子供が学校に行くように、アルバムを送り出すの。子供を生んで育てるのとアルバムを作ってリリースするのってちょっと似ているわ。

先行シングルだった「ビートに抱かれて(When Doves Cry)」が大ヒット!

このアルバムからは先行シングルとして、「ビートに抱かれて(When Doves Cry)」が全米で5月16日に発売され、見事にプリンスとしては初となる全米No.1を記録したばかりか、1984年の年間シングル・チャートでもNo.1となりました。

アルバムも映画の成功もあり、No.1を記録しました。そのあとにアルバムからシングル・カットされた「レッツ・ゴー・クレイジー」もNo.1、「パープル・レイン」は2位、「ダイ・フォー・ユー」は8位、「テイク・ミー・ウィズ・ユー」も25位を記録しています。

アルバム『パープル・レイン』のレコーディングが1983年から行われていたとすると、9月21日に発売となるアルバム『ピアノ&ア・マイクロフォン 1983』は、ほぼ同時期の貴重な音源で、プリンスが大ブレイクする一歩手前の姿をとらえたものだと言えるでしょう。

リリース情報

アルバム・タイトル:ピアノ&ア・マイクロフォン 1983
9月21日 発売
WPCR-18037
フォーマット:CD、デジタル配信
¥2,400+税(CD)

<収録曲>
1)17 デイズ
2)パープル・レイン
3)ア・ケイス・オブ・ユー
4)メアリー・ドント・ユー・ウィープ
5)ストレンジ・リレーションシップ
6)インターナショナル・ラヴァー
7)ウエンズデイ
8)コールド・コーヒー&コケイン
9)ホワイ・ザ・バタフライズ

Recorded in 1983 at Prince’s Kiowa Trail home studio in Chanhassen, MN
Engineered by Don Batts
 (2024820)

デラックス・エディション(CD+LP)には12インチ・サイズのブックレットが収録され、これにはプリンスの当時エンジニアだったドン・バッツによって書かれた新たなライナーノーツや今までに公開されたことのないものを含むプリンスのスナップ写真が収録されている。

デジタルでアルバムをプレオーダーしたファンは直ちに「メアリー・ドント・ユー・ウィープ」を入手することが出来る。

同時発売
アルバム・タイトル:ピアノ&ア・マイクロフォン 1983:デラックス・エディション
WPZR-30796/97

フォーマット:CD+LP(輸入盤国内仕様、完全生産限定盤)¥5,000+税

<収録曲>
CD,LPともに通常盤のCDと同様。

アルバムの購入はこちら
https://WarnerMusicJapan.lnk.to/PrincePAAMPu

好評発売中
アルバム・タイトル:パープル・レイン DELUXE
WPCR-17821/22
¥3,400+税

アルバムの購入はこちら
https://WarnerMusicJapan.lnk.to/PRINCEpurplerainPu

【関連リンク】
オフィシャルサイト:https://wmg.jp/prince/
14 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

RCサクセションの3作品がLPで復刻!80年代前半、忌野清志郎が苦しんだ時期に製作された名盤!

RCサクセションの3作品がLPで復刻!80年代前半、忌野清志郎が苦しんだ時期に製作された名盤!

RCサクセションの80年代の3作品が、初の重量盤LP(180g)として復刻。5月3日にリリースされる。発売されるのは、1982年のアルバム『BEAT POPS』、1983年のアルバム『OK』、1984年のアルバム『FEEL SO BAD』。
【80's洋楽チャート】1984年9月29日付全米1位は、惜しくも今年亡くなったプリンスのあの曲!

【80's洋楽チャート】1984年9月29日付全米1位は、惜しくも今年亡くなったプリンスのあの曲!

ベストヒットUSAや地上波MTV・・・お茶の間に洋楽が浸透していた80年代半ば頃、全米シングル・チャート上位にランクインした楽曲及びアーティストは、日本でもメジャーな存在でした。聴くと思わず青春時代が蘇ってくる、懐かしいあの頃のチャートを思い出してみましょう!※順位はBillboardのHot100シングル・チャート
Gaffa | 2,795 view
【GUITARHYTHM】度肝を抜いた布袋寅泰のソロファーストアルバム『GUITARHYTHM』を振り返る

【GUITARHYTHM】度肝を抜いた布袋寅泰のソロファーストアルバム『GUITARHYTHM』を振り返る

BOØWY解散後、ソロとして活動を開始した布袋寅泰さんがリリースしたファーストアルバム『GUITARHYTHM』その斬新なサウンドには度肝を抜かされた記憶があります。さっそく代表的な曲を聴き直してみたいと思います。
つきねこ | 9,319 view
「スタンド・バイ・ミー」の監督が手がけた伝説のロック映画「スパイナル・タップ」が34年の時を経て日本初公開!!

「スタンド・バイ・ミー」の監督が手がけた伝説のロック映画「スパイナル・タップ」が34年の時を経て日本初公開!!

皆さんは「スパイナル・タップ」という映画をご存知でしょうか?1984年に公開された「スタンド・バイ・ミー」のロブ・ライナーの初監督作品であり、“幻のロック映画”とされている作品です。このたび、その「スパイナル・タップ」が日本初公開の運びとなりました。
隣人速報 | 636 view
【田原俊彦】イントロクイズ10問! 高得点を目指せ!

【田原俊彦】イントロクイズ10問! 高得点を目指せ!

歌って踊れるノリノリのトシちゃん!田原俊彦のイントロクイズです。約70枚のシングルを出している中から10曲選びました。名曲たちをアナタはどれだけ覚えていますか?

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト