笑って泣ける!!お受験コメディードラマ「スウィートホーム」【ネタバレあり】
2017年1月31日 更新

笑って泣ける!!お受験コメディードラマ「スウィートホーム」【ネタバレあり】

山口智子、野際陽子のベテラン女優陣の掛け合いが面白すぎませんでしたか!?他にも強烈な個性俳優が多数出演!お受験をテーマにしているのに、笑いあり、涙あり!!家族が一致団結するコメディドラマです!! 

16,602 view

スウィート・ホームって、どんなドラマなの?

「スウィート・ホーム」 (Sweet Home) は、1994年1月9日から3月27日まで毎週日曜日21:00 - 21:54に、TBS系の「東芝日曜劇場」枠で放送された連続テレビドラマ。主演は布施博と山口智子。

東京のとある街に暮らす3家族(井上家、吉永家、桜井家)の子供達の小学校受験をめぐるコメディドラマ。

全12話。平均視聴率 20.4%(視聴率は関東地区・ビデオリサーチ社調べ)。


北海道から東京に転勤してきた井上家の長男・翼(益田圭太)は都内の私立幼稚園に入園するが、周りは名門小学校を目指す子供ばかり。

母親・若葉(山口智子)は最初驚いていたものの、やがてカリスマ教師・小沢頼子(野際陽子)が講師を務める学習塾に翼を通わせ始め、次第に受験戦争にはまっていく。

このドラマの放送により、小学校受験を表す俗語「お受験」が広まった。
従前には、有名小学校の受験関係者・経験者の間においても「お受験」の呼称は一般的ではなかった。
このドラマで、登場する母親は皆強いです。それぞれの個性とパワーが溢れる母親たちが、作品を充分に盛り上げていました。

スウィート・ホーム OP - YouTube

主演:山口智子、布施博 主題歌:小泉今日子「My Sweet Home」

主な登場人物

 (1548987)

左;井上若葉(山口智子) 右;井上実(布施博)
 (1549845)

左;吉永早苗(深浦加奈子) 右;吉永英世(段田安則)
 (1549846)

右;小沢頼子(野際陽子)
●井上家

・井上 実
演 - 布施博
紙おむつメーカーの営業マン。大学入学や就職も「体育会系枠」で来たこともあり、お受験には否定的で若葉と対立する。

・井上 若葉(旧姓・宮坂)
演 - 山口智子
実の妻。「子供はのびのび育てたい」という考えの明るく元気な普通の主婦だったが、
次第にお受験にハマる。ファザコンである。

・井上 翼
演 - 益田圭太
明るく天真爛漫な男の子。
幼児教室に入った際、授業についていけなかった事&祖母を「タキババ」と呼んでいる事を周りの園児達から「間違っている」と言われ、
頼子先生に促されて、教室の後ろで見学していた実&若葉に「お父様、お母様ごめんなさい」と、
慣れない言葉で謝罪させられる(若葉がお受験にハマるきっかけにもなった)。
勉強は苦手だが、父・実が体育会系な事もあって運動は得意。

・井上 タキ
演 - 野村昭子
実の母。何かあると田舎から出てくるが、典型的な田舎のお婆ちゃんで、よく武雄とは対立している。
翼からは「タキババ」と呼ばれ親しまれている。

●吉永家

・吉永 英世
演 - 段田安則
実の上司で同期の友人。
社内では実と同期だが、出世競争では遥かに上を行っている。
家庭内では早苗に頭が上がらず、夕食後や家に居づらい時(早苗がイライラしている時など)進・学と共に競歩をしながらお受験の練習をする。

・吉永 早苗
演 - 深浦加奈子
英世の妻。教育ママ。
長男・進のお受験失敗を姑に責められた事もあり、学のお受験に執念を燃やす一方で、
学ばかりに構っている現状から、進の反感を買っている。

・吉永 進
演 - 大沼勇(現・南イサム)
学の兄で小学生。お受験に失敗し、公立小に通っている。
自身がお受験に失敗した事&親(特に早苗が)が、学にばかり構っていることから、
劣等感と家庭に居場所がないと感じ、心を閉ざし気味になっている。
両親には反発する反面、兄弟仲は良く、また英世との日課の競歩には必ず参加していた。

・吉永 学
演 - 類家大地
幼児教室でも常に成績優秀で、周囲から期待されているが、早苗が自分(学)にばかり構って、
兄が心を閉ざし気味になっている事を幼いながらも気にしている。
翼とは、反対に勉強は出来るが、運動は苦手。

●桜井家

・桜井 聖(きよし)
演 - 金田明夫
かがりの夫でお金持ち。愛人がいる。

・桜井 かがり
演 - 高樹沙耶
きよしの妻。常に全身エルメスで固めている事から、「エルメス」と呼ばれている。
その派手な身なりから、幼稚園内では浮いていた事もあって、若葉と意気投合する。

・桜井 さやか
演 - 松蔭晴香
『クレヨンしんちゃん』の野原しんのすけの物真似をするのが、好きな女の子。
両親を「きよし・かがり」と、名前で呼んでしまう。
母親同士が仲良い事もあり、よく翼と遊んでいた。

●宮坂家

・宮坂 菜穂
演 - 瀬戸朝香
若葉の妹で高校生。
甥の翼とは仲が良く、若葉不在時には、よく翼の子守に来ている。

・宮坂 武雄
演 - 橋爪功
若葉・菜穂の父。
二人の娘を溺愛しており、孫・翼のお受験にも、率先して協力する。

●その他の登場人物

・小沢 頼子
演 - 野際陽子
翼・学・さやか達が、通う幼児教室の先生。
園児の保護者達を容赦なく叱りつけるなど、厳しい面があるが、子供思いで、教育熱心。
序盤は、大雑把な若葉を頼子が叱りつける展開が、恒例となっていた。
玉ねぎヘア(黒柳徹子のような髪型)と、袴姿がトレードマーク。

・原 槙子
演 - とよた真帆
若葉の親友で独身。
恋人がいたが、失恋してしまい、その事を実に相談していた所、周囲から誤解を招いてしまい、
ある騒動の原因になる。

・鍋 オタク
演 - 田口浩正
実の同僚。
恰幅の良い体型で、槙子のお見合い相手として、井上家の食事会に呼ばれるが、
そこで鍋奉行としての本性を現し、一同を唖然とさせた。
ドラマでは、3家族が各々の家庭に、悩みや問題点を抱えています。受験を通して、家族がそれぞれ、問題点に向き合い、再起を図ります。
子ども達だけでなく、親の成長の過程も見る事のできるドラマです。

井上家、北海道から東京へ行く

ドラマは、実(布施博)の転勤のため、井上家3人が北海道から東京へ上京する場面から始まります。車内では、若葉(山口智子)は歌を歌ったりとてもにぎやか。姑・タキ(野村昭子)との接点が減る事が、嬉しい様子。

一家は社宅に着き、引越し業者の元へ向かいますが、聞きなれた声がします。そこには、既にご近所とのコミュニケーションをとっている姑・タキがいます。

夫婦は慌てて挨拶するものの、近所の主婦たちの話題は「お受験」ばかり。
「お宅はどちらを受けるの?」と、興味深そうに聞かれ、、「受験は考えていない」とキッパリ言います。

どうやら、翼(益田圭太)が通う幼稚園は「お受験幼稚園」で、受験をしない子はいないらしく・・・。

幼稚園でできたママ友達の桜井かがり(高樹沙耶)に誘われ、若葉は翼をかがりの娘・さやか(松蔭春香)が、放課後に通う塾へ、体験入会をすることにします。

まず、入室してきた講師小沢頼子(野際陽子)の熱意と、妥協は許さないというパワーに井上夫婦は、圧倒されてしまいます。
体験入会の夕食にて

体験入会の夕食にて

体験入会で上手くできず、「悔しい」と答える翼を見て、実も若葉も複雑な気持ちになる。
塾で満点を取り、ご褒美をもらう

塾で満点を取り、ご褒美をもらう

正式に入塾し、翼は満点を取ります。そのご褒美にメダルをもらい、大喜び。
これには、受験賛成派の若葉の父・武雄(橋爪功)もとても喜びます。祝勝会のようなパーティーを開き、万歳三唱。

お受験夫婦、離婚の危機を迎える

若葉の親友、槙子(とよた真帆)は恋人とも別れてしまい、実に紹介された男性にも失恋してしまい、お酒を飲み、実に愚痴をこぼしていた。槙子は泥酔してしまい、実がタクシーでマンションに送ると、一晩一緒にいるように言われてしまう。
翌日、朝帰りをした実は、クリスマスパーティーの準備をしていた若葉に文句を言われ、槙子と一緒にいた事を言えなかった。

槙子が失恋した事を知った若葉は、実と共に槙子のマンションを訪ねる。
ひょんな事から、クリスマスの夜に実と一緒にいたのが槙子と知り、笑いとばし帰宅する。

帰宅してから、実の事を信用できない若葉は、実と口論になり、翼を連れて実家に帰ってしまう。
 (1546481)

 (1546488)

実の浮気を疑い、若葉が実家に帰っている事を知った吉永英世(段田安則)は、実のために若葉を説得しようとするも、自身にも浮気の過去があると言い、若葉を余計に混乱させてしまう。
幼稚園の帰り道に若葉が、ふとその言葉を口にしてしまい、早苗(深浦加奈子)までも混乱状態に陥ってしまう。

桜井家にも桜井聖(金田明夫)が、浮気相手に自宅に乗り込まれ、妊娠をしている上に出産を望んでいると、言われる。
しかし、夫の浮気に気付いていたかがりは動じる事もなく、さやかの受験が終わったら、離婚してあげると、浮気相手に言い放つ。
 (1546497)

そんなぎくしゃくした雰囲気の中で、塾で模擬親子面接が行われ、井上夫婦は、頼子から「今日の中で最悪の面接だった」と言われ、家庭訪問に行くと言われる。

若葉との別居期間中、家の中がごみ屋敷のようになっていて、慌てて片付けるも、間に合わない。仕方なく、お風呂場や客間などに散らかっていた物を押し込むも、見破られてしまい、別居がばれてしまう。

話し合いの結果、翼と受験のために夫婦生活を続ける事を約束する。

吉永家では、学(類家大地)が笑顔で返答ができなくなり、面接も絶望的になっていた。
荒れていた兄の進(南イサム)が、英世に弟の学にばかりになっていた事を改めて謝罪する。
そして、3年前の進の受験の時も学の時と同じ気持ちだった事を明かし、家族が苦しんでいるのなら、受験を止めると言う。

一方、桜井家ではかがりから離婚届を渡された聖が、破り捨てていた。今後の問題をかがりから、突きつけられるも、聖は必死にすがり付いていた。
そんな2人のやり取りをさやかは、部屋から見ていた。

いよいよ受験本番!

志望校を選ぶ時期になり、若葉は頼子から最難関・慶陽の受験を勧められ、一家で学校説明会へ出かける。在校生に道を尋ねると、礼儀正しくハキハキとした対応に実も若葉も「さすが慶陽」と、感心する。
翼も「この学校に入りたい!」と、気に入った様子。

いよいよ受験がスタートする。翼は全6校を受験する事になる。

1校目の試験場にて、実が面接で余りにも緊張してしまい、足を引っ張る形になり、不合格。
吉永家も順調に面接の時間が過ぎようとしていたが、最後に面接官からの予期せぬ質問に英世は
答えられず、不合格。
桜井家も聖が、面接官に突っ込まれた質問をされ、しどろもどろになってしまい、不合格。

その後、吉永家は無事に合格通知を受け取る。桜井家にも補欠合格の通知が届く。
井上家には合格通知が届かないまま、慶陽の試験日を迎える事になる。

しかし、面接日が実の部署の重要会議と重なってしまう事になり、実の仕事を優先し、若葉と翼で受験に臨む。
会議が早めに終わり、面接会場に息を切らした実が現れる。少し遅刻したものの、親子3人で面接を
終える。
やれるべき事は全てやったと、いうすっきりした様子で、長いようで短かった受験生活を振り返り、帰宅する3人。

合格発表日

24 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

本日19時から『V6の愛なんだ2017』が放送!学校へ行こう時代の屋上から告白する名物企画も!

本日19時から『V6の愛なんだ2017』が放送!学校へ行こう時代の屋上から告白する名物企画も!

本日19時より、TBSでV6による『V6の愛なんだ2017 史上最高の夏まつり!』が放送される。前身番組だった90年代の人気番組『学校へ行こう!』時代に人気だった屋上からの告白コーナーも放送される。
婚約者が癌に!!「私の運命」【ネタバレあり】

婚約者が癌に!!「私の運命」【ネタバレあり】

若くして癌になってしまった婚約者!彼女の為に別れるか、結婚するか。そして、検査に行った病院で、看護師として働く高校時代の彼女との再会。自分の担当医師の愛人となってしまっていた彼女・・・。穏やかな日々が大きく変化し、物語は展開されていく。
【ドラマ最終回シリーズ!】高校教師【ネタバレしてます】

【ドラマ最終回シリーズ!】高校教師【ネタバレしてます】

「あのドラマの最終回が気になる」そんなアナタの期待にお答えしちゃう【ドラマ最終回シリーズ!】 世間を騒がせたドラマで女子高生ブームを巻き起こした話題作。衝撃的な内容で放送終了後も話題となったこのドラマをご紹介。
ななこ撫子 | 52,504 view
【ドラマ最終回シリーズ!】愛していると言ってくれ【ネタバレしてます】

【ドラマ最終回シリーズ!】愛していると言ってくれ【ネタバレしてます】

「あのドラマの最終回が気になる」そんなアナタの期待にお答えしちゃう【ドラマ最終回シリーズ!】 5月6日はドリカムのボーカル・吉田美和の50歳の誕生日でした。そんなドリカムの名曲「LOVE LOVE LOVE」が主題歌だった泣ける名作をネタバレしちゃいますー。
ななこ撫子 | 67,775 view
【96年】藤井フミヤ『別れじゃなくて これが出会いさ…』の歌詞が印象的な「Another Orion」

【96年】藤井フミヤ『別れじゃなくて これが出会いさ…』の歌詞が印象的な「Another Orion」

殆どの方が藤井フミヤと言えば「TRUE LOVE」が出てきます。個人的には「Another Orion」の方が歌詞や曲がとても好きなのと、最近は90年代に活発だった「F-BLOOD」が復活するのもお祝いしてこの曲をふりかえります。
たまさん | 1,468 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト