衝撃の最終回!『時空戦士スピルバン』
2016年3月3日 更新

衝撃の最終回!『時空戦士スピルバン』

『宇宙刑事ギャバン』~『宇宙刑事シャイダー』、『巨獣特捜ジャスピオン』に続く5作品目のメタルヒーロー『時空戦士スピルバン』。なかなか再評価の機会に恵まれていませんが、見所満載の作品でした。

20,407 view

時空戦士スピルバンってどんな番組?

スピルバン、ダイアナレディ

スピルバン、ダイアナレディ

メタルヒーローシリーズ5作目の作品『時空戦士スピルバン』は、『宇宙刑事シャリバン』の渡洋史氏が同シリーズにおいて3年ぶりに再び主演を務めた特撮ヒーロー番組です。

前作『巨獣特捜ジャスピオン』ではそれまで3年間続いた宇宙刑事シリーズからの脱却を試みた作品で、複雑な変身ポーズや名乗り、「レーザーブレード」での必殺技、敵が怪人をパワーアップさせる亜空間を作り出すといったお約束の要素を全て廃しました。

そして5作目に当たるスピルバンでは、これらの『ジャスピオン』においてなくなった要素を復活させ、さらに発展させ、新要素も多く取り入れていました。

ストーリー

地球の真水を奪うべく、ワーラー帝国が侵略を開始した。その野望を阻止するため、スピルバンとダイアナはたった2人で立ち向かう。

2人の故郷であるクリン星は14年前、ワーラー帝国の急襲により滅ぼされてしまった。生き残りの人々は宇宙船で2年間宇宙をさまよったのち、幼いスピルバンとダイアナに希望を込め、クリン星と環境のよく似た地球へと送り出した。到着までの12年間、生命維持装置の中で眠ることとなった2人は、地球の歴史や文化などの予備知識を与えられ、戦士へと成長していった。

2人に与えられた使命は、地球を第二のクリン星にしないことと、ワーラー帝国に捕らわれたスピルバンの父・ベンと姉・ヘレンを救出すること。しかし、スピルバンの目の前には父と姉が敵として現れるという、非情な現実が襲いかかる。肉親の絆を断ち切るワーラー帝国の卑劣な作戦に、故郷と仲間を失ったスピルバンとダイアナは翻弄される。

それでも2人は共に励まし、支え合いながら、与えられた使命を果たすために戦ってゆく。
演出等は宇宙刑事シリーズを彷彿とさせたものになっていましたが、ストーリーは今までにないタイプの作品でした。

スピルバンとは?

スピルバン達が「結晶」のコードを発すると、母艦グランナスカが指令をキャッチ、結晶システムを作動させてクリンメタルを超微粒子に分解・電送する。電送されたクリンメタルはスピルバン達の体で「結晶」し、完成するのが強化服ハイテククリスタルスーツである。
銀と黒に赤いラインが印象的なスーツは宇宙刑事の発展型といった様子でした。

特徴的な武器は「レーザーブレード」を2本くっつけたような剣である「ツインブレード」で、後の『スター・ウォーズエピソード1』に登場したダース・モールのライトセーバーのような形状でした。こちらは覚えている方も多いのではないでしょうか?
必殺技・アークインパルス

必殺技・アークインパルス

「レーザーブレード」での必殺技を髣髴とさせる演出でした。

登場人物たち

城洋介

城洋介

主人公・城洋介(本名・スピルバン)は、ワーラー帝国によって滅ぼされたクリン星の生き残りとして地球に送り込まれ、やがて地球を侵略しようと現れたワーラー帝国と戦うこととなりました。
ダイアナ

ダイアナ

ダイアナはスピルバンと同様にクリン星の生き残りで、こちらも同様に「結晶」し、ダイアナレディとなってワーラー帝国の怪人たちと戦うということがこれまでのメタルヒーローシリーズと違う点でした。
ヘレン

ヘレン

ヘレンはスピルバンの実の姉でありながらも「ヘルバイラ」となってスピルバンと敵対していましたが、後に「ヘレンレディ」となりスピルバンの味方になりました。

変身ヒロインが登場したのはシリーズ初であり、そのうえ二人も変身するヒロインが登場したのはなんとも斬新です。

敵組織・ワーラー帝国

 (1592710)

ワーラー帝国

守護神ワーラーを頂点とする悪の組織。ワーラーは綺麗な真水の中でしか生きられない為、ワーラーの生存と機械の洗浄に必要な水を狙って幾多の惑星を壊滅に追いやってきた。地球侵略の際、真水が豊富で、科学技術や産業が発展しているカナダ、カナダ基地壊滅後は日本を目標とする。奇城ガメデスを本拠地としている。
女王パンドラ、デスゼロウ将軍、ドクターバイオ、リッキー、ヘルバイラといった初期メンバーに加えて、23世紀の未来人でありワーラーの末裔であるギローチン皇帝やヨウキといった新メンバーも登場しました。

ヘルバイラはスピルバンの姉、ドクターバイオは父であり、親子で戦わなければならないという悲劇のドラマも印象的でした。
30 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

メタルヒーローシリーズ最大の異色作『ブルースワット』

メタルヒーローシリーズ最大の異色作『ブルースワット』

1994年に放送された『ブルースワット』は、これまでのメタルヒーローシリーズから一気に対象年齢を上げ、海外ドラマやSF映画のようなリアル調の作風で製作された作品です。志半ばで作風には軌道修正が入ってしまいましたが、異色作、そして意欲作として今も語り継がれています。
ワトソン525号 | 7,428 view
地元の不良からサタンまで、幅広い層を相手に戦ったヒーロー『特捜エクシードラフト』

地元の不良からサタンまで、幅広い層を相手に戦ったヒーロー『特捜エクシードラフト』

『特捜エクシードラフト』は、シリアスに刑事ドラマに走りすぎてしまった前作の良かった点を残しつつ、新たに宇宙人や宗教、超能力などなんでもありの世界観として仕切りなおした作品です。その衝撃の結末を覚えている方も多いのでは?
ワトソン525号 | 5,894 view
もはや刑事ドラマそのもの?伝説の子供向けヒーロー番組『特救指令ソルブレイン』

もはや刑事ドラマそのもの?伝説の子供向けヒーロー番組『特救指令ソルブレイン』

現在は平成仮面ライダーシリーズが放送されている日曜朝8時。かつて、この時間に放送されていた『特救指令ソルブレイン』は、明らかに子供向けから逸脱しているようなドラマ”も”展開されることがしばしばありました。
ワトソン525号 | 8,326 view
あばよ涙!よろしく勇気!宇宙刑事ギャバン!!【メタルヒーローシリーズ第1弾】

あばよ涙!よろしく勇気!宇宙刑事ギャバン!!【メタルヒーローシリーズ第1弾】

1982年3月5日から1983年2月25日まで、全44話が放送された「宇宙刑事シリーズ」の第一作目が『宇宙刑事ギャバン』である。「メタルヒーロー」という、新たなカテゴリーを確立したエポックメイキングな作品でもある。
takebayashi | 15,191 view
「CYBER-COP BB」日本語版(第1話~第8話)

「CYBER-COP BB」日本語版(第1話~第8話)

Wiz Comicによる世界配信を展開中の「CYBER-COP BB」が日本語版になってミドルエッジに登場!往年のサイバーコップの流れを汲んだサイバーコップBBをぜひお楽しみください。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト