衝撃的な最終回の懐かしいアニメ作品(悲劇的な結末で幕を閉じるアニメ) 15選
2020年2月27日 更新

衝撃的な最終回の懐かしいアニメ作品(悲劇的な結末で幕を閉じるアニメ) 15選

1970年代から1990年代の懐かしいアニメ作品の中から衝撃的な最終回(もしくは物語の終盤)であることが有名な作品を振り返ってみましょう。

413,418 view

『無敵超人ザンボット3』(1977年) ガイゾックの地球侵略の衝撃の理由「地球人が宇宙の平和を乱す危険な存在」。主要キャラの戦死。

神江宇宙太と神北恵子は勝平を残し、大破したザンブル、ザ...

神江宇宙太と神北恵子は勝平を残し、大破したザンブル、ザンベースでバンドックに特攻していく。

『無敵超人ザンボット3』第23話「燃える宇宙」(最終回)

神江宇宙太(かみえ うちゅうた)は最終話で重傷を負い、愛機まで大破したことで、勝平に突破口を開かせるため、恵子と共にバンドックに特攻し、勝平の名を叫びながら短い生涯を終える。
ヒロインの恵子も特攻して戦死。

ヒロインの恵子も特攻して戦死。

神北恵子(かみきた けいこ)は最終話で勝平に突破口を開かせるべく、宇宙太と共にバンドックに特攻し、両親にさよならの言葉を残し、宇宙太同様短い生涯を終える。

主要キャラクターが次々と死亡する展開は、富野の異名「皆殺しの富野」の原点の一つとして語られ、そのスタイルを印象づけた。
宇宙での最終決戦では、神ファミリーは戦闘要員以外の乗員を睡眠薬で眠らせ半ば強引に地球へ送り返す。

死闘の中斃れていく神ファミリー。ザンボットも傷つき、宇宙太と恵子は勝平を残し大破したザンブル、ザンベースで特攻していく。

大きな犠牲を払いついに勝平が対面したガイゾックの正体は、かつてガイゾックにつくられたただのコンピューター、コンピュータードール第8号に過ぎなかった。

勝平とコンピュータードール第8号との対話、地球侵略の衝撃の理由は、是非本編を視聴して確認していただきたい。

そして地球に落下するガイゾックの母船バンドックに取り残された勝平を救うため、唯一残ったビアルI世も犠牲となる。

ただ一人生き残った勝平。だが、地球には彼を温かく迎えてくれる人たちがいた……。

このようにキャラクターへの親しみを拒絶するようにその生々しさを積極的に描写し、容赦なく死なせ、最終的に全滅(に近い形)に行き着く富野の作風を、当時のアニメファンは「伝説巨神イデオン」や「聖戦士ダンバイン」等と併せ、「皆殺しの富野」と形容した。
ガイゾックの真の支配者の正体は「コンピュータードール第...

ガイゾックの真の支配者の正体は「コンピュータードール第8号」 平和のために、宇宙の秩序を乱す悪意に満ちた生命体である地球人を滅ぼすと語る。

勝平はザンボエースで内部に突入し、バンドックの黒幕・コンピュータードール第8号と対面します。

コンピュータードール第8号は、悪意に満ちた生命体を滅ぼすためにプログラムされている正義の存在で、その悪意に満ちた存在こそ、地球人とビアル星人(主人公たち神ファミリーは、ビアル星人)であると自身の存在理由を明らかにします。

何のために戦ってきたのか、地球人は神ファミリーに感謝しているのか、命を犠牲にしてまで身勝手な地球の人間を守る必要があったのかと・・・コンピュータードール第8号は勝平に問います。
残虐非道と下劣さを併せ持ったブッチャーですらも震え上がるしかないその真の支配者の正体は、ガイゾック星人が造り上げた生体端末「コンピュータードール」であった。

コンピュータードールは悪い思考をした生命体の住む星を滅ぼす事を使命としてプログラムされていた為に、ビアル星や地球といった惑星に攻撃を仕掛けており、とどのつまりガイゾックにとっての殺戮活動の真意は、「宇宙の秩序に混乱を巻き起こしうるバグの消去」のようなものであった。

コンピュータードール第8号は遂に自らバンドックで攻撃を仕掛けるも、ザンブルとザンベースの特攻を受け、更には内部に神勝平のザンボエースが突入した結果、コンピュータードールも機能停止寸前にまで陥る。

最後は自らの元へ辿り着いた勝平に、自らが生み出された目的を明かし、彼らが命を犠牲にしてまで身勝手な地球の人間を守る必要があったのかという問答をしあった後、爆発した。
海辺に横たわるザンボエースの表情が 泣いているように見...

海辺に横たわるザンボエースの表情が 泣いているように見える演出。

最終話では、ガイゾックはガイゾック星人により作られたコンピュータで、平和のためにビアル星人を含む悪意に満ちた生物を滅ぼすことを目的とし、危険な地球人を平和のために滅ぼすため飛来したという事実がガイゾックによって語られ、従来の単純な公式「勧善懲悪」に“正義とは何ぞや、誰がそれを決めるのか”と疑問を投げかける結末となっている。

最終話の放映後、プロダクション、スポンサー、広告代理店が真っ青になったと富野は語っている。
ただ一人生き残った勝平。だが、地球には彼を温かく迎えて...

ただ一人生き残った勝平。だが、地球には彼を温かく迎えてくれる人たちがいた。

勝平の生還を聞き、押し寄せる人々を前にそっと目を覚ます勝平。

最終話ラストは傷つき疲れ果てた主人公「勝平」に、それまで非難していたはずの人々が歓声をあげて駆け寄るシーンで物語がしめくくられる。

勝平の母親の花江をはじめ神ファミリーの非戦闘要員は地球に送り返されているため生き残っており、ラストの勝平の帰還の際にも駆けつけている。

劇場版『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』(1978年) 古代進と森雪はテレサに導かれながらヤマトとともに超巨大戦艦に特攻する。

白色彗星

テレビアニメ版「宇宙戦艦ヤマト2」の土星宙域会戦、土方司令率いる地球艦隊とバルゼー司令率いるガトランティス艦隊との艦隊決戦で使われた曲。
白色彗星を倒した喜びもつかの間、超巨大戦艦が出現する

白色彗星を倒した喜びもつかの間、超巨大戦艦が出現する

高笑いするズォーダー大帝「どうだ、わかっただろう。宇宙の絶対者は唯一人、この全能なる私なのだ。命あるものはその血の一滴まで俺のものだ。宇宙は全て我が意志のままにある。私が宇宙の法だ、宇宙の秩序だ。よって当然、地球もこの私のものだ。ムハハハハ、アハハハハハハ。」
テレサ「半物質の私の体が役に立つときが来ました。一緒に...

テレサ「半物質の私の体が役に立つときが来ました。一緒に行きましょう。」

古代進と森雪は半物質のテレサに導かれながらヤマトとともに超巨大戦艦に特攻する。
永遠の宇宙の中での森雪と古代進の結婚式

永遠の宇宙の中での森雪と古代進の結婚式

「雪。やっと二人きりになれたね。君には苦しい思いばかりさせて、ごめんね。これからいつも一緒にいるよ。人間にとって一番大切なものは愛することだ。でも、僕が一番大切なものは君だ。君への愛だ!雪、好きだ。大好きだ。大きな声で言える。雪。僕たちはこの永遠の宇宙の中で、星になって結婚しよう。これが二人の結婚式だ。」

『ベルサイユのばら』(1979年) バスティーユ襲撃で「オスカル」と「アンドレ」ともに命を落とす。マリー・アントワネットは処刑される。

『ベルサイユのばら』(1979年)オープニングテーマ「薔薇は美しく散る」

『ベルサイユのばら』は、池田理代子による漫画作品。通称「ベルばら」。フランス革命前から革命前期を舞台に、男装の麗人オスカルとフランス王妃マリー・アントワネットらの人生を描く、史実を基にしたフィクション作品。

1979年10月10日から1980年9月3日まで日本テレビおよびその系列局で放送されたテレビアニメ。全40話+総集編1話。
恋人のアンドレは敵兵の撃った流れ弾に心臓を貫かれて死亡

恋人のアンドレは敵兵の撃った流れ弾に心臓を貫かれて死亡

第40話(最終話)「さようならわが愛しのオスカル」
出典 prtimes.jp
「オスカル・フランソワ・ド・ジャルジェ」
参戦したバスティーユ襲撃で銃撃により、要塞の陥落を見届けて戦死した。アニメ版では陥落の1時間前に絶命。

「アンドレ・グランディエ」
民衆の時間稼ぎの搖動として死闘を繰り広げた帰路、敵兵に見つかりオスカルが射殺するもその敵兵の撃った流れ弾に心臓を貫かれて死亡した。
バスティーユ襲撃で銃撃を受けるオスカル

バスティーユ襲撃で銃撃を受けるオスカル

出典 ameblo.jp
バスティーユ陥落。民衆の勝利の歓声のなかでオスカルは静...

バスティーユ陥落。民衆の勝利の歓声のなかでオスカルは静かに息絶えた。

110 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • アナログおやじ 2018/9/26 08:32

    ザンボット3の最終回は小学生ながらに泣いた!特にボロボロのザンボットから強制的に勝平だけを期待から切り離し敵に特攻をかける二人の姿には今思い出しても強烈な印象として残っている。

    バーボンベア 2017/12/30 10:31

    「わ、私は1人では死なん…き、貴様も連れて行くぞ…カミーユ・ビダン!」

    すべてのコメントを見る (2)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

実写版「セーラーマーキュリー」の泉里香(32)が久々に「ルナ」と再会!セーラームーン関係の最新情報も盛りだくさん!

実写版「セーラーマーキュリー」の泉里香(32)が久々に「ルナ」と再会!セーラームーン関係の最新情報も盛りだくさん!

特撮ドラマ「美少女戦士セーラームーン」にてセーラーマーキュリーを演じた女優・泉里香がこのたび、自身のインスタグラムにて黒猫の「ルナ」と再会した写真を投稿し、大きな話題となっています。
隣人速報 | 1,545 view
25年ぶりの映画公開記念!スポニチから劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」新聞が発売決定!

25年ぶりの映画公開記念!スポニチから劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」新聞が発売決定!

スポーツニッポン新聞社(スポニチ)より『劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」新聞』の発売が決定しました。また、記念ウォッチやサマンサタバサのコラボアイテムも発表されています。
隣人速報 | 503 view
東村山に変な銅像が!?東京・東村山市が志村けんさんの銅像を建立するプロジェクトを始動させる!!

東村山に変な銅像が!?東京・東村山市が志村けんさんの銅像を建立するプロジェクトを始動させる!!

東京・東村山市は、今年3月に新型コロナウイルスによる肺炎で亡くなった同市の名誉市民・志村けんさんの銅像を建立するため、クラウドファンディングサイト「READY FOR」にて資金獲得のための「ありがとう志村けんさん。東村山市に銅像をつくるプロジェクト」をスタートさせました。
隣人速報 | 1,367 view
懐かしい特撮・アニメ・漫画の傑作エピソードvol.15(想定外の衝撃的な展開・みんなのトラウマ)

懐かしい特撮・アニメ・漫画の傑作エピソードvol.15(想定外の衝撃的な展開・みんなのトラウマ)

懐かしい1970年代から90年代の昭和の特撮ドラマを中心に衝撃的な傑作エピソードや特撮のトラウマ作品も振り返ってみましょう。いずれの作品も色々な意味で衝撃的かつトンデモない面白いネタが勢ぞろいです。
トントン | 102,592 view
【クイズ】懐かしい名作テレビアニメ(1990代編)

【クイズ】懐かしい名作テレビアニメ(1990代編)

あの名作アニメの登場人物や名シーン、主題歌など…。 1990年代の懐かしいテレビアニメに関する10問クイズです。 この頃はもうアニメをあまり見てなかったという人も多いかもしれませんが是非チャレンジしてみて下さい。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト