「演歌の怪物ハイセイコー」学ランを着た男性アイドル・演歌歌手「藤正樹」の現在
2017年3月28日 更新

「演歌の怪物ハイセイコー」学ランを着た男性アイドル・演歌歌手「藤正樹」の現在

1970年代に学ラン(詰襟学生服)を着てド演歌『忍ぶ雨』を歌っていた歌手、藤正樹を憶えていますか? 森昌子や山口百恵と同じ「スター誕生」出身でホリプロに所属していた歌手です。「演歌の怪物ハイセイコー」と呼ばれデビューした藤正樹。その後の『あの娘がつくった塩むすび』から現在の活動を調べてみました。

5,805 view

演歌歌手?男性アイドル「藤正樹」

心に残るスター誕生出身の歌手と言えば? - 山口ももえピンクレディー桜田... - Yahoo!知恵袋 (1840540)

藤 正樹(ふじ まさき)は1957年(昭和32年)12月13日生まれ、本名は早川雅基。静岡県藤枝市出身の日本の歌手である。現在はニューライフ企画に所属している。身長165センチメートル、体重58キログラム、血液型はA型、趣味はスポーツ全般(ゴルフ、野球、テニス、スキー、スケートなど)。
歌手になったきっかけは、1973年(昭和48年)3月に日本テレビのオーディション番組『スター誕生!』に出場したことです。持ち前の喉と中学生とは思えない歌唱で予選を通過して決戦大会まですすみました。
スタ誕では美川憲一の『新潟ブルース』を歌い歌唱力が評価され最優秀賞を受賞、第6回グランドチャンピオンとなりました。
事務所はホリプロに所属することになります。

Amazon.co.jp | 日本テレビ SPECIAL PRESENTS『スター誕生! CD&DVD-BOX』 DVD・ブルーレイ - 森昌子, 桜田淳子, 山口百恵, 岩崎宏美, ピンク・レディー, 小泉今日子, 中森明菜, 萩本欽一

14,000
日本テレビ 『スター誕生! CD&DVD-BOX』- 森昌子, 桜田淳子, 山口百恵, 岩崎宏美, ピンク・レディー, 小泉今日子, 中森明菜, 萩本欽一

「演歌の怪物ハイセイコー」の キャッチフレーズでデビュー

忍ぶ雨(藤 正樹)

忍ぶ雨(藤 正樹) 昭和48年
そして、1973年7月25日、キャニオンレコードより歌手としてデビューしました。
この時の詰襟学生服の衣装でデビュー曲の『忍ぶ雨」を歌いました。
当時の藤 正樹は15歳、高校1年生でした。
1970年代の男性アイドル(藤正樹 )  :   アイドルの歴史 (1840538)

歌手デビューした時の藤 正樹のキャッチフレーズは「演歌の怪物ハイセイコー」

作詞家の阿久悠の「怪童・中西太があらわれたようだ」の一言で怪物「ハイセイコー」のアイディアが浮かんだという。この時15歳の藤正樹はハイセイコーのことは知らなかったという。
「ハイセイコー」とは、1972年(昭和47年)7月、大井競馬場でデビューした競走馬の名前です。ハイセイコーは、デビューした年に6連勝を達成。翌年の1973年(昭和48年)1月に中央競馬へ移籍し、「地方競馬の怪物」とその名を知らしめた。その後も連勝を続け競馬ブームの火付け役となり、競馬ファン以外にも人気を博しました。
女ピン芸人・まぁこが第1子出産「初めて母乳を飲んでい、愛しい」   - scoopnest.com (1840623)

ハイセイコーと藤 正樹の秘話・恩返し

そして、藤正樹はデビューの2か月前のある日、ダービーを1週間後にひかえた競走馬ハイセイコーと東京都府中にある鈴木勝太郎厩舎で初対面しました。この時にハイセイコーの手綱を持った写真が撮影されました。
事務所はハイセイコーにまたがった藤正樹の写真を希望しましたが、流石にハイセイコー背中に乗ることは勘弁してくれと断られたという。
【相互】日本ダービーさんのツイート: "【あの時・ハイセイコーの軌跡】(1)15歳いがぐり頭の「演歌の怪物」 - スポーツ報知 https://t.co/xmg1l8IHKX https://t.co/4JY7ISOCRH" (1840621)

この撮影には報道陣が50人以上集まりました。

藤正樹は厩務員にハイセイコーに蹴られたら命の保証はない、絶対にハイセイコーの前足より前に立ってはいけないと注意されたという。


当時の撮影にはフラッシュが使用されました。ハイセイコーは11秒間カメラマンの撮影に応じ、その後、立上リます。藤は「気性が荒い馬」だったとこの時の印象を語っています。

1週間後のダービーでハイセイコーは負けてしまいました。そして「あんな写真を撮ったから負けたんだ」と言われたという。

その後藤正樹は、馬券を買える20歳になってから、25歳で結婚するまでの5年間にハイセイコーの血を引く馬の馬券を全部買って「ハイセイコー」に恩返しをしていたという。
そして、ハイセイコーの子供のカツラノハイセイコーはダービーで勝利をおさめました。

藤正樹のトレードマークは衣装の学ラン(詰襟学生服)

藤正樹がデビューしたのは1973年。当時の歌謡界は、1971年は全員デビューの同期生新三人娘 - 南沙織(1954年7月2日)、小柳ルミ子(1952年7月2日)、天地真理(1951年11月5日)がいました。
1972年には、藤より3歳年上の若手演歌歌手の三善英史(1954年9月2日)が『雨』を歌いデビューしました。
1974年は城みちるやあいざき進也、荒川務など出てきて、アイドル豊作の年となりました。
そんな中で、学制服姿の藤正樹は芋臭くて素朴な演歌系アイドル歌手という存在でした。

忍ぶ雨 藤正樹 (1973)

「忍ぶ雨」1973年7月25日発売
作詞 阿久悠/作曲 新井利昌/編曲 竜崎孝路

「スター誕生!100回記念スペシャル」ではオレンジ色の学ラン(詰襟学生服)を着て、ヒット曲の「忍ぶ雨」を披露しました。
♪昭和のB級アイドルを語るトピ♪ | ガールズちゃんねる - Girls Channel - (1840539)

藤正樹より1歳年下の演歌系アイドル森昌子も当時は同じホリプロに所属していました。

1958年生まれの森昌子は13歳で、日本テレビ『スター誕生!』(1971年10月開始)に出場、第1回決戦大会最優秀賞を受賞、1972年に14歳でホリプロから歌手デビューしています。

「花の中三トリオ」の山口 百恵(1959年1月17日)ホリプロ所属と桜田淳子(1958年4月14日)サンミュージック所属は、ともに森昌子より1年おくれて1973年にデビューしています。
50 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

山口百恵の最大ヒット曲『いい日旅立ち』のタイトルは、国鉄キャンペーンのスポンサーが由来?

山口百恵の最大ヒット曲『いい日旅立ち』のタイトルは、国鉄キャンペーンのスポンサーが由来?

山口百恵の最大ヒット曲となった『いい日旅立ち』は、国鉄のキャンペーンソングでした。タイトルの由来には、ある意外なエピソードがありました。その真相とは!?
モンステラ | 5,422 view
ムード演歌の女王【青江三奈】官能的とも妖艶とも称された青江三奈の歌声に隠された素顔とは・・・?

ムード演歌の女王【青江三奈】官能的とも妖艶とも称された青江三奈の歌声に隠された素顔とは・・・?

歌中の『あーん、あーん』というため息のような吐息のような囁きが、多くの人々の心を魅了し、100万枚という大ヒットを記録した「伊勢佐木町ブルース」。いわゆる美しい歌声しか受け入れられなかった当時の歌謡界において青江三菜さんのハスキーボイスは、世の中に衝撃を与えました。昭和の歌謡史に名を残した彼女の活躍と、それを陰から支えた一人の男性の存在。「普通の女の子」だった青江三菜さんは花礼二さんの手によって銀座の人気クラブ歌手として花開きます。
cyomo | 5,721 view
【70’sアイドル】ホリプロスカウトキャラバンから出てきた由美ちゃんこと荒木由美子を振り返る!

【70’sアイドル】ホリプロスカウトキャラバンから出てきた由美ちゃんこと荒木由美子を振り返る!

ホリプロスカウトキャラバンで審査員特別賞を受賞し芸能界デビューを果たした荒木由美子さんに大注目!70年代に活躍した同期アイドルたちとともに振り返る由美ちゃんのすべて。結婚、引退、復帰を余すことなくお届けする荒木由美子ファン必見の特集です!
はんまのまま | 8,697 view
キャスケットはエンジェルハット?秋田出身の花の中3トリオ「桜田淳子」

キャスケットはエンジェルハット?秋田出身の花の中3トリオ「桜田淳子」

有名オーディション番組を経て芸能界入りした桜田淳子は番組史上最高得点をたたき出していた!そのビジュアルと歌声を心してみよ!キャスケット
はんまのまま | 3,782 view
歌姫「山口百恵」というカリスマ

歌姫「山口百恵」というカリスマ

結婚を理由に潔く芸能界を引退した歌手「山口百恵」。そのカリスマ性を今も感じることがあります。今でも熱狂的ファンがいるアイドル山口百恵の思い出に浸りましょう。
はんまのまま | 11,074 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト