2016年7月31日 更新

「ソープへ行け!」 北方謙三による伝説の青春人生相談『試みの地平線』傑作集

うじうじ悩むな、小僧ども。「ソープへ行け!」 人生のあらゆる局面で効く伝説の青春相談「試みの地平線」の傑作を紹介します。

55,855 view

『試みの地平線』とは?

講談社の青年向け雑誌『ホットドッグ・プレス(Hot-Dog PRESS)』に1986年から2002年まで連載されていたハードボイルド小説家『北方謙三』による伝説の青春人生相談コーナー。
http://radiog.jp/blog/wp-content/uploads/2014/03/08.jpg (19276)

出典 radiog.jp
北方の「ソープに行け」などの名文句が男性読者の人気を集め、「毎回『ソープに行け』と言っている」かのような印象をもたれていたが、 連載末期に担当者が調べたところ実は4回しか言ってなかったのだという
ただし、「『Hot-Dog PRESS』2001年3月26日号の「北方謙三大特集」には、確かに「59回」いう数字が載せられており「多い時で年9回」との集計もあるようである。

「初体験をスムーズに済ませる方法は?」という相談に対して

『俺は17歳で童貞を喪(うしな)った。それでちょうど良かったと思う。17歳、18歳、19歳・・・その間に汚れたシャツは脱いでしまうべきだと思うね。(中略)
さて君は17歳で同じ齢ぐらいの女の子を想定して悩んでいるようだが、筆下ろしはベテランとやった方がいい、と俺は思う。』

『ソープランドに行け。ソープランドのお姐さんに「俺は童貞だ。セックスというものを知りたいから教えてほしい」と言ってみろ。ほとんどの人は親身になって、熱心に教えてくれるはずだ。相手は30歳でも40歳でもいいじゃないか。』

「私はこの時代に適していないのかもしれません。毎日、自殺を考えています」という相談に対して

『小僧、本を読め!
とにかく50冊読め。それでも死にたかったら、また手紙をくれ。

ただし、太宰には気をつけろよ。ヤツを読むのはいいことだが、続けて2冊を連続でというのは危険だ。それだけは守るんだな(ニヤリ)。』

「口臭と体臭がひどくて悩んでいる。」という悩みに対して

『越前に永平寺という禅寺がある。そこに行って、3年間修行して来い。肉も魚も食えない。もちろん女もいない。毎朝3時に起きて拭き掃除。あとはひたすら座禅を組み、あらゆる煩悩から脱却し、悟りを開く。そこで3年修行すれば、口臭や体臭なんて絶対気にならなくなる。
それが嫌なら、もう少し図太くなって考えろ。たとえば、ニンニクを毎日食う。それで「ニンニク臭い」と言われても、当たり前だ。「俺のこのパワーの源はニンニクだ!」と言えるぐらいの、そんな図太さがあれば悩みは自然に消える。とりあえず、ソープに行ってみろ。』
『ソープ嬢に「臭え」と言われたら、「これが俺の匂いだ!」と言ってやれ。そういう言い方に慣れることがお前にはまず必要だ。そして彼女ができたら、同じ言葉を言ってやれ。悩みというのは、開き直って図太くなったヤツの方が勝ちだ。「臭い男の人生を見せてやる」というぐらいに開き直って、腰をドカンと据えていれば、匂いだって存在感になってくるものさ』。

「ファッションやヘアスタイルなど研究し、最先端できめてるつもりなんだけど、女のコにもてない。俺には何が欠けてると思いますか?」という相談に対して

『頭の中身が欠けている。男というのは服でもなければ髪形でもない。ただひとつ、頭の中身である。腹のすわり方である。
髪形でいうなら、俺は中学一年の頃から25年間、一度も床屋に行ってない。全て自分で刈っている。だから後ろはめちゃくちゃになってるはずだ。』

『ようするに外見なんて気にする必要はないということだ。俺は髪はかっこよくはないかもしれないが自分で刈る。ジーパンで、ぞうりみたいなものを履いて銀座にだって出かける。それなのに、どうだ。女はたかってくる。男は一芸に秀でれば、黙っていても女はたかってくるのである。』

「私の悩みは、非常にペニスが小さいことです。平常時で4cmくらい、縮んだ時は2cmくらいしかありません。」という悩みに対して

『おまえはSEXをしたことがあるのか?もしないのならば、すぐにソープに行け。そして、「俺のものは小っちゃいか」と訊いてみろ。
「多少の違いはあるけど、男のペニスなんてみんな同じよ」と答えるに決まっている。それが真実だよ。』

『男が問われるのはペニスの大きさではない。金玉の大きさだ。もちろん象徴的な意味での金玉でぶら下がっている金玉じゃないぞ。その意味は、小僧どもみんなで考えてみろ。』

「包茎なんです。」という悩みに対して

『正直に告白すると、俺も仮性包茎気味なのだよ。どちらかというと皮が余分にある。でも俺はむしろそれがいいと思っている。というのはあそこがいつも敏感になっているからだ。』

『俺はこの前、東ヨーロッパを旅行してきた。あちこちの公衆便所で、隣でやってるやつのを見たが、包茎がいっぱいいたね。』

『仮性包茎なんてたいした問題ではないと、国際的感覚で俺は考えるね。』

「彼女のパンツをかっぱらってしまいました。」という相談に対して

『「俺は好きなんだ、とくに、お前が好きだから、お前が穿いているものが好きなんだ」といったような、詭弁を使うしかない。』

『ちなみに俺は、女の子のあそこのヘアを集めるのが好きだ。グッと掴んで、ギュッと引っ張ると、指の間に二本か三本ひっかかってくる。で、その女が帰った後で、それをジッと見つめて、こういうヘアを持っている女はどういう性格なのか、分析する趣味がある。これだって正常とは言えないだろう。』

「北方先生の助言通り、ソープに行きました。しかし2回、3回と行きましたが僕のアソコは立ちませんでした。」という相談に対して

『二、三回行ってダメだったら四回、五回と行く、それしか方法はない。ただし、一つだけ助言しておく。気に入った女の子がいたらその子のところに通え。そして、「僕は童貞です。どうしても君で童貞を捨てたいんです」と、お願いしろ。そうしたら、きっとなんとかしてくれるさ。』

『童貞なんてものは、濡れたシャツみたいなもんだ。着心地が悪いんだから、早く脱いで乾いたシャツに着替えたほうがいい。』

『その方法でやってみろ。そして、見事に童貞を捨てることができたら、また手紙をくれ。』

「妻に何度バレても浮気がやめられない。」という相談に対して

『必ず女房にバレてしまうというのは、ワキが甘いわけでも何でもない。ただ単におまえ自身がバラしたいと思ってるからだ。おまえは女房に浮気がバレること自体が快感なんだ。』

『要するにおまえはただのMだ。SMクラブに行け。SMクラブに行って女王様に思う存分虐めてもらえ。』

【最後に】衝撃の告白が・・・。

これだけ「ソープへ行け!」と言っておきながら。。。

連載後半に『俺はソープに行った事がない』と告白!

読者全員が「ええええええええええええ~」と衝撃を受けたのでした。

北方先生の熱い言葉をもっと読みたくなった方はこちら

試みの地平線 伝説復活編 (講談社文庫) | 北方 謙三 | 本 | Amazon.co.jp

583
うじうじ悩むな、小僧ども。「ソープへ行け!」
人生のあらゆる局面で効く伝説の青春相談「試みの地平線」16年395回の連載から傑作問答を厳選した文庫オリジナル版!
「ソープへ行け!」「一芸に秀でれば女はたかってくる」―性、友情、仕事、どんな悩みも一刀両断。女をいかせる“必殺○○揺さぶり”から、死にたいときの処方箋まで。あの伝説の人生相談が、今よみがえる。16年にわたるHDP誌の連載より名問答を厳選。大人になっても悩める“小僧ども”のために、中年編も充実だッ。
28 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

   

20世紀交歓所20世紀しばりのフリマサイト

関連する記事こんな記事も人気です♪

森高やフーミンを超えろ!?「実話ナックルズ」が「神パーツ」の持ち主を募集中!!

森高やフーミンを超えろ!?「実話ナックルズ」が「神パーツ」の持ち主を募集中!!

ネットサービス「マシェバラ」と「実話ナックルズ」とのコラボレーション企画「実話ナックルズ神グラビアオーディション」が参加者を募集中です。今回のテーマは「神パーツ」。神パーツをお持ちの方は是非参戦を!
隣人速報 | 8,449 view
1983年に創刊の「マガジンSPECIAL」が休刊へ。最終号には森川ジョージによる読み切りが掲載!!

1983年に創刊の「マガジンSPECIAL」が休刊へ。最終号には森川ジョージによる読み切りが掲載!!

1983年に創刊され、通称「マガスペ」として親しまれた「マガジンSPECIAL」が、20日に発売された2号をもって休刊した。週刊少年マガジン(講談社)の増刊誌であり、1987年に1度休刊したが1989年に復活し、現在まで続いてきた。
“パトレイバー”のゆうきまさみによるギャグ漫画「究極超人あ~る」の新作読み切りがスピリッツで掲載!!

“パトレイバー”のゆうきまさみによるギャグ漫画「究極超人あ~る」の新作読み切りがスピリッツで掲載!!

ゆうきまさみの漫画「究極超人あ~る」の新作読み切りが、12月11日発売の「週刊ビッグコミックスピリッツ」2・3合併号に掲載されています。80年代に「究極超人あ~る」を読み親しんだ方々には嬉しい再登場です!
隣人速報 | 308 view
一歩がまさかの引退!?「はじめの一歩」の壮絶すぎる展開が話題に!

一歩がまさかの引退!?「はじめの一歩」の壮絶すぎる展開が話題に!

一歩がまさかの引退か!?週刊少年マガジンで連載中のボクシング漫画「はじめの一歩」の壮絶すぎる展開が、今ファンの間で話題となっています。長らく「はじめの一歩」から遠ざかっていた人も要チェックですよ!
隣人速報 | 14,541 view
伝説のグラビア雑誌「URECCO」が復活!誌面争奪オーディションを開催します!!

伝説のグラビア雑誌「URECCO」が復活!誌面争奪オーディションを開催します!!

1986年から2007年まで発行されていた伝説のグラビア雑誌「URECCO」が、現代のおしゃれグラビア雑誌として復活します。オーディションも開催され、表紙や誌面にあなたのグラビアが掲載されるチャンス到来!
隣人速報 | 4,299 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト