マンガ『ラフ 』の最終回ってどうだった?
2015年9月16日 更新

マンガ『ラフ 』の最終回ってどうだった?

圭介も好きだし仲西も好きだし…一体亜美ちゃんどっちにするの!?と最後までハラハラしました! 映画の長澤まさみも可愛かったですね。 そんな『ラフ』の最終回をチェック!

10,262 view
http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/lastseen1013/20131101/20131101114337.gif (792974)

『ラフ 』のあらすじ

大和圭介と二ノ宮亜美。

二人は私立栄泉高校水泳部に所属しており、圭介は競泳、亜美は飛び込みの選手である。

実家が共に和菓子屋、しかも祖父の代からのライバル同士という事もあり、犬猿の仲であったが、互いの頑張る姿を見ているうちに次第に惹かれ合っていく。

だが、亜美が兄のように慕っている仲西が、圭介の競泳と恋のライバルとして登場する。

兄のように慕う仲西と、次第に惹かれている圭介の微妙な三角関係。
三人がどのような関係に発展していくのか…
http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/lastseen1013/20131129/20131129203902.jpg (792977)

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/lastseen1013/20131101/20131101114202.jpg (792978)

http://mitsuru.ffsky.cn/ropic/2.gif (792979)

http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-12-5c/chihaya487k/folder/1459688/52/40424052/img_0 (792980)

『ラフ 』の最終回

順調に選手としての力量を備えていく圭介。

かつて亜美が溺れた時に助けたのは仲西。
その時に何も出来なかった自分の不甲斐なさを噛みしめた圭介。

今度亜美を助けるのは自分でありたい。
その強い思いが圭介を飛躍させていく。

そして、事故から完全復活した仲西は圭介の思いを理解し、圭介と勝負することになる。

亜美、圭介、中西。
それぞれの様々な思いが渦巻くなか、対決の日が近づいていく。

当日、日本選手権の100m決勝のスタート直前。

勝負の前に自分の気持ちを伝えたい亜美は、カセットテープに想いを込め圭介に渡す。

しかし、カセットプレーヤーが壊れた圭介はテープの内容を聞くことはできなかった。

いよいよスタートの時間になり、「さあ、亜美を助けにいくぞ」と仲西が言い、「はい。」と応える圭介。

二人の勝負が始まる。

その後、壊れていたはずのカセットプレイヤーから、亜美の圭介への告白が流れるのだった。
http://stat.ameba.jp/user_images/20110213/22/yoshiki-0722/bd/a2/j/o0480036011046979220.jpg (792983)

http://stat.ameba.jp/user_images/20110213/22/yoshiki-0722/c4/c1/j/o0480064011046991180.jpg (792984)

http://stat.ameba.jp/user_images/20110213/22/yoshiki-0722/63/6f/j/o0480036011046993852.jpg (792985)

http://stat.ameba.jp/user_images/20110213/22/yoshiki-0722/b1/54/j/o0480036011046973440.jpg (792986)

http://image.eiga.k-img.com/images/movie/33470/gallery/1_large.jpg?1396886349 (792987)

映画は速水もこみち×長澤まさみ
14 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

『めぞん一刻』(1980年)音無響子と五代裕作の相思相愛ながら、すれ違いの関係が続き、もどかしい距離がなかなか縮まらないお話

『めぞん一刻』(1980年)音無響子と五代裕作の相思相愛ながら、すれ違いの関係が続き、もどかしい距離がなかなか縮まらないお話

1980年代の恋愛漫画の金字塔として名高い作品である『めぞん一刻』。響子と五代の相思相愛ながら、すれ違いの関係が続き、もどかしい距離がなかなか縮まらない。すれ違いはラブコメの基本ですが、この響子と五代のドM過ぎる「もどかしい関係」は超絶なレベルで、ほかに並ぶものがないでしょう。草食系プラトニックな純愛青春劇なこの名作『めぞん一刻』のストーリーをおさらいしてみましょう。
トントン | 73,185 view
マンガ『俺たちのフィールド』の最終回ってどうだった?

マンガ『俺たちのフィールド』の最終回ってどうだった?

最高に熱い展開と個性的なキャラクターが魅力のサッカー漫画。順調に勝ち進むのではなくシビアな世界基準が持ち込まれているので、応援したい気持ちを煽られます! そんな『俺たちのフィールド』の最終回をチェック!
マンガ『サンクチュアリ』の最終回ってどうだった?

マンガ『サンクチュアリ』の最終回ってどうだった?

20~40代の男性にオススメ!男の漫画としては最高の中の最高です。北条彰と浅見千秋の二人が、日本の腐敗した政治体制を、表と裏の世界から変革するヤクザ政治漫画。 そんな『サンクチュアリ』の最終回をチェック!
マンガ『編集王』の最終回ってどうだった?

マンガ『編集王』の最終回ってどうだった?

熱血漢で下品な新人編集者の主人公の起こす人情コメディ!漫画家になりたい!漫画界の裏事情を知りたい!という人に特にお勧めです。 そんな『編集王』の最終回をチェック!
マンガ『六三四の剣』の最終回ってどうだった?

マンガ『六三四の剣』の最終回ってどうだった?

あまり有名でないのがもったいない!剣道好きでなくても楽しめる剣道漫画『六三四の剣』。絵が可愛く読みやすいです。 そんな『六三四の剣』の最終回をチェック!

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト