【SWAN】集英社の週刊マーガレットが生み出した名作マンガたち【エースをねらえ!】
2015年9月16日 更新

【SWAN】集英社の週刊マーガレットが生み出した名作マンガたち【エースをねらえ!】

かつては少年マンガだけでなく、少女マンガも週刊が多かった。その頃の人気雑誌のひとつ「週刊マーガレット」に載っていた名作マンガ、人気マンガの数々を見てみよう。

9,642 view
『マーガレット』(集英社) は、昭和38年、同年に休刊した『少女ブック』に代わる
総合少女週刊誌として創刊されました。当時の誌名は『週刊マーガレット』で、
昭和55年以降は月2回刊となり、誌名も『マーガレット』となっています。
1960年代~1980年代の少女マンガを牽引した雑誌の一つ

1960年代~1980年代の少女マンガを牽引した雑誌の一つ

「エースをねらえ!」山本鈴美香 1973年~1975年 1978年~1980年

日本中にテニスブームを巻き起こしたスポ根テニスマンガ

日本中にテニスブームを巻き起こしたスポ根テニスマンガ

松岡修造が現役時代、海外遠征には必ず持って行くと語っていた名作。

それまでテニスと全く縁のなかったヒロイン岡ひろみが、高校入学と同時にテニス部に入部し、厳しいコーチや先輩達の指導のもと才能を開花させてゆく物語。
アニメ、ドラマ化も。
このマンガの影響で町にはテニスラケットを持った女性があふれた。
ヒロインをしのぐ人気キャラ お蝶夫人こと竜崎麗香

ヒロインをしのぐ人気キャラ お蝶夫人こと竜崎麗香

高校生なのに「夫人」?
この気品、この迫力で主人公を導いてくれたテニス部の先輩。
笑うときは「オホホ」
サーブを打つときは「行くわよ、よくって?」とひたすら上品。
すごい豪邸にお住いで、自宅ではロングドレスを着る。
通学時も自宅でくつろぐときも、巨大なリボンは頭から外さない。リボンは彼女のプライドである。
岡ひろみの師であり、心の支えでもあった宗像コーチ これ...

岡ひろみの師であり、心の支えでもあった宗像コーチ これで20代半ば

テニスにはずぶの素人だったひろみの才能を開花させ、世界レベルの選手へと引き上げた名コーチ。
病により27才でこの世を去る。
ココリコ田中の宗像コーチ

ココリコ田中の宗像コーチ

「アタックNo.1」浦野千賀子 1968年1月~1970年12月

バレーボール日本代表の活躍と相まって、小学生から社会人...

バレーボール日本代表の活躍と相まって、小学生から社会人まで夢中になったマンガ。

同時期に人気のあった「サインはV!」と並ぶバレーボールマンガの頂点。

元々バレーボールが得意だった主人公鮎原こずえは結核の療養のために東京から静岡の中学に転校してくる。
バレーボールに打ち込むことで病を克服、高校進学、就職と人生を通してバレーボールに生きる姿を熱く描いた。

https://lh3.googleusercontent.com/-p9JuXd7pyR0/UuXPBiFrp5I/AAAAAAABAhU/GykhKBypxbE/%25255BUNSET%25255D.jpg (1330072)

明るく素直で根性があって頭もいいけど、ちょっと喧嘩っ早いこずえちゃん。
木の葉落とし、ゴロゴロ回転しまくる回転レシーブなどの技も話題に。
アタックを打つときに必ず
「アターック!」
と叫んで戦略を相手にバラすのはアニメのこずえ。
https://lh3.googleusercontent.com/-ZMFT_laPlw4/UuXPAklnCnI/AAAAAAABAhI/-g9V6qab5iE/%25255BUNSET%25255D.jpg (1330073)

昔は教師や部活の顧問が体罰ふるうのは当たり前だった。
「叩かれるようなことするお前が悪い。」
なんて親も言ってた。

「SWAN」有吉京子 1976年~

バレエなのにスポ根。きらびやかな美しい絵柄は毎号読者の...

バレエなのにスポ根。きらびやかな美しい絵柄は毎号読者の目を奪った

バレリーナの母を持つ少女、聖真澄が根性と努力によりバレエダンサーとして世界的名声を得てゆく物語。
作者はバレエをスポーツとみなしたようで、ヒロインがバレエの技術や芸術性を磨くことよりも次々に現れるライバルダンサーに勝ち続けることを物語の軸としていた。スポ根でもあり、戦闘マンガとも言える。
実在のバレエダンサーや振付師が多く登場したこともこの作品の特徴。
真澄の娘に世代を移して、現在バレエ雑誌スワンマガジンで連載中。
美しき先輩、京極小夜子

美しき先輩、京極小夜子

いつでもどこでも大きなリボンは外さない、悲運のバレリーナ京極さん。
エースをねらえ!のお蝶夫人と似ていることは、当時誰もが気づいていたが言ってはいけないと思っていた。
平凡な少女が実力で世界へ上り詰めてゆくストーリーもエースをねらえ!と全く同じ。

2000年代に大人のバレエ教室ブームが起こったが、その中心となったのは少女時代にこの「SWAN」を読んでバレエに憧れた女性たちだった。

「つる姫じゃーっ!」土田よしこ 1973年~1979年

学級ウ○コ

学級ウ○コ

ハゲマス城のお姫様、つる姫と父である殿、苦労人のご家老、学友たちのドタバタコメディ。
少女マンガなのにシモネタ満載。
アニメ化されたが、放送地域が限定されていたためアニメの知名度は低い。

「エリート狂走曲」弓月光 1977年~1978年

弓月光のキャリアは少女マンガから始まった。

弓月光のキャリアは少女マンガから始まった。

兵庫のど田舎から東京に引っ越してきた主人公片桐哲也(小6)。
周りの空気に流されて教育ママに豹変した母親に尻を叩かれて、小学生なのにやけに色っぽいクラスメートの唯ちゃんと共に中学受験に挑む。
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/33/27/fe02f9482e610c34fbdc816b60595705.jpg (1330081)

少女マンガなのにエッチネタがチラホラ。
唯ちゃんの部屋で一緒に勉強中、うたた寝した唯ちゃんにブチューっとしたタイミングで唯のママが登場。
まあよくあることだ。

ギャグだけでなく、当時の教育問題について作者の持論が展開されたり、効果的な勉強法が提案されたり、読ませる部分も多かった。

「ベルサイユのばら」池田理代子 1972年~1973年

25 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

大人の女子にとってはどれも懐かしい!女子に人気の記事・スレッド一覧

絵も内容もすべてがバブリーな『パッション・ガールズ』に憧れた女子たち集まれ

絵も内容もすべてがバブリーな『パッション・ガールズ』に憧れた女子たち集まれ

人気女子高生モデル、エリカ・八純の破天荒なやりとりは楽しかったですね。藤井みほなの派手な絵柄がなんともバブリー!イケメン甲斐きゅんとエリカの恋、覚えていますか?
ゆりか | 120 view
美容液なのに強粘着!!クセ付け用二重美容液【ひとえじゃなかったら】

美容液なのに強粘着!!クセ付け用二重美容液【ひとえじゃなかったら】

10年の研究成果で赤ちゃんの肌でも使えて粘着力アップ!高級美容液成分配合したクセ付け用二重美容液!「ひとえじゃなかったら」
`80年代を引っ張った少女マンガ家をご紹介!(1)萩尾望都編

`80年代を引っ張った少女マンガ家をご紹介!(1)萩尾望都編

今では大御所と呼ばれるような漫画家たちの若かりし頃の脂ののった仕事を見つめてみました。今読んでも確かに面白いし、名作(迷作?)が多かったのもこの時期ではないでしょうか?
yakushakowai | 128 view
生涯未婚率が上昇している現状や独身の結婚への考え方とは?

生涯未婚率が上昇している現状や独身の結婚への考え方とは?

生涯未婚率が上昇している現状や独身でいる人の考え方などについて考えてみます。
iVERY | 877 view

関連する記事こんな記事も人気です♪

『ベルばら』大相撲とコラボレーション!オスカルの懸賞幕が土俵を回る!!

『ベルばら』大相撲とコラボレーション!オスカルの懸賞幕が土俵を回る!!

1970年代から人気を集めている少女マンガ『ベルサイユのばら』の最新13巻が1月25日に発売することを記念して、22日まで大相撲一月場所にオスカルの懸賞幕が毎日登場する。
red | 1,293 view
ペン習字講座の「日ペンの美子ちゃん」ついにテレビCMでも勧誘を始める!!

ペン習字講座の「日ペンの美子ちゃん」ついにテレビCMでも勧誘を始める!!

ボールペン習字の通信講座を運営する学文社が、「日ペンの美子(みこ)ちゃん」のアニメCMをテレビで放送すると発表しました。2018年1月より随時放送されます。どんな話題もペン習字講座の勧誘に持って行く強引なストーリー展開はCMでも健在なのでしょうか?
隣人速報 | 1,260 view
【第1回】セーラームーンキャラクター人気投票トップ10

【第1回】セーラームーンキャラクター人気投票トップ10

講談社なかよしでセーラームーンキャラクター人気投票が行われ、1993年3月号に結果が掲載されました。38位までが発表された中からトップ10のキャラクターを振り返ります。1位はやっぱりあの人かな…
ローズリー | 43,626 view
「ベルサイユのばら」の豪華限定版が発売!貴重な特典も!

「ベルサイユのばら」の豪華限定版が発売!貴重な特典も!

2017年に『ベルサイユのばら』の連載開始45周年と、作者・池田理代子のデビュー50周年を迎える事を記念して「豪華限定版」シリーズ・全7巻の刊行が決定した。全7巻を一括購入すると、先着で貴重な特典が付く。
【日ペンの美子ちゃん】 あなたは“何代目美子ちゃん”世代ですか?

【日ペンの美子ちゃん】 あなたは“何代目美子ちゃん”世代ですか?

かつて、少女漫画誌には必ずといっていいほど載っていた「日ペンの美子ちゃん」。その彼女が5代にわたって活躍していたことをご存知ですか?
ribbon | 29,473 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト