「六本木心中」や「モニカ」ミュージシャン【NOBODY】は偉大な作曲家でもあった!
2015年9月15日 更新

「六本木心中」や「モニカ」ミュージシャン【NOBODY】は偉大な作曲家でもあった!

意外と知られていない【NOBODY】をじっくり掘り下げてみました。

11,535 view
 (1392230)

相沢行夫(あいざわ ゆきお 1949年10月19日 - )
北海道芦別市出身、神奈川大学卒業。
血液型AB。妻は作詞家の竜真知子。
1969年、矢沢永吉・木原敏雄と出会う。
いくつかのバンドを経て、1973年にフォーク・ロックバンド「ノラ」でプロデビュー。1975年、キャロル解散の決まった矢沢に誘われ、バックメンバーになり他のメンバーの人選も任される。


木原敏雄(きはら としお 1949年11月25日 - )
神奈川県川崎市出身、明治大学卒業。
血液型O。矢沢らとアマチュアバンド「ヤマト」を結成。解散後はケーキ職人を志すが、相沢から誘われ、ソロで活動を始めた矢沢のバックメンバーとなる。
http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/013/899/28/N000/000/002/143114445107237754177.jpg (1392232)

相沢は1975年より、木原は1977年から、「アイ・ラヴ・ユー、OK」「ウイスキー・コーク」「世話がやけるぜ」他、矢沢の曲に歌詞を提供している。

1976年より、矢沢のコンサートツアー及びレコーディングにバンドとして参加し、「矢沢ファミリー」と呼ばれる固定メンバーとして活動。

1981年、矢沢が渡米し拠点をアメリカにおいた事により矢沢ファミリーは解散し、同年10月にNOBODYを結成する。

1981年12月、HOUND DOGの「浮気な、パレット・キャット」で初の楽曲提供(後にセルフカバー)。

1982年6月に1stアルバム『NOBODY』をリリース。1983年公開の映画『里見八犬伝』では音楽を担当し、その後も様々なアーティストへの楽曲提供、サウンドプロデュースを行う。

提供楽曲

数ある提供楽曲の中でも
アラフォー世代の記憶に残っているヒット曲をピックアップ!

HOUND DOG  「 浮気なパレット・キャット」

作詞・作曲:相沢行夫・木原敏雄(NOBODY)

浅香唯 「C-Girl」

作詞:森雪之丞、作曲:NOBODY

浅香唯 「セシル」

作詞: 麻生圭子、作曲: NOBODY

アン・ルイス 「六本木心中」

作詞:湯川れい子/作曲:NOBODY

アン・ルイス 「あゝ無情」

作詞:湯川れい子/ 作曲:NOBODY

荻野目洋子 「フラミンゴinパラダイス」

作詞:売野雅勇/作曲:NOBODY

吉川晃司「モニカ」

作詞 三浦徳子/作曲 NOBODY

吉川晃司 「サヨナラは8月のララバイ」

作詞:売野雅勇/作曲:NOBODY

吉川晃司「You Gotta Chance〜ダンスで夏を抱きしめて〜」

作詞:麻生圭子/作曲:NOBODY

吉川晃司 「にくまれそうなNEWフェイス」

作詞:安藤秀樹/作曲:NOBODY
上記のヒット以外にもアルバム収録曲や、
B面(カップリング)などなど、数多くのアイドルやアーティストに
楽曲提供しています。

・池田政典
・伊藤さやか
・岩崎良美
・小泉今日子
・近藤真彦
・サーカス
・THE 東南西北
・沢田研二
・椎名恵
・中森明菜
・SHOW-YA
・早見優
・堀ちえみ
・松田聖子
・水谷豊
・三原じゅん子
・山下久美子
・和久井映見
・渡辺謙

などなど、すごい顔ぶれです!

まさに縁の下の力持ち

http://blog-imgs-36.fc2.com/k/i/d/kidzz/nobody1.jpg (1392248)

「NOBODY」と聞いて2人の顔を思い出せる人は少ないと思いますが、
「モニカ」や「セシル」や「六本木心中」などなど
しっかり心に焼き付いています。

名曲やヒット曲は歌い手だけではなく
作詞、作曲、編曲などの縁の下の力持ちの
多くの人達の才能が詰め込まれているんですね。
20 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • たけとみ 2018/8/11 22:57

    NOBODY20代の頃よく聴きました
    才能溢れる二人。あの頃のメロディは
    今でも霞むことなく心のなかで流れています

    すべてのコメントを見る (1)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

作詞家としてヒット曲を生み出した音楽評論家の湯川れい子。「爆報!THEフライデー」でC型肝炎を告白。

作詞家としてヒット曲を生み出した音楽評論家の湯川れい子。「爆報!THEフライデー」でC型肝炎を告白。

12日に放送されたTBS系バラエティ「爆報!THEフライデー」で音楽評論家・作詞家の湯川れい子が長くC型肝炎を患い闘病していたことを告白。番組では湯川の軌跡や闘病の様子、そして夫の借金による家族崩壊を本人のインタビューや再現VTRを交え紹介した。
またお | 1,001 view
山下達郎が他のアーティストに提供した名曲特集

山下達郎が他のアーティストに提供した名曲特集

『RIDE ON TIME』『CHRISTMAS EVE』『さよなら夏の日』などのヒットで知られる山下達郎。彼はソロワークスと同時に、他のミュージシャンへの楽曲提供にも熱心なアーティストとしても有名。今回は、そんな山下達郎が他人に提供してきた楽曲を振り返っていきたいと思います。
こじへい | 3,792 view
聴けば街並みが目に浮かぶ…東京の街を歌ったJ‐POP【港区編】

聴けば街並みが目に浮かぶ…東京の街を歌ったJ‐POP【港区編】

きらびやかなネオンと華やかな街並みの狭間に、大都会の寂しさが漂う街・港区。そこで繰り広げられる人間模様、男女の悲喜こもごもを歌にした楽曲というのは、これまでに数多く発表されてきました。ということで今回、六本木・赤坂・麻布などの港区を題材にした名曲を紹介していきます。
こじへい | 487 view
【週刊 20世紀Walker】Vol.15 「飛鳥」「大周」もそうだけど「悪魔のささやき」に負けたスター達!!アナログレコードの世界!Vol4

【週刊 20世紀Walker】Vol.15 「飛鳥」「大周」もそうだけど「悪魔のささやき」に負けたスター達!!アナログレコードの世界!Vol4

ミドルエッジがオススメする昭和の男子女子が泣いて喜ぶフリマサイト「20世紀交歓所」。その中の逸品を所長の「山本圭亮」と編集部アルバイト「富田葵」がナウくキャッチーに紹介するコーナーです!
「アルキメンデス」というカップ麺を思い出しました!!更に、ファミコンファンの皆様、驚きの事実が・・・!!

「アルキメンデス」というカップ麺を思い出しました!!更に、ファミコンファンの皆様、驚きの事実が・・・!!

1985年に発売された「アルキメンデス」。他のカップ麺と違う特徴のあるカップ麺でした。なんと、お湯がいらないのです。さらに、ファミコンファンの皆様には、驚愕の事実がありました!!
よっちゃん | 5,257 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト