孤高の大打者・最年少三冠王 落合博満のプロ野球選手時代・まさに異端
2016年11月25日 更新

孤高の大打者・最年少三冠王 落合博満のプロ野球選手時代・まさに異端

落合博満というプロ史上最強の打者の一人についてまとめてみました。オレ流といわれる落合の選手時代のエピソードから、人となりがわかってくるのではないでしょうか。

53,807 view

プロ入りも異端であった落合博満

http://img.47news.jp/PN/201101/PN2011011401000502.-.-.CI0003.jpg (1436584)

巨人時代の落合。
30代後半になってもバッティング技術は衰えることは無く、チームを引っ張っていました。
落合は甲子園のスターではなく、大学野球のスターでもありません。それどころか高校では半ば幽霊部員、大学は中退しています。
社会人を経てのプロ入りは25歳という遅さ。

プロ入りまでのエピソードにも異端さが感じられる落合のプロ入り前を振り返ります。
体罰をも良しとする体育会系の風習が嫌いで甲子園常連校ではなく無名の秋田工業を選択した。が予想に反して先輩による理不尽なしごきに耐えかねて野球部を退部。
投打とも実力は抜きん出ていたので、試合になると部員の説得で復帰をしていたというエピソードもあります。
http://66666.fc2web.com/g_s_f/uvs050517-0331.jpg (1436587)

1972年、東洋大学に進学。しかし、先輩がタバコを手にしたら後輩がそれに素早く火をつける、などといった体育会系の慣習に納得できず、故障もしたことで、わずか半年で野球部を退部して大学も中退。秋田に帰った。
秋田に帰ってボウリング場でのアルバイトをきっかけにプロボウラーを目指すようになります。しかしスピード違反の罰金を支払ったところ受験料が払えずに断念しています。
http://www.eyescream.jp/wp-main/wp-content/uploads/2013/06/4cf0bfe6a76e8319fd54c28ff9511e9a.jpg (1436589)

1974年、才能を惜しんだ高校時代の恩師の勧めもあって東京芝浦電気の府中工場に臨時工として入社。同工場の社会人野球チーム・東芝府中に加わった。ここでの在籍5年間の公式戦で約70本塁打を放つなど頭角を現し、1978年にアマチュア野球全日本代表に選出された(森繁和も選ばれている)。
それでも昼間は仕事、夕方から野球の練習というスケジュール。
http://moto-netasennpuu.up.n.seesaa.net/moto-netasennpuu/image/1315991f405b4dacb88fc3ed3a611124-thumbnail2.jpg?d=a1 (1436591)

1978年のドラフト会議でパシフィック・リーグのロッテに3位指名されて入団。同年の誕生日で既に25歳という、当時としては非常に遅いプロ入りとなった。落合をスカウトした城之内邦雄によると、指名理由は「変化球に強く、投手が苦手とするタイプの打者」という一点のみだった。
プロ入り前のエピソードを振り返っても、落合が野球に打ち込んで努力してプロを目指したという感想が沸いてきません。
才能は人一倍、野球は好きだったのでしょうが風土に合わなければやめてしまうというドライさも見えます。それはプロ入り後のエピソードにも見えてくる特徴でもあります。

史上最年少の三冠王

1982年、史上最年少(28歳で開幕を迎えたシーズン)で三冠王に輝く。しかし数字的には突出したものではなかった(打率:.325、本塁打:32本、打点:99)。
豊田泰光氏はこの成績に対して三冠王の資格無しと評しましたが、落合は取ったこともない人間に言われたくないと意に介しませんでした。
http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-20-f3/takashi832002/folder/43232/43/16980743/img_1?1365346423 (1436595)

1985年、打率.367、52本塁打、146打点の成績で2度目の三冠王

1986年、シーズン中盤までブーマー・ウェルズや秋山幸二らと熾烈なタイトル争いを繰り広げ、最終的に2年連続で3度目の三冠王を獲得(打率:.360、本塁打:50本、打点:116)。

日本人史上初の1億円プレーヤー

http://www.eyescream.jp/wp-main/wp-content/uploads-blog/2012/04/95b486e708474a6bc06f8b3e85752bb0-272x300.jpg (1436598)

1986年、監督の稲尾氏が退任、ミスターオリオンズの有藤氏に要請することが決定的でした。その際のロッテの対応を落合は「野球人」で語っています。

有藤氏に要請する際の条件の一つとして、落合のトレードがあったというのです。球団の要請なのか、有籐氏の要請なのかは読み取れませんでしたが、ミスターオリオンズという名誉のために落合がトレードに出されるというのは異様な事態です。
http://www.sponichi.co.jp/baseball/special/calender/calender_09august/images/KFullNormal20090801191_l.jpg (1436600)

トレードになることを知った私は、 この年のオフに行われた日米野球の移動日である11月4日に、 福岡市内で開かれた『落合博満を励ます会』の席上で記者たちに思いのたけをぶちまけた。 稲尾さんがいないなら、自分もロッテにいる理由はない。
牛島和彦・上川誠二・平沼定晴・桑田茂という4選手との1対4の交換トレードで中日に移籍。日本人初の年俸1億円プレーヤーとなりました。
36 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

クイズ【ファミコン版・ファミスタ】懐かしい当時の選手やチームに関する問題です。

クイズ【ファミコン版・ファミスタ】懐かしい当時の選手やチームに関する問題です。

ファミコン世代の野球ゲームと言えばナムコの「ファミリースタジアム(ファミスタ)」ですよね。そんな懐かしいファミスタに関するクイズです。ファミコン世代なら簡単かも?!
あだち充が月刊少年サンデーに登場!そこで語られた『タッチ』のタイトルに込められた意味が衝撃的すぎる!

あだち充が月刊少年サンデーに登場!そこで語られた『タッチ』のタイトルに込められた意味が衝撃的すぎる!

1981年から1986年まで『週刊少年サンデー』にて連載された野球漫画の名作、あだち充の『タッチ』。『月刊少年サンデー』の人気コーナー「カメントツの漫画ならず道」にあだち充が登場し、タイトルの意味をサラリと告白し、ファンを驚かせている。
イケメン投手・デニー友利!西武時代のタフィ・ローズとの乱闘が忘れられない!

イケメン投手・デニー友利!西武時代のタフィ・ローズとの乱闘が忘れられない!

身長191cmで7頭身のモデル体型だったデニー友利。横浜大洋ホエールズ、西武ライオンズで活躍した投手。平成の怪物・松坂大輔の教育係も務め、彼らの仲の良さも有名。メジャーにも挑戦したデニー友利の野球人生を追う!
ひで語録 | 8,669 view
昭和のスポ根アニメ【巨人の星】の濃ゆい名物キャラクターたち!

昭和のスポ根アニメ【巨人の星】の濃ゆい名物キャラクターたち!

今回は誰もが知ってる国民的アニメ【巨人の星】です!スポ根アニメの金字塔と呼ばれた【巨人の星】には個性的なキャラクターが沢山いましたよね!今回はそんなキャラクターをまとめてみたと思いま~す(^^)/
つきねこ | 864 view
阪急&近鉄が蘇る!オリックスが復刻ユニフォームで試合を行う「KANSAI CLASSIC 2019」が開催決定!!

阪急&近鉄が蘇る!オリックスが復刻ユニフォームで試合を行う「KANSAI CLASSIC 2019」が開催決定!!

オリックス・バファローズは、5月に京セラドーム大阪で行われるイベント「KANSAI CLASSIC 2019」にて、近鉄及び阪急時代のユニフォームを復刻し、着用して試合を行うことを発表しました。
隣人速報 | 627 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト