ホラー映画の金字塔・13日の金曜日part1のあらすじまとめ【ネタバレ有り】
2017年1月31日 更新

ホラー映画の金字塔・13日の金曜日part1のあらすじまとめ【ネタバレ有り】

1980年の公開以来、2002年までシリーズ通算10もの作品が製作された13日の金曜日。スプラッタホラーの金字塔として多くのファンが存在します。今回はそのシリーズ第一作についてまとめてみました。

186,331 view

13日の金曜日・あらすじ

13日の金曜日の画像 | しあわせの涙~としつきのブログ (1501318)

出典 ameblo.jp
1957年の13日の金曜日。ニュージャージー州ブレアーズタウンのクリスタルレイク付近のキャンプにて、一人の少年が溺れて消息不明になった。それから数年の間、クリスタルレイクのキャンプ場にて奇怪な事件が多発し、遂にはキャンプ指導員の男女二人が何者かに殺害された事件が発生。キャンプ場は閉鎖せざるを得なくなったのだった。
 (1501316)

さらに数年経った1980年。殺人事件の起こったクリスタルレイクのキャンプ場が再開され、数人の指導員候補生達がキャンプ場に訪れる。しかしそれは、新たなる惨劇の幕開けに過ぎなかった。

監督・キャスト

監督:ショーン・S・カニンガム
特殊メイク:トム・サヴィーニ

ボリーズ夫人:ベッツィ・パーマー
アリス:エイドリアン・キング
ビル:ハリー・クロスビー
ジャック:ケヴィン・ベーコン
マーシー:ジャニーヌ・テイラー
ネッド:マーク・ネルソン
ブレンダ:ローリー・バートラム
アニー:ロビー・モーガン
スティーヴ:ピーター・ブローワー
ティアニー:ロン・キャロル
ラルフ:ウォルト・ゴーニー
トラック運転手(エノス):レックス・エヴァーハート
ジェイソン:アリ・レーマン
 (1501218)

トム・サヴィーニ

フロム・ダスク・ティル・ドーンではセックス・マシーンを演じていたので憶えている方も多いかもしれません。
特殊メイクのトム・サヴィーニはジョージ・A・ロメロのゾンビで脚光を浴びた人物です。スタントマンや役者としても活躍していますが、特殊メイクの世界では第一人者といっても良く、スプラッタやホラー作品での人体破壊表現を確立したといっても過言ではありません。

ネタバレを含む解説

最も重要なネタバレをしてしまいますが、13日の金曜日の第一作は単なる殺人鬼の映画であり、犯人はただの人間です。
結論から言えば(すでに有名な話ですからもったいぶる必要はありませんね)、犯人はジェイソンの母親です。
 (1501239)

ジェイソンの母親。
第一作のボスという位置づけ。
ジェイソンの母が殺人鬼になったきっかけ。

何故ジェイソンの母がキャンプ場に来た若者を殺したのか? それは遡ること23年前に起きた事件が原因なのです。簡単にまとめると、

・ジェイソンは障害を持って生まれており、泳げない
・キャンプに来た
・ジェイソンは障害のため虐められており同級生に湖に突き落とされる(布袋を被せられて)
・若い指導員はセックスに夢中、溺れているジェイソンに気づかない
・ジェイソン亡くなる(行方不明)
・母親アタマがあぼーん
 (1501235)

子供時代のジェイソン。風貌のせいで嫌われた結果、同級生に殺されるという悲しい運命です。
身長192cm・体重114kgと大柄で筋肉質な体格だが、子供時代は背が低く痩せ型(第8作やFVJでは少々太めの体格)だった。常人の2倍はある心臓と異常に小さな脳を持っている。
子供のころは普通に言葉を話していたが、大人になってからは不気味な息遣いとうめき声しか出さない。第9作で他人に乗り移った際は普通に言葉を発していた。
先天的な病により顔が奇形となっており、これがジェイソンを殺人鬼へと変貌させた最大の要因となる(素顔はシリーズによってまちまちであり、大抵は顔半分か全体が崩れている)。
 (1501246)

ジェイソンといえばホッケーマスクですが、実は3作目で初めて被ることになります。ジェイソンが実際に殺しを始めるのは2作目ですが、そこでは布袋を被っていました。これはおそらく殺された際の恨み、怒りを表現しているのでしょう。顔が奇形になっているから隠しているという理由も大きいんですが。
事件は有耶無耶にされてしまい、ジェイソンの母パメラは精神に異常をきたすようになる。またジェイソンの父エリアスもパメラの異常性を察したのか、彼女の元から去ってしまう。
ジェイソンが消息不明になってからの間、パメラはキャンプ指導員を始めとする観光者達の殺人などを繰り返していた。
 (1501266)

精神に異常をきたしたままでは仕事もできないでしょうから、どうやって20年以上も生きてこれたのかは分かりません。クリスタルレイクとジェイソンというキーワードが絡まないと普通でいられるのでしょうか。
ジェイソンの事件後、キャンプ場で起こった行方不明、殺人はジェイソンの母、パメラが行ったものでした。結果的にキャンプ場は閉鎖に追い込まれます。
家族から去られ、ジェイソンも死んでしまった、精神的に異常となるとどうやって生きてきたのかは分かりませんが、事件から23年後、キャンプ場が再開されたことでパメラはクリスタルレイクに戻ってくるのです。
40 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ホラー映画『ザ・フォッグ』霧の中から現れる亡霊が不気味で怖かった!!

ホラー映画『ザ・フォッグ』霧の中から現れる亡霊が不気味で怖かった!!

鬼才ジョン・カーペンター監督が80年に製作したホラー映画で、不気味な霧の中から現れた亡霊が、100年前の復讐をするために町の人を恐怖に陥れていきます。
星ゾラ | 6,748 view
【フェノミナ】惨劇の中で輝くジェニファー・コネリーの美!そして「本物」も映っている?映画としても紹介されました。

【フェノミナ】惨劇の中で輝くジェニファー・コネリーの美!そして「本物」も映っている?映画としても紹介されました。

 「フェノミナ」は1984年、イタリアのダリオ・アルジェントが監督・脚本を担当した、殺人事件の謎を巡り展開されるホラー映画です。昆虫と交信でき持病が無夢遊病という美少女ジェニファー・コルビノ役のジェニファー・コネリーは、不気味な映画の中で咲いた一輪の花のように美しかったです! そして、映画の中に本物の「霊?」が映っているとテレビなどで紹介されたことでも話題になりました。
Yam | 11,093 view
映画『バーニング』13日の金曜日に続く、キャンプ殺人ホラー。園芸ばさみを凶器にした復讐劇だった!

映画『バーニング』13日の金曜日に続く、キャンプ殺人ホラー。園芸ばさみを凶器にした復讐劇だった!

映画『バーニング』は、1981年に公開されたホラー作品です。いたずらによって火傷を負った男が、園芸ばさみで復讐し、無差別殺人を起こします。
星ゾラ | 5,276 view
ホラーの名作「シャイニング」スティーヴン・キングの小説をスタンリー・キューブリックが映画にした!

ホラーの名作「シャイニング」スティーヴン・キングの小説をスタンリー・キューブリックが映画にした!

映画「シャイニング」は、1980年に制作されたホラー映画です。雪山のホテルに家族だけで住み、主人公は精神を病み、狂気と殺戮へと展開していきます。そして、主人公は殺人者へと変貌を遂げていきます。スティーヴン・キング原作の小説をスタンリー・キューブリックが映画化しています。
星ゾラ | 8,196 view
SFパニック映画の金字塔『グレムリン』の第3作目の製作が進行中!?主人公役だった俳優ザックが明かす!

SFパニック映画の金字塔『グレムリン』の第3作目の製作が進行中!?主人公役だった俳優ザックが明かす!

第1作が1984年に公開、1990年に第2作も公開され、ヒットするなどSFパニック映画の代表作のひとつとなった『グレムリン』。その第3作目の製作が進行中であることが、前2作で主人公ビリー役を務めたザック・ギャリガンが語っている。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト