70年代後半の人気バラエティ「みごろ!たべごろ!笑いごろ!」のまとめ。デンセンマン・しらけ鳥・悪ガキ一家と鬼かあちゃん・キャンディーズ童謡大全集ほか
2015年9月15日 更新

70年代後半の人気バラエティ「みごろ!たべごろ!笑いごろ!」のまとめ。デンセンマン・しらけ鳥・悪ガキ一家と鬼かあちゃん・キャンディーズ童謡大全集ほか

当時人気絶頂だったアイドルグループキャンディーズをメインに、伊東四朗と小松政夫を絡めたコントメインのバラエティ番組として立ち上げられた『みごろ!たべごろ!笑いごろ!』のまとめです。懐かしい貴重な動画などをお楽しみください。

8,815 view

みごろ!たべごろ!笑いごろ! 当時人気絶頂だったキャンディーズをメインに、伊東四朗と小松政夫を絡めたコントメインのバラエティ番組

みごろ!たべごろ!笑いごろ!

みごろ!たべごろ!笑いごろ!

『みごろ!たべごろ!笑いごろ!』(みごろ!たべごろ!わらいごろ!)は、1976年10月11日から1978年3月27日までNET系列局(一部の系列局を除く、NETは1977年4月にテレビ朝日に社名変更)で放送されたバラエティ番組である。企画・制作は渡辺プロダクション。放送時間は毎週月曜 20:00 - 20:54 (JST) 。

当時人気絶頂だったアイドルグループキャンディーズをメインに、伊東四朗と小松政夫を絡めたコントメインのバラエティ番組として立ち上げられた。また、コントの箸休めとして、キャンディーズや加山雄三による非コントコーナーも設定された。

漫画家の石ノ森章太郎がこの番組のためにデザインしたキャラクターデンセンマンが、デンセン音頭を踊って人気を博した。その後、西田敏行と、海援隊(武田鉄矢・中牟田俊男・千葉和臣)をレギュラーに加えたりするという小変更を行っている。
(出典:Wikipedia)

デンセンマンだよ!電線音頭:伊東四朗扮するベンジャミン伊東と電線軍団

デンセンマンだよ!電線音頭

デンセンマンだよ!電線音頭

電線音頭 - YouTube

みごろ!たべごろ!笑いごろ! 電線音頭 伊東四朗
数人が踊った後にデンセンマンが華々しく登場し、電線音頭...

数人が踊った後にデンセンマンが華々しく登場し、電線音頭を踊って何処ともなく去ってしまう。

デンセンマンのスーツアクターとして、当時番組のADだった森昌行(現:オフィス北野代表取締役社長)や秋山武史(のちに俳優に転身)などがデンセンマンを演じていた。
まず前振りとしてキャンディーズが礼儀作法や日本舞踊を教わるコーナーがあり、そこへ伊東四朗扮するベンジャミン伊東と電線軍団が乱入して電線音頭を踊るコーナーに早変わりする。司会者の小松政夫がベンジャミン伊東を紹介すると伊東が「人の迷惑かえりみず、やって来ました電線軍団!」と口上を述べる。そしてお立ち台としてセットされた炬燵の上で1人ずつ踊っていく。数人が踊った後にデンセンマンが華々しく登場し、電線音頭を踊って何処ともなく去ってしまう。
後にこのコーナーは出張版(ロケ構成)や、デンセンマンが悪玉と戦うもの、ベンジャミン伊東がジルディと恋に落ちるものなど、デンセンマンシリーズ数編が制作された。

電線音頭/伊東四朗 - YouTube

みごろ!たべごろ!笑いごろ! 電線音頭/伊東四朗

キャンディーズ 電線音頭 - YouTube

キャンディーズ 電線音頭 伊東四朗

しらけ鳥音頭:小松政夫

コント しらけ鳥 - YouTube

『ドリフ大爆笑』(フジテレビ)でも「しらけ鳥音頭」を歌ったことがある。このときは「交通違反」にちなんだコントで、人の交通違反の処罰を押し付けられた小松が、その状況を嘆いて歌った。
「悪ガキ一家と鬼かあちゃん」コーナー内で母親(伊東四朗)と政太郎(小松政夫)が会話中に場が白けると政太郎が突然右手にしらけ鳥のパペットを持って「しらけ鳥音頭」を歌いだす。後に小松の歌にのせてしらけ鳥の着ぐるみが踊ったり、挙句の果てには巨大化したしらけ鳥が街を破壊しながら踊る「怪鳥!しらけ鳥」という特撮コーナーまで出来た。
本番組の放送と同時期に小松は『ドリフ大爆笑』(フジテレビ)でも「しらけ鳥音頭」を歌ったことがある。このときは「交通違反」にちなんだコントで、人の交通違反の処罰を押し付けられた小松が、その状況を嘆いて歌った。

しらけ鳥音頭  小松 政夫 - YouTube

しらけ鳥音頭 小松 政夫

悪ガキ一家と鬼かあちゃん

悪ガキ一家と鬼かあちゃん

悪ガキ一家と鬼かあちゃん

伊東四朗が母親、小松政夫とキャンディーズが息子(ラン・スー)と娘(ミキ)役の設定であるコント。

さぁラン、笑って! 世界のキャンディーズ1 - YouTube

みごろ!たべごろ!笑いごろ! 悪ガキ一家と鬼かあちゃん

伊東四朗が母親、小松政夫とキャンディーズが息子(ラン・スー)と娘(ミキ)役の設定であるコント。
伊東四朗が母親、小松政夫とキャンディーズが息子(ラン・スー)と娘(ミキ)役の設定であるコント。小松は、母親やキャンディーズ扮する兄弟達からいじめられるが、母親と二人きりになると「実はお前が一番可愛い」と慰められ、そこから2人のやり取りが始まる。しかし、キャンディーズ達が戻ると途端に態度が一変し、小松を再度しゃもじで頭を叩いたうえに、「この大バカ!」とどなる。締めは小松にピンスポットが当たり、「惨うございますぅー」と泣き崩れて終わる。
キャンディーズ解散が公表された後は、ミキ、スー、ランの順にオチとなるネタを出し、ランだけがこけて場を白けさせ、その空気に耐えかねたランが柱に寄りかかって泣き出すと、ミキとスー「ラーン、私たちには時間が無いのよ!」と駆け寄って励まし、「さぁ、笑って」と元気づけるとランが「うん」と顔を上げて笑顔でうなずくといったミニコントを行うことが定番となった。この際に蘭が述べた「私、のー(どう)したらいいの。」という件が当時流行語になった。

さぁラン、笑って! 世界のキャンディーズ2 - YouTube

みごろ!たべごろ!笑いごろ! 悪ガキ一家と鬼かあちゃん

このミニコントは「ドリフ大爆笑」など他の番組でも行われた。また、顔を上げたランが柱にかけられた小さなくす玉を割ると、中から「打倒竹下景子」という垂れ幕が下がるというパターンもあった(当時伊藤蘭は、解散後女優になることを表明しており、人気女優であった竹下景子の名を使ったものと思われる)。

キャンディーズ ズンズンチャーカ フェイク - YouTube

みごろ!たべごろ!笑いごろ! 悪ガキ一家と鬼かあちゃん

キャンディーズ・童謡大全集

31 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

腹を抱えて笑ったデンセン音頭!懐かしの「みごろ!たべごろ!笑いごろ!」

腹を抱えて笑ったデンセン音頭!懐かしの「みごろ!たべごろ!笑いごろ!」

伊東四朗と小松政夫が一世を風靡したデンセンマンとしらけ鳥。
1970年から80年代に流行った歌で小学校が混乱した話

1970年から80年代に流行った歌で小学校が混乱した話

天才バカボンの歌や、8時だよ全員集合の志村けんの歌。そしてデンセンマンにしらけ鳥。この時期小学生だったみなさん、授業が混乱したり休み時間が大騒ぎになったりしませんでしたか?
ルピナス | 4,304 view
【あなたの心に残るギャグ・セリフクイズ】あのシーンが蘇る!みんながマネした流行言葉たちにクイズで挑戦!!②

【あなたの心に残るギャグ・セリフクイズ】あのシーンが蘇る!みんながマネした流行言葉たちにクイズで挑戦!!②

小学校の休み時間にマネしたギャグ、中学や高校になって口癖のように使ってみたセリフ。テレビを通して観た、様々なギャグやセリフが心に残っている人は多いことでしょう。そんなギャグやセリフを10個ピックアップ、それぞれにまつわるテーマをクイズにしてみました。ぜひ、懐かしみながら挑戦してみて下さい!
【あなたの心に残るギャグ・セリフクイズ】あのシーンが蘇る!みんながマネした流行言葉たちにクイズで挑戦!!①

【あなたの心に残るギャグ・セリフクイズ】あのシーンが蘇る!みんながマネした流行言葉たちにクイズで挑戦!!①

小学校の休み時間にマネしたギャグ、中学や高校になって口癖のように使ってみたセリフ。テレビを通して観た、様々なギャグやセリフが心に残っている人は多いことでしょう。そんなギャグやセリフを10個ピックアップ、それぞれにまつわるテーマをクイズにしてみました。ぜひ、懐かしみながら挑戦してみて下さい!
小松政夫が36年ぶりに新曲を発売!CDでのデビュー曲に!植木等と園まりの曲をリメイクも!

小松政夫が36年ぶりに新曲を発売!CDでのデビュー曲に!植木等と園まりの曲をリメイクも!

小松政夫が新曲「親父の名字で生きてます」を10月26日にリリースする。1980年発表の「タコフン音頭」以来、36年ぶりとなる小松のシングル。表題曲に加え、園まりと植木等のデュエット「あんたなんか」が園と小松によるリメイク版として収録される。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト