CMでもお馴染み【セルジオ・メンデス】の名曲たち♪
2015年9月15日 更新

CMでもお馴染み【セルジオ・メンデス】の名曲たち♪

最近またCM曲などで耳にするようになったセルジオ・メンデスの名曲。あまり知られていない曲も併せてアルバム別で紹介します!

6,286 view

セルジオ・メンデス

1950年代後半にジャズ、そしてアントニオ・カルロス・ジョビンやジョアン・ジルベルトの影響を受けボサノヴァに移行し、彼らを誘って国内外で活躍するようになる。
1962年に「ヴォサ・リオ・セクステット」を結成。1965年にはアメリカに活動の場を移し、ジョビンやジルベルトとともに、1960年代中盤から後半にかけて巻き起こった世界的なボサノヴァ・ブームの推進役を務める。
セルジオ・メンデス&ブラジル'66

セルジオ・メンデス&ブラジル'66

代表的なアルバム

・Herb Alpert Presents Sergio Mendes & Brasil / マシュ・ケ・ナダ
・Equinox / 分岐点~コンスタント・レイン
・Look Around / ルック・アラウンド~恋のおもかげ
・Fool on the Hill / フール・オン・ザ・ヒル
・Sergio Mendes & Brasil ’66
・AllMusic : Sergio Mendes & Brasil ’66
世界中でブレイクした「マシュ ケ ナダ」ですが、最近またCMで使用され再ブレイクの予感が・・・!!

2015 トヨタ シエンタ(NSP170G)TOYOTA SIENTA - YouTube

「Sergio Mendes & Brasil '66」

1966年にセルジオ・メンデスが「Brasil'66」を結成し、そのデビューアルバムとなったのが【Sergio Mendes & Brasil '66】でした。

ブラジルを代表する作曲家アントニオ・カルロス・ジョビンの「ONE NOTE SAMBA」や「おいしい水」も含まれており、聴きごたえある1枚となっています。


1. MAIS QUE NADA (MA-SH KAY NADA)
2. ONE NOTE SAMBA|SPANISH FLEA
3. THE JOKER
4. GOING OUT OF MY HEAD
5. TIM DOM DOM (CHIM DOME DOME)
6. DAYTRIPPER
7. AGUA DE BEBER (AGWA GEE BEBERR)
8. SLOW HOT WIND
9. O PATO (O PAWTOO)
10. BERIMBAU (BER-IM-BOUG)

【マシュ ケ ナダ】

【ザ・ジョーカー】

【君に夢中】

【おいしい水】

【スロー・ホットウィンド】

【がちょうのサンバ】

【ビリンバウ】

「Equinox」

1967年に発売された2ndアルバム。
今回もアントニオ・カルロス・ジョビンの作品が選曲されています。
アントニオ同様にボサノヴァ創設者と言われるジョアン・ジルベルトの「Bim-Bom」も含まれています。


1. Constant Rain
2. Cinnamon And Clove
3. Watch What Happens
4. For Me
5. Bim-Bom (Album Version)
6. Night And Day
7. Triste
8. Gente
9. Wave (アントニオ・カルロス・ジョビン作曲)
10. So Danco Samba (Jazz N Samba)

Sergio Mendes & Brasil '66 constant rain chove chuva - YouTube

Sergio Mendes & Brasil '66 - Watch What Happens (by EarpJohn) - YouTube

Sergio Mendes & Brasil '66 - For Me - YouTube

33 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【小野リサ】日本におけるボサノヴァ第一人者の曲をしっとり聴いてみる

【小野リサ】日本におけるボサノヴァ第一人者の曲をしっとり聴いてみる

デビューして来年で30周年を迎える大ベテランのボサノヴァ歌手である小野リサさん。約30年の活動期間に多くの作品を残されてきました。今回はその作品を少しだけ覗いてみたいと思います(^^)/
つきねこ | 236 view
【週刊 20世紀Walker】Vol23号 新企画!「編集長と助手の昭和ヒットパレード!」第2弾は「原田知世」

【週刊 20世紀Walker】Vol23号 新企画!「編集長と助手の昭和ヒットパレード!」第2弾は「原田知世」

さあ~【週刊 20世紀Walker】の新企画!その名も「編集長・山本圭亮と助手・富田葵の昭和ヒットパレード!毎週1アーティストをチョイスして編集長と助手のオススメを1曲ずつお送りする至ってシンプルな企画。一部では企画の内容より二人のやり取りが面白いとの怪情報も~w
批評するだけのことはある?セルジオ越後の現役時代を調べてみた

批評するだけのことはある?セルジオ越後の現役時代を調べてみた

辛口サッカー評論家として知られるセルジオ越後。かつては、18歳でブラジルの名門・コリンチャンスとプロ契約を交わし、世界的に有名なドリブルフェイント「エラシコ」を考案するスピードとテクニックを兼ね備えたドリブラーとして活躍したといいます。そんな選手時代のセルジオの軌跡をまとめてみました。
こじへい | 4,508 view
【ブラジリアン・スラッシャー】セパルトゥラの魅力【元気のない時はこのバンドを聴け!!】

【ブラジリアン・スラッシャー】セパルトゥラの魅力【元気のない時はこのバンドを聴け!!】

スラッシュメタルなのか、デスメタルなのか、ヘビーメタルなのか。絶叫バンド、セパルトゥラ。空耳アワーでも大活躍です。ブラジル出身の彼らの魅力を、空耳作品でご紹介します。
ジバニャンLOVE | 2,129 view
【違う!野菜、野菜、肉、肉、野菜!、野菜でしょ!!】焼肉のタレに思いを馳せる【第2弾】

【違う!野菜、野菜、肉、肉、野菜!、野菜でしょ!!】焼肉のタレに思いを馳せる【第2弾】

みんな、子供の頃焼肉のタレが大好きですよね 大人になって忘れかけていた焼肉のタレへの思いや 社会人になってもお世話になり続けてる人の思い もう一度、焼肉のタレに思いを馳せてみます

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト