マンガ『孔雀王』の最終回ってどうだった?
2015年9月15日 更新

マンガ『孔雀王』の最終回ってどうだった?

壮大に密教世界が描かれています。エロ度も抜群!少々グロもあるので少年には不向きです! そんな『孔雀王』の最終回をチェック!

8,685 view
http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-d5-07/hamujiro920/folder/1451287/97/38820497/img_0 (1452473)

『孔雀王』のあらすじ

20世紀の日本。

繁栄に浮かれる社会の影で、闇の者は息づいていた。
彼らは時に表に現れ、さまざまな悪業を行い人々を苦しめた。

そんな闇の者を倒すため、真言密教の影・裏高野は、ひそかに退魔師を持って彼らと戦ってい、これを調伏していた。

この物語は、そんな退魔師の中でも最強といわれた男・孔雀の、数奇な運命と戦いを描いたものである。

裏高野の退魔師・孔雀は、若いながらも修行を積み、数々の事件を解決して闇の者を葬ってきた。

ある時は死に切れぬ霊を慰め、またある時は人を呪う呪禁道師と戦い、人々を救い続けていたのである。

1986年・ハレー彗星接近の年に恐るべき事件が起こる。
新宿で発見された即身仏が何者かに盗まれたのだ。

この即身仏は“凶皇仏”といい、欲望に凝り固まった者が成った邪悪なモノ。これを盗んだ闇の集団“六道衆”は、その邪悪な力を使って、大悪神・羅候を復活させようとしていたのである。

事件を追う孔雀は苦戦しながらも敵を倒し、凶皇仏の消滅に成功する。だがこれは、孔雀と六道衆の運命を巡る戦いの序章に過ぎなかった。
http://cc.bookwalker.jp/sampleImage_287404.jpg (1452476)

http://cc.bookwalker.jp/sampleImage_287187.jpg (1452477)

http://cc.bookwalker.jp/sampleImage_287209.jpg (1452478)

http://cc.bookwalker.jp/sampleImage_287507.jpg (1452479)

http://cc.bookwalker.jp/sampleImage_287413.jpg (1452480)

『孔雀王』の最終回

自分の無力さに絶望した孔雀の力を、サタンの生まれ変わり・鳳凰が乗っ取る。

孔雀の強力な力を使い、孔雀の師匠・慈空を破る。

そして阿修羅をその手にかけようとしたとき、孔雀の心が蘇る!!
最強の力・智拳印を手にした孔雀は、天蛇王となった姉・朋子を、闇に呑まれた世界を救うため、最期の戦いに赴く。

ナチスの残党である「終末の軍団」が聖杯を求めて暗躍していた。
なんと彼らの正体は、六道衆であった。
「終末の軍団」は、闇を司る力を持つ孔雀の姉である朋子と聖杯を手に入れることで、闇の力による世界支配を企んでいたのだった。

聖なる槍をもって朋子と対峙した孔雀だったが、敗れてしまう。
最後の光の守護神、持明院五法神と王仁丸、ミル・ベグたちは、曼荼羅城へ向かう。

鳳凰に肉体を乗っ取られていた孔雀も阿修羅の力で現世に蘇り、光と闇の最終決戦に立ち上がる。

光と闇、孔雀と朋子の最終決戦の末、光と闇ははじめてひとつになるのだった。。。
10 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

京都で「特別展 250万りぼんっ子」開始!デビュー作もりぼんだった生粋のりぼんっ子作家は誰?

京都で「特別展 250万りぼんっ子」開始!デビュー作もりぼんだった生粋のりぼんっ子作家は誰?

ミドルエッジ女子必見!集英社が発行する日本を代表する少女漫画誌「りぼん」の展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が、京都・高島屋で開催されます。開催日程は、10月30日から11月10日まで。
隣人速報 | 591 view
80年代の少女漫画の「ふろく」を特集した「'80s少女漫画ふろくコレクション」が刊行!!

80年代の少女漫画の「ふろく」を特集した「'80s少女漫画ふろくコレクション」が刊行!!

グラフィック社より、80年代の「少女漫画ふろく文化」をビジュアルから一望出来る書籍「'80s少女漫画ふろくコレクション」の刊行が決定しました。発売予定日は2019年10月8日。
隣人速報 | 995 view
ミドルエッジ女子必見!講談社「なかよし」が創刊65周年!記念原画展が開催決定!!

ミドルエッジ女子必見!講談社「なかよし」が創刊65周年!記念原画展が開催決定!!

1954年の創刊以来、女の子に愛されてきた漫画雑誌「なかよし」が、2020年1月号で65周年を迎えます。それを記念し、原画展の開催が決定しました。今回二度目となる告知ですが、「なかよし」に連載されていた名作もご紹介します。
隣人速報 | 831 view
90年代前半のりぼん作品が集結!少女誌・りぼんの展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が開催決定!!

90年代前半のりぼん作品が集結!少女誌・りぼんの展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が開催決定!!

集英社が発行する日本を代表する少女漫画誌「りぼん」の展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が、東京・新宿高島屋及び京都高島屋などで開催されることが決定しました。
隣人速報 | 1,685 view
講談社「なかよし」がついに創刊65周年!『リボンの騎士』『セーラームーン』などの貴重原画が展示される原画展が開催!!

講談社「なかよし」がついに創刊65周年!『リボンの騎士』『セーラームーン』などの貴重原画が展示される原画展が開催!!

1954年の創刊以来、女の子に愛されてきた漫画雑誌「なかよし」が、2020年1月号で65周年を迎えます。日本で現存するマンガ雑誌の中で最も長い歴史を持つ「なかよし」。その65周年を記念し、原画展の開催が決定しました。開催期間は10月4日から12月25日まで。
隣人速報 | 963 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト