マンガ『特攻の拓』の最終回ってどうだった?
2016年4月20日 更新

マンガ『特攻の拓』の最終回ってどうだった?

いじめられっ子の拓が不良の世界にいつの間にか馴染んでいく。暴走族たちが拓の優しさに影響されている所も見どころ! そんな『特攻の拓』の最終回をチェック!

113,894 view
http://bkmkn.s3-website-ap-northeast-1.amazonaws.com/9784063058246/9784063058246_l.jpg (1468914)

『特攻の拓』のあらすじ

県内でも中の上くらいの私立横浜港ヶ丘高校1年生の浅川拓。

彼の学校での立場は、いつのまにか典型的な“いじめられっ子”だった。
学校はただつらい場所でしかない。

3学期のある日、転校生の・鳴神秀人が拓の前に現れる。
秀人は横浜最強チーム「外道」の一員だ。

その圧倒的な強さの秘密が知りたい。
そう思った拓は”外道”の集会に参加する。

拓が参加していた集会に「九尾の猫」が特攻を仕掛けてくる。
外道の秀人は無類の強さを発揮し、「九尾の猫」を倒すが、あまりの迫力と暴力に拓は秀人を怖がってしまう。

秀人との仲が気まずい中、学校に秀人を追って「九尾の猫」が攻めてくる。
秀人がいない中、秀人を馬鹿にされた拓が一人「九尾の猫」に喧嘩を売ってしまう。

一人殴られてしまう拓だったが、そこに秀人が現れ拓を救出し、二人で「九尾の猫」を撃退し、改めてマブダチとなる。

ここから拓の暴走りの伝説が始まった。。。
http://jinsutoamanga.up.n.seesaa.net/jinsutoamanga/image/buxtukominotaku-thumbnail2.jpg?d=a1 (1468917)

http://jinsutoamanga.up.n.seesaa.net/jinsutoamanga/image/toxtukounotaku.jpg?d=a0 (1468918)

http://bu-taku.com/wp-content/uploads/2014/11/24.jpg (1468919)

http://middle-edge.jp/file/parts/I0001915/857779d5ebce919be2267eb690e6590d.jpg (1468920)

http://middle-edge.jp/file/parts/I0001915/0307bfb07dc313d0ffdaf850a323d651.jpg (1468921)

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/0a/64/8c8533a2f18ed234ff0d0f7ad9336065.jpg (1468922)

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/1c/ca/c6dc9be915d31952f45b69166e4d96c8.jpg (1468923)

http://www.inahostudio.x0.com/diary/2011/110302-03.jpg (1468924)

『特攻の拓』の最終回

マー坊に七代目爆音小僧の「暴走り」の「特攻」となるように認められた拓。これで爆音小僧の正式な幹部となることに。

その頃、リョーが族として「外道」に喧嘩を売ってしまっていた。
これで、親友である秀人とは敵対することになってしまった拓。

しかも、一緒に蠅王をやろうと言っていた来栖が学校に来ており、拓に腕章を渡す。

それを知ったマー坊と来栖も一触即発状態。

「魍魎」としてのメンツを守るために武丸も学校に来ており、「爆音小僧
」を壊滅させようとしていた。

「爆音小僧」「魍魎」「朧童幽霊」に来栖も絡んで、聖蘭の構内には武丸を追って警官まで来てしまっていた。

そして、今夜「B突堤」で決着を付けることになる。

その夜、拓の家に秀人が訪れる。
それは、族として親友である拓にけじめをつけるためだった。

拓にとっては全てが大事な仲間。
喧嘩を止めるために天羽の「悪魔の鉄槌」に乗り、外道の鉢巻き・爆音小僧の特攻服・蠅王の腕章をつけてB突堤に向かう。

横浜中を巻き込んだけんかになっていたB突堤に単身乗り込んだ拓。
天羽の幻を見ながら、喧嘩を止めに来たのだった。。。

特攻の拓 新装版 コミック 1-27巻セット | Amazon

価格は変動することがありますので、随時Amazonにてご確認ください。
※表紙カバー書き下ろし、本編の画に一部修正が行われた新装版。
14 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

マンガ『湘南純愛組!』の最終回ってどうだった?

マンガ『湘南純愛組!』の最終回ってどうだった?

泣いて笑って青春爆走!これが、あの『GTO』の鬼塚の高校時代!妙に元気が出るヤンキー漫画でした。 そんな『湘南純愛組!』の最終回をチェック!
マンガ『GTO』の最終回ってどうだった?

マンガ『GTO』の最終回ってどうだった?

中高生の時に読みたかったマンガNo.1!最後までカッコイイ鬼塚の最終回をチェック!
80年代の青少年のバイブル!「かぼちゃワイン」の三浦みつる、引退を発表。

80年代の青少年のバイブル!「かぼちゃワイン」の三浦みつる、引退を発表。

「The・かぼちゃワイン」で有名な漫画家・三浦みつるが自身のTwitterにて、新作描きおろしである「バック・トゥ・The・かぼちゃワイン」をもって漫画家を引退することを発表しました。
隣人速報 | 10,851 view
“所十三”と“岩橋健一郎”が“特別(スペシャル)”な対談をやっちまった!?“i-Q JAPAN”にて掲載!!

“所十三”と“岩橋健一郎”が“特別(スペシャル)”な対談をやっちまった!?“i-Q JAPAN”にて掲載!!

秋田書店「チャンピオンクロス」にて連載中の半自伝漫画「ドルフィン」より、原作者の「ヤンキー界の重鎮」岩橋健一郎氏と、「疾風伝説 特攻(ぶっこみ)の拓」をはじめ数々の不良漫画を描いてきた「不良漫画界の神様」所十三先生の“COOOL”な対談が「i-Q JAPAN」上にて実現!
隣人速報 | 1,406 view
【クイズ】個性溢れるヤンキーが魅力!「ろくでなしBLUES」から”東京四天王”に関するクイズです!!

【クイズ】個性溢れるヤンキーが魅力!「ろくでなしBLUES」から”東京四天王”に関するクイズです!!

90年代、ジャンプ黄金期のヤンキーマンガといえば「ろくブル」こと「ろくでなしBLUES」!主人公の前田太尊はじめヤンチャで個性的、ときに人情味あふれるヤンキーたちが魅力的でしたよね。なかでも多くの読者が引き込まれた「東京四天王」編。どのヤンキーが強いのか、ハラハラしながら読んでいた人も多いかと思います。そんな「ろくでなしBLUES”東京四天王”」からのクイズ、ろくブルファンなら簡単だと思いますがお気軽に試してみて下さい!

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト