マンガ『MAJOR』の最終回ってどうだった??
2015年9月18日 更新

マンガ『MAJOR』の最終回ってどうだった??

開始時は5歳だったゴローちゃんも最終回では34歳!雑誌連載期間は16年という、野球漫画としては超長期連載でした。 そんな『MAJOR』の最終回をチェック!

59,395 view
http://ecx.images-amazon.com/images/I/51BFFJK99BL.jpg (1485941)

『MAJOR』のあらすじ

主人公・本田吾郎の夢は、父のようなプロ野球選手になること。

父・茂治は一軍半のピッチャーだったが、怪我に泣かされ思うような活躍が出来ず引退を考えていた。

茂治を信じる吾郎のため、チームメイト茂野の助言もあり打者に転向し、代打の切り札とまで言われるようになる。

そんな中、試合中にピッチャーの投げたボールが茂治の頭を直撃、死亡してしまう。

茂治と婚約していた桃子先生が、吾郎を引き取り育てることに。

吾郎は父の死に衝撃を受けるが、抜群の運動センスと強い精神力を武器に、プロ野球選手を目指す。

そして、リトルリーグから高校野球を経て、米国メジャーリーグに挑戦していく。
http://livedoor.blogimg.jp/rock1963roll/imgs/2/e/2e2c981f.jpg (1485944)

http://blog-imgs-32.fc2.com/j/u/b/jubisuke/MAJOR30-180.jpg (1485945)

http://livedoor.blogimg.jp/rock1963roll/imgs/3/d/3df8aed8.jpg (1485946)

http://blog-imgs-32.fc2.com/j/u/b/jubisuke/MAJOR59-182.jpg (1485947)

http://blog-imgs-32.fc2.com/j/u/b/jubisuke/Major62_101.jpg (1485948)

『MAJOR』の最終回

メジャーリーグのワールドシリーズ最終戦。

延長に入るほどの大熱戦の中、延長10回佐藤が満塁ホームランを放つ。

そして、マウンドに上った吾郎は二者三振に押さえ、最後のバッターを迎える。

最後のバッターは、因縁のライバル、ジョー・ギブソンJr.。

粘るギブソンJrだったが、最後は吾郎が三振に取り優勝を決める。

その後、吾郎は肩の故障で投手人生を断念、帰国。
まだ野球を諦めない吾郎は日本で野手として再起を狙う。

だが、清水との間に生まれた娘・いずみは、現役時代を知らない為、働いていないように見える吾郎に不満を持つ。

しかしある日、初めて連れていかれた球場で打者として復活を遂げた吾郎を見る。

吾郎が子供たちに努力する姿を隠していたのは、「野球は苦しいものではなく、楽しくて夢のあるものなんだ」という理由だった。

その思いが通じて、子供達は父・吾郎のような野球選手になりたいと願う。

そして、吾郎は「メジャーで4番を打つ」という果てしない夢を追いかけていくのだった。
http://blog-imgs-32.fc2.com/j/u/b/jubisuke/MA75-020.jpg (1485951)

http://livedoor.blogimg.jp/rock1963roll/imgs/0/4/04768f83-s.jpg (1485952)

http://blog-imgs-32.fc2.com/j/u/b/jubisuke/MA75-082.jpg (1485953)

http://blog-imgs-32.fc2.com/j/u/b/jubisuke/major78_0099.jpg (1485954)

http://blog-imgs-32.fc2.com/j/u/b/jubisuke/major78_0108.jpg (1485955)

http://blog-imgs-32.fc2.com/j/u/b/jubisuke/major78_0177.jpg (1485956)

16 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

『めぞん一刻』(1980年)音無響子と五代裕作の相思相愛ながら、すれ違いの関係が続き、もどかしい距離がなかなか縮まらないお話

『めぞん一刻』(1980年)音無響子と五代裕作の相思相愛ながら、すれ違いの関係が続き、もどかしい距離がなかなか縮まらないお話

1980年代の恋愛漫画の金字塔として名高い作品である『めぞん一刻』。響子と五代の相思相愛ながら、すれ違いの関係が続き、もどかしい距離がなかなか縮まらない。すれ違いはラブコメの基本ですが、この響子と五代のドM過ぎる「もどかしい関係」は超絶なレベルで、ほかに並ぶものがないでしょう。草食系プラトニックな純愛青春劇なこの名作『めぞん一刻』のストーリーをおさらいしてみましょう。
トントン | 73,185 view
マンガ『アクメツ』の最終回ってどうだった?

マンガ『アクメツ』の最終回ってどうだった?

「デスノート」よりも数段ハードでバイオレンスな「やりすぎ勧善懲悪マンガ。「粛清」シーンはかなりハードなので大丈夫な人はぜひ! そんな『アクメツ』の最終回をチェック!
マンガ『サンクチュアリ』の最終回ってどうだった?

マンガ『サンクチュアリ』の最終回ってどうだった?

20~40代の男性にオススメ!男の漫画としては最高の中の最高です。北条彰と浅見千秋の二人が、日本の腐敗した政治体制を、表と裏の世界から変革するヤクザ政治漫画。 そんな『サンクチュアリ』の最終回をチェック!
マンガ『六三四の剣』の最終回ってどうだった?

マンガ『六三四の剣』の最終回ってどうだった?

あまり有名でないのがもったいない!剣道好きでなくても楽しめる剣道漫画『六三四の剣』。絵が可愛く読みやすいです。 そんな『六三四の剣』の最終回をチェック!
マンガ『BECK ベック 』の最終回ってどうだった?

マンガ『BECK ベック 』の最終回ってどうだった?

漫画からは音が聞こえないはずなのに、ページをめくるたびに音楽が聞こえてくるような作品。ライブシーンの盛り上がりが見どころです!そんな『BECK ベック 』の最終回をチェック!

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト