2017年8月12日 更新

名作ドラマの元ネタを調べてみた【Part2】

名作ドラマの裏に、知られざる元ネタあり…。ということで今回、90年代に放送されたさまざまな連続ドラマを取り上げ、その作品が過去のどんなコンテンツの影響を受けて、換骨奪胎しているかについて記事にまとめました。

1,231 view

バージンロード(1997年・フジテレビ系)⇒雲の中で散歩(1995年・アメリカ映画)

和久井映見と反町隆史が共演した1997年のドラマ『バージンロード』。物語は、主人公の和美(和久井)が、留学先で妻子持ちの男性(岩城滉一)の子を身籠って別れた末に、危篤の父を安心させるべく、帰国の途につく飛行機の機内でたまたま知り合った別の男性(反町)に、「代理の婚約者」を演じてくれるようお願いするというもの。
バージンロード

バージンロード

この筋立ては、1995年に公開されたキアヌ・リーヴス主演の映画『雲の中で散歩』とよく似ています。こちらは、第2次大戦終結後のお話で、アメリカ兵ポール(キアヌ)が、汽車の中知り合った、男に捨てられ傷心する妊娠中の美女・ビクトリアに惹かれ、彼女の厳格な父を納得させるべく、架空の夫を演じることを引き受ける、というストーリーになっています。
雲の中で散歩

雲の中で散歩

この映画も、1942年のイタリア映画『雲の中の散歩』(Quattro Passi Fra Le Nuvole)が元ネタとなっています。

ギフト(1998年・フジテレビ系)⇒探偵物語(1979年・ドラマ)

『ギフト』は、オシャレで都会派なラブストーリーばかりに登場していた全盛期・木村拓哉の出演作にしては珍しい、社会派サスペンスもののドラマ。
キムタク演じる記憶喪失の青年が、多種多様な“ギフト”を配達する「届け屋」稼業に身を置くことで、さまざまな人と出会い、自身の記憶を取り戻していくというストーリーになっています。
ギフト

ギフト

同作で目を引くのは、キムタクのアウトロー的かっこよさ。ワイルドでありながら、男の色気ムンムンなその魅力の元ネタは何かといえば、『探偵物語』の松田優作です。
ブランドもののスーツに身を包み、東京のど真ん中でマウンテンバイクを走らせる『ギフト』の早坂由紀夫(木村)は、黒のスーツにハットという出で立ちで、愛車・ベスパP150Xを乗りまわず工藤俊作を彷彿とさせます。
『ギフト』の早坂由紀夫(木村拓哉)

『ギフト』の早坂由紀夫(木村拓哉)

ヤフオク!より
『探偵物語』の工藤俊作(松田優作)

『探偵物語』の工藤俊作(松田優作)

Heart Boiled/ 探偵物語写真集 より
さらに、ブライアン・フェリーの『TOKYO JOE』が流れる、 ハードボイルドでありながら男の茶目っ気を演出したオープニング映像も、『BAD CITY』をBGMとした“本家”のOPとそっくりです。

ギフトOP

探偵物語OP

WITH LOVE(1998年・フジテレビ系)⇒桃色の店(1940年・アメリカ映画)

見ず知らずの男女が何らかの通信手段を用いて、連絡を取り合い、惹かれあっていく…。

最近では、映画『君の名は』が「スマートフォン」を用いて、この設定を踏襲したプロットを展開していましたが、今から20年前は「電子メール」が最新の通信手段であったため、この文明の利器をテーマとして、アメリカではトム・ハンクスとメグ・ライアン主演の『ユー・ガット・メール』が、そして、日本では竹野内豊と田中美里主演の『WITH LOVE』がつくられました。
WITH LOVE

WITH LOVE

竹野内演じる音楽クリエイターと、田中演じる平凡なOLがひょんなことから電子メールの連絡先を知り合い、互いの素性を偽りながら、メールでのやり取りを重ねていく話になっていました。
『WITH LOVE』が放送されたのは、『ユー・ガット・メール』より半年以上も前。その意味で言えば先見の明があったわけですが、さらに元をたどると、『桃色の店』という1940年のアメリカ映画にたどり着きます。この作品では、「手紙」をテーマにしており、主人公の男性が新聞広告で見つけた女性と文通を重ねて、想いを募らせていく…という内容になっています。技術革新が進み、通信手段は変われど、今後もこの手の話は作られ続けていくのでしょう。
街角 桃色の店

街角 桃色の店

『ユー・ガット・メール』はこの作品の「現代版リメイク」として制作された
ユー・ガット・メール

ユー・ガット・メール

君といた未来のために ~I'll be back~(1999年・日本テレビ系)⇒リプレイ(1988年・アメリカのSF小説)

一定時間内を何度も反復体験している人のことを、SF上の概念で「リフレインプレイヤー」というそうです。1988年に発表されたケン・グリムウッドのSF小説『リプレイ』は、まさにこの「リフレインプレイヤー」について書かれた作品でした。
ケン・グリムウッド著『リプレイ』

ケン・グリムウッド著『リプレイ』

小説のあらすじはこうです…。冴えないラジオ局ディレクターのジェフは、43歳(1988年)で心臓発作のため死んでしまいます。目を覚ますと、18歳(1963年)の時点にタイムスリップ。しかも“未来の記憶”も残っており、その情報を駆使して、新しい人生を謳歌しますが、またも同じ年の同じ時刻に死亡。それを何度も繰り返すことで、ジェフは自暴自棄に。そんな折、同じようにリプレイを経験している女性と出会ったことで、ジェフは改めて人生と向き合うことを決意するのです。
リプレイJ

リプレイJ

漫画の原案にもなっている
このストーリーは、そっくりそのまま『君といた未来のために』に流用されています。人生をやり直したいと考える堂本剛演じる大学生が、1999年の大晦日に突然の心臓発作で意識を失い、気づけば、1995年12月23日へ逆戻り。一度目の人生は「未来の記憶」を活かし、青年実業家として大成功するも、またもや1999年の大晦日から1995年12月23日へタイムスリップ。そこから、時間の繰り返しの謎を追及しているうちに、同じ境遇にある女性(仲間由紀恵)や謎の男(佐野史郎)と出会っていく…という話になっていました。
君といた未来のために ~I'll be back~

君といた未来のために ~I'll be back~

ピュア(1996年・フジテレビ系)⇒ジミー大西

和久井映見が軽度の知的障害者(イデオ・サヴァン症候群)の役を演じたドラマ『ピュア』。劇中で和久井扮する優香は、オブジェ作りに関して天才的な才能を発揮しますが、このモデルになったのは、芸人で画家のジミー大西なのだとか。
ピュア

ピュア

ドラマのプロデューサーを務めた栗原美和子は、もともとフジテレビのバラエティ畑にいた人間。かつては『オレたちひょうきん族』のADも担当しており、その時に知り合ったジミーの女バージョンを描いたドラマをつくりたいと、かねてより構想していたといいます。たしかに、舌足らずでいかにも純粋そうな優香は、天然の才人・ジミーに見えなくもないかも?
大阪マラソンPRの絵画お披露目/ジミー大西さん

大阪マラソンPRの絵画お披露目/ジミー大西さん

(こじへい)
33 件

思い出を語ろう

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【ドラマ最終回シリーズ!】プライド【ネタバレしてます】

【ドラマ最終回シリーズ!】プライド【ネタバレしてます】

キムタクの台詞が断トツでクサく、「恥ずかしい!」と叫びながら見ていました。クィーンの音楽がとても良かったです。 そんな『プライド』の最終回をチェック!
ななこ撫子 | 11,828 view
キムタク人気の火付け役ともなった!ドラマ ”あすなろ白書” 思い出してみませんか?

キムタク人気の火付け役ともなった!ドラマ ”あすなろ白書” 思い出してみませんか?

あすなろ白書、月9の黄金期とも言える時代の大ヒットドラマです。 大学生の恋愛と、友情を描いた群像劇。 石田ひかりさんをヒロインに、木村拓哉さん、今大人気の西島秀俊さんもゲイの青年役で出演されていました。 大学生の恋愛と、友情を描いた群像劇。 大流行した「あすなろ抱き」や大ヒットした主題歌までその魅力についてまとめてみました!
utaka | 13,185 view
『抱きしめたい!』W浅野のバブリードラマの出演者の今は・・・

『抱きしめたい!』W浅野のバブリードラマの出演者の今は・・・

1988年7月7日から9月22日まで全12回放送されたテレビドラマ。W浅野、出演で話題になったトレンディドラマの出演者達の今を追ってみました。
ギャング | 8,968 view
【イントロクイズ】懐かしのフジテレビ『月9』ドラマ主題歌

【イントロクイズ】懐かしのフジテレビ『月9』ドラマ主題歌

1980~1990年代に高視聴率を獲得したフジテレビの月曜夜9時のドラマ、通称『月9』ドラマの主題歌に関するイントロクイズです。
ブライアン・フェリーの『TOKYO JOE』木村拓哉主演ドラマ「ギフト」の主題歌としてオリコン洋楽1位!

ブライアン・フェリーの『TOKYO JOE』木村拓哉主演ドラマ「ギフト」の主題歌としてオリコン洋楽1位!

ブライアン・フェリーの名曲『TOKYO JOE』。1977年の「イン・ユア・マインド」に収録されていた楽曲。木村拓哉主演のドラマ「ギフト」の主題歌として起用され、オリコン洋楽シングルチャートで1位を獲得した。
ひで語録 | 410 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト