2016年12月28日 更新

悲劇の特撮ヒロイン(20名):ヒロイン降板劇・オイルショックの影響・ヒロインの幸せを踏みにじる悪党ほか

昭和ウルトラマンや仮面ライダーシリーズを中心に悲劇の特撮ヒロインを振り返ってみましょう。悪党に人生を踏みにじられる悲劇のヒロイン。ウルトラマンレオではヒロインを含め数多くの仲間が亡くなりますが、大幅に製作コストを削減しないと運営できない・・・大勢の俳優に出演料を支払う金がなくなったのか・・・恐るべき大人の事情が透けて見えます。大人の事情が悲劇のヒロインを生み出すパタンが結構多いですよね。

33,336 view

斎田リコ / ダークファウスト(ウルトラマンネクサス) 特撮史上屈指のトラウマ級の悲劇のヒロイン。鬱になって見るのをやめた人も多い。

斎田リコ / ダークファウスト(演:中丸シオン) 「ウ...

斎田リコ / ダークファウスト(演:中丸シオン) 「ウルトラマンネクサス」 第1 - 12話(2004年10月2日 - 12月18日、TBS)

特撮史上屈指のトラウマ級の悲劇のヒロイン。ウルトラシリーズ史上最もハードでシリアスな展開。映像的にホラー映画並みのトラウマ展開も見せ付けた。

溝呂木眞也(ダークメフィストと一体化)に殺された斎田リコの死体は闇のウルトラマン「ダークファウスト」の媒体に利用され、自覚もないままに溝呂木に操られる生きる屍と化していた。

リコは闇の巨人・ダークファウストとして本人の自覚の無いままネクサスやナイトレイダーと死闘を繰り広げていたことが判明する。

本作のストーリーは、他のウルトラシリーズに例を見ないハードかつシリアスな重苦しいものとなった。

「本当に子供向け番組なのか?」と突っ込んでしまいたくなるほど悲愴な運命を辿った彼女。
12話「別離 -ロスト・ソウル-」

ついに彼女に関わる真相が判明。
実は孤門と初めて出会ったその夜、ビースト「ノスフェル」の襲撃によってリコの父・母・弟は惨殺されており、
彼女自身も元NR副隊長・溝呂木眞也に 対ビースト用のディバイトランチャーを至近距離で撃たれて 殺害されていた。

その死体は“魔人”ダークファウストの媒体に利用され、自覚もないままに溝呂木に操られる生きる屍と化していた。

【恐怖(問題)シーン】ウルトラマンネクサス 問題となったビーストの絵(大量の不気味な絵)

斎田リコは家族をノスフェルに、自身も溝呂木によって殺されていた。斎田リコは死んでおり、もはや人間ではなく、溝呂木=ダークメフィストの操り人形であった。メフィストは残虐すぎる。

この動画に出てくる大量の不気味な絵(グロ過ぎる)の件は新聞に批判まで掲載された。この動画自体がまるでホラー映画。ウルトラマンの話とは思えない。
実は孤門と初めて会話したその晩に家族をノスフェルに、自身も溝呂木によって殺されており、それ以降は溝呂木=ダークメフィストの操り人形=ダークファウストとなっていた(このことが判明したのは第11・12話だが、それ以前にもリコの負傷箇所と同じところにネクサスのパーティクルフェザーの直撃を受けたファウストが苦悶の声を上げるというシーンがあり、彼女とファウストが同一の存在であることが密かに示唆されている)。

【恐怖(問題)シーン】ウルトラマンネクサス ダークファウスト

鏡に映ったファウストが抜け出しリコに迫るシーンなど、ウルトラマンというより、かなりホラーな展開。これが子供向け番組なのか・・・。

他のウルトラシリーズに例を見ないハードかつシリアス過ぎる内容であり、これは、批判を受けても仕方がないでしょう。OVAや映画なら分かりますが、子供向けの時間帯(毎週土曜日の7:30 - 8:00)ではまずい。深夜でも現代では放送が厳しいだろうというレベル。
「主人公の恋人の部屋に飾られた大量の不気味な絵」「怪獣の攻撃で両親を殺されたうえに両親の身体を操られて捕らわれる少女」など、一部の場面に対して朝日新聞に批判が載るなどの状況にもなった。
斎田リコ / ダークファウスト「私はファウスト。光を飲...

斎田リコ / ダークファウスト「私はファウスト。光を飲み込む、無限の闇・・・」 多くの視聴者にトラウマを植え付けた伝説クラスの悲劇のウルトラマン。

実は、ダークファウストの正体は孤門一輝の恋人の斎田リコであり、彼女が孤門と知り合った直後に溝呂木(ダークメフィスト)によって殺害され、操り人形とされていた。

溝呂木に正体を明かされて絶望し、孤門の目の前でダークファウストに変身して姫矢が変身したネクサスと戦う。

ネクサスの光を奪い去ろうとするファウストだったが、孤門の悲痛な叫びで微かに記憶が戻り、攻撃の手を止める。

しかしこの展開を快く思わない溝呂木の差し金で、ノスフェルが乱入。
元の人格を取り戻したリコ=ファウストは孤門をかばい、彼を狙うノスフェルの攻撃を受けて力尽きてしまう。

ネクサスによってノスフェルが倒された後、孤門と出会ったことで家族が皆殺しにされ、自身も殺害された上に生きる屍として利用されたことを知りつつ、 リコは孤門に出会えたことを後悔していないと伝え、彼の腕の中で光となって消えていった。
孤門の目の前でファウストへと変貌。斎田リコ「私はファウ...

孤門の目の前でファウストへと変貌。斎田リコ「私はファウスト。光を呑み込む無限の闇だ。」

孤門「良かった。てっきり君が殺されたかもしれないって・・・。」

斎田リコ「殺されたわ。私も私の家族も、孤門君のせいで殺されたのよ。」

孤門「ボクのせいで・・・。」

斎田リコ「さっきも言っただろう。お前と出会ってから私は殺された。操り人形として利用されるために。」

斎田リコ「私はファウスト。光を呑み込む無限の闇だ。」

姫矢「ならオレはその闇を打ち払う。」
ネクサスの光を奪い去ろうとするファウストだったが、孤門...

ネクサスの光を奪い去ろうとするファウストだったが、孤門の悲痛な叫びで微かに記憶が戻り、攻撃の手を止める。

ファウスト(リコ)「孤門・・・くん・・・」

孤門「リコ・・・」
元の人格を取り戻したリコ=ファウストは孤門をかばい、彼...

元の人格を取り戻したリコ=ファウストは孤門をかばい、彼を狙うノスフェルの攻撃を受けて力尽きてしまう。

孤門をかばうリコ・・・リコはノスフェルの攻撃を受けて致命傷を負う・・・力尽きたファウストは人間体・リコに戻る。
孤門「リコ、リコ・・・死ぬな、死んじゃダメだ・・・リコ...

孤門「リコ、リコ・・・死ぬな、死んじゃダメだ・・・リコ、リコ・・・」

ネクサスによってノスフェルが倒された後、森の中で傷だらけのリコを抱きかかえる孤門。

リコはすでに溝呂木(ダークメフィスト)によって殺害され、操り人形とされていたわけですから、溝呂木がリコにかけていた傀儡(かいらい)の術式(超能力)が解けて、リコの魂が天国に成仏する(浄化される)といったところでしょうか。
リコ「孤門君・・・。私、後悔なんてしてないよ・・・。孤...

リコ「孤門君・・・。私、後悔なんてしてないよ・・・。孤門君と出会えたこと・・・、後悔なんてしてない。」

孤門「ボクだって、まだ話してない。大切なこと。まだ何も・・・。」

リコ「ごめん・・・ね・・・。」

孤門「リコ・・やだよ、やだよこんなの・・・リコ、リコ」
静かに目を閉じるリコ。その身体が金色に輝いていく。リコ...

静かに目を閉じるリコ。その身体が金色に輝いていく。リコは光の粒子として離散し完全に消滅する・・・。

死の間際、孤門との出会いが自身と家族の命を奪ったと知ってなお、「後悔してないよ。出会ったこと」と語り、彼の腕の中で光になって消滅した。

ダークファウストという「闇の存在」にされてしまったリコが、「光の存在」へ浄化された。そういう感じですね。
孤門「リコーッ!」

孤門「リコーッ!」

溝呂木眞也(ダークメフィストと一体化)に人生を踏みにじられてしまったリコの壮絶過ぎる悲劇。

斎田リコ / ダークファウストは多くの視聴者にトラウマを植え付けた。あまりにも救いがなさ過ぎる点で最強クラスの悲劇のヒロインの一人と言えます。

おそらく今後の特撮作品でリコを越えるレベルの悲劇のヒロインは生まれないでしょう。伝説のヒロインです。

坂田アキ(帰ってきたウルトラマン) ウルトラシリーズでヒロイン他主要キャラが亡くなったのは初めて。

坂田アキ(演:榊原るみ) 「帰ってきたウルトラマン」(...

坂田アキ(演:榊原るみ) 「帰ってきたウルトラマン」(1971年、TBS)(第1 - 7・9・14 - 17・19・20・22・23・26・27・37話)

榊原るみは当時売れっ子だったため、スケジュール調整が困難となったため悲劇が生まれた・・・。

まさに大人の事情によるヒロイン降板。その降板劇の演出があまりにも衝撃的過ぎた。
ウルトラシリーズでヒロイン他主要キャラが亡くなったのは...

ウルトラシリーズでヒロイン他主要キャラが亡くなったのは初めて。健とアキはナックル星人に虐殺されて物語から姿を消すことになる。

「帰ってきたウルトラマン」第37話「ウルトラマン 夕陽に死す」

暗殺宇宙人のナックル星人は「ウルトラマンジャック=郷秀樹」の弱点として坂田健・坂田アキ兄妹が彼の心の拠り所になっていることに気づき、轢き逃げという生々しい形で惨殺。当時の視聴者達にトラウマになりかねないような衝撃を与えた。
第37話でナックル星人に拉致され、車を止めようとした兄の健は撥ね殺され、さらに自分を拉致したのが宇宙人だとわかり、混乱の余りに走行中の車から逃亡を試み、逃がさないようドアを閉められた結果、服を挟んで車から引きずられて重傷を負い、郷に「宇宙人に襲われた」との言葉を残して息を引き取る。
郷に「宇宙人に襲われた」との言葉を残して息を引き取る。

郷に「宇宙人に襲われた」との言葉を残して息を引き取る。

坂田アキ役の榊原るみのスケジュール確保が困難になったこ...

坂田アキ役の榊原るみのスケジュール確保が困難になったことが真の理由ですが、この退場のさせ方はひどい・・・。

ナックル星人「郷の心は嵐のように荒れ狂っている。今なら勝てる。ブラックキングを出せ。」
坂田アキ役の榊原るみが別のドラマへの出演(『気になる嫁さん』(日本テレビ)の主演。第27話から坂田とアキが暗殺される第37話までの期間は出演していなかった。)のためにスケジュール確保が困難になり、第37・38話で健とアキはナックル星人に虐殺されて物語から姿を消し、初代ウルトラマンとウルトラセブンの登場というイベントと相まって、ここで内容的にも視聴率的にも一つの頂点を迎えた。
坂田アキ役の榊原るみが『気になる嫁さん』(日本テレビ)...

坂田アキ役の榊原るみが『気になる嫁さん』(日本テレビ)に主演するためにスケジュール確保が困難になってました。

病院の屋上から飛び降りてウルトラマンジャックに変身・・...

病院の屋上から飛び降りてウルトラマンジャックに変身・・・思いつめて後追い自殺か?と心配した視聴者も多かったでしょう。

ウルトラマンジャックは希望通りに変身ができない時がありますが、病院の屋上から飛び降りたら、変身できなかったら死んでしまうので、ウルトラマンジャックは変身させざるをえません。

郷は恋人を失い冷静さを失っています。この状態で戦うのは危険です。敵の思う壺です。ですからジャックは郷を変身させない可能性もありました。

復讐に燃える郷が、病院の屋上から飛び降りる変身方法を選択したのは、問答無用で変身するためでしょう。
坂田兄妹の死だけでなく、帰ってきたウルトラマン(ウルト...

坂田兄妹の死だけでなく、帰ってきたウルトラマン(ウルトラマンジャック)も処刑されてしまうという子供にはキツイ、二重にトラウマな回。

悪賢いナックル星人は復讐に燃えるジャックをそのエネルギー源である太陽光線の弱い夕方に誘き出す。

ウルトラマンジャック「太陽エネルギーをくれ。頼む、太陽エネルギーをくれ。私はここで倒れるわけにはいかないのだ・・・」

人の幸せを踏みにじった諸悪の根源のナックル星人。用心棒怪獣のブラックキングを鍛えあげ、ウルトラマンジャックの抹殺を図る恐ろしい暗殺宇宙人だ。

山口百子(ウルトラマンレオ) 昭和ウルトラマン史上最悪の「恐怖の円盤生物シリーズ」の犠牲者に。多くの仲間を失う。

山口百子(演:丘野かおり) 『ウルトラマンレオ』(19...

山口百子(演:丘野かおり) 『ウルトラマンレオ』(1974年 - 1975年)

当時のオイルショックの影響による製作コスト削減の結果が、「恐怖の円盤生物シリーズ」(40話から51話・最終回まで)であり、レギュラーキャストの大虐殺になったわけですね。

ヒロインにさえ払うギャラが足りなくなった・・・。大人の事情によって悲劇のヒロインが生まれる。
1974年から「丘野かおり」に改名し、『ウルトラマンレオ』(TBS)にレギュラー出演した。

1970年代後半以降の芸能活動は確認されておらず、『レオ』で共演した真夏竜も「丘野さんだけはまったく消息がわからない」と語っている。
円盤生物シルバーブルーメがMACの本部を襲撃する。MA...

円盤生物シルバーブルーメがMACの本部を襲撃する。MAC本部は全て飲み込まれてしまった。MAC全滅。

ウルトラシリーズ史上、もっとも過酷なストーリー。ウルトラマンレオはもともと過酷なストーリーが多いが、これは衝撃的過ぎた。

MAC本部に勤める仲間たちに払うギャラが足りなくなってしまった。オイルショックのせいです。金がかかる特撮ドラマはかなり犠牲になってしまった。
山口百子、タケシ、梅田カオルはデパートで買い物をしていた。

山口百子、タケシ、梅田カオルはデパートで買い物をしていた。

東京上空に突如出現したシルバーブルーメは、なんと百子た...

東京上空に突如出現したシルバーブルーメは、なんと百子たちが買い物をしていたデパートを破壊する。

MAC全滅だけでは足らず、ゲンやトオルの仲間まで犠牲に。なぜ、そこまで殺すのか?

恐るべしオイルショックの影響。

そこまでやるか!子供向け番組のトラウマ記録をどこまで更新するつもりなのか・・・「恐怖の円盤生物シリーズ」恐るべし。
当時のオイルショックによる物価高騰などが制作体制を直撃し、番組は制作費の緊縮を余儀なくされてしまう。

ギャラの節約を狙ったレギュラーキャストの削減や、毎回の怪獣着ぐるみの製造費・防衛チーム基地のセット維持費などのカットが断行された結果、番組は大幅な路線変更を強いられることになった。
ゲンとトオルは、山口百子、タケシ、梅田カオル・・・かけ...

ゲンとトオルは、山口百子、タケシ、梅田カオル・・・かけがえのない仲間を全て失った。

1973年のオイルショックの影響で大幅に製作コストを削減しないと運営できない・・・大勢の俳優に出演料を支払う金がなくなったのか・・・恐るべき大人の経済事情。

悲劇のヒロインはオイルショックの犠牲者か。
オイルショックの影響で1974年(昭和49年)は-1....

オイルショックの影響で1974年(昭和49年)は-1.2%という戦後初めてのマイナス成長を経験し、高度経済成長が終焉した。当時の特撮番組は大ダメージを受けた。

オイル・ショック(和製英語:oil + shock)とは、1973年(第1次)と1979年(第2次)に始まった(ピークは1980年)、原油の供給逼迫および原油価格高騰と、それによる世界の経済混乱である。

画像のチャートは1861年〜2007年の原油価格。100年近く続いた安値が1970年代に破られたことがわかる。

日本の消費者物価指数で1974年(昭和49年)は23%上昇し、「狂乱物価」という造語まで生まれた。インフレーション抑制のために公定歩合の引き上げが行われ、企業の設備投資などを抑制する政策がとられた。結果、1974年(昭和49年)は-1.2%という戦後初めてのマイナス成長を経験し、高度経済成長がここに終焉を迎えた。

水城涼子、水城霧子(仮面ライダーX) 第9話以降の路線変更に伴い第8話でヒロイン退場。

水城涼子、水城霧子(演:美山尚子) 『仮面ライダーX』...

水城涼子、水城霧子(演:美山尚子) 『仮面ライダーX』(1974年)

双子の姉妹で、美山尚子が2役を演じた。

仮面ライダーXは父と子の絆や謎めいたヒロインの登場を軸とするなど、従来作とは大きく違った切り口が特徴の作品を目指していたが、第9話以降からそれまでのシリーズをより意識した展開に戻すことになる。

この路線変更のため第8話で涼子と霧子のヒロイン退場となった。
放送前の試写時点で、霧子の退場などの路線変更が内部で決まっていた。

放送前の時点で試写を見た毎日放送側などの意見は「ストーリーが大人向けを狙っている」「涼子と霧子を巡る展開がわかりづらい」と言った懸念や疑問であり、その一方で「神話怪人」に対しても「なじみやすさに欠ける」と指摘され、それらの意見はその後の展開において「チコ・マコの登場」「悪人軍団への変更」などといった形で反映されている。
仮面ライダーXの路線変更のために生まれた悲劇のヒロイン。

仮面ライダーXの路線変更のために生まれた悲劇のヒロイン。

「水城涼子」(みずき りょうこ)
敬介の婚約者で神教授の助手。人間工学という希有な分野を研究するが故に学会では孤立しがちな教授の良き理解者である。よく神親子のケンカを仲裁していた。しかし、そんな二人を裏切りGODの一員となる。
その正体はインターポールの秘密調査員で、GODに潜入して捜査を行っていた。その際、サイボーグ手術を受けている。第8話において怪人アトラスの攻撃から子供を庇ったことで正体が露見、GOD総司令によって体内の自爆装置のスイッチを入れられて命を落とす。

初期設定では「インターポールの捜査官」という設定は存在せず、神教授がGODの協力を拒絶し続けるため、GODの巧妙な脅迫に屈して、本当に神親子を裏切る予定だった。

「水城霧子」(みずき きりこ)
涼子の双子の妹。姉とはお互い離ればなれで暮らしていたが、連絡だけは取り合っていた。当初、涼子から彼女の存在が知らされていなかったために敬介を困惑させたが、後に双子であることを敬介に明かす。亡くなる直前、「姉は今でもあなたのフィアンセだから信じてほしい」と敬介に対して必死で話していた。

GODに潜入した姉に代わって、敬介を影からサポートする。敬介が姉のことで苦悩するが、彼に「個人の感情は捨てて皆のXライダーになれ」と言う。第8話で敬介を庇って戦闘工作員の放った矢に当たり、絶命する。
水城霧子は第8話で敬介を庇って戦闘工作員の放った矢に当...

水城霧子は第8話で敬介を庇って戦闘工作員の放った矢に当たり、絶命する。

111 件

思い出を語ろう

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

懐かしい特撮・アニメ・漫画・テレビ番組の傑作エピソードvol.4(想定外の衝撃的な展開・みんなのトラウマ・封印作品)

懐かしい特撮・アニメ・漫画・テレビ番組の傑作エピソードvol.4(想定外の衝撃的な展開・みんなのトラウマ・封印作品)

懐かしい昭和の特撮やアニメ・漫画の衝撃的な傑作エピソードや封印作品やつい笑ってしまう面白いテレビ番組を振り返ってみましょう。いずれの作品も色々な意味で衝撃的かつトンデモない面白いネタが勢ぞろいです。
トントン | 29,132 view
懐かしい特撮・アニメ・漫画・テレビ番組の傑作エピソードvol.3(想定外の衝撃的な展開・みんなのトラウマ・トンデモない特撮やアニメ)

懐かしい特撮・アニメ・漫画・テレビ番組の傑作エピソードvol.3(想定外の衝撃的な展開・みんなのトラウマ・トンデモない特撮やアニメ)

懐かしい昭和の特撮やアニメの衝撃的な傑作エピソードやトンデモない作品やつい笑ってしまう面白いテレビ番組を振り返ってみましょう。いずれの作品も色々な意味で衝撃的かつトンデモない面白いネタが勢ぞろいです。
トントン | 46,162 view
スーパー戦隊シリーズのお約束:偽者回・ヒロインのコスプレ七変化・巨大ロボの追加・悪の組織の内部抗争ほか

スーパー戦隊シリーズのお約束:偽者回・ヒロインのコスプレ七変化・巨大ロボの追加・悪の組織の内部抗争ほか

東映の特撮ドラマ「スーパー戦隊シリーズ」の初モノのエピソードと新しい要素の定番化(お約束)の歴史を振り返ってみましょう。恒例のニセ戦隊の話やスーパー戦隊ヒロインのコスプレ七変化ほか。クリスマスには戦隊シリーズの2号(3号)ロボが発売されてデパートで子供が買って買ってと泣き叫ぶのが昭和のお約束でしたね。
トントン | 26,970 view
ウルトラセブン放送50周年「昭和ウルトラ兄弟・ウルトラファミリー」列伝

ウルトラセブン放送50周年「昭和ウルトラ兄弟・ウルトラファミリー」列伝

昭和ウルトラシリーズの懐かしい見ごたえのある動画・画像・グッズ、イベント情報をまとめています。放送当時の出演者の話は面白いです。タロウ(篠田三郎)がレオ(真夏竜)を救った話などは感動します。
ガンモ | 3,271 view
懐かしい特撮・アニメ・漫画の傑作エピソードvol.15(想定外の衝撃的な展開・みんなのトラウマ)

懐かしい特撮・アニメ・漫画の傑作エピソードvol.15(想定外の衝撃的な展開・みんなのトラウマ)

懐かしい1970年代から90年代の昭和の特撮ドラマを中心に衝撃的な傑作エピソードや特撮のトラウマ作品も振り返ってみましょう。いずれの作品も色々な意味で衝撃的かつトンデモない面白いネタが勢ぞろいです。
トントン | 38,084 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト