2017年3月17日 更新

しくじり先生に出演した瀬古利彦氏「全裸の女性に見とれて」大ケガを初告白!ロス五輪の金メダルが儚く散った!

男子マラソンの元五輪代表で、日本陸連の長距離・マラソン強化戦略プロジェクトのリーダーを務める瀬古利彦氏が、今週放送された「しくじり先生 俺みたいになるな!!3時間SP」に出演し、1984年のロサンゼルス五輪でのしくじりを初告白した。

3,345 view

ロス五輪代表・瀬古利彦氏、大ケガの真相を初告白!

男子マラソンの元五輪代表で、日本陸連の長距離・マラソン強化戦略プロジェクトのリーダーを務める瀬古利彦氏が、今週放送された「しくじり先生 俺みたいになるな!!3時間SP」に出演し、1984年のロサンゼルス五輪でのしくじりを初告白した。
瀬古利彦氏は「実力は世界一だけど五輪で勝てない先生」と...

瀬古利彦氏は「実力は世界一だけど五輪で勝てない先生」として出演!!

五輪当時の瀬古氏は、宗茂・宗猛兄弟らと日本長距離界をリードしていた存在だった。
特に大レースでの勝負強さも魅力だった瀬古氏には、五輪での金メダル獲得が期待されていた。

しかし大会前の81年、調整のため行ったノルウェーでの練習中に足をひねり全治1年10カ月の大ケガを負ってしまう。以降、足をかばいながらの練習がたたり、反対の足にも負担を掛けてしまう等、負のスパイラルに陥ってしまい、結局ロサンゼルス五輪での金メダルの夢は散ってしまう。

そうした”悲劇のヒーロー”だったが、大ケガの真相を聞いてズッコケてしまう。
瀬古氏曰くなんと「(公園で)日光浴をしていた全裸の女性に見とれてしまった」のが原因だったという。日本中の期待を集めた男の大ケガの裏には、”女性問題”が絡んでいたようだ。
1984年頃の瀬古利彦氏

1984年頃の瀬古利彦氏

さらに「フィーバーで"金メダルを獲れなかったどうしよう"という不安に陥ってしまった」とも語っており、不安からオーバーワークとなってしまい、本番直前に大量の血尿が出たという。
「ああ、これで終わったなと思いました」と瀬古氏は語り、最後は「プレッシャーをはねのけることは半端じゃない。大事な本番に近づけば近づくほど冷静になることが大事」と長距離・マラソン強化戦略プロジェクトのリーダーらしく力説していた。

オススメの特集記事

10 件

20世紀交歓所20世紀しばりのフリマサイト

思い出を語ろう

あなたにおすすめ

   

関連する記事こんな記事も人気です♪

【男子マラソン・瀬古利彦】宗茂・宗猛兄弟、伊藤国光、中山竹通、新宅雅也らとともに日本長距離界をリードした日本のトップランナー。

【男子マラソン・瀬古利彦】宗茂・宗猛兄弟、伊藤国光、中山竹通、新宅雅也らとともに日本長距離界をリードした日本のトップランナー。

1980年代の男子マラソンといえばこの人「瀬古利彦」の名前がもっとも知名度が高かったのではないでしょうか。惜しくも14位に終わったロサンゼルスオリンピックが印象に残りますが、終盤の圧倒的なスパート力が魅力の、男子マラソンで一時代を築いた名選手でした。
青春の握り拳 | 4,560 view
バレー女子代表監督を80年代の天才セッター・中田久美氏に一本化へ!25日に正式決定!

バレー女子代表監督を80年代の天才セッター・中田久美氏に一本化へ!25日に正式決定!

バレーボール女子の日本代表・真鍋政義監督(53)が退任し、後任に元代表セッターでプレミアリーグの久光製薬を率いる中田久美氏(51)が就任する見通しだ。中田氏は現役時代、天才セッターの異名をとり、1984年ロサンゼルス五輪の銅メダル獲得に貢献した。
最強アスリートの名を欲しいままに!ロスオリンピック時の天才カール・ルイス

最強アスリートの名を欲しいままに!ロスオリンピック時の天才カール・ルイス

2016リオオリンピックは、日本選手の活躍も目覚ましかったですが、会場を独り占めにするような雰囲気を作った3つの金メダルを独占したウサイン・ボルトはまさにキングでした。1984ロスオリンピックのキング!最強アスリートと言えば、やはりカール・ルイスでしょう。
yt-united | 1,693 view
ソウルオリンピック水泳で金メダルを獲得した鈴木大地長官が、久々にバサロ泳法を披露!

ソウルオリンピック水泳で金メダルを獲得した鈴木大地長官が、久々にバサロ泳法を披露!

ソウルオリンピック競泳の金メダリストで、スポーツ庁の鈴木大地長官(49)が25日、あの「バサロ」を報道陣の前で約25メートルにわたって披露した。報道陣の前で披露するのは約7年ぶりだという。鈴木大地の金メダルで当時「バサロ恋愛」という言葉も流行した。
【マラソン女子日本代表】増田明美から高橋尚子まで20世紀までを振り返る

【マラソン女子日本代表】増田明美から高橋尚子まで20世紀までを振り返る

“東京マラソン”など市民参加型のシティマラソンが賑わいをみせる昨今、日本女子マラソン黄金期に活躍した高橋尚子さんをはじめ浅利純子さん、市橋有里さん、数々のランナーを振り返ってみました。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト