昭和の男性アーティスト(邦楽)は化粧していることが多かった(何故?)。
2017年8月11日 更新

昭和の男性アーティスト(邦楽)は化粧していることが多かった(何故?)。

沢田研二さんをはじめ、YMO、BOØWY、吉川晃司さん、安全地帯(玉置浩二さん)、忌野清志郎さん(RCサクセション)など1970年代から80年代にかけては、男性でもお化粧をしているアーティストがたくさんいました。それは何故なのかを、懐かしい音楽や画像とともに探ってみましょう。

13,318 view

鮮烈だったジュリー(沢田研二さん)のメイク姿

沢田研二「OH!ギャル」

沢田研二「OH!ギャル」

1979年の「OH!ギャル」時のジュリーです。
マレーネ・ディートリヒ風のメイクでタバコ片手に歌う姿が特徴的でした。
覚えている限り、お茶の間のテレビで男性歌手が化粧をして歌っている姿を初めて見たのは、ジュリーこと沢田研二さんだったように思います。
当時、男性が化粧をすることはかなり珍しかったので、私の家族には不評でしたが、まだ先入観もほとんどなかった幼い私には、とても綺麗で「かっこいい!」と思えたことも艶やかで鮮明な思い出として脳裏に焼き付いています。

沢田研二/OH!ギャル

沢田研二/OH!ギャル✩1979.5.31R

1975年「暴行事件」と書かれたことを決起に

1974年、日比谷野外音楽堂におけるコンサートでインディアンのようなチークをしたり、1975年の比叡山フリーコンサートでブルーのラメ入りのアイシャドウをするなど化粧はステージでは行っていたが、お茶の間に流れる一般のテレビ番組では控えていた。しかしマスコミによって「暴行事件」と大きく報じられたことを契機に、沢田はこれまでの意識を変え、「さよならをいう気もない」以降、ヴィジュアルを重視したスタイルをエスカレートさせていく。
Wikipediaには「暴行事件」と簡単に書かれてあります。
それは、沢田研二さんの当時の奇抜なメイクに衣装が「暴行事件」だったのか‥‥調べてみました。
1975年に、ジュリーは国鉄(今のJR)職員との間でトラブルを起こしています。
沢田研二「さよならを言う気もない」

沢田研二「さよならを言う気もない」

画像ではわかりにくと思いますのでYouTube動画の方をぜひ見てください。
衣装もすごいですよ!
目の上にラメ入りです。

沢田研二/さよならをいう気もない

沢田研二/さよならをいう気もない✩1977.3.14.OA

歌の後に懐かしの「夜のヒットスタジオ」の様子も見ることができます。
ジュリーにとっては、もしかしたら「暴行事件」と書かれたことへの、ささやかな抗議、反抗のような気持ちで、奇抜な衣装に化粧というスタイルを築いたのかもしれないですね!
それにしても、当時は女性だけでなく男性歌手でも「華やか」だった時代でした。
沢田研二「恋のバッドチューニング」

沢田研二「恋のバッドチューニング」

今では雑貨屋さんでも買えるカラーコンタクトですが、この頃は、この目の色にびっくりしましたね!
ジュリーは「(視界が)金色で気持ち悪いから、早く外したい」と笑いながら答えていらっしゃいました。
沢田研二「6番目のユ・ウ・ウ・ツ」

沢田研二「6番目のユ・ウ・ウ・ツ」

80年代に入ると、髪の毛は短めですが、更に艶やかなメイクになったジュリーです。

メイクをしていた男性アーティストいろいろ

男性も華やか・艶やかだった70年代・80年代の日本の音楽界でした。
では、沢田研二さんの他にも化粧を纏って歌って(演奏して)いたアーティストたちを見ていきましょう。

YMO(イエローマジックオーケストラ)

イエローマジックオーケストラ

イエローマジックオーケストラ

細野晴臣(ベース・シンセサイザー・ボーカル)、高橋幸宏(ドラムス・ボーカル)、坂本龍一
(キーボード・シンセサイザー・ボーカル)がメンバーだった伝説のテクノバンド。
70年代終わりから80年代に、「テクノブーム」を巻き起こしたイエローマジックオーケストラ、通称YMOも、初期時代はしっかり化粧をしている姿で演奏していました。
特に坂本龍一さんは、音楽活動の他に映画では俳優としても出演されています(「戦場のメリークリスマス」「ラストエンペラー」)が、「戦場のメリークリスマス」出演時にも、メイクをされていたのが印象的でした。
坂本龍一(YMO)

坂本龍一(YMO)

YMO初期時代です。
遠くからだとわかりにくいですが、こうやってアップにすると、アイシャドウが鮮やかに‥‥!
55 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

井上陽水のライブ・アルバムは僅かに5枚。しかも2枚はCDにもなっていないなんて!

井上陽水のライブ・アルバムは僅かに5枚。しかも2枚はCDにもなっていないなんて!

50年近いキャリアを誇る井上陽水。その間には多くのヒット曲を放ち、膨大な数のライブも行ってきています。それにもかかわらずライブ・アルバムは5枚しか出ていません。しかも、その内の2枚はCDにもなっていないなんて。
obladioblada | 278 view
井上陽水&玉置浩二の31年振りのハーモニーが復活!NHK・SONGSで「夏の終わりのハーモニー」を歌唱!

井上陽水&玉置浩二の31年振りのハーモニーが復活!NHK・SONGSで「夏の終わりのハーモニー」を歌唱!

井上陽水と玉置浩二がNHK総合の音楽番組「SONGSスペシャル」で、1986年発売の「夏の終わりのハーモニー」を31年振りにデュエットする。放送は11月10日(金)午後10時から。
えっ、あの曲も!?糸井重里が作詞した名曲

えっ、あの曲も!?糸井重里が作詞した名曲

コピーライターとして有名な糸井重里。「おいしい生活。」 「くうねるあそぶ。」などの名コピーで知られる彼ですが、80年代から90年代にかけては作詞家としても活躍していました。その中でも特に名曲として名高い楽曲をいくつか紹介していきます。
こじへい | 2,636 view
1984年リリース 【安全地帯】のセカンドアルバム『安全地帯Ⅱ』を振り返る

1984年リリース 【安全地帯】のセカンドアルバム『安全地帯Ⅱ』を振り返る

この記事では、1984年にリリースされた【安全地帯】のセカンドアルバム『安全地帯Ⅱ』に焦点を当てたいと思います。
つきねこ | 2,668 view
音楽配信サイト"AWA"でミドルエッジがお届けする第四弾!「'70'80'90名曲Cover Song Best 永久保存版」をご紹介!

音楽配信サイト"AWA"でミドルエッジがお届けする第四弾!「'70'80'90名曲Cover Song Best 永久保存版」をご紹介!

音楽配信サイト"AWA"で公式プレイリスターとして情報提供しているミドルエッジがお届けする「'70'80'90 Best」シリーズ!今回の第四弾は怒涛の100曲!「'70'80'90 名曲Cover Song Best 永久保存版」です!そこで今回もプレイリストに収録した100曲の一部をライナーノーツ的に紹介します。あんな曲やこんな人が「カバー」をしていたんだ!?と言う曲を懐かしみ、そして新鮮に感じて頂ければありがたいです!是非このラインアップをミドルエッジでご堪能ください。
Your&My | 3,555 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト