【コスモス・ピンクショック】ヤマト?ガンダム?マクロス?パロディ要素満載のSFアニメ!
2021年5月19日 更新

【コスモス・ピンクショック】ヤマト?ガンダム?マクロス?パロディ要素満載のSFアニメ!

目的のためには手段を選ばず、とにかく一直線に突っ走る暴走少女ミツコ。そんな彼女の活躍ぶりを描いたOVA作品『コスモス・ピンクショック』について、その本編動画やストーリー・魅力を振り返っていきます。最近、元気が足りていない大人には特におすすめの作品です。

581 view

『コスモス・ピンクショック』とは?

構成:首藤剛志
制作:AIC
発売:1986年
話数:全1話
   (本編約36分)
『コスモス・ピンクショック』(COSMOS ピンクショック)は、1986年7月21日に発売されたOVA。
首藤剛志がビデオマガジン『アニメビジョン』Vol.2 - Vol.4に連載していた同名のアニメ作品3話分を「第1部」として一本にまとめたもので、1話ごとの収録時間は約10分となっている。元々は3部作(全9話)の予定で連載していたが、『アニメビジョン』の廃刊により第2部以降は製作されなかった。

『コスモス・ピンクショック』の本編動画・ストーリー

人類が宇宙進出し、太陽系の外にも文明を構築するようになった遠い未来―――。
冥王星第17番基地から離陸許可が降りていないロケットが飛び立ち、防衛隊の制止も聞かずに、銀河の彼方に消えて去っていきました。
行方不明になったロケットは宇宙に広がる各惑星に姿を現すようになります。次第に領界侵犯を繰り返す常習犯として、その機体の色から”ピンクショックと呼ばれて有名な存在になっていきました。
戦艦部隊が真正面から向かっていっても、そのピンクショックの暴走は止められず、宇宙空間に特設された野球場では、タイガースの210年ぶりの優勝がかかった試合が行なわれていましたが、せっかくのホームランを台無しにしてしまいます。

「私は止まるわけにはいなかいの!」

何者にも止められないピンクショックの暴走ぶりは、この言葉とともに今日も宇宙に響き渡るのでした…

『コスモス・ピンクショック』の魅力とは?

名作アニメのパロディ描写

パロディ色の強い作風となっており、『宇宙戦艦ヤマト』『機動戦士ガンダム』『超時空要塞マクロス』などのSF作品のオマージュがちりばめられている。
https://www.irasutoya.com/2019/07/blog-post_65.html (2277462)

『コスモス・ピンクショック』の面白さは、パロディ・オマージュ要素が本編に散りばめられているところ。本作も宇宙を舞台にしたSF作品なので、その世界観は『宇宙戦艦ヤマト』『機動戦士ガンダム』『超時空要塞マクロス』と共通しています。
お笑いを意識したギャグテイストの構成なので、元ネタを知っていたら、思わず吹き出してしまう場面は多いはず。ギャグアニメなのかと思えば、少しハートフルな展開もあって、そのバランスもいい感じだと思います。

無敵のヒロイン・ミッチー

https://www.irasutoya.com/2014/10/ufo.html (2277465)

主人公・速水ミツコは17歳の少女。彼女が宇宙を暴走するのは、4歳のときに目の前でUFOに連れ去られてしまった幼馴染みの男の子・ヒロシを探すためでした。
当時は幼いながらも、ヒロシを思い続けてきたミツコ。おばさんになってしまう前に再会を果たしたいと、僅かな時間すらも惜しんで宇宙を飛び回っています。ピンクショックが暴走する理由に、こんな乙女チックな背景があったが面白いですよね。
https://www.irasutoya.com/2015/01/blog-post_949.html (2277467)

”恋する乙女は無敵”といった表現がありますが、まさにミツコはこれを体現するキャラクターです。揺るがない信念の強さ、体面を気にしない精神力、こういったところが彼女の魅力といえるでしょう。
”ミッチー”という愛称を自称していて、明らかにスベッているのですが、全く気にせず、そのまま押し通すところも好感がもてますよね。

イケメン将校のギャツビー

https://www.irasutoya.com/2014/11/blog-post_839.html (2277470)

クールさを信条とし、女性にモテモテのギャツビー。しかし、幼少期に、母親が浮気相手と駆け落ちしてしまい、捨てられた過去をもつため、女性を自分勝手な存在として嫌っています。
イケメンなのに、そのメリットが全くないところに彼の面白さがあります。ミツコに対しても、領界侵犯を繰り返す自分勝手な女性という見方しかしていませんでしたね。しかし、彼女を取り調べるうちに…

その内面が変化していくところが楽しいです。
32 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ユニークな選手名や裏技で振り返る『初期のファミスタ』クイズ付き!!

ユニークな選手名や裏技で振り返る『初期のファミスタ』クイズ付き!!

1986年に発売され、現在に至るまで野球ゲームの傑作として認知されている「ファミスタ」シリーズについて振り返ってみましょう。
【ウォナビーズ】女子プロレスを扱った格闘系アニメ!デーモン小暮・古舘伊知郎も出演!

【ウォナビーズ】女子プロレスを扱った格闘系アニメ!デーモン小暮・古舘伊知郎も出演!

女子プロレスを題材としたスポ根性アニメ『ウォナビーズ』。短編のOVA作品として制作され、近年は、その希少なジャンルから『世界でいちばん強くなりたい』とも比較されるようです。そんなOVA作品『ウォナビーズ』にスポットを当て、本編動画やストーリー・魅力などをご紹介させていただきます。
tsukumo2403 | 313 view
OVA版【アウトランダーズ】うる星やつらと類似!?その世界観やストーリー・魅力とは?

OVA版【アウトランダーズ】うる星やつらと類似!?その世界観やストーリー・魅力とは?

可愛らしい異星人ヒロインと地球人の青年と恋愛をコメディーテチックに仕上げた『アウトランダーズ』。そのシチュエーションや内容に、名作アニメ『うる星やつら』を思い浮かべたミドルエッジ世代も多かったはずです。そんな『アウトランダーズ』に焦点を当てて、その本編動画やストーリー・魅力を紹介させていただきます。
tsukumo2403 | 2,423 view
【ルーツ・サーチ食心物体X】SFホラー&ミステリー!同士討ちや死に方がエグすぎる!

【ルーツ・サーチ食心物体X】SFホラー&ミステリー!同士討ちや死に方がエグすぎる!

銀河を旅する宇宙船を舞台としたストーリーながら、エイリアンの出現で、人間の内側の醜さが露呈し、同士討ちに発展するOVA作品『ルーツ・サーチ食心物体X』。トラウマになりそうなほどの恐怖が味わえます。今回の記事では、その本編動画やストーリー・魅力を紹介していきますので、ぜひ記事をご覧になってください。
tsukumo2403 | 511 view
【アイ・シティ】白熱のサイキックバトルを描いたアニメ!そのストーリー・魅力を紹介!

【アイ・シティ】白熱のサイキックバトルを描いたアニメ!そのストーリー・魅力を紹介!

漫画を原作としたOVA・劇場版アニメの『アイ・シティ』。独特の世界観や設定は視聴する者を虜にする魅力があります。そんなアニメ版『アイ・シティ』について、本編動画やストーリー・魅力をご紹介させていただきます。観たことがある視聴者はもちろん、観たことのないユーザーもぜひ記事をご覧になってくださいね。
tsukumo2403 | 395 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト