朝ドラ「半分、青い。」に登場する漫画「いつもポケットにショパン」が懐かしい!
2018年5月16日 更新

朝ドラ「半分、青い。」に登場する漫画「いつもポケットにショパン」が懐かしい!

いつもポケットにショパンは、くらもちふさこ氏の少女漫画作品で、「別冊マーガレット」(集英社)にて1980年2月号から1981年7月号まで連載されました。朝ドラ「半分、青い。」内では「秋風羽織」の名義で作者が登場し、主人公・楡野鈴愛に大きな影響を与えるようになります。

804 view

「いつもポケットにショパン」は、1人の少女がピアノを通して成長していくヒューマンドラマです。

朝ドラ「半分、青い。」の主人公・楡野鈴愛に大きな影響を与えた漫画である。

ストーリー

幼馴染の須江麻子と緒方季晋は母親同士が友人関係で、幼い頃から仲が良く、同じピアノ教室に通う仲だった。
季晋が中学進学と同時に西ドイツへ留学したため音信不通となり、後に現地で列車事故に遭い、季晋の母が亡くなり、季晋にも失明の恐れがあると新聞で知ることとなる。
別々の高校へ進学し再会を果たすが、季晋は麻子をライバル視して距離を置くようになっていた。
その背景には共にピアニストだった2人の母親の恋とピアノに対する因縁が関わっていることが明らかになっていく。
自分のピアノの実力を過小評価していた麻子だが、周りの人物によって徐々に才能を開花させていくことになる。

登場人物

須江 麻子(すえ あさこ)

いつもポケットにショパン 2 (マーガレットコミックスDIGITAL) | くらもちふさこ | 少女マンガ | 本 | Amazon (2006690)

国際的ピアニスト須江愛子の1人娘。小さい頃からピアノを習っている。
母から教わったことはほとんどなかったものの、ピアノを愛し、労わり、周りに存在するあらゆる音に関心を持つようにと、ピアニストにとって大事なごく基本的なことを教わった。
また、愛子が積極的に身の回りのことを全て自分でやらせていたため料理もでき、シチュー作りが得意である。

母は麻子が幼い頃から常に多忙であり、また愛情表現もあっさりしているため、寂しく感じてきた。
幼馴染の緒方季晋に対し「きしんちゃん」と漢字の音読みの愛称で呼んでいる。
幼い頃は、季晋の母の華子に娘のように可愛がってもらい、華子によく懐いていた。

自分に自信が持てない性格で、劣等感を感じてしまいがちである。
ピアノのせいで上邑や季晋との関係が崩れたと思い、ピアノはもともと好きだったわけではなく、環境によって弾いていただけだと思っていた。
しかし、季晋と連弾し、母・愛子のリサイタルを聴きに行った際ピアノに憧れずにいられなくなり、しがみついてでもピアノを続ける決意をする。
ピアノの技術は水準以上であったが、突出した技術があったわけではなく、松苗からの指導や上邑との出会い、そして季晋との再会によって徐々に元より備わっていた才能を発揮するようになり、上邑や季晋にとっての脅威の存在となっていった。

だれかのピアノを聞いて、涙があふれるほどの感動を体験したのは、かつてたった一度、昔の季晋が弾いたショパンのワルツを聞いた時だけとのこと。

緒方 季晋(おがた としくに)

電子書籍[コミック・小説・実用書]なら、ドコモのdブック (2006632)

麻子にのみ漢字を音読みにした「きしんちゃん」の愛称で呼ばれているが、それ以外の友人たちからは「トシ」と呼ばれている。

ピアニストだった緒方愛子の1人息子で、母から愛情をたっぷり受けて育った。
幼い頃は麻子ととても仲が良く、一緒にピアノ教室へ通ったり、(母同伴で)出かけたり、麻子に泊りに来てもらうなどしていた。
麻子がいじめられていると仕返しをすることもあった。

小学校卒業後、ピアノの留学のため母と西ドイツへ渡ったが、そこで列車事故に巻き込まれ重傷を負い失明したが、亡くなった母の角膜を移植し、視力を取り戻した。
「麻子ちゃんにピアノ負けないで。お願い」と言って亡くなった母の言葉を聞き、その後母が若い頃につけていた日記を読んで母が片思いだった男性が麻子の父であり、また麻子の母は有名ピアニストになったのに、母は腱鞘炎にかかりピアノの道を断念したことなどを知り、須江親子を憎み、敵対視するようになった。

堂園音楽学園高等部に在学し、各地のピアノコンクールで上位を占める3人である通称「堂園三羽烏」の1人として知られるようになる。
麻子とは三羽烏として有名になった後に再会し、麻子の姿を母の角膜で見ていると思い、憎しみと愛情のはざまで苦しむ。
母の願いである麻子に勝つということを最終目的にし、かつての母と同じように腱鞘炎に苦しみながら麻子には内緒でコンクールを受ける。
手に負担をかけ、ピアノに憎しみをぶつけるような心情でコンクールを受けることを批判した麻子と衝突したが、最後には和解し麻子と元の関係に戻った。

須江 愛子(すえ あいこ)

いつもポケットにショパン|無料・試し読みも【漫画・電子書籍のソク読み】itumopoket_001 (2006691)

※画面左上の女性キャラ
麻子の母で国際的に有名なピアニスト。
麻子の父である夫とは結婚後早い段階で離婚した。

多忙なため、不在時は自身の母に麻子の面倒を任せている。
たとえ娘でもピアノのレッスンはしないし、弟子は取らない主義。
冷たく見えるが、親友である華子との友情を大事にしていた。
また、作中でもピアノに対する愛情が垣間見え、麻子に対してもピアノを上手く弾くことよりもこの世のあらゆる音に関心を持ち、ピアノを愛することの大切さを伝えている。
娘である麻子に対しては敢えてつき離し、手を出さないことで自立心を持たせる方針を取っていたが、幼い麻子にとってはそういった母の愛情になかなか気付くことができず、長らく冷たい母という印象が強かったが、麻子の心の成長と共に衝突も減っていった。

緒方 華子(おがた はなこ)

いつもポケットにショパン|無料・試し読みも【漫画・電子書籍のソク読み】itumopoket_001 (2005005)

※画面左上の女性キャラ
季晋の母。
元ピアニストで麻子の母・愛子とは友人でありライバル関係にあった。
麻子の父に恋をしていたが、愛子と愛し合うようになり失恋。
愛子に負けまいと過度にピアノの練習を重ね、腱鞘炎を患いピアニストとしての道を絶った。
麻子に対しては、実の娘のように可愛がりながらも、日記の中で息子の季晋には絶対に負けさせるものかと記しており、お手伝いの女性との会話の中で自身が天才型のピアニストであり、愛子が努力型のピアニストであるということをすり込むなどしていた。
実はその逆で、華子の方こそが努力型のピアニストだった。

息子の季晋に良い先生をつけるべくピアノ留学のため一緒に西ドイツへ渡ったが、現地で列車事故に遭い死去。
死の間際、季晋の腕を掴みながら「麻子ちゃんにピアノ負けないで。お願い」と伝えた。
死去後、失明した季晋へ角膜が移植された。

上邑 恭二(うえむら きょうじ)

※麻子と一緒にいる男性キャラ
堂園音楽学園から白川音楽学園に編入。
堂園三羽烏のうちの1人で、天才肌のピアニスト。
持病のぜんそくが悪化したため白川音楽学園に転校してきたといいながら、その実、堂園音楽学園に通う二階堂まりあに恋をしていて、まりあにお似合いの季晋にピアノも抜かれてしまいそうになり、ピアノに身が入らないため距離を取った。
麻子の噂は聞いており、凄腕だと思い込んでいたが、初めて麻子のピアノを聴いて拍子抜けしてしまう。
しかしその後、才能を開花させグングン伸びていく麻子に嫉妬するようになり、しばらくはまともに顔も見られそうにないと言い、上邑に憧れるようになっていた麻子にショックを与える。
上邑は幼い頃から身体が弱く学校も休みがちで、そのため友人ができなかった。
しかしピアノだけは誰にも負けることがなく誇りに思ってきたとのこと。

二階堂まりあには片思いしていると思っていたが、実は両想いだったことが判明した。

松苗(まつなえ)先生

白川音楽学園の音楽教師。
麻子の母である愛子とも昔からの知り合いである模様。
愛子曰く、「あんなに相性が悪い人もいない」とのこと。
麻子に対して厳しく指導するが、それは麻子の才能を見抜いてのことだった。

初期には実技試験にて「もう充分きみは感情を表現できる年なんだからいつまでも子どものつもりで弾いていちゃだめだな」と言ったり、担当が松苗に変更した後の初のレッスンでも「サル芝居もいいところだ。幼稚園児が花形ピアニストの物真似する様そのままだ」などと麻子に厳しい発言を浴びせるなどした。

堂園大学へ転任することになり、麻子が毎コンに出るためのレッスンを一カ月だけ承諾したが、最後のレッスンの際に「最後の先生のレッスンだけはほめていただきたくて、ていねいにみてきたつもりです」という麻子に「おまえはわたしにほめてもらうためにピアノを弾いているのか!?まわりを良く見ろ。おまえが他生徒よりいかに人間的に劣ってるか分かる」と叱咤し、外が暗くなるまで数時間もレッスンを続け、レッスン室を後にした。

レッスンでは厳しいが、コンクールなど人前でピアノを披露する際に真っ先に手を叩いてくれるのは松苗であり、麻子の1番の応援者といっても過言ではない。

二階堂まりあ(にかいどう まりあ)

いつもポケットにショパン 3巻 :無料・試し読みも! 漫画(まんが)・電子書籍のコミックシーモア|コミック 集英社 (2006697)

※麻子と一緒にいる女性キャラ
堂園音楽学園高等部に在学。堂園三羽烏の一人で紅一点。
父が外国人のためハーフの美人である。
髪型はショートヘアだが、ジュニア音楽コンクールで1位を受賞した際はロングヘアだった。

まりあに麻子とコンクールで競って麻子が勝てば仲直りすると言った季晋に対し「あなた本当は麻子さんを好きなくせに、須江親子をよく思ってらっしゃらなかったお母さまのことが頭にあるから、子であるあなたも無理に憎もうとする。
だけど、それはとんでもない勘違いよ。あなたのお母さまのことはお気の毒に思うけど麻子さんに罪はないわ。
お母さまのあやつり人形じゃあるまいしあなたはあなたよ。せめて、ピアノを弾く時だけでも過去のことは忘れなさい」と忠告する。

男女関係なくあいさつ代わりにキスをする性格だが、好意を持っている上邑にだけはそれができず、季晋からそれを指摘され動揺する。
上邑に片思いしていると思っていたが、実は両想いであることが判明する。

末永 依里(すえなが えり)

白川音楽学園高等部に在学。麻子の親友。
お節介で図々しいところがあり、麻子を悩ませる。

親友だからと無断で麻子のバッグを借り、その中に入っていた麻子が上邑へのお礼にと手縫いで刺繍したハンカチを勝手に上邑に渡してしまい、麻子と掴み合いの大喧嘩をしてしまう。
その後絶交状態となったが、麻子の寮部屋が同室の女生徒のタバコの不始末が原因で火事になり、麻子が子ども時代に季晋からもらって大事にしていた腕時計をいつも枕の下に入れていることを知っていたため火が立ち込めるなか取りに行き、麻子に手渡した。
再び仲直りし、麻子が毎コンに出るときなど、同じく友人である伊波と共に応援にかけつけるなど常に麻子を応援している。

麻子の父

※画面右側の麻子と一緒にいる男性キャラ
麻子の父であり、愛子の元夫。
名前は「村上 稔」。
なかなかのハンサムである。

指揮者であり、麻子と再会してすぐに昭和フィルの常任指揮者が決まった。
麻子の祖母から特マルつきで嫌われていて、愛子と離婚した後は麻子の祖母に認めてもらうためドイツで修業を積んでいた。

だらしがなくそそっかしい性格で、麻子の性格は父親似とのこと。
麻子と再会できる日を毎日夢見ていた。
娘が生まれたらちゃん付けで呼ぶのが夢だったが、愛子に「気色悪い」と言われてしまったとのこと。

麻子の祖母

多忙な娘の代わりに孫の麻子を見守り面倒をみている。
いつも麻子のピアノを聴いているため、麻子のピアノの音色が母親に似てきたことに気付く。

麻子の父を嫌っており、娘の愛子が麻子に「お父さんに会いたい?」と訊くと「お父さんは亡くなっているんだよ。ばかなことおいいでないよ」と声を荒げたりも。

病院帰りに気分が悪くなり道でうずくまっているところを季晋に助けてもらい、家に送ってもらった際、「また昔みたいにおいでよ。わたしもひとりが多いし、あんたも麻子もひとりっ子。そうだよ、またくれば楽しいじゃないか。
もっとも・・・・考えようによっちゃあんたはいつもお母さんと一緒にいるようなもんだねぇ。
麻子なんか親が健在でありながら、ほとんど一緒にいてもらえないんだから、これじゃほんとにどっちが不幸だなんて決めかねるわねぇ」とつぶやくなど、麻子と季晋の仲を案じていた。

感動した!あのセリフ、このセリフ!

麻子はシチューが得意です

麻子はシチューが得意です(いつもポケットにショパン) 「別冊マーガレット カンバッチ」 わたしのマーガレット展グッズ | 中古 | バッジ・ピンズ(キャラクター) | 通販ショップの駿河屋 (2005058)

クリームシチューのイラスト | かわいいフリー素材集 いらすとや (2005073)

公開レッスンで、愛子が「キャベツのせんぎり」でも思い出して軽快に楽しく弾きましょうと指導すると、会場は騒然となる。
生徒の母親は「指にケガしたら大変だから、せんぎりどころか包丁を持たすことすらしない」と当たり前のように答えた。
愛子は「・・・・それはこまりますね。体で覚えた感覚というのはことばではいくつあっても伝えられないことがあります。ですけど、音にならじゅうぶんすぎるほど素直に伝わりますわ。皆とわかりあうためには、皆と同じ生活が必要です。ピアノの音にだけでなく、まわりの音にも耳をすましてみることがどんなに楽しいか、少しでも音楽を愛する者なら、まわりの音を音楽にかえることなんてたやすいことですわ」と言う。
そして「先生は、そんなおそろしいこと人の子には平気でおっしゃる。先生のお子さんにはそんなことさせられますか?」と非難する生徒の母親に愛子は「麻子はシチューが得意です」と自慢気に答えた。

おぼえてないかもしれないけど小さな時の麻子はね、ピアノに頭をぶつけたらじぶんの頭よりもピアノをなでたのよ。

グランドピアノのイラスト | かわいいフリー素材集 いらすとや (2005074)

「ねぇ麻子。あなた、今どんな顔してピアノを弾いていると思う?」
「コンクールのせいで頭がおかしくなっちゃったのかしら?」という愛子。
季晋に対し思いやりのない態度をとり、ただ勝つためだけにピアノに向かう麻子に心底がっかりしてしまい、そんな状態でピアノを弾いても意味がないと家中のピアノに鍵をかけてしまいます。
55 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント

あなたにおすすめ

大人の女子にとってはどれも懐かしい!女子に人気の記事・スレッド一覧

ディズニー映画「美女と野獣」のロマンチックな世界観を表現したジュエリーコレクションが登場!

ディズニー映画「美女と野獣」のロマンチックな世界観を表現したジュエリーコレクションが登場!

ディズニー映画「美女と野獣」のロマンチックな世界観を表現したジュエリーコレクションが、全国のTHE KISS 直営店 、THE KISS 公式オンラインショップほかにて発売された。
red | 335 view
【プリント倶楽部~】女の子のプリクラのあるあるを調べてみた

【プリント倶楽部~】女の子のプリクラのあるあるを調べてみた

95年に初期のプリント倶楽部が登場したのでどんなものだったのかをプリクラのあるある事情とともに振り返ってみようと思います。
ローズリー | 4,104 view
本日19時から『V6の愛なんだ2017』が放送!学校へ行こう時代の屋上から告白する名物企画も!

本日19時から『V6の愛なんだ2017』が放送!学校へ行こう時代の屋上から告白する名物企画も!

本日19時より、TBSでV6による『V6の愛なんだ2017 史上最高の夏まつり!』が放送される。前身番組だった90年代の人気番組『学校へ行こう!』時代に人気だった屋上からの告白コーナーも放送される。
「ブミ~」のブサカワ猫、ジュリアーノ!「愛してナイト」のエンディングテーマ「僕のジュリアーノ」。

「ブミ~」のブサカワ猫、ジュリアーノ!「愛してナイト」のエンディングテーマ「僕のジュリアーノ」。

大人になってからも、気が付くとつい口ずさんでいる歌ってありませんか?とくに作品の中身はまったく覚えていないアニメの主題歌。筆者の場合のそれは「僕のジュリアーノ」、アニメ「愛してナイト」のエンディングテーマでした。

関連する記事こんな記事も人気です♪

ひたすら賑やかで愉快だった少女漫画雑誌「ぴょんぴょん」て憶えてる?

ひたすら賑やかで愉快だった少女漫画雑誌「ぴょんぴょん」て憶えてる?

りぼん、なかよし、ちゃおの三大少女漫画雑誌が牛耳っていた80年代、ぴょんぴょんは一部の少女たちのハートを掴んで離しませんでした。 発行期間約5年という短い生涯でしたが、他の少女漫画雑誌とは一線を画す個性的な作品を数多く残しました。
おにいちゃん | 1,145 view
あの「ママレード・ボーイ」が20年の時を経て実写映画化!2018年公開決定!

あの「ママレード・ボーイ」が20年の時を経て実写映画化!2018年公開決定!

吉住渉の人気少女漫画「ママレード・ボーイ」が、このたび実写映画になることが決定しました。原作者も待望していた実写映画化だけに、かつてママレード・ボーイに夢中になった方は必見ですよ!
隣人速報 | 451 view
大和和紀『はいからさんが通る』の2部作アニメのタイトルが決定!原作の結末も描かれる!

大和和紀『はいからさんが通る』の2部作アニメのタイトルが決定!原作の結末も描かれる!

大和和紀による70年代の人気漫画「はいからさんが通る」。そのアニメ映画が前後編の2本製作されるが、タイトルが決定した。前編は11月11日、後編が2018年内に公開される予定だ。
23年ぶりの新刊「姫ちゃんのリボン短編集」!90年代当時のファンから感嘆のコメントが相次ぐ!

23年ぶりの新刊「姫ちゃんのリボン短編集」!90年代当時のファンから感嘆のコメントが相次ぐ!

90年代少女漫画の金字塔『姫ちゃんのリボン』の番外編を収録した『姫ちゃんのリボン 短編集』が発売。当時を知るファンから感嘆のコメントが相次いでいる。また、同作の新刊が刊行されるのは23年ぶりとなる。
少女漫画雑誌「りぼん」の"ふろく"に焦点を当てた展覧会が12月8日から京都で開催!90年代をメインに展示!

少女漫画雑誌「りぼん」の"ふろく"に焦点を当てた展覧会が12月8日から京都で開催!90年代をメインに展示!

1955年の創刊以来、少女文化をリードし続けている少女漫画雑誌『りぼん』の「ふろく」に焦点を当てた展覧会「LOVE♥りぼん♥FUROKU」展が、12月8日から2017年2月5日まで「京都国際マンガミュージアム」(京都市中京区)で開催される。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト