ノロイは昭和生まれのトラウマ!個性豊かなネズミ達の物語・ガンバの冒険
2017年3月30日 更新

ノロイは昭和生まれのトラウマ!個性豊かなネズミ達の物語・ガンバの冒険

1975年から放送され、40年たった今でも根強いファンに愛されているアニメ・ガンバの冒険。負けず嫌いのガンバや親分肌のヨイショ、ニヒルな一匹狼のイカサマなど個性豊かなキャラクターと、硬派でスリリングなストーリーに夢中になった一方、宿敵・ノロイの恐ろしさはトラウマになった人も多いのでは?

36,342 view

「ガンバの冒険」とは?

『ガンバの冒険』(ガンバのぼうけん)は、1975年4月7日から同年9月29日まで日本テレビ系で全26話が放送された、東京ムービー製作のアニメ作品。

原作ではガンバと行動を共にするのは15匹であるが、アニメでは大幅に減らされている。その分、原作での複数の役柄がまとめられている。
本作は、巨大な白イタチに立ち向かう7匹のネズミの冒険を描いたアニメ。1975年にTVアニメ化され、不朽の名作と呼ばれるほど人気が高い。TVアニメのほか、劇場版、ゲームや舞台にもなっている。

OPテーマ「ガンバのうた」

明るくて愉快なメロディーとラテン風の鮮やかなOPは、見ているだけで元気になれそうです。個人的には2回目のささやくような「島がみえるよガンバ♪」の部分が好きでした。

EDテーマ「冒険者たちのバラード」

暗くて陰惨なメロディーに絶望的な歌詞、そしてラストで登場する巨大なノロイの姿が恐ろしすぎます。小さい頃この画面を見た多くの子供達にトラウマを与えたことで有名なED。

「ガンバの冒険」のあらすじ

 (1516705)

舞台は昭和の東京にある下町。都会育ちのネズミ・ガンバと親友のボーボは、まだ見たことのない海を一目見ようと10日かけてドブ川を下り、港へやってきました。そこで風来坊の医者ネズミ・シジンと出会い「港というものは海にあるもんだ」と教わり、ついに海にたどり着いたと大喜びのガンバ。ちょうどその時港の倉庫内では港ネズミと船乗りネズミの大パーティーが行なわれており、ガンバは力自慢のヨイショと出会って力比べをしていました。

そんな中、血まみれになった島ネズミ・忠太が助けを求めて倒れこんできました。忠太の島は大きな白イタチ・ノロイに滅ぼされかけていると聞き、倉庫のネズミたちは怖気づいてしまいます。ノロイの恐ろしさを知らないガンバは皆の反対を押し切って島ネズミを助けるために忠太と2人で船に乗り込みます。

船のエンジン音で飛び起きたガンバの元にはヨイショとその親友のガクシャ、酔いどれ詩人のシジン、ボーボが現れ、さらに船に乗り合わせていたばくち打ちのイカサマも加わって、ガンバたち7匹の長い冒険は幕を開けたのでした。
 (1516841)

「ガンバの冒険」は子供向けアニメにも関わらず、生々しい流血シーンや強者の言いなりになって維持される平和は、果たしてそれが本当に平和と言えるのか?といった問いかけが描かれたハードボイルドな内容です。
さらにネズミの視点でストーリーが展開されるので人間やさらに犬・ネコまで巨大な脅威的な存在として描かれているのが他のアニメとは違って面白いところです。

キャラクター紹介

ガンバ

ガンバ

この物語の主人公。自称「がんばり屋のガンバ」。
好奇心旺盛で正義感の強い街ネズミ。
怖い物知らずで勇敢だが、世間知らずで無鉄砲な一面があるためメンバーと衝突してしまうことも。
ボーボ

ボーボ

ガンバの親友で、ガンバとは正反対のおっとりした性格の街ネズミ。
食いしん坊で、食べ物の匂いに敏感なため異常に鼻が利く。料理と穴掘りの名人で、臆病者だが仲間のためには命をかけて戦う。
ヨイショ

ヨイショ

腕っぷしなら誰にも負けない熱血漢な船乗りネズミの船長。ノロイにやられて右目に傷を負っているため最初はノロイに挑むことを拒んでいたが、ガンバの心意気に胸を打たれて恋人や子分を置いて旅に出る。
親分肌で情に厚く、、海の知識も豊富な頼れる存在。
ガクシャ

ガクシャ

ヨイショの幼馴染で、眼鏡をかけた頭脳明晰なネズミ。
理論を優先する参謀タイプのため、直情型のガンバとはたびたび衝突することも。
プライドが高く、自分の短いしっぽにコンプレックスを持っている。
イカサマ

イカサマ

常に2つのサイコロを持ち歩いている一匹狼。元は故郷の港町のネズミだったが、イカサマがばれて追い出されていたはぐれ者だった。足が速くて占いも得意。
普段は減らず口ばかりたたいているが、ここぞというときには仲間のために活躍する。
シジン

シジン

港に着いたガンバ達が最初に出会った医者ネズミ。
自称「専門は医者で本職は詩人」。
落花生のカラをひょうたん代わりにして、いつも酒を飲みながら詩を詠んでいる。普段は飄々としているが聴力に優れており、仲間の危機を察知することも。
忠太

忠太

故郷がノロイ一族に滅ぼされかけているため助けを求めてガンバ達の元へやってきた島ネズミ。故郷の夢見が島はノロイ島と呼ばれるようになって恐れられているが、忠太はノロイ島の地図をいつも背負っている。泣き虫で体格も小柄だが、使命感が強く心優しい性格。
ノロイ

ノロイ

雪のように輝く白い毛並みと赤い目を持つ、巨大な大イタチ。残忍で獰猛な性格で、ネズミを薄汚い存在と見なし徹底的に殲滅させようとする。圧倒的なカリスマ性と知力、さらに催眠術を駆使して行く先々でネズミを殺し、「白い悪魔」と呼ばれて恐れられている。

「ガンバの冒険」こぼれ話

43 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

大和和紀『はいからさんが通る』の2部作アニメのタイトルが決定!原作の結末も描かれる!

大和和紀『はいからさんが通る』の2部作アニメのタイトルが決定!原作の結末も描かれる!

大和和紀による70年代の人気漫画「はいからさんが通る」。そのアニメ映画が前後編の2本製作されるが、タイトルが決定した。前編は11月11日、後編が2018年内に公開される予定だ。
『ベルばら』大相撲とコラボレーション!オスカルの懸賞幕が土俵を回る!!

『ベルばら』大相撲とコラボレーション!オスカルの懸賞幕が土俵を回る!!

1970年代から人気を集めている少女マンガ『ベルサイユのばら』の最新13巻が1月25日に発売することを記念して、22日まで大相撲一月場所にオスカルの懸賞幕が毎日登場する。
red | 1,045 view
【ベルばら】オスカルとアンドレの“幻の結婚生活”を表現したティーカップセット

【ベルばら】オスカルとアンドレの“幻の結婚生活”を表現したティーカップセット

男装の麗人・オスカルと幼馴染にして彼女の従卒であるアンドレの“叶わなかった結婚生活”を表現したティーカップ&ソーサーセットが登場。2017年に45周年を迎える漫画『ベルサイユのばら』と高級陶磁器メーカー『ノリタケ』のコラボで実現した。
ribbon | 1,869 view
ドラえもんの声が大山のぶ代じゃない!1973年に放送された幻の「日テレ版ドラえもん」!!

ドラえもんの声が大山のぶ代じゃない!1973年に放送された幻の「日テレ版ドラえもん」!!

国民的アニメとして現在も絶賛放送中である「ドラえもん」。放送局はテレビ朝日という印象が強いかと思います。しかしテレビ朝日で放送が開始された1979年以前に、日本テレビでもドラえもんが放送されていたのをご存知でしょうか?
懐かしい特撮・アニメ・漫画の傑作エピソードvol.11(想定外の衝撃的な展開・みんなのトラウマ)

懐かしい特撮・アニメ・漫画の傑作エピソードvol.11(想定外の衝撃的な展開・みんなのトラウマ)

懐かしい1970年代と80年代の昭和のアニメと特撮ドラマを中心に衝撃的な傑作エピソードやホラータッチな特撮トラウマ作品を振り返ってみましょう。いずれの作品も色々な意味で衝撃的かつトンデモない面白いネタが勢ぞろいです。
トントン | 65,508 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト