DJの必須アイテム ターンテーブル【Technics SL-1200】シリーズ
2015年11月19日 更新

DJの必須アイテム ターンテーブル【Technics SL-1200】シリーズ

1台5万円〜10万円ほどしたTechnicsのターンテーブル、大きなデザインの変更をしないで35年以上売っていて、世界で350万台以上売れた機種です。今は売っていないようですが、最終機種のSL-1200 MK6が中古市場でも高額のようですね。2015年冬に、復活するという話ですが、今のところ詳細情報が出ていないようです。

8,092 view

ターンテーブルの定番機種

Technics SL-1200

Technics SL-1200

パイオニアやVestaxからもターンテーブルの機材は出てきましたが、Technics SL-1200が大人気でしたね。
クラブやディスコで

クラブやディスコで

クラブやディスコに行ってDJブースに行くと、ほぼ置いてあるのはTechnics SL-1200シリーズでしたね。
発売はSL-1200としては1972年

発売はSL-1200としては1972年

そして2007年までにMK6まで発売されました。ちなみに、2010年にTechnics SL-1200Mk6が販売終了

有名DJも愛用

DJ KOO

DJ KOO

TRFのDJ KOOさんも愛用されていたようです。
KOOさんのターンテーブルには、「PRODUCT LIMITED No.0036」とナンバリングされてました。
「電気グルーヴ」の石野卓球

「電気グルーヴ」の石野卓球

テクノでも、もちろん!

歴史を振り返る

初代SL-1200 1972年発売

初代SL-1200 1972年発売

¥59,800(1972年発売)
¥65,800(1974年頃)
基本的なデザインはあまり変わらないですね。
SL-1200(SLのSはステレオ事業部、Lはプレーヤーを意味している)が最初に登場したのは1972年である。以降シリーズはMk6までリリースされている。1970年代の同社ダイレクトドライブレコードプレーヤは「SL-1XXX」という型式名で商品展開をしており(各型式名は機能により規則性があった)、当初のSL-1200はその商品群の中のひとつであった。
SL-1200 Mk2 1979年発売

SL-1200 Mk2 1979年発売

¥75,000(1981年頃)
クオーツシンセサイザ搭載、ピッチコントローラがスライド式に変更。
初代はクオーツシンセサイザがまだ搭載されておらず、時間が経つと回転速度のブレが生じるため、ピッチコントローラが搭載されたのはその回転速度を調節するのが目的だった。その後開発者たちが初代モデルを使っているDJ達を目撃し、大きな指で小さなつまみを操作していた様子から「スライドさせたほうが、よりダイナミックなプレイができるのではないか」として、Mk2からスライダータイプに変更された。また初代はインシュレーターも非搭載だったためハウリングが起きやすかったが、Mk2からインシュレーターに加えて筐体内部にもゴムを入れることで、下からの振動を極力ピックアップに伝えないようにした。
ピッチコントローラー

ピッチコントローラー

こいつで、DJは音楽は繋いでいた
SL-1200 Mk3 1989年発売

SL-1200 Mk3 1989年発売

¥69,800
ロングセラー機で、色が黒
SL-1200LTDモデル 1995年限定5000台発売

SL-1200LTDモデル 1995年限定5000台発売

¥100,000
漆黒&24金メッキ仕様。ピッチを瞬時に±0%に戻せるリセットスイッチを装備。ピュアオーディオ用途も考慮されている。「Technics」ロゴステッカー付属。
SL-1200 Mk3D 1998年9月発売

SL-1200 Mk3D 1998年9月発売

¥オープン価格 (5万円前後)
Mk3のDJ向けシルバーモデル。リセットスイッチ装備。DJの操作性を高めるため、本機のみダストカバーにヒンジ(蝶番)が無い。
SL-1200 MK4 1998年12月発売

SL-1200 MK4 1998年12月発売

¥85,000
メカニズムの回転方式にはDD(ダイレクトドライブ)方式を採用しており、モーター回転部はターンテーブルと一体化し、固定部はキャビネットと一体にした独自構造のDDモーターを採用
SL-1200 MK5 2002年発売

SL-1200 MK5 2002年発売

¥オープン価格(50,000前後)
正確な回転数を全周で検出することで、高い回転精度を獲得
SL-1200 MK5G 2002年発売

SL-1200 MK5G 2002年発売

¥オープン価格(70,000前後)
SL-1200MK5Gでは、従来の±8%に加えて±16%の連続可変ピッチ調整
27 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

DJ BLUEによる「青春J-POPイベント」が爆誕!!

DJ BLUEによる「青春J-POPイベント」が爆誕!!

人生の宝物を堀り起こす魔法の音楽、それが青春J-POP。誰もが青春時代に聴いていた音楽で紡ぐDJイベントは、思わず青春時代の自分にタイムスリップしちゃうこと間違いナシ!イオンモールレイクタウン(10/6・埼玉)、大江戸温泉(10/27・東京)で行われる青春J-POPイベントへ足を運んでみてください!
もう一度レコードが聴きたい!【レコードプレイヤー】が近年売れています。

もう一度レコードが聴きたい!【レコードプレイヤー】が近年売れています。

近年レコードプレイヤーが売れまくっているのはご存知ですか?お手軽な値段なレコードプレイヤー、USB接続で音源をデジタル化でききるレコードプレイヤー、本格的に音源にこだわったレコードプレイヤーまでおすすめのレコードプレイヤーをご紹介。
M.E. | 2,013 view
DJ KOO(from TRF)、最新アルバムを引っさげ全国主要都市ツアー開催!レイザーラモンRGとの共演決定!

DJ KOO(from TRF)、最新アルバムを引っさげ全国主要都市ツアー開催!レイザーラモンRGとの共演決定!

多方面の活躍で絶大な人気を誇る「DJ KOO」の初となるダンスミックスCD「DJ KOO CLUB MIX -PARTY HITS MEGAMIX-」の全国主要都市リリースツアーがスタート!渋谷SOUND MUSEUM VISIONではレイザーラモンRGとの競演が決定!!!
TKファミリーが集結したイベント後に、DJ KOOが師匠・小室哲哉へのリスペクトをブログで語り、話題に!

TKファミリーが集結したイベント後に、DJ KOOが師匠・小室哲哉へのリスペクトをブログで語り、話題に!

TRFのリーダーであり、小室哲哉と共に90年代の日本の音楽シーンを盛り上げたDJ KOO。その彼がTKファミリーが大集合したDJ イベント『MARUGAME GROOVE'16』についてブログで報告。師匠・小室哲哉への尊敬と感謝が溢れた内容として話題だ。
ニッポン放送のDJとして活動したアイドルユニット『ラジオっ娘』3人の今!

ニッポン放送のDJとして活動したアイドルユニット『ラジオっ娘』3人の今!

1981年の終わり頃、ニッポン放送のDJとして活動したアイドルユニット『ラジオっ娘』を覚えていますか?彼女たちの活動はラジオだけでなく、グラビアやソロで女優としても活躍されていました。いつの間にか解散した、3人のメンバーの現在までを追ってみたいと思います。
ガチャまま | 1,194 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト