orange pekoe(オレンジ・ペコー)とは違う4人組!ぎんざNOWなどで活躍していた「オレンジ・ペコ」!
2018年4月6日 更新

orange pekoe(オレンジ・ペコー)とは違う4人組!ぎんざNOWなどで活躍していた「オレンジ・ペコ」!

1970年代前半、CSN&Y、ガロといったフォークロック系のグループが流行したことがありました。そんな中、「オレンジ・ペコ」という4人組がいたのを覚えていますでしょうか?

462 view

70年代に活躍した「オレンジ・ペコ」って知ってますか?

1970年代前半、CSN&Y、ガロといったフォークロック系のグループが流行したことがありました。そんな中、「オレンジ・ペコ」という4人組がいたのを覚えていますでしょうか?なお、2002年にデビューしたorange pekoe(オレンジ・ペコー)ではありませんのであしからず!
LP/オレンジペコー Orange Pekoe/やわらかな夜 y... - ヤフオク! (1992598)

カンバラクニエのジャケットで有名な「オレンジペコー」ではありません!

あの「ARB」のドラマーが所属!

今回ご紹介するオレンジ・ペコですが、日本を代表するロックバンドのひとつ「ARB」のドラマー・キースが所属していたことで有名です。当時はキース戸部を名乗っており、船橋たかき(vo,g)、原田ひろき(g,vo)、丸山コージ(b,vo)、キース戸部(ds) というメンバー構成でした。

「君の想い出」でデビュー!

1973年、オレンジ・ペコは「君の想い出」でデビューしました。キースがドラムをやっているんだからさぞかし硬派なロックを展開していると思いきや、歌謡曲に寄せたキャッチーなメロディーと西海岸系コーラスが光るポップな仕上がりに。そしてこの爽やかなジャケット!
EP オレンジ・ペコ / 君の想い出 (キング BS-1774) - ヤフオク! (1992582)

君の想い出 / オレンジ・ペコ

2ndシングルも歌謡曲寄りのロックチューンに!

当時の彼らはTBS系のバラエティ「ぎんざNOW!」に時々出演しており、アイドル的な人気もあって追っかけをやっていた女の子も結構いたそうです。そんな背景からか、セカンドシングル「その手を離さないで」もロック色は強めではあるものの、メロディ自体は歌謡フォーク系に仕上がっています。

その手を離さないで(オレンジペコ)

 (1992586)

1974年に発表されたオレンジ・ペコ唯一のアルバム「Homemade」。こちらに収録されています。ちなみにこのアルバム、いまだにCD化されていません(2018年4月5日現在)。求むCD化!

3rdシングルで音楽性が変わります。

前出のシングル及びアルバムの売れ行きが芳しくなかったためか、3rdシングルは完全なフォークソングになります。それが1974年に発表されたカントリー調の「姉さん」で、その歌詞は「姉が結婚し家を出ていく」という内容。当時かぐや姫の「妹」が流行していましたので、その二匹目のどじょうを狙ったのかもしれません?
 (1992587)

姉さん / オレンジ・ペコ

解散後の彼らは?

上述の「姉さん」で路線変更を行った彼らですが、結局人気が上昇することはなく「オレンジ・ペコ」は人知れず解散することとなりました。解散後の彼らですが、メンバーの原田と船橋は「パル」に参加し、日本テレビ系のドラマ「ちょっとマイウェイ」の主題歌「夜明けのマイウェイ」をヒットさせています。
 (1994429)

28 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

オフコースと言えば何人組を思い浮かべますか?初期の「3人時代のオフコース」の魅力!!

オフコースと言えば何人組を思い浮かべますか?初期の「3人時代のオフコース」の魅力!!

「さよなら」「言葉にできない」「愛を止めないで」などのヒット曲で有名なオフコース。ミドルエッジ世代の皆さんが彼らを思い出すとき、「5人編成」もしくは「4人編成」の姿を思い浮かべると思いますが、実はデビュー時は3人編成でした。
さだまさしが所属していたフォークデュオ・グレープの相方「吉田正美」とは?

さだまさしが所属していたフォークデュオ・グレープの相方「吉田正美」とは?

「精霊流し」「無縁坂」といったヒット曲を生み出したフォークデュオ・グレープ。そこでさだまさしの相方であった「吉田正美」を皆さんご存知でしょうか?この記事では、さだまさしの陰に隠れがちな「吉田正美」にスポットを当ててみたいと思います。
松山千春が“北海道命名150年記念”のミニアルバムで放送禁止歌「網走番外地」を披露!!

松山千春が“北海道命名150年記念”のミニアルバムで放送禁止歌「網走番外地」を披露!!

1869年、松浦武四郎により北の大地が「北海道」と命名されてから今年で150年目を迎えます。それを記念し、北海道を代表するフォークシンガー・松山千春が、記念アルバム「北のうたたち」を発売することが明らかとなりました。
隣人速報 | 409 view
音楽配信サイト"AWA"でミドルエッジがお届けする「昭和J-popに酔いしれる!!」をご紹介!

音楽配信サイト"AWA"でミドルエッジがお届けする「昭和J-popに酔いしれる!!」をご紹介!

音楽配信サイト"AWA"で公式プレイリスターとして情報提供しているミドルエッジがお届けする「‘70 ‘80 ‘90 Best」シリーズ!今回はその集大成と言える「昭和J-popに酔いしれる!!」に収録した84曲の一部をライナーノーツ的に紹介します。曲のチョイスは「何故この曲?」なんて堅いことは言いっこなし(笑、有線さながらのバックミュージックに使えて、そして懐かしむミドルエッジの王道を是非ご堪能ください。
Your&My | 12,431 view
あみん、アラジン、TOM★CAT…一発屋が「一発当てた直後に出したシングル」(80年代編)

あみん、アラジン、TOM★CAT…一発屋が「一発当てた直後に出したシングル」(80年代編)

日本の音楽史を語る際に外せない存在である「一発屋」。一発屋というとその代表曲ばかりが注目されますが、代表曲の「その次に発表したシングル」を皆さんご存知でしょうか?この記事では、あまりスポットライトの当たらない「一発屋が一発当てた直後に出したシングル」のうち、80年代に発表された曲について書いてみたいと思います。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト