翔んだカップル、セーラー服と機関銃、台風クラブ…映画監督・相米慎二のイベント『没後20年 作家主義 相米慎二』が開催!
2021年1月13日 更新

翔んだカップル、セーラー服と機関銃、台風クラブ…映画監督・相米慎二のイベント『没後20年 作家主義 相米慎二』が開催!

映画監督・相米慎二の死去から20年。このたび、ミニシアター×オンラインシネマイベント「没後20年 作家主義 相米慎二〜アジアが見た、その映像世界」の開催が決定しました。開催日程は2021年2月6日~19日、東京・渋谷「ユーロスペース」にて行われる予定となっています。

224 view

映画監督・相米慎二の死去から20年。イベント「没後20年 作家主義 相米慎二」が開催!

映画監督・相米慎二の死去から20年。このたび、ミニシアター×オンラインシネマイベント「没後20年 作家主義 相米慎二〜アジアが見た、その映像世界」の開催が決定しました。開催日程は2021年2月6日~19日、東京・渋谷「ユーロスペース」にて行われる予定となっています。
 (2252742)

イントロダクション

2001年9月11日、アメリカ同時多発テロが発生。その2日前、9月9日、映画監督・相米慎二が逝った。あれから20年――。

その世界的な評価は遅れていると言われていたが、2012年にナント映画祭(フランス)、エディンバラ映画祭(イギリス)、パリシネマテーク(フランス)、2015年にはフランクフルト映画祭(ドイツ)などで、次々とレトロスペクティブが行われた。

2005年、全州(キョンジュ)映画祭(韓国)で行われた回顧上映で衝撃が流れた。そして、2021年、アジアでの再評価の波が来る。韓国映画「はちどり」は、本国はもちろん日本でも異例のヒットを記録。数年前には、台湾のエドワード・ヤン「牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件」のリバイバルが大成功を収めた。デジタルの時代、コロナ禍の時代、新たな映画の方法が求められている。アジア映画がもつ、荒々しさ、凶暴性。それを考えたとき、作家・相米慎二という名前が浮かぶ。アジアの作家、評論家がいま、相米慎二を改めて発見しようとしている。今回の特集上映は作家・相米慎二とアジアを結ぶ端緒となる試み。

期間中には、台湾のホアン・シー監督などアジアの監督らとのオンライントークを実施。もちろん、俳優の佐藤浩市、永瀬正敏をはじめ、相米映画を知る日本の関係者のオンライントークも予定している。

いま、日本に相米慎二のような作家は存在しているのだろうか。その、荒々しさ。その、深さ。その、美しさ。その、真実。

「作家主義 相米慎二」

80年代を生きた獰猛さ。アイドル映画という枠組みを超え、その過剰なまでの演出を突き詰めた。90年代を生きた繊細さ。ミュージカル的な世界観の導入。自己の集大成と、新たなる変化への挑戦。そして、2001年(21世紀)に結果として残した、たった一本の別れの挨拶。

デビュー作「翔んだカップル」から遺作「風花」までの全監督作品13作。さらに共同プロデュースを務めた「空がこんなに青いわけがない」を上映。

いま、作家・相米慎二が、ここにいる。

プロモーションビデオが公開中!

没後20年「作家主義 相米慎二」

上映作品

全監督13作品+1本(共同プロデュース作品)完全上映

翔んだカップル (1980年)
セーラー服と機関銃 (1981年)
ションベン・ライダー (1983年)
 (2252761)

魚影の群れ (1983年) 
ラブホテル (1985年) 
台風クラブ (1985年)
 (2252762)

雪の断章 ―情熱― (1985年) 
光る女 (1987年) 
東京上空いらっしゃいませ (1990年) 
お引越し (1993年) 
 (2252763)

夏の庭 The Friends (1994年) 
あ、春 (1998年) 
風花 (2001年) 
空がこんなに青いわけがない (1993年)共同プロデュース作品
 (2252764)

企画概要

ミニシアター×オンラインシネマイベント
「没後20年 作家主義 相米慎二 〜アジアが見た、その映像世界」

日程:2021年2月6日(土)~2月19日(金)
企画・主催:A PEOPLE CINEMA
会場・運営:ユーロスペース 
特別協力:ムスタッシュ 中央映画貿易
⽂化庁委託事業「⽂化芸術収益⼒強化事業」

※作品ごとの上映スケジュール、イベントの詳細、そして、前売券、回数券の発売情報は、公式サイト(ホームページ)にて随時、発表していきます。
※コロナ禍など社会状況により、やむを得ず番組編成が中止、変更になる場合があります。予めご理解いただきますようお願い申し上げます。A PEOPLE CINEMA

公式サイト

24 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

日本元気プロジェクト2020 スーパーエネルギー‼ 山本寛斎の思いが詰まったオンラインイベントの詳細をレポート!

日本元気プロジェクト2020 スーパーエネルギー‼ 山本寛斎の思いが詰まったオンラインイベントの詳細をレポート!

7月21日に享年76歳でこの世を去ったデザイナー・プロデューサーの山本寛斎が手掛けた「日本元気プロジェクト2020 スーパーエネルギー‼」が7月31日20時よりオンラインイベントとして開催されました。病床から最後まで指揮をとり続けた寛斎の思いがたくさん詰まったイベントの詳細をレポートします!
『セーラー服と機関銃』は、じつは薬師丸ひろ子の初主演映画ではないのです。相米慎二初監督作品の『翔んだカップル』が初主演なんです!

『セーラー服と機関銃』は、じつは薬師丸ひろ子の初主演映画ではないのです。相米慎二初監督作品の『翔んだカップル』が初主演なんです!

「あまちゃん」放送終盤での歌声に、オールドファンは涙し、彼女を知らない視聴者は鳥肌が立ったにちがいない。薬師丸ひろ子は、そのデビューからこれまで、いつも私たちにさまざまな驚きを提供してくれる。女優としても歌手としても、とにかく特別な存在だ。そんな薬師丸ひろ子の足跡と、じつは!?の初主演映画を紹介!
東龍太郎 | 5,244 view
Wikipedia(ウィキペディア)が20周年記念イベントを開催!ミドル世代が読んでおきたい「やたら情報量が多い秀逸記事」とは?

Wikipedia(ウィキペディア)が20周年記念イベントを開催!ミドル世代が読んでおきたい「やたら情報量が多い秀逸記事」とは?

Wikipedia 20 JAPAN実行委員会は、インターネットフリー百科事典「Wikipedia(ウィキペディア)」が今年で20周年を迎えたのを記念し、「ウィキペディア20年イベント」の開催を決定しました。
隣人速報 | 212 view
BOØWY、美空ひばり、マイク・タイソン…東京ドームが「ビッグエッグ」と呼ばれていた頃の印象的な興行!!

BOØWY、美空ひばり、マイク・タイソン…東京ドームが「ビッグエッグ」と呼ばれていた頃の印象的な興行!!

1988年、後楽園球場の代替施設として後楽園競輪場の跡地にオープンした東京ドーム。かつては「ビッグエッグ」とも呼ばれていました。この記事では、東京ドームがビッグエッグと呼ばれていた時代に行われた印象的な興行を振り返ってみましょう。
ジブリの原点を振り返る展覧会『アニメージュとジブリ展~鈴木敏夫の仕事~』が開催決定!!

ジブリの原点を振り返る展覧会『アニメージュとジブリ展~鈴木敏夫の仕事~』が開催決定!!

2021年4月より、スタジオジブリのプロデューサー・鈴木敏夫の、 “編集者”としての「もう一つの仕事」に焦点をあて、スタジオジブリの原点を振り返る展覧会『「アニメージュとジブリ展 ~鈴木敏夫の仕事~」それは、一冊の雑誌から始まった』が開催されます。
隣人速報 | 362 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト