最終回がひどかったジャンプ作品(理不尽な打ち切りや迷走した作品など)
2017年1月20日 更新

最終回がひどかったジャンプ作品(理不尽な打ち切りや迷走した作品など)

数々の名作を生み出している週刊少年ジャンプ。話しのつじつまが合う形で最終回を迎えた作品がほとんどですが、中には無茶苦茶な終わり方や、理不尽な打ち切りなどで終わりを迎えた作品もあります。ジャンプ作品で最終回がひどかった作品を振り返ってみましょう。

869,518 view

【奇面組】記念すべきアニメ第1話

最終回の「夢オチ」騒動

1987年7月6日発売の『週刊少年ジャンプ』30号掲載分「さらば奇面組の巻」をもって、『3年奇面組』以来7年近く続いた『ハイスクール!奇面組』の連載は終了した。

この最終回のラストシーンは、社会人になった唯が出勤途中で偶然(?)通りかかった零の自転車に乗せてもらっているところで、いつの間にか一応中時代に戻っていた、というものであった。

そして唯の「『奇面組』は自分の空想だったのかもしれないが、彼らはきっといると信じたい」という旨のモノローグが添えられつつ、千絵と校舎の廊下を歩いているカットでストーリーが終わっているため、連載終了後に読者から「夢オチはひどい」「今までの話をなかったことにするのか」などといった抗議が多く寄せられることとなった。

これに対し、新沢はのちに雑誌インタビューにて「正直、(あの最終回を)夢オチと言われるのは心外」と語っている。

また新沢は『帰ってきたハイスクール!奇面組』において、「最後は(空想なのか、正夢なのか)どっちとも取れるように描いたつもりだったが、悪いふうにしか取られなかった。

愛蔵版の単行本では、描かないとわかりにくいかなと思って走ってくる零くんの影を描き足した」とも語っており、平成になってから発売された愛蔵版および文庫版の最終回では、ラストのコマに『3年奇面組』第1話の冒頭と同様にトンカツをくわえて廊下を駆けてくる一堂零のシルエットが加筆されている。
平成になってから発売された愛蔵版および文庫版の最終回で...

平成になってから発売された愛蔵版および文庫版の最終回では、ラストのコマに『3年奇面組』第1話の冒頭と同様にトンカツをくわえて廊下を駆けてくる一堂零のシルエットが加筆されている。

『シャーマンキング』 不本意な未完での打ち切り。

オイラたちの戦いはここからだ。明日勝つために寝るぞ!

オイラたちの戦いはここからだ。明日勝つために寝るぞ!

『シャーマンキング』は、霊能力者(シャーマン)の少年・麻倉葉が、シャーマンの頂点を決める戦い「シャーマンファイト」に参加し、全知全能の力を持つシャーマンキングとなるための戦いを描く物語。

連載末期には『週刊少年ジャンプ』のアンケート順位が最下位近くで低迷を続けた末に打ち切りという形で終わりを迎えた。ジャンプコミックス最終巻のラストシーンにはみかんが描かれているが、これはストーリーの未完を意味する武井のシャレである。
葉たちが「寝るぞー」と布団に入り、まん太は「プリンセス...

葉たちが「寝るぞー」と布団に入り、まん太は「プリンセス・ハオ」の夢を見て終わります。

連載末期には『週刊少年ジャンプ』のアンケート順位が最下位近くで低迷を続けた末、打ち切りという形で連載終了となった。

ジャンプコミックス最終巻のラストシーンにはみかんが描かれているが、これはストーリーの未完を意味する武井のシャレである。

連載終了直後にラジオ番組『林原めぐみのTokyo Boogie Night』において、武井からの手書きの手紙が読まれ、連載終了が不本意であったことが伝えられた。

『チャゲチャ』 連載開始からなんと8週で打ち切られたギャグ漫画。ジャンプ史上最速打ち切りと言われる。まさに伝説。

チャゲチャ 連載開始からなんと8週で打ち切られたギャグ...

チャゲチャ 連載開始からなんと8週で打ち切られたギャグ漫画。ジャンプ史上最速打ち切りと言われる。

不良たちの荒唐無稽な戦いを描くギャグ漫画で、澤井にとっては代表作『ボボボーボ・ボーボボ』に続き2度目の『ジャンプ』連載となった。本作品のジャンルは「よい子の低学年向けヤンキー漫画」としている。連載話数の単位は「不良(ヤンキー)」で、最終話は「8」をもじって「不良∞エクストリーム」と表記されている。

舞台は暮東京(グレとうきょう)。時代はまさにヤンキーにスポットライトが当たる激ヤンキー時代が到来していた。不良たちはヤン気ーというオーラをまとっており、その強弱や種類で実力が判別できる。また、ヤン必殺技という技を扱える不良も存在する。
本作品の8週での連載終了は(短期集中連載など、元から早...

本作品の8週での連載終了は(短期集中連載など、元から早期終了予定だった連載作品を除けば)『週刊少年ジャンプ』史上最短の短期連載。

『ロケットでつきぬけろ!』 連載がわずか10週でロケットのように突きぬけて打ち切られてしまった。

『ロケットでつきぬけろ!』(2000年) 連載がわずか...

『ロケットでつきぬけろ!』(2000年) 連載がわずか10週でロケットのように突きぬけて打ち切られてしまった。

単行本「ロケットでつきぬけろ!」
この本はロックだ。
そしてこの本を手にした
君たちもロックだ。
カートレース漫画。主人公春田倫雄(はるたみちお)がプロのレーサーを目指す物語。

しかし、連載がロケットのように突きぬけて打ち切られてしまった。

打ち切り漫画を「突き抜ける」と表現するのはここから来ている。
最終話の巻末コメント「【44号】痛みを知らない子供が嫌...

最終話の巻末コメント「【44号】痛みを知らない子供が嫌い。心をなくした大人が嫌い。優しい漫画が好き。バイバイ」

『ロケットでつきぬけろ!』は奇想天外なストーリーと共に...

『ロケットでつきぬけろ!』は奇想天外なストーリーと共にユニークな雑誌巻末コメントによって注目を集めた。

【34号】WJをご覧の方初めましてキユです。今号から僕の新連載が始まりました。それではどうぞ。キユで「ロケットでつきぬけろ!」

【35号】ここで次週予告!!来週はハルタのお母さん登場!!マザー・オブ・ラブでつきぬけろ!

【36・37合併号】次週予告!!いよいよ赤城がベールを脱ぐ!!赤城の目的は!?ヒステリックにつきぬけろ!

【38号】Hide記念館完成。楽曲だけに留まらず他面にまで行き渡ったあの人のロック。いいんですよ武井先生

【39号】夏の夕方って好き。あのジメジメした感じが妙にエロチックだと思いません?冨樫先生

【40号】ルーベンスの初優勝。大人になって人前であれだけ泣けるなんて感動でしたね荒木先生

【41号】モラル欠如者。あの子ら多分携帯持ち始めて使いたくて仕方ないんでしょうね尾田先生

【42号】だってプーさんですよ?ちゃんじゃなくてさん。寅さん並の慕われ方ですよね樋口先生

【43号】毎回この欄はボツを食う。けどそれは自分が大人でありコドモであるとゆう事の誇りだ
2002年に『週刊少年ジャンプ』で「NUMBER10」...

2002年に『週刊少年ジャンプ』で「NUMBER10」の連載を開始するが、再び10週で連載が終了。

前作同様あっという間に突き抜けてしまった・・・
2002年に『週刊少年ジャンプ』で「NUMBER10」の連載を開始するが、再び10週で連載が終了。

『タカヤ -閃武学園激闘伝-』 ラブコメ風味→学園バトル漫画→異世界ファンタジーバトル漫画へと謎の変遷を遂げ、迷走の末に終了。

『タカヤ -閃武学園激闘伝-』

『タカヤ -閃武学園激闘伝-』

『タカヤ -閃武学園激闘伝-』(タカヤ せんぶがくえんげきとうでん)は、週刊少年ジャンプ2005年25号から2006年26号まで連載した坂本裕次郎作の少年漫画作品。

中学浪人が決定した火叢タカヤ。あくる日の朝、両親から追い討ちを掛けるかのように父親の会社が倒産したと告げられる。しかし、お隣の日本屈指の大金持ち白川家から100億円の寄付をポンと貰っていた。100億円の交換条件として提示されたのはタカヤを白川家が経営する私立閃武学園へ強制入学させることであった。親はタカヤの許可も得ず快諾、お隣の白川翔、渚兄妹に無理矢理連れられ、閃武学園に仮入学することになった。

閃武学園、そこは力の強い者が生き残り、弱い者は淘汰されていく学校。どんな能力でも実力があれば力として認められる学園に入学することとなったタカヤの運命はいかに。
第1回金未来杯グランプリ作品として、読みきり編をなぞるような形で物語はスタートした。
金未来杯にて本作のプロトタイプとなる「タカヤ-おとなりさんパニック!!-」が掲載され、「あててんのよ」という名台詞のおかげもあって、見事グランプリを獲得、瞬く間に連載へとこぎつけた。

その後、「タカヤ -閃武学園激闘伝-」という名で連載を開始。しかし、ラブコメ風味だった読切時と違って、主人公がニヤニヤしながら殴り合うバトル漫画へとシフト。

更には終盤になると、タイトルを「タカヤ-夜明けの炎刃王-」と改題し、突如学園バトル漫画から異世界ファンタジーバトル漫画へと謎の変遷を遂げ、読者を混乱に陥れた。

その後は迷走の末、最後は主人公とヒロインが火見開きで必殺技を放ちながら「よっしゃあああツッ!THE ENDォォ!!」というよくわからない感じで幕を閉じた。
68 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • 2019/11/29 04:56

    後からいくら作者が言い訳をしようとも、雑誌掲載時の最終回でループだということが伝わっていなかった時点で、奇面組は読者にとって「夢オチ漫画」だったんですよね。
    何年も追い続けた漫画がくだらない夢オチだったなんてファンはどれほど落胆したことでしょうか。

    それにしてもこんなに見苦しく言い訳をしている作者を他に知りません。
    何度も何度も言い訳しないと正しく理解されないというのはやはり描写に問題があるからなのでしょう。
    作者なら作品で語って欲しいものです。

    れい 2019/11/6 00:02

    奇面組は無限ループエンド

    2019/10/24 10:45

    奇面組はこれから一話からの流れが始まるにせよ、これまでの物語が全て夢だったという夢オチである事は確かなんだよね。

    新米パパ 2019/9/23 21:40

     若い方はご存知ないでしょうが、ジャンプ史上最大の打ち切りショックは、『聖闘士星矢』ですね。
     あれだけジャンプ本誌とコミックの売り上げに貢献したのに、何の告知も無く、最後はハーデスの間へ走る星矢のカットで打ち切りでした。
     打ち切り号の発売日翌日は、学校中の男子が騒然となりました。

    2019/8/18 05:56

    奇面組は夢落ちじゃなくて三年奇面組第一話につながるように描いた
    って、作者が最終回に触れられるたびに言ってんだけどね

    すべてのコメントを見る (9)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

90年代前半のりぼん作品が集結!少女誌・りぼんの展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が開催決定!!

90年代前半のりぼん作品が集結!少女誌・りぼんの展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が開催決定!!

集英社が発行する日本を代表する少女漫画誌「りぼん」の展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が、東京・新宿高島屋及び京都高島屋などで開催されることが決定しました。
隣人速報 | 1,670 view
講談社「なかよし」がついに創刊65周年!『リボンの騎士』『セーラームーン』などの貴重原画が展示される原画展が開催!!

講談社「なかよし」がついに創刊65周年!『リボンの騎士』『セーラームーン』などの貴重原画が展示される原画展が開催!!

1954年の創刊以来、女の子に愛されてきた漫画雑誌「なかよし」が、2020年1月号で65周年を迎えます。日本で現存するマンガ雑誌の中で最も長い歴史を持つ「なかよし」。その65周年を記念し、原画展の開催が決定しました。開催期間は10月4日から12月25日まで。
隣人速報 | 949 view
80年代~90年代のりぼん歴代連載作がスカイツリーに集結!「250万乙女のときめき回廊」1月9日から開催予定

80年代~90年代のりぼん歴代連載作がスカイツリーに集結!「250万乙女のときめき回廊」1月9日から開催予定

月刊少女漫画雑誌「りぼん」の創刊60周年を記念したイベント「250万乙女のときめき回廊 at TOKYO SKYTREE」が、2017年1月9日~3月31日までの期間限定で開催される。今回、80年代~90年代に連載された人気漫画が東京スカイツリーを彩る。
red | 2,304 view
こち亀が連載40周年!日本橋高島屋で「こち亀展」を開催!キティちゃんとまさかのコラボが実現!

こち亀が連載40周年!日本橋高島屋で「こち亀展」を開催!キティちゃんとまさかのコラボが実現!

『こちら葛飾区亀有公園前派出所』の連載開始40周年を記念して、9月14日から日本橋高島屋で「こち亀展」が開催される。また、「HELLO KITTY」とのコラボも実現。キティちゃんの顔に両さんの眉毛をあしらったインパクト大のマスコットも販売される。
京都で「特別展 250万りぼんっ子」開始!デビュー作もりぼんだった生粋のりぼんっ子作家は誰?

京都で「特別展 250万りぼんっ子」開始!デビュー作もりぼんだった生粋のりぼんっ子作家は誰?

ミドルエッジ女子必見!集英社が発行する日本を代表する少女漫画誌「りぼん」の展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が、京都・高島屋で開催されます。開催日程は、10月30日から11月10日まで。
隣人速報 | 545 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト