1988年の少年ジャンプをただただ振り返ってみよう!!
2017年4月11日 更新

1988年の少年ジャンプをただただ振り返ってみよう!!

1988年と言えば、まだ消費税が掛からなかった時代。ギリギリ昭和なあの頃。 世の中はバブル真っ只中と言った感じで浮かれていました。そんな1988年のジャンプに連載していたマンガを振り返ってみよう!

64,237 view

こちら葛飾区亀有公園前派出所

まだ続いているシリーズ。
国民的マンガとなってしまった「こち亀」1988年時点で既に54巻。
アニメ化~ドラマ化~映画化まで終わってしまっているので、このあとはどうするんだろうか。
もっと破天荒だった両津巡査に戻って欲しい。

※2016年9月をもって連載終了(追記)
こちら葛飾区亀有公園前派出所 (第54巻)

こちら葛飾区亀有公園前派出所 (第54巻)

『こちら葛飾区亀有公園前派出所』(こちらかつしかくかめありこうえんまえはしゅつじょ)は、秋本治による日本の漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)において1976年42号より現在まで連載中。『週刊少年ジャンプ』の最長連載作品である。通称「こち亀(こちかめ)」。

亀有公園前派出所に勤務する警察官両津勘吉(りょうつ かんきち)を主人公とし、その同僚や周辺の人物が繰り広げるギャグ漫画。劇画に近い比較的リアルな絵柄を用いたギャグ漫画としては先駆的な作品である。

(出典:wikipedia)

THE MOMOTAROH

「MOMOTAROH vs 真島零」として、クラウドファウンディングで続編を企画中。
予定金額に達成したため、約200ページの単行本として配信が決定している。
THE MOMOTAROH

THE MOMOTAROH

『THE MOMOTAROH』(ザ・モモタロウ)は、1987年42号から1989年50号まで週刊少年ジャンプにて連載されたにわのまことによる漫画作品。単行本は全10巻。後にワイド版の全2巻として復刊している。

日本古来のおとぎ話をモチーフにしたキャラクターがプロレスのリングで戦いを繰り広げ同時にドタバタのギャグの数々をも繰り出すコメディ色の強いバトル漫画。作者の連載デビュー作でもある。

(出典:wikipedia)

恐竜大紀行

『てんぎゃん -南方熊楠伝-』でお馴染み岸大武郎先生による恐竜漫画。
※でんぎゃんを知らない人は、googleで検索してね。
当時としても実験的作品だったことは間違いないと思われる。個人的には続きが見たいマンガNo1。
恐竜大紀行

恐竜大紀行

『恐竜大紀行』(きょうりゅうだいきこう)は岸大武郎による日本の漫画作品。
『週刊少年ジャンプ』(集英社)1988年51号から1989年12号まで連載された。全12話。単行本は全1巻。2005年7月に完全版が発行された。
中生代が舞台。ストーリーは1話完結型で、人間が時代を遡りその時代を調査するという設定。 主に1種類の恐竜を観察している人間の視点で話が進められる。 恐竜達の動きに合わせてセリフがつけられるが、「恐竜を擬人化したもの」・「作者の想像したもの」・「観察した人間が吹き込んだもの」の三通りの考え方ができる。
恐竜の骨格・絶滅論などは当時有力なものを基準に描かれていた為、現在の有力説と大きく異なる。

(出典:wikipedia)

ついでにとんちんかん

「間 抜作」が印象的なギャグマンガ。フジテレビ系列でアニメ化もされている。
バカボンのパパに出てきそうなライバル刑事「天地 無用」も有名。
同じ作者ならドラマ化もされた「死神くん」を読んだほうが良いと思われる。
ついでにとんちんかん

ついでにとんちんかん

『ついでにとんちんかん』は、えんどコイチによる日本の少年向けギャグ漫画作品、およびそれを原作とするテレビアニメである。

『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて1984年49号・50号にそれぞれ読切作品として掲載された後、1985年14号から1989年22号まで連載。単行本は全18巻。文庫版は全6巻。文庫版は傑作選形式で収録されている。

連載当初は、「怪盗とんちんかん」が大富豪の邸宅にあるゴミに等しいものをわざわざ予告状まで出して盗み出す、ドタバタなギャグストーリーだった。その後、次第に学園もの・クイズ・各キャラクターに焦点を合わせた話などにシフトし、盗みに関する話は少なくなる。そのことを自身でネタにもしており、珍しく盗みの話が連続すると「2週続けて盗みネタが…」と作者が出てきて言う場面もある。

(出典:wikipedia)

翔の伝説

高橋陽一先生がキャプテン翼の後に手がけたテニスマンガ。
冒頭からウィンブルドンのセンターコートに立つ日本人の姿が登場するが主人公が10歳の時点で連載終了となっている。
単行本の巻末コメントで「書きたいこととの10分の1も描けなかった」と描かれていて切ない気持ちになる。
翔の伝説

翔の伝説

88~89年に週刊少年ジャンプで連載された高橋陽一先生のテニス漫画。5歳の少年“高見沢翔"は元日本テニス王者の父`高見沢涼'を目指して毎日100本のサーブ練習をして、幼児ながらもテニスプレーヤーとしての素質を身に着けていた。だが翔の同級生の家が彼の嫌がらせに現役プレーヤーたちをぶつけて翔のいるコートを奪おうとする。翔は父と共に挑戦。見事自分たちのコートを守った翔はテニス人生を歩んでいく。

BASTARD!! -暗黒の破壊神-

まだ続いているのかシリーズ。
当時のジャンプにはセクシー系のマンガがいくつかあったのだが、こちらは筆頭である。
1巻を今読んでみてもエロマンガじゃないかと思うシーンがいくつかあるので、手元にある人は読んでみよう。

実はまだ連載継続中。Hunter×Hunterとどちらが先に終わるかで賭け事になるとかならないとか。
BASTARD!! -暗黒の破壊神-

BASTARD!! -暗黒の破壊神-

『BASTARD!! -暗黒の破壊神-』(バスタード!! -あんこくのはかいしん-)は、萩原一至による日本の漫画作品。ダーク・ファンタジー寄りのファンタジー漫画作品である。

主人公であるダーク・シュナイダーが世界の命運を担い、戦士や魔物、強大な力を持つ「邪神」、天使や悪魔らと戦うバトルストーリー。
1987年、当時としてはまだ珍しかったファンタジーRPGの世界観の漫画として、本作の序話である読切版『WIZARD!!〜爆炎の征服者〜』が『週刊少年ジャンプ』に掲載され(コミックスには第1話として収録)、翌1988年同誌で連載が開始される。

『週刊少年ジャンプ』での連載が1989年に中断して以降、『週刊少年ジャンプ増刊』、再び『週刊少年ジャンプ』、『ウルトラジャンプ』(いずれも集英社)と掲載誌を移っており、長期にわたって連載されている。

(出典:wikipedia)
1988年53号のジャンプ連載作品は、いかがでしたか?
掲載紙を変えても連載している作品もあれば、まだジャンプ系で連載中のマンガも。
作者はほとんどがアラフィフ以上だと思いますが、まだまだ頑張ってもらいたい!!
60 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【クイズ】「キャプテン翼」クイズ第2弾!!今度は全日本ジュニアユース編からのみの出題!!

【クイズ】「キャプテン翼」クイズ第2弾!!今度は全日本ジュニアユース編からのみの出題!!

日本のサッカー人気を一変させるほどのインパクトをもたらしたサッカー漫画「キャプテン翼」。これを読んでサッカーを始めたというサッカー少年は世界中にいることでしょう。そんな「キャプテン翼」からのクイズ第2弾!今回も10問ですが、前回と違って「全日本ジュニアユース編」からのみの出題とします。あの世界の強豪たち、憶えていますか!?
【クイズ】個性溢れるヤンキーが魅力!「ろくでなしBLUES」から”東京四天王”に関するクイズです!!

【クイズ】個性溢れるヤンキーが魅力!「ろくでなしBLUES」から”東京四天王”に関するクイズです!!

90年代、ジャンプ黄金期のヤンキーマンガといえば「ろくブル」こと「ろくでなしBLUES」!主人公の前田太尊はじめヤンチャで個性的、ときに人情味あふれるヤンキーたちが魅力的でしたよね。なかでも多くの読者が引き込まれた「東京四天王」編。どのヤンキーが強いのか、ハラハラしながら読んでいた人も多いかと思います。そんな「ろくでなしBLUES”東京四天王”」からのクイズ、ろくブルファンなら簡単だと思いますがお気軽に試してみて下さい!
【クイズ】「キャプテン翼」でサッカーを始めたみんな集まれ!キャプ翼クイズ!!

【クイズ】「キャプテン翼」でサッカーを始めたみんな集まれ!キャプ翼クイズ!!

日本のサッカー人気を一変させるほどのインパクトをもたらしたサッカー漫画「キャプテン翼」。これを読んでサッカーを始めたというサッカー少年は世界中にいることでしょう。そんな「キャプテン翼」からのクイズ10問!キャプ翼ファンなら簡単かもしれませんけど…。ワールドジュニアユース編までからの出題とさせていただきます。
【クイズ】お前はもう、当たっている…集え、北斗神拳の伝承者たち!!

【クイズ】お前はもう、当たっている…集え、北斗神拳の伝承者たち!!

1980年代、少年ジャンプの大人気マンガだった「北斗の拳」。以降もアニメやゲーム、あるいはパチンコなどでも息の長い人気を魅せ続けていますよね。そんな「北斗の拳」ファンならぜひ挑戦してもらいたいクイズ、10問用意してみました!あなたは全問正解出来ますか?なお、出題範囲はラオウとの闘いまでにさせていただきました。ぜひ挑戦してみてください!
「週刊少年ジャンプ」創刊50周年を記念したニンテンドークラシックミニファミリーコンピュータをミドルエッジ世代の三人がプレーしてみた!

「週刊少年ジャンプ」創刊50周年を記念したニンテンドークラシックミニファミリーコンピュータをミドルエッジ世代の三人がプレーしてみた!

あの懐かしの名作「ファミコンジャンプ」を筆頭にジャンプ黄金世代を彩った作品をゲーム化したものが収録されているミニファミコン。「ミニファミコン少年ジャンプ記念バージョン」のレビューを沼田さんの漫画と共にお届けします!
沼田健 | 3,640 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト