聴きなおしシリーズ!【1970年・昭和45年】のヒット曲ベスト10を振り返る
2017年9月22日 更新

聴きなおしシリーズ!【1970年・昭和45年】のヒット曲ベスト10を振り返る

この記事では、1970年・昭和45年にヒットしたベスト10を振り返ってみたいと思います!この年には宇多田ヒカルさんのお母さんである藤圭子さんやザ・ドリフターズがランクインしておりますよ~(^^)/ではでは、さっそくベスト10をご紹介いたします!

2,078 view

1970年のヒット曲ベスト10!

1970年といえば、日本万国博覧会(大阪万博)が開幕し、日本航空機よど号ハイジャック事件が起きた年でもありました。
さて、この年ヒットした音楽ベスト10はどうなっていたのでしょうか?
さっそく見てみましょ~(^^)/

※動画はリンク切れの場合がございます。

《TOP10》 京都の恋 / 渚 ゆう子

京都の恋

京都の恋

作詞:林春生 作曲:ザ・ベンチャーズ 編曲:川口真
渚 ゆう子(なぎさ ゆうこ、1945年11月8日 - )は、日本の歌手。大阪市浪速区出身。本名は大江 千鶴子。ハワイアン歌手としてレコードデビューの後、1970年にベンチャーズ作曲・演奏の「京都の恋」を日本語の歌詞で唄って、大ブレイクし一躍人気歌手となった。
ベンチャーズ原曲とは驚きですね!
動画もありましたので是非曲を聴いてみてください(^^)/

渚ゆう子 - 京都の恋

《TOP9》 ヴィーナス / ザ・ショッキング・ブルー

ザ・ショッキング・ブルー ベストアルバム

ザ・ショッキング・ブルー ベストアルバム

作詞・作曲:Robbie Van Leeuwen
1969年7月に、オランダで、「ヴィーナス」を発売、1970年2月7日のアメリカの「ビルボード(Billboard)」誌にて、週間ランキング第1位を獲得した。同誌1970年の年間ランキングでは第22位を記録し、ショッキング・ブルー最大のヒット曲となった。
知ってる~!この曲知ってる~!!
ザ・ショッキング・ブルーのヴィーナスって曲だったんですねぇ
皆さんも一度は聴いたことあると思いますよ!是非下の動画で聴いてみてください。
この記事書いてて良かった(笑)

Shocking Blue - Venus (Video)

《TOP8》 今日でお別れ / 菅原洋一

菅原洋一 ベストアルバム

菅原洋一 ベストアルバム

作詞:なかにし礼 作曲:宇井あきら 編曲:早川博二
1969年に森岡賢一郎のアレンジによるニューバージョンをレコーディングし、同年12月25日に再発売した。年明けの1970年に30万枚のヒット曲となる。
菅原洋一は同曲で1970年度第12回日本レコード大賞を受賞。また同年の第21回NHK紅白歌合戦でも歌唱している。
う~ん 聴いたことがある様な無い様な・・・
ウチの両親なら確実に知ってる世代ですねぇ
動画で聴きましたが、良い曲だと思いました。

『今日でお別れ』 菅原洋一

《TOP7》 愛は傷つきやすく / ヒデとロザンナ

愛は傷つきやすく

愛は傷つきやすく

作詞:橋本淳 作曲:中村泰士 編曲:森岡賢一郎
サビの冒頭部分がボーカルの掛け合いとなる。テレビ番組で歌う際は間奏の部分で、レコード音源にはないコーラスを付けることがあった。
同年末の『第21回NHK紅白歌合戦』に初出演し、ヒデとロザンナは本シングル曲を披露した。
初めて聴きました~! でもめちゃくちゃ良い曲ですねぇ
お二人の声はとても聴きやすくて良かったです。
なんでもこの曲はクレヨンしんちゃんの映画で、野原ひろしとみさえが歌ったらしいですよ!

Rosanna & Hide - ヒデとロザンナ - L'amore è fragile - 愛は傷つきやすく

《TOP6》 手紙 / 由紀さおり

手紙

手紙

作詞:なかにし礼 作曲・編曲:川口真
46 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

聴きなおしシリーズ!【2000年・平成12年】のヒット曲ベスト10を振り返る

聴きなおしシリーズ!【2000年・平成12年】のヒット曲ベスト10を振り返る

この記事では、2000年にヒットしたベスト10を振り返りたいと思います(^^)/ TOP1やTOP2は、誰もが納得する曲がランクインされていましたよ~!
つきねこ | 3,243 view
1970年代のサウンドを代表するバンド【ブレッド】を聴き直してみよう

1970年代のサウンドを代表するバンド【ブレッド】を聴き直してみよう

ビートルズが1960年代に大活躍した後、このブレッドは彗星のごとく現れました。美しい旋律で世界中を虜にしたブレッド。今回はそのブレッドが残した名曲の一部を聴き直してみたいと思います。
つきねこ | 158 view
東京ドームでの「不死鳥コンサート」から「川の流れのように」まで…美空ひばりの晩年の軌跡を振り返る。

東京ドームでの「不死鳥コンサート」から「川の流れのように」まで…美空ひばりの晩年の軌跡を振り返る。

昭和を代表する歌手・美空ひばり。彼女の晩年は病魔との闘いでした。この記事では昭和末期から平成にかけての、彼女の晩年を振り返ります。
「聖母たちのララバイ」収録作品も!岩崎宏美が80年代前半に発表したアルバム7作品が待望の再発!!

「聖母たちのララバイ」収録作品も!岩崎宏美が80年代前半に発表したアルバム7作品が待望の再発!!

1975年のデビュー以来40年以上のキャリアを持ち、「ロマンス」「聖母たちのララバイ」などのヒットで知られる岩崎宏美。彼女が80年代前半に発表し、現在入手困難となっているアルバムCDの「紙ジャケット・コレクション」が、このたびタワーレコード限定で再発されることが明らかとなりました。
隣人速報 | 253 view
映画「ボヘミアン・ラプソディ」のヒットで見えてきた!クイーンで一番人気のアルバムって!?

映画「ボヘミアン・ラプソディ」のヒットで見えてきた!クイーンで一番人気のアルバムって!?

現在大ヒットを記録し、クイーンの再ブレイクのきっかけにもなっている映画「ボヘミアン・ラプソディ」。この映画の影響で、クイーンの過去のアルバムが再び注目され、売上を伸ばしています。では、今どのアルバムが特に売れているのでしょうか?

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト