この共演を機に明石家さんまと大竹しのぶが結婚した名ドラマ【男女7人夏物語】のあらすじ&最終回って?<ネタばれ>
2017年1月31日 更新

この共演を機に明石家さんまと大竹しのぶが結婚した名ドラマ【男女7人夏物語】のあらすじ&最終回って?<ネタばれ>

1986年7月からTBS系で放映され、最高視聴率31.7%と爆発的人気を博した『男女7人夏物語』。 もはや伝説とも呼ぶべき、明石家さんまVS大竹しのぶの掛け合い、個性豊かな7人が織りなす恋模様は“トレンディ・ドラマ”の出発点というべき作品。鎌田敏夫脚本による恋愛ドラマの傑作。

15,526 view
「男女7人」を、連続ドラマ初主演となる明石家さんま、後にさんまと私生活でも結ばれる大竹しのぶ、お笑い芸人として人気の片岡鶴太郎、二枚目奥田瑛二、そして池上季美子、賀来千香子、小川みどりと、バラエティに富んだメンバーが演じた。このキャスティングが功を奏し、それまで熱演派のイメージが強かった大竹が、さんまとの軽妙なやりとりを見せたり、逆に油ぎったキャラが売りだった鶴太郎のシリアスな演技が注目されたり、さまざまな意味で新しい才能がここから羽ばたいた。

石井明美の歌う主題歌「CHA-CHA-CHA」も大ヒット!

男女7人夏物語op CHA・CHA・CHA ♪ 石井明美 - YouTube

「CHA-CHA-CHA」
1986年8月14日リリース。1986年度オリコン年間1位。
第28回日本レコード大賞で新人賞を受賞。翌1987年春開催の、第59回選抜高等学校野球大会の入場行進曲にも採用された。

イントロ部分の "Baby, Get on my Cadillac." のセリフ を言っているのは、歌手で作詞・作曲家のつのだ☆ひろ!!

最終回「Yes or No」 【結末ネタばれ】

桃子にアメリカ行きの話が持ち上がる。彼女の夢であるノンフィクションライターになることが叶うのだ。

2人が離れてはだめだという千明の強い制止が桃子を迷わせるが、良介は彼女の背中を押すのだった。
「行って来い。待っといたるわ。」

一方、野上のつれなさにさんざん悩まされた香里はしたたかさを身につけていく。
妊娠したといって彼に迫る同僚の女性の嘘を暴いて彼を助け、自分は君章の前に素敵な男性と共に表れる。野上は香里を抱きしめ、はじめて愛を誓うのだった。

ひとりぼっちになった千明には貞九郎の存在が何よりの支えだった。栄転が決まった彼を「行かないでよ、貞ちゃん。あたし、貞ちゃんを好きになる」と千明は止める。

桃子の歓送会には幸せそうな野上と香里、お見合いで結婚が決まって嬉しそうな美和子、そしてお揃いのエプロンをした千明と貞九郎の姿があった。

桃子がアメリカに発つその日。空港。

良介:「そろそろゲートインせなあかんのちゃうか」
桃子:「・・・」
良介:「どないしたんや。」
桃子:「・・・平気な顔して。」
良介:「平気やないよ。」
桃子:「私が行っちゃうから、せいせいしてるんだ~。」
良介:「気分スッキリ。」
桃子:「すぐ女探そうと思って・・。」
良介:「お前が行った後、ここで探そう。
桃子:「・・・。」
良介:「嘘や。・・嘘。」
桃子:「行きたくない。」
良介:「えっ。 桃子:行きたくない。」
良介:「何を言うてんねや、今更。」
桃子:「・・こわいんだもん。」
良介:「何が?」
桃子:「自分の気持ちが。」
良介:「えっ。」
桃子:「良介さんの気持ちが・・。」
良介:「・・・。」
桃子:「半年経ったら、何もかも変わっちゃうかもしれないじゃない。今どんなこと言ったって、何がどうなるかわからないじゃない。人間なんて、そんなもんじゃない。」
良介:「大丈夫や。」
桃子:「大丈夫じゃない。」
良介:「ちゃんと待っといたる。お前もちゃんと帰ってくる。」
桃子:「・・・。」
良介:「もっと自分を信用せぇよ。俺も信用せぇ。」
桃子:「・・・。」
良介:「人間ってもっとええもんやろ。」
桃子:「・・・・行く。」
(良介、うなずく)
(桃子、歩き出す。後をついていく良介) 
良介:「それじゃあな。」
(立ち止まる良介。桃子、少し歩くがたまらなくなって駆け戻ってきて、良介に抱きつきキスする。)
良介:「格好悪いやろ、お前。」
(桃子、良介に笑顔を見せ、走っていく。)
良介:「・・・。」
(桃子、振り向かず、手を振る。右手、左手、最後には両手で。エスカレーターから桃子の姿が見えなくなる。)
良介:「・・・。(歩き出す)

良介の励ましで背筋を伸ばし、桃子は日本を発った。

明石家さんまとの大竹しのぶの軽妙な掛け合いが話題に!

NG集 男女7人 夏物語 - YouTube

明石家さんまと大竹しのぶがNGシーンを振り返るバラエティ番組。

ドラマ劇中以外でも息の合った掛け合いで、結婚するのも納得の仲の良さが垣間見えます。

明石家さんまと大竹しのぶはこの共演がきっかけとなって後に結婚!

ドラマ『男女7人秋物語』(1987年10月-12月)

ドラマ『男女7人秋物語』(1987年10月-12月)

高視聴率を記録し、大ヒットした『男女7人夏物語』の続編として製作された『男女7人秋物語』でも、明石家さんまと大竹しのぶは共演。
映画『いこかもどろか』(1988年8月27日公開)

映画『いこかもどろか』(1988年8月27日公開)

この映画でも共演し、映画公開直後の9月、本当に愛を育んでいた二人が結婚をした。
(のちに離婚。)
明石家さんまと大竹しのぶの間の娘がタレントの「IMALU」

明石家さんまと大竹しのぶの間の娘がタレントの「IMALU」

1989年、二人のあいだに長女・いまる(IMALU)が誕生。

『男女7人夏物語』に関する記事

明石家さんま&大竹しのぶの伝説ドラマ『男女7人夏物語』...

明石家さんま&大竹しのぶの伝説ドラマ『男女7人夏物語』メンバーが29年ぶり集結

明石家さんま(60)が司会を務める10月12日放送のTBSテレビ60周年記念特番で、さんまが主演した同局系「男女7人夏物語」(1986年)の大竹しのぶ、奥田瑛二、賀来千香子など主要キャストが29年ぶりに集結することが判明した。

↓この記事を読む↓
http://middle-edge.jp/articles/VF85b
33 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

TBSドラマ【男女7人秋物語】について語ろう! さんまと大竹しのぶの息の合った掛け合いが見れるドラマ

TBSドラマ【男女7人秋物語】について語ろう! さんまと大竹しのぶの息の合った掛け合いが見れるドラマ

TBSドラマ【男女7人秋物語】放送は1987年10月~12月、主な出演者は明石家さんま/大竹しのぶ、主題歌は森川由加里の「SHOW ME」 【男女7人秋物語】ついて語ろう!
【ドラマ最終回シリーズ!】男女7人秋物語【ネタバレしてます】

【ドラマ最終回シリーズ!】男女7人秋物語【ネタバレしてます】

明石家さんまと大竹しのぶの掛け合いが最高でした!当時としては珍しい恋愛ドラマで、「トレンディー」の火付け役となりました。 そんな『男女7人秋物語』の最終回をチェック! 
ななこ撫子 | 26,773 view
石井明美がゲスト!マハラジャ六本木「BUBBLY DISCO NIGHT」へ踊りに行かなくCHA♪

石井明美がゲスト!マハラジャ六本木「BUBBLY DISCO NIGHT」へ踊りに行かなくCHA♪

マハラジャ六本木で3月30日(土)に開催されるイベント「BUBBLY DISCO NIGHT」。ゲストとして1986年の大ヒット曲「CHA-CHA-CHA」で知られる石井明美が登場します!
【男女7人対決!】あなたはどっち?「男女7人夏物語 V.S. 男女7人秋物語」

【男女7人対決!】あなたはどっち?「男女7人夏物語 V.S. 男女7人秋物語」

トレンディドラマの原点と言われる、鎌田敏夫脚本による恋愛ドラマの傑作“男女7人”シリーズ。「夏物語」と「秋物語」がありますが、あなたはどっちが好きでしたか?
石井明美「CHA -CHA -CHA」を聞くと思い出す『男女7人夏物語』

石井明美「CHA -CHA -CHA」を聞くと思い出す『男女7人夏物語』

1980年代のバブルと呼ばれた時代にヒットした、石井明美のCHA -CHA -CHA。 当時の人気ドラマ『男女7人夏物語』の主題歌だった。恋に憧れていたあの頃を思い出してみたい。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト