【黒柳徹子】伝説として語り継がれる数々の偉業!来歴・エピソードまとめ
2020年4月23日 更新

【黒柳徹子】伝説として語り継がれる数々の偉業!来歴・エピソードまとめ

長寿番組『徹子の部屋』やユニセフ親善大使をされていることでも有名な黒柳徹子さん。今回の記事では、そんな彼女の生き様について、略歴やエピソード・出演番組といったものを通じて紹介していきたいと思います。調べてみると、教科書に載ってもおかしくないほどの偉業を成してきた人物なので、その片鱗を少しでも知ってもらえたら幸いです。

2,708 view

数々の偉業を成した黒柳徹子さん

黒柳徹子さんのプロフィール

黒柳徹子さんのプロフィール

本名  :黒柳 徹子
生年月日:1933年8月9日
出生地 :東京都赤坂区
職業  :女優
     タレント
     エッセイスト
所属  :吉田名保美事務所
活動期間:1953年~

黒柳徹子さんの略歴

父親は音楽家の黒柳守綱、母親にエッセイストの黒柳朝、この夫婦の間に長女として生を受けた徹子さん。弟は二人いて、幼少期に亡くなった明兒さん、バイオリニストとして有名な紀明さん、さらに妹にはバレリーナやエッセイストとして成功した眞理さんがいます。
そのうえ、伯父には、松竹蒲田撮影所の初代所長である田口桜村さん、日本ニュースのニューヨーク支社長のアメリカ・メトロニュース極東代表だった田口修治さんといった著名人・有名人揃いの家系といえます。
黒柳徹子さんは芸名でなく本名で、両親はこれから生まれてくる徹子さんを男子だと思っていたことから「徹」の字を入れることを決めていたそうです。実際に生まれたのは女子だったため、「徹」の字に「子」をつけて「徹子」と命名されたみたいです。
幼少期は問題児扱いされ、尋常小学校では一年生のときに退学処分になってしまいます。その後はトモエ学園に転校というかたちで移り、第二次世界大戦の東京大空襲を機に東北地方で疎開生活を送ることになります。

若かれし黒柳徹子さん

トモエ学園の香蘭女学院・東洋音楽学校の声楽科を卒業しますが、オペラ歌手にはなれないことを知って、NHK放送劇団の俳優募集に応募するのでした。約6000人の応募者の中から、6次審査を経て、13人の劇団員の一人に選ばれます。

黒柳徹子さんの成熟期

こんな忙しい芸能生活を送っているにもかかわらず、演技力では舞台出身の俳優との間に差を感じていたことから、文学座付属演劇研究所に入所。改めて演技の勉強をすると、舞台活動を通じて親しくなったスタッフを通じて、ニューヨークへ留学するといったアクティブさを発揮します。

現地ではスタニスラフスキー・システムという理論に基づいて、プロの俳優に演技指導をするメアリーターサイ演劇学校に入学をして、東洋人初の生徒になります。アフターファイブには、振り袖姿で積極的にカクテル・ディナーを楽しむ社交場に出向いて、着物と洋服のどちらにも似合う髪型を開発していたというエピソードもあります。徹子さんの『タマネギヘア』はこの時に生み出されてアイデアであり、帰国後にはトレードマークとして日本国内でも広く知られるようになりました。
現在でも続く『徹子の部屋』、その前身となる『13時ショー』の司会が決まると、ニューヨークの留学生活を打ち切って日本に帰国します。『徹子の部屋』の放送が開始されると、役を演じながら司会は視聴者のイメージの混乱を招くという理由から女優活動を控えるようになっていきました。

マルチタレントとしての活躍

1976年からテレビ朝日で現在も放送されている『徹子の部屋』は、長寿番組として、ギネス世界記録にも認定されるほどです。
放送回数は10000回を超え、他にもこれまで数々の名誉賞を受賞しています。
ミドルエッジには『徹子の部屋』を題材にした記事が他にもありますので、そちらのリンクも掲載しておきますね。
1978年にはTBSの音楽番組『ザ・ベストテン』の放送が開始され、最終回を迎えた1989年まで司会は徹子さんが務められました。最高視聴率は41.9%を記録するなど、こちらも音楽番組としては多大な功績を残したコンテンツといえるでしょう。
ミドルエッジには『ザ・ベストテン』が復活を果たした特番を紹介する記事がありましたので、そちらのリンクも掲載させていただきます。
35 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • カズ 63歳薬剤師 2021/5/1 15:36

    こんにちは、52歳で他界した小学校の教師でした。同じくらい、黒柳徹子様、僕コロナで早期退職なり、住宅ローン残金35年払いで25年はきちんと終わりましたがあと10年かかりますか、64歳だとないです。どうか1千万円御支援頂けませんか、何卒御願い致します。伊勢一仁

    すべてのコメントを見る (1)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

黒柳徹子のふしぎ発見!  38歳でタマネギ頭、そしてノーブラになるまで

黒柳徹子のふしぎ発見! 38歳でタマネギ頭、そしてノーブラになるまで

6歳のとき、演劇でキリストを演じ、羊役の子にティッシュペーパーを突きつけ「アナタ、羊でしょ。食べなさい」といってから、38歳でニューヨークへ演劇留学し、タマネギ頭、ノーブラになるまで。
RAOH | 4,322 view
NHK連続テレビ小説「チョッちゃん」のヒロインを演じた古村比呂のその後は?

NHK連続テレビ小説「チョッちゃん」のヒロインを演じた古村比呂のその後は?

NHK連続テレビ小説「チョッちゃん」は、黒柳徹子さんのお母さんがモデルです。可愛らしい容姿と明るく元気なキャラで「チョッちゃん」を演じた古村比呂さんは、布施博さんと結婚して子供ももうけましたが離婚してしまったようです。今回は古村比呂さんについて、女優としての軌跡や離婚原因についてもご紹介します。
そうすけ | 1,106 view
テレビ女優第一号!黒柳徹子さんのNHK専属女優時代の活動もすごい!

テレビ女優第一号!黒柳徹子さんのNHK専属女優時代の活動もすごい!

長年テレビ界で活躍されている黒柳徹子さん。今では司会のイメージが強いと思いますが初めはNHKの専属女優として芸能界入りしています。この頃の活動や交友関係も本当にすごいですよ。
saiko | 884 view
さだまさしが永六輔さんに捧げるカバーアルバムをリリース!名曲「夢であいましょう」などを収録!

さだまさしが永六輔さんに捧げるカバーアルバムをリリース!名曲「夢であいましょう」などを収録!

さだまさしが、7月に亡くなったタレント・永六輔さんの名曲をカバーしたアルバム『永縁(えいえん)~さだまさし 永六輔を歌う~』を11月9日にリリースする。「永さんの作品を歌うアルバムを制作することで敬愛の気持ちを伝えたい」と、7月下旬から企画を進めてきた。
【懐かし番組】『列島縦断 鉄道12000キロの旅 〜最長片道切符でゆく42日』を振り返る

【懐かし番組】『列島縦断 鉄道12000キロの旅 〜最長片道切符でゆく42日』を振り返る

2004年にNHK-BSにて放送された『列島縦断 鉄道12000キロの旅 〜最長片道切符でゆく42日』。関口知宏が最長片道切符で1ヶ月半のリアルな鉄道旅をするユニークな番組で、鉄道ファンだけでなく多くの視聴者に親しまれました。本稿執筆時点でちょうど20年前。懐かしの番組を振り返ります。
izaiza347 | 155 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト