ずうとるびの山田隆夫さんが脱退した理由は!?その後の人生で強運と思われる人は...。
2019年11月22日 更新

ずうとるびの山田隆夫さんが脱退した理由は!?その後の人生で強運と思われる人は...。

笑点の座布団運びと言えば、山田隆夫さんですが、山田隆夫さんがその昔、超人気アイドルグループの「ずうとるび」にいたのは、ミドルエイジ世代は知っている人も多いかもしれませんね。 でも山田隆夫さんがずうとるびを脱退した理由ってなんだったのでしょう?そして、ずうとるび解散後のそれぞれの人生を「この人は強運!」と言えるのは誰?その後の活動からも見ていきます。

4,164 view

ずうとるびが大人気アイドルグループだったってホント!?

「ずうとるび」について

「ずうとるび」について

1974年1982年の活動していた4人組アイドルグループ番後です。
メンバーは、結成当時:山田隆夫さん、江藤博利さん、新井康弘さん、今村良樹さんで、のちに、山田隆夫さん脱退後は、池田善彦さんが加入します。

レーベル
エレックレコード(1974年 - 1976年)
東芝EMI(1976年 - 1980年)
現在、山田隆夫さんは、日本テレビの長寿番組「笑点」で座布団運びをしていますが、『ずうとるび』結成する経緯は8、山田隆夫さんが笑点の「ちびっ子大喜利」で座布団10枚を獲得ことで、デビューのキッカケになります。

1974年2月にレコード(当時はCDではない!)デビューは『透明人間』という曲でこれは、山田隆夫さんの作詞・作曲といことで、その才能が開花したデビューということですね。
ずうとるびがデビューした1970年~の時代は、多くのバンドやアーティストが60年代から世界的大人気のビートルズの影響を多大に受けていたり、70年代に入ってからは、ビートルズと同じくイギリス出身のアイドルバンドのベイ・シティ・ローラーズの影響を受けたバンドなども登場します。

そんな中で、ずうとるびはどちらかというと、アイドル性とコミカル性がミックスされた雰囲気のグループでした。

その分、音楽性が高くカリスマ性のあるグループというよりは、筆者個人的には、親しみやすさで人気になったグループという印象がありました。

ずうとるびの大ヒット曲

【恋があぶない】

1975年3月25日リリース

作詞:岡田冨美子
作曲:佐瀬寿一
編曲:あかのたちお
ずうとるびがリリースしたシングル曲は全部で20作品で、その中で3作目のシングル「みかん色の恋」の大ヒットで一気にアイドルグループにのし上がります!

そして、ずうとるびとして一番の売れた曲は、4作目のシングル「恋があぶない」!ミドルエイジ世代では口ずさむことが出来る方もいるのではないでしょうか。

ずうとるびでブームの怖さを知ったエピソード

「ずうとるび」結成のきっかけを作った「笑点」のプロデューサーは、「ずうとるびを通じてブームの怖さとはかなさを知った。ブームに便乗するとブームが去った時に番組も終わってしまう」と雑誌の対談で語っていたことがある。この判断は1980年前後の漫才ブームの時に、ブームの中心となった漫才師達をほとんど出演させずブームからは距離を置くという形で現れている

ずうとるび:山田隆夫(1974~1977年)


本名:山田 隆夫(やまだ たかお)
生年月日:1956年8月23日(63歳)
出生地:東京都江東区深川
血液型:A型

ずうとるび結成のキカッケをつくり、リーダーとなっています。

山田隆夫の現在

山田隆夫さんは、1984年10月7日から6代目座布団運び役になっていることで、ずうとるび解散後もずーっと第一線にいるという印象があります。

ずうとるび: 江藤博利(1974年~1982年)

本名:江藤博利
生年月日:1958年9月5日
出身地:宮崎県都城市
血液型:B型
リードギター&リードボーカル担当

結成当時、メンバー最年少の位置で、メンバー内一番の人気を誇っていました。
『ずうとるびのジョージ・ハリスン』の異名もありました。

江藤博利の現在

以前、江藤博利さんは全国放送の旅番組や情報番組などにも出演されていましたが、最近ではテレビの露出も減った?と思われています。

江藤さんは、現在でもタレント活動されています!
昔と比べると、ちょっと髪型もさみしさを感じますが、明るい雰囲気は昔の儘と評判です。

ずうとるび:新井康弘(1974年~1982年)

本名:新井康弘
生年月日:1956年12月5日
出身地:神奈川県川崎市高津区育ち
血液型A型
ドラム&ボーカル担当。

ずうとるびの勝ドをしながら、初めて俳優として出演したのがその後も語り継がれるドラマ「岸辺のアルバム」に出演しています。

弟は子役から俳優で活躍していた新井つねひろさんですが、現在は公務員になられたという情報があります。

山田隆夫脱退後にはずうとるびのリーダーになっています。

解散後の新井さんは俳優として順風満帆に活動しているイメージがありますが、俳優としての代表作は1999年~2009年にTBS系で放送された「大好き!五つ子」で、一家の大黒柱で森尾由美さんが奥さん役を演じていました。

新井康弘の現在

46 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • 2019/12/29 14:04

    2020年2月に
    ずうとるび再結成ライブが
    神奈川県の厚木、座間
    埼玉県の草加
    で開催します。ソースはこちらです。

    https://ameblo.jp/tarikihongan8416/entry-12563008911.html

    2019/11/25 13:09

    今村さんは
    心療回想士です。
    2017年4月から放送系の専門学校で講師をしています。

    2019/11/22 21:12

    2020年1月に江藤博利くん
    プロデュース主演の舞台
    「昭和歌謡コメディVol.12~築地ラプソディー」が築地ブディストホールで開催されます。
    10日から13日の四日間ですが
    12、13日のゲストが
    新井康弘さんです。
    おそらく舞台最後に二人で「みかん色の恋」
    を歌って踊ってくれるでしょう。
    翌2月は池田善彦さんのお店で
    池田くんと江藤くんのずうとるび記念日ライブが開催予定です。
    私は今年、新井くん、江藤くん、池田くん、今村くんのそれぞれのライブに参加しています。
    ずうとるびのシングルレコードは実は21枚発売されていますよ。

    すべてのコメントを見る (3)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

 「笑点」で座布団運びをしている山田隆夫も参加!あの「ずうとるび」がまさかの再結成!!

「笑点」で座布団運びをしている山田隆夫も参加!あの「ずうとるび」がまさかの再結成!!

70年代から80年代前半にかけて活躍した男性アイドルグループ「ずうとるび」が、2月9日から22日にかけて再結成し、復活ライブを行うことが明らかとなりました。
隣人速報 | 1,980 view
総収録時間10時間超!西城秀樹が「夜ヒット」で繰り広げた数々のパフォーマンスがDVD-BOXになって登場!!

総収録時間10時間超!西城秀樹が「夜ヒット」で繰り広げた数々のパフォーマンスがDVD-BOXになって登場!!

「夜のヒットスタジオ」における西城秀樹のパフォーマンスを収録したDVD BOX『西城秀樹 IN 夜のヒットスタジオ』の発売が決定しました。
隣人速報 | 210 view
かつて「3M」として名を馳せた女優・牧瀬里穂(48)が全く年を取っていないと話題に!!

かつて「3M」として名を馳せた女優・牧瀬里穂(48)が全く年を取っていないと話題に!!

90年代、宮沢りえ、観月ありさとともに「3M」としてトップアイドルに君臨していた女優・牧瀬里穂(48)が、自身のインスタグラムにて年齢を感じさせない若々し過ぎる写真を公開し、大きな話題となっています。
隣人速報 | 7,036 view
眞鍋かをり、中田英寿、中川翔子…インターネット黎明期に人気だった有名人のブログ!!

眞鍋かをり、中田英寿、中川翔子…インターネット黎明期に人気だった有名人のブログ!!

今や有名人にとって必須と言っても過言ではない「ブログ」。2000年代前半から爆発的に普及しましたよね。この記事では、長年に渡ってブログ等を運営している有名人を何人かご紹介したいと思います。
1982年に歌手デビューした女性アイドルの「ファーストシングル」特集!!(花の82年組編)

1982年に歌手デビューした女性アイドルの「ファーストシングル」特集!!(花の82年組編)

松田聖子、中森明菜をはじめとして幾多のアイドルが輩出された80年代。この記事では、1982年にデビューした「花の82年組」と呼ばれる女性アイドルの記念すべきファーストシングルを特集したいと思います。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト