原作マンガも根強い人気の『白鳥麗子でございます!』は3度もドラマ化されている!
2020年12月9日 更新

原作マンガも根強い人気の『白鳥麗子でございます!』は3度もドラマ化されている!

原作のマンガは1987年に連載をスタートし、1989年度(平成元年)に、第13回講談社漫画賞少女部門を受賞している。テレビドラマは過去に3度も放送され、初代白鳥麗子は鈴木保奈美、2代目は松雪泰子、三代目は河北麻友子が演じている。河北麻友子が演じた時は、映画化もされている。

1,516 view

デビュー間もない23歳の鈴木保奈美

白鳥麗子でございます 1話 薔薇色デートは3人

プライドが高く常に自分に自信がある麗子だが、ずっと思を寄せている秋本哲也に対しては素直になれずにいた。好きな気持ちを持ちつつも、自分がへりくだって思いを伝えることが難しい高飛車な麗子を、デビューして間もない鈴木保奈美が持ち前の美しくしさを武器に演じている。
令嬢スタイルをバッチリ着こなす

令嬢スタイルをバッチリ着こなす

伊豆で一番のお金持ちと言う、社長令嬢の白鳥麗子はいつもエレガントスタイル。自分の美しさを疑わない麗子だからこそ、みんなの目を引く服装でも堂々としていられる。

自分の美しさを信じてやまない白鳥麗子

笑い方にも自信があふれている

笑い方にも自信があふれている

テレビドラマとは違い、原作ではもう少し下ネタが多めの印象だが、麗子の性格ゆえの悩みだったりするのでとても面白い。高飛車だけど奥手で世間知らずのお嬢様が、好きな人のために奮闘する姿はどこか憎めず共感できる。

三姉妹の母となっても美しさは変わらない

NHKの連続テレビ小説『わろてんか』では、葵わかなの母親役を演じていた。京都の老舗薬種問屋をしっかりと受け継ぎつつも、入り婿の夫をぞんざいには扱わない。子供たちへの愛情もたっぷりで、優しい物言いだが自分の意見はキッチリ伝える。芯は強いが品の良いお嬢様の藤岡しずを演じていた。
F1解説者の川井一仁さんと結婚するも、1997年に離婚。その後1998年にとんねるずの石橋貴明と再婚し、現在は三姉妹の母となった鈴木保奈美。一時期は子育てに専念し芸能界から離れていたようだが、2008年頃から徐々に仕事復帰を果たす。

芸能界復帰後はドラマに多数出演

ミドルエッジ世代なら知らない人はいない、フジテレビの月9ドラマ『東京ラブストーリー』。鈴木保奈美が演じたヒロイン、赤名リカのファッションを真似た女性も多かっただろう。トレンディドラマで培った演技力と存在感は健在だ。
現在でも数多くのドラマに出演し、『東京ラブストーリー』の完治役で共演した織田裕二とも再び共演するなど、話題に事欠かない。また、母親役のドラマ出演も多く、女優としての活躍の場はさらに広がっているだろう。自身の経験も生かしてか難なくこなしている。

麗子のライバルかきつばたあやめ役は清水美子

負けず嫌いの性格に加えて、女の意地がぶつかり合い、麗子とあやめの争いは続く。
白鳥麗子のライバルとしてふさわしい、かきつばたあやめは、服装や高飛車な性格など共通点が多い。それゆえに何かにつけて揉め事を起こしている。お互いがその存在を認め合い、ライバルだと自覚している。
とても高い声で可愛らしく話す清水美子は、女性漫才コンビのピンクの電話でも活躍していた。

「みやちゃん」「よっちゃん」のコント漫才が面白い

ピンクの電話 ドライブ

当時の流行だったワンレンボディコンに身を包んでコントをするピンクの電話。大阪出身の二人だが、全国ネットの放送では標準語で話すことが多いようだが、関西ローカルの番組では関西弁を使うこともあるようだ。
近年は、ピンクの電話の二人が漫才をする姿はなかなか観られないばかりか、二人そろってのテレビ出演などの機会も減っているようだ。解散はしていないようなので、今後の活躍に期待したい。

麗子が恋する秋本哲也役は野々村真

38 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

OVA版【白鳥麗子でございます!】幾度もドラマ・映画化された少女マンガの決定版!

OVA版【白鳥麗子でございます!】幾度もドラマ・映画化された少女マンガの決定版!

ミドルエッジ世代の金字塔といえる少女マンガ『白鳥麗子でございます!』。これまで数々の映像化を果たし、女性を中心に多くのファンに愛された作品といえるでしょう。今回の記事では、OVA版『白鳥麗子でございます!』にスポットを当て、本編動画やストーリー・魅力などを紹介させていただきます。
tsukumo2403 | 1,129 view
世界のお嬢様「白鳥麗子でございます!」20年ぶりにドラマ・映画で復活して話題沸騰です。

世界のお嬢様「白鳥麗子でございます!」20年ぶりにドラマ・映画で復活して話題沸騰です。

世界のお嬢様白鳥麗子でございます。おほほほほ!おなじみの最強お嬢様登場。 妄想爆発の超人気ドラマが20年の時をへてあらたにドラマ化されました。初代の麗子役は鈴木保奈美、2代目は松雪泰子、そして3代目に河北麻友子、あなたはどの白鳥麗子が好きですか?
Kengreen | 9,733 view
【松雪泰子】ドラマ『白鳥麗子でございます!』にて一躍ブレイク!かつてのご活躍ぶりを少しエロ目線を加えてプレイバック!

【松雪泰子】ドラマ『白鳥麗子でございます!』にて一躍ブレイク!かつてのご活躍ぶりを少しエロ目線を加えてプレイバック!

アラフィフ世代の美人女優は多いですが、美貌なら、その筆頭に挙げられる松雪泰子さん。 その美しさは現在も多くの男性ファンを魅了されていますよね。今回の記事では、そんな松雪泰子さんにフォーカスして、その軌跡を少しエッチな目線からも振り返っていきたいと思います。
tsukumo2403 | 1,397 view
1980年代最後に登場したおしゃれな中年色男のおとぎ話「愛と平成の色男」

1980年代最後に登場したおしゃれな中年色男のおとぎ話「愛と平成の色男」

「愛と平成の色男」は、1989年公開の日本映画です。昼はエリート歯科医で夜はジャズ・サックスプレイヤーという、2つの顔を持つプレイボーイの独身男と、彼を取り巻く5人の美女の関係を描いたラブコメディ。石田純一が本格的に映画に登場するようになった初主演作。監督・脚本が、1981年に「の・ようなもの」で長編映画監督デビューした森田芳光です。
五百井飛鳥 | 682 view
白鳥麗子からMotherまで!松雪泰子さんの出演ドラマを振り返ってみました!

白鳥麗子からMotherまで!松雪泰子さんの出演ドラマを振り返ってみました!

デビュー当初、白鳥麗子で知名度を上げた松雪泰子さん。その後もコメディドラマなどが続き、Motherからシリアスなドラマに出演することも増えていますよね。松雪泰子さんの出演したドラマで代表的な作品を振り返っていきます。
saiko | 615 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト