1980年代流行の先端をイっていた翔と桃子の鮮烈で波乱に満ちたラブストーリー ハイ・ブギこと「ハイティーン・ブギ」!あの頃の熱い想いをもう一度
2017年1月30日 更新

1980年代流行の先端をイっていた翔と桃子の鮮烈で波乱に満ちたラブストーリー ハイ・ブギこと「ハイティーン・ブギ」!あの頃の熱い想いをもう一度

ロック、カワサキZ、リーゼント、ポニーテール・・・1970年代後半~1980年前半当時の流行がそのまま反映していたともいえる漫画家・牧野和子氏の代表作「ハイティーン・ブギ」。漫画、そして時のジャニーズアイドル近藤真彦の映画主演とタイアップ曲「ハイティーン・ブギ」に迫ってみます!

20,830 view

漫画・「ハイティーンブギ」

1977年創刊の「プチ・コミック」に連載された漫画家・牧野和子/作家・後藤ゆきお氏による大ヒット作です。
高校生の暴走族・強姦・同棲・妊娠・というなんとも凄惨なテーマのもとにストーリーはテンポよく展開していきます。
そんななかでもとても魅力的なヒロイン、桃子と破天荒だけど一途な翔の翔(と)んでるカップル感が世間の若者たちを魅了したのでした。
ハイティーン・ブギ

ハイティーン・ブギ

(作:後藤ゆきお、プチコミック、小学館、全26巻)※『プチセブン』(小学館)にも掲載。単行本は1989年、2003年に同社から再版された(いずれも全6巻)

ストーリー

高校生の宮下桃子は両親と死別、喫茶店経営の叔母夫婦のもとで厄介者扱いされながらも聡明に育つ。
ある日、財閥の御曹司であるリーゼントの不良少年、藤丸翔が桃子のクラスに転校してきた。
翔と桃子の運命的な出会いであった。
翔は桃子に一目ぼれ。暴走族から足を洗おうとするが、この行為に腹を立てた仲間の一人が桃子を襲い、強姦してしまう。
気を失った桃子は強姦の相手が翔だと告げられ翔を軽蔑するが、襲った相手は翔の仲間の重だった。怒りが爆発した翔は重と殴り合いとなり、ボクサーを目指していた重は大ケガを負い、この時のケガがもとでボクサーの夢を断念する。
後に桃子は妊娠に気づき、翔と同棲を始める。
翔の率いるロックバンドが人気を博し、やがて一躍スターダムに上り詰めるのだが・・・

登場人物・藤丸翔&宮下桃子

藤丸翔(ふじまる しょう)

藤丸翔(ふじまる しょう)

暴走族「スケルトンズ」のヘッドだったが、桃子に一目ぼれをし、
暴走族から足を洗う

ロックバンド「翔&ライダーズ」で下積みから一躍スターダムにのし上がるが・・・
出典 ameblo.jp
宮下桃子(みやした ももこ)

宮下桃子(みやした ももこ)

家庭に恵まれず貧乏だが、秀才でかわいい容姿の女の子。

転校してきた翔に一目ぼれされ、徐々に惹かれていくが・・・
本来、少女マンガ!?だろうから女性ファンが多かった作品でしょうけど

男も読んでた奴は読んでたなっ
そう、「ハイティーン・ブギ」はもともとプチ・セブンという少女マンガで掲載されていたんだけど、当時の男の子(それもツッパリ!?)にも結構愛読されていたのでした!

(※ツッパリとは、早い話が「不良少年少女」の代名詞かなw)
風太が誕生したその日は、父親である重の誕生日であり命日。
でもって、もう一人の本当のお父さんの翔のデビューコンサートの日。色んな意味で壮絶な意味合いを含んでるんだよなぁ。
重の最期のシーンは本当に映画のよう。
ボクシングの試合で大阪へ行くと桃子には嘘をつくが、実は目的は鉄砲玉としてヤクザを殺す事。
標的に飛び込む前に通った電気屋のTVに映るのはタイトル戦。そして待っていた標的が現れた時にゴングが鳴る。
拳銃を構えた姿に、ボクサー姿の重が被る・・・・。
この場面運びは本当に見事で鳥肌が立つわ。
このシーン今読んでもときめいてしまう♡
読者の心にビンビンくる重の最期・・・泣かせるぜッ!

「ハイティーン・ブギ」電子書籍でソク読み!

ハイティーン・ブギ 1巻【電子書籍のソク読み】豊富な無料試し読み

432
すぐに読んでみたいと思ったら今は電子書籍ですね!
最初の11ページ試し読みから全242ページ

「ハイティーン・ブギ」やっぱり紙版という方はこちら!

ハイティーン・ブギ コミック 全6巻完結セット (フラワーコミックス・デラックス) | 牧野 和子 | 本 | Amazon.co.jp

Amazon公式サイトでハイティーン・ブギ コミック 全6巻完結セット (フラワーコミックス・デラックス)を購入すると、Amazon配送商品なら、配送料無料でお届け。Amazonポイント還元本も多数。Amazon.co.jpをお探しなら豊富な品ぞろえのAmazon.co.jp

動画・PUFFYのポップな3分間♪「ハイティーン★ブギ」

映画・ハイティーンブギ

後藤ゆきお(作)・牧野和子(画)による同名漫画をもとに、舛田利雄が脚色(永原秀一と共同)・監督した青春映画。当時絶大な人気を誇った「たのきんトリオ」の近藤真彦が主演を務めた。映画と同名の主題歌も大ヒットした。
 
[映画]ハイティーン・ブギ (1638535)

公開:1982年8月7日
配給:東宝
監督:舛田利雄
原作:後藤ゆきお/牧野和子
主題歌:近藤真彦「ハイティーン・ブギ」
アイドル全盛時代の1980年代、ダントツに人気があったジャニーズ所属の近藤真彦、田原俊彦、野村義男の3人は、それぞれの名前から頭の字を取って「たのきんトリオ」と呼ばれていました。
歌はもちろん、出す映画もヒットし、本作はそのシリーズの第4弾だったんですね!そしてこの「ハイティーン・ブギ」が最も内容的に、興行成績ともに高かった作品だそうです。
今でこそマッチこと近藤真彦さんは、ジャニーズの大御所であらせられますが、当時バリバリのパワーとかわいらしさを併せ持って、3人の中でも特に人気があったなと思います!
53 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

大人の女子にとってはどれも懐かしい!女子に人気の記事・スレッド一覧

【懐かしのおもちゃ】あなたは持ってた?80年代魔法少女アニメの変身グッズをまとめてみた!

【懐かしのおもちゃ】あなたは持ってた?80年代魔法少女アニメの変身グッズをまとめてみた!

80年代に放送されたアニメ「魔法少女」シリーズ。ミンキーモモやクリィミーマミなど大好きだった方も多いはず。そんな魔法少女たちの懐かしいおもちゃをまとめてみました。変身グッズって今見てもときめきます!ぜひあの頃のピュアな気持ちを思い出しながらご覧ください。
ミチ | 1,371 view
【アラフォー女子が語る】ぶっちゃけ、ワンナイトラブってした事ある?

【アラフォー女子が語る】ぶっちゃけ、ワンナイトラブってした事ある?

飲み過ぎて気が付いたらベッドで知らない男が寝てた!とか、普通にタイプだったからこっちから押し倒したなどなど、アラフォー女子のワンナイトラブ今昔物語です(笑)
あなたはどこ?私に見せるあなたも演技?――川原由美子さんが少女を通して描いた大人の青年の揺れ動く心『あなたに逢いたい』

あなたはどこ?私に見せるあなたも演技?――川原由美子さんが少女を通して描いた大人の青年の揺れ動く心『あなたに逢いたい』

舞台モノ『あなたに逢いたい』は川原由美子さんの隠された名作でしたね。当時は結ばれなかった二人の関係を今となって読み返すと、ヒロインの立場のみに留まらず、一人の男性の葛藤も味わい深く味わえるようになったのではないでしょうか。
me*me | 443 view
20代から40代の方が選ぶセラミド化粧品第1位受賞!【ピオリナモイストジェルクリーム】

20代から40代の方が選ぶセラミド化粧品第1位受賞!【ピオリナモイストジェルクリーム】

年齢と共に減り続けるセラミドを日々のスキンケアで補い続ける事が重要です!「シワ」「ニキビ」などの肌トラブルにも効果を発揮!「ピオリナモイストジェルクリーム」をご紹介します。

関連する記事こんな記事も人気です♪

武田久美子が著作本の発売イベントを開催!貝殻ビキニの再挑戦にも言及!

武田久美子が著作本の発売イベントを開催!貝殻ビキニの再挑戦にも言及!

タレント武田久美子(47)が23日、東京・福家書店新宿サブナード店で、ライフスタイル本「武田久美子のシンプルな35の習慣」(トランスメディア)の発売記念イベントを開催した。また、貝殻ビキニの再挑戦についても語った。
「貝殻ビキニ」の武田久美子(51)がセクシー過ぎる水着姿を披露!とてもアラフィフに見えないと話題に!!

「貝殻ビキニ」の武田久美子(51)がセクシー過ぎる水着姿を披露!とてもアラフィフに見えないと話題に!!

80年代に「貝殻ビキニ」で人気を博したタレントの武田久美子(51)が自身のインスタグラムにて、ハワイのビーチで撮影した若々し過ぎる水着姿を披露。とてもアラフィフに見えないと大きな話題となっています。
隣人速報 | 5,796 view
「貝殻ビキニ」で有名な武田久美子(50)が久々に披露したビキニ姿が若々しすぎると話題に!!

「貝殻ビキニ」で有名な武田久美子(50)が久々に披露したビキニ姿が若々しすぎると話題に!!

80年代から90年代にかけてグラビアで活躍した女優・武田久美子が、自身のブログにて久しぶりとなるビキニ姿を披露、その美しさが話題となっています。
隣人速報 | 28,566 view
日劇閉館イベントで「スニーカーぶる~す」が上映。近藤真彦が公開の81年当時を振り返り舞台挨拶でコメント

日劇閉館イベントで「スニーカーぶる~す」が上映。近藤真彦が公開の81年当時を振り返り舞台挨拶でコメント

2月4日に閉館するTOHOシネマズ日劇で「青春グラフィティ スニーカーぶる~す」(1981年)が上映され、たのきんトリオの一人として出演していた近藤真彦が舞台挨拶に登壇。1981年の公開当時の想い出を語った。
近藤真彦『ハイティーン・ブギ』。有名作曲家T.Yにより歌唱力UP!?

近藤真彦『ハイティーン・ブギ』。有名作曲家T.Yにより歌唱力UP!?

近藤真彦自身が出演する映画「ハイティーン・ブギ」の主題歌であった『ハイティーン・ブギ』。現在も数多くの名曲を手掛けている作曲家のT.Yによりマジックのように歌唱力がアップしました。一体誰が?どんな事をしたのでしょうか?
モンステラ | 5,675 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト