【訃報】元日本代表監督のイビチャ・オシムさん死去。90年W杯ではユーゴスラビアをベスト8へ導いた名将
2022年5月2日 更新

【訃報】元日本代表監督のイビチャ・オシムさん死去。90年W杯ではユーゴスラビアをベスト8へ導いた名将

サッカー日本代表の元監督で、1990年にはW杯でユーゴスラビアをベスト8へ導いた名将としても知られるイビチャ・オシムさんが、5月1日に亡くなっていたことが明らかとなりました。80歳でした。

484 view

【訃報】サッカー日本代表元監督、イビチャ・オシムさん死去。

サッカー日本代表の元監督で、1990年にはW杯でユーゴスラビアをベスト8へ導いた名将としても知られるイビチャ・オシムさんが、5月1日に亡くなっていたことが明らかとなりました。80歳でした。

第一報はこちらです!

オシムさんは1941年、ユーゴスラビア(現:ボスニア・ヘルツェゴビナ)のサラエボ出身。FWとしてフランスなどのチームで活躍し、1978年の現役引退後は指導者へと転向。1986年にユーゴスラビア代表監督に就任し、1990年のFIFAワールドカップイタリア大会ではユーゴスラビアをベスト8に導きました。その手腕を買われ、2003年には市原(現:ジェフユナイテッド千葉)の監督に就任、2005年にはナビスコ杯優勝を果たしました。そして2006年には日本代表監督に就任したものの、2007年に脳梗塞を発症。その影響で同監督を退任し、以降は指導者の立場から遠ざかっていました。

1990年W杯ベスト8での対アルゼンチン戦!!

ミドル世代にとって印象深いであろう、1990年6月30日にイタリア・フィレンツェで行われたW杯準々決勝の「アルゼンチン vs ユーゴスラビア」戦。ディエゴ・マラドーナ率いるアルゼンチンと、“欧州のブラジル”と呼ばれ、ドラガン・ストイコビッチ率いるユーゴスラビアの世紀の対決は一進一退の攻防となり、延長でも決着が着かずPK戦へともつれ込みました。PK戦においても、ストイコビッチがバーに当てて外してしまうと、マラドーナもGKに阻まれて失敗するなど、こちらも一歩も譲らぬ状況に。しかしながら、最終的には5-4でかろうじてアルゼンチンが勝利を収めました。試合終了後には、マラドーナがストイコビッチを慰めるなど、全力で戦い切った両者の間には友情が芽生えていた模様です。

当時の試合の模様はこちら!

【妖精vs神】1990WC 準々決勝 ユーゴスラビア vs アルゼンチン

哲学的な「オシム語録」の数々!!

アルゼンチンと互角に戦った名将・オシムさんですが、“オシム語録”と呼ばれる哲学的な発言を多数遺しています。ここでは、その中からいくつかピックアップしてご紹介したいと思います。

「オシム語録」の一例!!

「肉離れ?ライオンに襲われた野うさぎが逃げ出すときに肉離れしますか?準備が足りないのです。私は現役のとき1度もしたことはない」
via 2003年4月、ジェフユナイテッド市原監督時代に、故障者が続出したことに際して。
「レーニンは『勉強して、勉強して、勉強しろ』と言った。私は選手に『走って、走って、走れ』と言っている」
via 2003年4月、「オシムイズム」について質問された際の発言。
「どこで何が起こるか分からない。人生はいつも危険と隣り合わせだ。サッカーも同じ」
via 2005年5月、試合前ミーティングの際の発言。
「2つの車を同時に運転することはできない」
via 2006年6月、日本代表と千葉の兼任監督についての発言。
「物事を客観視すればいい話ができる。自分たちの能力以上のものを期待して盛り上がると、失望することになる」
via 2006年、W杯ドイツ大会で日本の1次リーグ敗退を嘆く風潮に際して。
こちらがオシム語録の一例になります。「2つの車を同時に運転することはできない」「自分たちの能力以上のものを期待して盛り上がると、失望する」をはじめ、サッカーの世界のみならず、我々の人生全般に通用する発言を数多く残しており、彼の発言をまとめた著書も刊行されています。サッカーの枠に留まらず、我々の記憶に残る功績を遺したオシムさん。これからも語り継がれていく存在であることは間違いありません。ご冥福をお祈り申し上げます。

「オシム語録」を徹底的に振り返りたくなった方はこちらで!

24 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

天才・小野伸二が引退。本人も「怪我がなければ…」というフィリピン戦で負った大怪我とは?

天才・小野伸二が引退。本人も「怪我がなければ…」というフィリピン戦で負った大怪我とは?

サッカー元日本代表で北海道コンサドーレ札幌のMF・小野伸二(44)が3日、明治安田生命J1の最終節・浦和レッドダイヤモンズ戦で、現役ラストマッチを迎ました。
隣人速報 | 298 view
「ドーハの悲劇」から30年が経過!ラモス瑠偉公認のコラボアイテムが発売!ドキュメンタリー「ドーハ1993+」も話題に!

「ドーハの悲劇」から30年が経過!ラモス瑠偉公認のコラボアイテムが発売!ドキュメンタリー「ドーハ1993+」も話題に!

オンラインショップ「キーレジェンド」にて、ドーハの悲劇を象徴するシーンをイラストデザインした「ラモス瑠偉」公認のコラボアイテム「VINTAGE CULTURE BASE / FOOTBALL COLLECTION」の第1弾(Tシャツ、プルパーカー)が現在好評発売中となっています。
隣人速報 | 126 view
元日本代表MF・小野伸二(44)が今季限りでの現役引退を発表。フランスW杯、ワールドユースなどで活躍した“天才”

元日本代表MF・小野伸二(44)が今季限りでの現役引退を発表。フランスW杯、ワールドユースなどで活躍した“天才”

J1リーグの北海道コンサドーレ札幌に所属する元日本代表MF・小野伸二(44)がこのたび、自身のインスタグラムにて今季限りでの現役引退を表明しました。
隣人速報 | 159 view
まだ現役!?引退していない日本スポーツ界のレジェンド達

まだ現役!?引退していない日本スポーツ界のレジェンド達

日本のスポーツ界において輝かしい成績をおさめたレジェンド達の中で、今も現役にこだわり、引退を明言していないアスリートを紹介します。
ひで語録 | 1,740 view
【訃報】1982年のW杯で得点王に輝いた“黄金の子”パオロ・ロッシさん死去。

【訃報】1982年のW杯で得点王に輝いた“黄金の子”パオロ・ロッシさん死去。

1982年に開催されたサッカーワールドカップ(W杯)・スペイン大会のイタリア代表で、同大会で得点王に輝いたパオロ・ロッシさんが9日、肺がんにより亡くなっていたことが明らかとなりました。64歳でした。
隣人速報 | 540 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト