ハッピーエンドのその先を描いた少女漫画「ないしょのプリンセス」
2021年1月20日 更新

ハッピーエンドのその先を描いた少女漫画「ないしょのプリンセス」

りぼんで連載されていた水沢めぐみさんの人気漫画「ないしょのプリンセス」。当時は両想いになるとそこで終わりという漫画が多かったですが、この漫画はこの先まで描かれていますよ。

168 view

「ないしょのプリンセス」はいつの作品?

「ないしょのプリンセス」はりぼん1995年4月号から1996年7月号まで連載されていました。その後95年から97年にかけて番外編が4本描かれています。連載終了から2年経って番外編画出るなんて、ファンとしては嬉しいですよね。作品の人気の高さが分かります。

水沢めぐみさんの連載作品では「おしゃべりな時間割」の後で「トウ・シューズ」の前になります。

コミックスは全4巻。当時の少女漫画は人気作品でも5巻程度で終わることが多かったので、特別短い作品という訳ではありませんよ。

コバルト文庫から宮沢ぷりんさん作で小説版も出ています。

「ないしょのプリンセス」のあらすじ

Amazon.co.jp: ないしょのプリンセス 1 (りぼんマスコットコミックスDIGITAL) eBook: 水沢めぐみ: Kindle Store (2251633)

鈴木奏と柴田航生は同じ幼稚園に通う幼稚園児。家も社宅で隣同士ということもあり、2人は大の仲良しでした。そして奏は航生のことが好きでした。ですが、母親同士が仲が悪くお互いに「仲良くしちゃダメ」と言われていました。それでも2人はお互いを好きで母親の目を盗んで一緒に遊んでいました。お遊戯会で姫と王子の役をやったこともありました。

そして、6歳の時に航生は北海道に引っ越ししてしまうことに。航生は
2人は偶然同じひよこのキーホルダーを持っていました。航生は自分のキーホルダーにピンクのリボンをつけ、奏のものと交換します。「結婚しようね」と約束し、指輪の代わりにキーホルダーを交換したのです。引っ越ししてからも奏は航生のことが好きだったのでずっと手紙を書いていたのですが、一度も連絡は取れませんでした。

連絡が取れなくても奏は航生を想い続けていました。そして7年後の中学2年生の時、転校生がやってきます。その転校生とは航生でした。しかも、また家も隣に引っ越してくるのです。

奏は航生が転校してきたことを喜ぶのですが、航生は奏を覚えていないと言います。それでも奏は航生に告白をするのですが、航生には彼女がいて振られてしまいます。

航生の彼女は北海道に住んでいる沙織。中1に時に航生に告白し付き合うことになりました。ですが、航生は奏のことが忘れられず、2人は手をつないだことすらありませんでした。航生が東京に引っ越してきてから航生のところに遊びに来たところを奏が目撃し、彼女がいるということを実感してしまうのでした。

航生は夏休みに沙織の元へ行き、自分の本心を伝えて別れます。その後、奏と航生は晴れて付き合うことに。おたがい7年も思い合っていたのですから当然といえば当然ですよね。

ですが問題は母親。母親同士はまだ仲が悪くお互い「奏ちゃんと仲良くしちゃダメ」「航生くんと仲良くしちゃダメ」と言われてしまいます。ですから2人は周りに内緒で付き合うことになるのです。

「ないしょのプリンセス」の結末は!?

Amazon.co.jp: ないしょのプリンセス 4 (りぼんマスコットコミックスDIGITAL) eBook: 水沢めぐみ: Kindle Store (2251636)

晴れて両想いになった2人ですが、母親には反対されています。「付き合ったら転校させる」とまで言われていたんです。ですから、付き合っていることを母親だけでなく周囲に隠していたため色々とトラブルも起こりました。

奏は明るくて優しい性格。新聞部で色々な人に取材をしていたので上級生からも下級生からも人気がありました。奏と航生の幼馴染である隆一郎から思いを寄せられていました。周囲には奏と隆一郎が付き合っていると思われたり、2人も下級生に思いを寄せられたりという事件もありました。

ですがだんだん周囲に奏と航生が本当は付き合っているということが知れ渡り、ついに母親にも知られてしまいます。奏は母親から強く叱られ、一度は航生と別れてしまいます。

ですが周囲の励ましもあり、「親に反対されても、転校させられても恋人でいよう」と決意。やがて母親同士の関係もよくなり、2人の仲も認められます。

最終回では「3年生を送る会」で「白雪姫」の劇をやります。7年ぶりの白雪姫。奏は白雪姫役ですが王子は航生ではなく隆一郎でした。ですが舞台袖で見ていた航生が押され、アドリブで航生が白雪姫と結ばれたというエンディングで幕を閉じます。

奏の母親と航生の母親は実は中学から、会社に入るまでずっと同じで親友でした。ですが会社に入ってから付き合っていた人が奏の母と航生の母で二股をかけていたことから仲たがいしてしまいました。悪いのは二股をかけていた男なんですよね。その後、お互いに別の男性と結婚しますが2人も会社の同僚。夫同士も仲が良くなかったということからさらに仲たがいしてしまったのです。

ですが高校の同窓会に行った時に二股男と再会。ハンサムだったのですが、すっかり変わり果てた姿を見て、2人は仲直りすることになったのです。

子どもの人生を左右するほど付き合いを制限していたのに理由があんまりだな、と思いました。おたがい元々仲直りしたい気持ちはあったそうですが、仲直りのきっかけもなんだかなーという感じです。ダンディになっていたら余計に仲たがいしたのでしょうか・・・。

ちょっと大人になると細かいことを突っ込みたくなってしまいますね。

ちなみに水沢めぐみさんは、「いつも付き合って終わりになってしまうのでその先が描きたい」ということでこの物語を描かれたそうです。たしかに水沢さんの作品に限らず、昔の少女漫画は付き合って終わりのものが多かったので、付き合ってからの物語は新鮮でしたよね。
8 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

大人の女子にとってはどれも懐かしい!女子に人気の記事・スレッド一覧

オトナ女子必見!不二家のジュース「レモンスカッシュ」「ネクター」がレトロな香水になって登場!!

オトナ女子必見!不二家のジュース「レモンスカッシュ」「ネクター」がレトロな香水になって登場!!

不二家のロングセラー飲料「ネクター」「レモンスカッシュ」が、香水などを扱う専門商社・ウエニ貿易とのコラボ商品「不二家 ネクターの香り」「不二家 レモンスカッシュの香り」を発売することが明らかとなりました。
隣人速報 | 1,711 view
創刊40周年『増刊ハーレクインめちゃコミック号』が発売!他企画も実施予定!!

創刊40周年『増刊ハーレクインめちゃコミック号』が発売!他企画も実施予定!!

ロマンス小説『ハーレクイン』を刊行する株式会社ハーパーコリンズ・ジャパンは、株式会社アムタスと製作した漫画雑誌「増刊ハーレクインめちゃコミック号」を発売しました。40周年にあたり、ハーレクインでは他の企画も予定しています。
♡らんま1/2の美女キャラ集めてみました♡

♡らんま1/2の美女キャラ集めてみました♡

らんま1/2は高橋留美子作の漫画作品で、1987年から1996年まで小学館「週刊少年サンデー」に連載され、アニメ化もされました。
おにいちゃん | 22,480 view
年代別・恋愛ドラマからわかる恋愛事情の変化とは?

年代別・恋愛ドラマからわかる恋愛事情の変化とは?

昔も今も、若い女性の間で人気の恋愛ドラマ。中には社会現象を巻き起こすまでの話題になったヒットドラマもありました。恋愛ドラマには、その年代の世相や恋愛観などが色濃く反映されています。今回は、年代別に話題になった恋愛ドラマをもとに、恋愛事情の変化を考察していきます。
iVERY | 701 view

関連する記事こんな記事も人気です♪

80年代~90年代のりぼん歴代連載作がスカイツリーに集結!「250万乙女のときめき回廊」1月9日から開催予定

80年代~90年代のりぼん歴代連載作がスカイツリーに集結!「250万乙女のときめき回廊」1月9日から開催予定

月刊少女漫画雑誌「りぼん」の創刊60周年を記念したイベント「250万乙女のときめき回廊 at TOKYO SKYTREE」が、2017年1月9日~3月31日までの期間限定で開催される。今回、80年代~90年代に連載された人気漫画が東京スカイツリーを彩る。
red | 2,833 view
「おしゃべりな時間割」のようなピュアな恋をしたことがあなたにもあったはず

「おしゃべりな時間割」のようなピュアな恋をしたことがあなたにもあったはず

りぼん漫画家の巨匠・水沢めぐみの名作、「おしゃべりな時間割」。ピュアが過ぎる少女たちの恋愛模様・・・こんな経験、きっとあなたもしたことあるはずです。
ゆりか | 238 view
水沢めぐみの隠れた名作?「チャイム」を振り返ってみよう!

水沢めぐみの隠れた名作?「チャイム」を振り返ってみよう!

「姫ちゃんのりぼん」のようなファンタジー作品が有名な水沢めぐみさんですが、普通の中学生を主人公にした作品も人気があります。今回ご紹介するのは「チャイム」。恋と友情を描いた名作ラブストーリーです。
saiko | 678 view
ポニーテール白書って覚えてる?水沢めぐみの青春ラブストーリー

ポニーテール白書って覚えてる?水沢めぐみの青春ラブストーリー

1985年からりぼんで連載されていた水沢めぐみの「ポニーテール白書」を覚えていますか?主人公の結と初恋と結の家族について描いた作品です。あらすじからラストまでご紹介していきますね。
saiko | 1,510 view
水沢めぐみの実話を少女漫画に!「おしゃべりな時間割」を振り返ってみましょう★

水沢めぐみの実話を少女漫画に!「おしゃべりな時間割」を振り返ってみましょう★

1994年6月~12月、りぼんに連載されていた「おしゃべりな時間割」。作者である水沢めぐみの実話である初恋について描かれており、水沢めぐみの恋愛観が出ている作品で、当時の小中学生に人気がありました。振り返っていきましょう。
ぶちうに | 1,274 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト