原発・キ○ガイ…今なら放送が難しい?危険なブルーハーツ曲特集
2017年7月21日 更新

原発・キ○ガイ…今なら放送が難しい?危険なブルーハーツ曲特集

放送禁止用語も社会的な問題提起も臆することなくシャウトして、ロックンロールとは何かを体現し続けてきたブルーハーツ。ただ、大人たちに褒められるようなバカにはなりたくない…。そんな哲学が垣間見られる名曲の数々を紹介していきましょう。

5,398 view

『人にやさしく』⇒「気~が~くるいそォ~」というフレーズ

「ロックが好きな自分がいいと思うんだから、これでいい」
甲本ヒロトの思想が、ブルーハーツというバンドがもつ魅力の根幹をなしているは言うまでもありません。そう。世間の大人からどう思われようが、いつだって、ヒロトは自分らしくありのまま、そして、人にやさしく生きることの大切さを教えてくれたのです。良識派ぶった人からの批評など、意に介さない…。だからこそ、過激なパフォーマンスを繰り返し、挙句の果てには、デビュー曲の歌いだしを「気~が~くるいそォ~」と、かなりきわどいフレーズにしてしまったのでしょう。
人にやさしく(1988年)

人にやさしく(1988年)

ブルーハーツ 人にやさしく

人にやさしく LIVE ver.

『終わらない歌』⇒歌詞に含まれた差別用語「キ○ガイ」

『人にやさしく』はギリギリセーフだけど、こっちは完全にアウト。なにせ、「キ○ガイ扱いされた日々」という歌詞が、堂々とブチ込まれているのだから。

ブルーハーツはメジャーデビューの際、「たとえレコ倫に引っかかったとしても、歌詞はそのままでいく」という契約を交わしています。ですが、さすがにそのまま歌詞カードへ載せるわけにもいかず、「キ○ガイ」の箇所は「…」と無記入扱いに。ボーカルもギターの音をあえて被せて、聞こえないようにされています。しかし、ライブバージョンではガッツリ聞こえます。
1作目のアルバム『THE BLUE HEARTS』

1作目のアルバム『THE BLUE HEARTS』

終わらない歌(1987年)は、1作目のアルバム『THE BLUE HEARTS』に収録されていた
♪終わらない歌を歌おう 全てのクズ共のために♪
♪終わらない歌を歌おう 一人ボッチで泣いた夜♪
♪終わらない歌を歌おう …あつかいされた日々♪
出典 「終わらない歌」より

終わらない歌 / THE BLUE HEARTS / LIVE

『チェインギャング』⇒「キリストを殺す」という歌詞

ブルーハーツにとって3枚目となるシングル、『キスしてほしい』のB面に収録された『チェインギャング』。ボーカルを務めたのは、マーシーことギタリストの真島昌利。彼独特のザラザラとした声質によって歌われた同曲は、ヒロトボーカル曲にはない味わい深さがあり、元SMAPの中居正広も、昔よくテレビで歌唱していました。
2作目のアルバム『YOUNG AND PRETTY』

2作目のアルバム『YOUNG AND PRETTY』

チェインギャング(1987年)は、2作目のアルバム『YOUNG AND PRETTY』に収録されていた
この曲を、ことあるごとに歌っている中居クン

この曲を、ことあるごとに歌っている中居クン

この『チェインギャング』は、インディーズ時代から歌われている人気曲であり、もともとはファーストアルバムに収録される予定でした。けれども、歌詞中の「キリストを殺したものは そんな僕の罪のせいだ」という一節が問題視され、レコード会社により、収録を見送られた過去があります。

おそらく、熱心なキリスト教徒の反感を買うと判断されたのでしょう。しかし、どう考えてもこのフレーズは、人々の原罪(=生まれながらの罪)を帳消しするべく、磔にされた神の子・イエスを信仰する、キリスト教の教えそのもの。批判してくるのは、余程もの知らぬ輩かブルーハーツアンチ以外、考えられないのに…。ファーストアルバムとあって、レコード会社側も少し神経質になり過ぎたのでしょうか。

チェインギャング LIVE ver.

『旅人』⇒ミュージックビデオがエロ過ぎる

ブルーハーツ14枚目のシングルとしてリリースされた『旅人』。こちらは歌詞的に、何ら問題はありません。問題アリなのは、ミュージックビデオ。バストを露わにしたほとんど全裸姿の女性が登場し、自らの裸体に戦車のおもちゃを走らせたり、ブルーハーツが映るテレビの角に股間をこすり付けたり、大股開きで椅子に座り、股間をブルハメンバーの頭で隠したり…。とにかく、エロい。いうまでもなく、このMVは放送禁止扱いとなっています。
旅人(1993年)

旅人(1993年)

旅人

28 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

高得点を目指せ!【ザ・ブルーハーツ】イントロクイズ

高得点を目指せ!【ザ・ブルーハーツ】イントロクイズ

1985年に甲本ヒロトと真島昌利を中心に結成したパンク・ロックバンド『ザ・ブルーハーツ』。 激しいライヴパフォーマンスとメッセージ性の高い歌詞で多くの若者を熱中させたブルハの名曲たちをアナタはどれだけ覚えていますか?
【THE BLUE HEARTS】勝手に名曲ベスト10!

【THE BLUE HEARTS】勝手に名曲ベスト10!

この記事では、わたくし「つきねこ」の主観で、勝手に名曲を10曲抜粋したいと思います! 共感して頂けると幸いです(^^)/
つきねこ | 10,857 view
「リンダ リンダ」「終わらない歌」他、THE BLUE HEARTS 1stアルバムの歌詞傾向を徹底分析!

「リンダ リンダ」「終わらない歌」他、THE BLUE HEARTS 1stアルバムの歌詞傾向を徹底分析!

1980年代後半から1990年代前半にかけて活動していたパンク・ロックバンド、THE BLUE HEARTS(ザ・ブルーハーツ)。今でも熱狂的なファンが多いこのバンドの大きな特徴として、当時の多くの若者に支持されたメッセージ性の高い歌詞が挙げられます。今回はこのバンドの存在を世の中に知らしめた1stアルバム『THE BLUE HEARTS』収録曲の歌詞傾向を分析してみました!
PetitLyrics | 3,360 view
2000年までの【ハイロウズ】を振り返る

2000年までの【ハイロウズ】を振り返る

この記事では、ハイロウズの活動期間の丁度半分である1995年から2000年までの名曲を振り返りたいと思います。
つきねこ | 2,282 view
1988年リリース 【THE BLUE HEARTS】のアルバム『TRAIN-TRAIN』を振り返る

1988年リリース 【THE BLUE HEARTS】のアルバム『TRAIN-TRAIN』を振り返る

この記事では、1988年にリリースされた【THE BLUE HEARTS】の3枚目のアルバム『TRAIN-TRAIN』に焦点を当ててみたいと思います。
つきねこ | 1,272 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト