【アリー my Love】ボン・ジョヴィも出てた踊る弁護士(?)物語♪90年代の海外ラブコメディ・ドラマ
2017年1月26日 更新

【アリー my Love】ボン・ジョヴィも出てた踊る弁護士(?)物語♪90年代の海外ラブコメディ・ドラマ

 日本では1998年よりNHK総合テレビで放送されていた法律事務所が舞台の海外コメディ・ドラマでした。弁護士の主人公アリーを取り巻く職場の仲間たちも、個性豊かでおもしろく、法律を扱っているドラマなので裁判所のシーンもよく登場するのですが、硬いドラマではなく踊って歌って仕事もバッチシのおもしろドラマでした!

15,060 view

「アリー my Love」とは?

「アリーmy Love」出演者たち

「アリーmy Love」出演者たち

懐かしい顔ぶれです!
毎週、楽しみにしていたおもしろ海外ドラマでした。
設定は弁護士事務所だが、いわゆる「法廷もの」ではなく「ラブコメディ」なので、専門的な法律用語はほとんど出てこない。
一風変わった職場での同僚との会話や、友達との会話、クライアントの微妙な相談、デートでの会話などが中心。
そうなのですよ!
弁護士事務所が主な舞台ですが、難しいことはなく、むしろ、おもしろコメディとして見ていました。
左から)ジョージア、ビリー、アリー

左から)ジョージア、ビリー、アリー

この三人はオリジナル・メンバーですね!
ちょっとした三角関係でもあり…。
非常に個性的な登場人物の、歯に衣着せぬ知的な言葉の応酬が面白いのだが、弁護士だけあって、かなりの早口で知的な嫌味をまくしたてたり、言いにくいことをズバッとアドバイスしたり、かと思うと絶妙な「間」を取りながら複雑な心境を語るシーンも。

アリー語録とも言われる数々の名言(迷言?)も楽しい。
アメリカ合衆国のFOXで1997年から2002年まで、5シーズンにわたって放送、日本では1998年よりNHK総合テレビで放送された。
エミー賞やゴールデングローブ賞を受賞している。

女性からの共感が大きかったのも人気の秘訣

まずアリー自身が弁護士にもかかわらず(?)、ささいなことですぐに落ち込んだり、パニックを起こしたり。さらには妄想癖もあり、夢と現実を混同しがちというやっかいな存在。常に理想のパートナーを求めているのに、それがかなわないからと情緒不安定になるという実に困ったキャラクターの女性なのだ。ところが、そんなアリーの姿が20代、30代の女性たちの共感を呼んだ。仕事の行き詰まりも、目尻にできたしわも同じレベルで悩み大騒ぎするアリー。まさに等身大の主人公がそこにいたのだ。

一方、アリーに輪を掛けた変人(?)ぶりを発揮する登場人物たちの人間模様も見応え十分。アリーと彼らが繰り広げる数々のバトルも見ものだった。それでも最後には協力し合い、難題だらけの訴訟を見事、勝訴に導く場面も痛快だ。訴訟内容も現代社会の病巣をえぐるようなテーマを取り上げることが多く、ただの“おふざけ”だけではなかったところも魅力だった。
弁護士として働く女性アリー

弁護士として働く女性アリー

ハーバード大学出身のエリートでも同じ女性、等身大の悩みや喜び、喜怒哀楽をユーモアたっぷりみ見せてくれます。
 「アリー my Love」シーズン1で、アリーの年齢は27歳になっていますが、シーズンを重ねる毎に、当然ながらアリーも年をとります。
「とうとう30歳!」
 とアリーが溜息をつくような場面も、確か、あったかと思います。
 この当時は、私もほぼ同年代であり、
「アメリカの女性でも30歳ってのは、気になる歳なのか…」
 と感じたことを覚えています。
 そういう小さな(人によっては「大きなこと」かもしれません)ことでも、共感できたドラマでした。

キャスト

 舞台は「ケイジ&フィッシュ法律事務所」です。ゲストも多数、出演されています(歌のゲストも多かったですね!)。ここでは主な出演者についてご紹介です!

アリー・マクビール(主人公)

キャリスタ・フロックハート、吹替:若村麻由美

キャリスタ・フロックハート、吹替:若村麻由美

働くシングル・ウーマンであるアリーです。
どこにでもいそうで、どこか滑稽で突拍子もないこと言い出したりと、何かと騒ぎの中心になったりもします。
後に登場する同僚のネルやリンに「このギスギス女!」と言われたりも!

アリー演じるキャリスタ・フロックハートは、「スター・ウォーズ」や「インディ・ジョーンズ」でおなじみのハリソン・フォードと結婚しており、お子さんと三人暮らしです。

リチャード・フィッシュ

グレッグ・ジャーマン、吹替:小杉十郎太

グレッグ・ジャーマン、吹替:小杉十郎太

ケイジ&フィッシュ法律事務所のシニアパートナー(共同経営者のひとり)。アリーとは大学の同級生。
リチャードで思い出すと言えば、熟女の「たるみ(顎とか)」に、何やら惹かれる癖…「たるみ」フェチですね! 
途中から、アジア系のリンともつきあいはじめます。
弁護士とは思えないような、なんとなく明るい(軽い?)リチャードです。

ジョン・ケイジ

ピーター・マクニコル、吹替:江原正士

ピーター・マクニコル、吹替:江原正士

リチャードとともに「ケイジ&フィッシュ法律事務所」のシニアパートナー。
繊細な性格が災いしてか、どことなく変わり者に見えますが、決して悪い人ではないです。アリーのよき理解者でもあり、弁護士としての腕も良い人です。
後に登場する、ブロンド美女のネルに恋してしまいます。ドキドキの展開でした!

ビリー・トーマス

ギル・ベローズ、吹替:宮本充

ギル・ベローズ、吹替:宮本充

アリーちは幼馴染みでもあり、元恋人でもあったビリー。
同じ事務所で働く、これも同じ弁護士のジョージアと結婚しています(夫婦関係では悩むことも…)。
なんとなくアリーはまだビリーに未練があるのかな…と思われる場面もありましたね!
シーズンが進むと、突如、髪をど金髪にしてしまったことも…!
51 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

あのダンシング・ベイビーも話題になった!1997年海外ドラマ「アリー my Love」

あのダンシング・ベイビーも話題になった!1997年海外ドラマ「アリー my Love」

1997年に始まった海外ドラマ「アリー my Love」 主人公のエリート弁護士アリーはちょっと不器用で愛すべく性格の持ち主♪ 当時話題になったCG映像など、みどころもいっぱいのラブコメディです!
うーくん | 3,038 view
【海外ドラマ・フルハウス】20年ぶりの復活を受けて、前作をおさらいしておこう♡

【海外ドラマ・フルハウス】20年ぶりの復活を受けて、前作をおさらいしておこう♡

20年ぶりに大人気の海外ドラマ「フルハウス」が帰ってきます!ハートフルな家庭ドラマで、毎回いろんな事件が起こりワクワクドキドキしましたよね。復活を受けて、再び懐かしのフルハウスを思い出してみませんか?
imanekoneko | 18,140 view
90年代の大ヒットドラマ「ビバリーヒルズ青春白書」のリブート版がオリジナルキャストで製作!!

90年代の大ヒットドラマ「ビバリーヒルズ青春白書」のリブート版がオリジナルキャストで製作!!

1990年から2000年まで放送され人気を博したドラマシリーズ「ビバリーヒルズ高校白書/青春白書」に、リブート(過去の作品を元にして新たな作品を製作)の話が出ていることがこのたび明らかとなりました。
隣人速報 | 609 view
【ハイテク・ヘリ対決!】あなたはどっち?「エアーウルフ V.S. ブルーサンダー」

【ハイテク・ヘリ対決!】あなたはどっち?「エアーウルフ V.S. ブルーサンダー」

ハイテク・ヘリコプター・アクション作品として人気のある『超音速攻撃ヘリ エアーウルフ』と『ブルーサンダー』。あなたはどちらのヘリが好きでしたか?また、好きな理由や、両ドラマに関する過去エピソードなどについてのコメントもお待ちしております!さぁー、あなたの投票はどっち!?
聖地巡りツアーまで企画された大人気海外ドラマ「ツイン・ピークス」を覚えているか!?

聖地巡りツアーまで企画された大人気海外ドラマ「ツイン・ピークス」を覚えているか!?

1991年にWOWOWで放送され、瞬く間に大反響となり1992年には地上波でも放送された「ツイン・ピークス」!アメリカワシントン州へ、今でいう聖地巡礼ツアーまで企画されたほどの人気だった「ツイン・ピークス」について語りましょう!

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト