2017年2月27日 更新

懐かしい特撮・アニメ・漫画の傑作エピソードvol.5(想定外の衝撃的な展開・みんなのトラウマ・封印作品)

懐かしい昭和の特撮やアニメ・漫画の衝撃的な傑作エピソードや子供のころに怖くてトラウマになった作品などを振り返ってみましょう。いずれの作品も色々な意味で衝撃的かつトンデモない面白いネタが勢ぞろいです。

35,351 view

村松定孝著「わたしは幽霊を見た」の怖すぎる幽霊の絵。みんなのトラウマでしたね。子どもたちにガツン!と衝撃を与えた1冊。

村松定孝著「わたしは幽霊を見た」 (少年少女講談社文庫...

村松定孝著「わたしは幽霊を見た」 (少年少女講談社文庫・1972年)(旧装丁)

少年少女講談社文庫の挿絵は70年代の劇画タッチで妙に生...

少年少女講談社文庫の挿絵は70年代の劇画タッチで妙に生々しいですよね。これぞ昭和の価値。

少年少女講談社文庫の本は図書館でよく読みましたね。

少年少女講談社文庫の本は図書館でよく読みましたね。

『わたしは幽霊を見た』に多くの子どもが震撼した最大の要因は、口絵部分に掲載された幽霊のスケッチ。「大高博士」なるお医者さんがとある病院で実際に目撃し、その直後にスケッチした「亡霊」の姿……として掲載されています。
今見ても怖すぎる幽霊の絵!大高博士がその場で描いた亡霊...

今見ても怖すぎる幽霊の絵!大高博士がその場で描いた亡霊の衝撃的なスケッチ。

この亡霊イラストは昭和50年代、 多くの子供のトラウマとなった。

漫画『ウルトラマンタロウ』完全復刻版 子供向きではない衝撃的な内容が多い。ウルトラシリーズ最凶のファン必見の永久保存版。

ウルトラマンタロウ 完全復刻版 (復刻名作漫画シリーズ)

ウルトラマンタロウ 完全復刻版 (復刻名作漫画シリーズ)

幻の学年誌版を収録した初の完全版!

「ウルトラマンシリーズ」放映50周年と石川賢氏没後10年を記念した完全版です。
これまでに発売された単行本には収録されることがなかった扉絵を収録し「週刊少年サンデー」連載時の誌面を再現。
さらには、一度も単行本化されていない「小学一年生」版をカップリング。
『ウルトラマンタロウ』がテレビ放映された1973年、小学館発行の「週刊少年サンデー」および「小学一年生」に『ウルトラマンタロウ』のコミカライズが連載されました。描き手は『ゲッターロボ』シリーズなどの代表作をもつ石川賢氏です。石川賢版『ウルトラマンタロウ』は石川流のアクション描写やストーリーアレンジが話題となり、今なおマニア人気の高い作品です。
タロウの怪獣の倒し方が残虐です。むごい・・・。

タロウの怪獣の倒し方が残虐です。むごい・・・。

週刊少年サンデー版『ウルトラマンタロウ』
読者も「うわああ・・・」と言いたくなる一般人の犠牲者の描写。

読者も「うわああ・・・」と言いたくなる一般人の犠牲者の描写。

週刊少年サンデー版『ウルトラマンタロウ』

扉に書かれたコピー、「絶望と恐怖」。まさに、そのとおりの内容です。
バルタン星人とメフィラス星人のやられ方もエグイ。これが...

バルタン星人とメフィラス星人のやられ方もエグイ。これが小学1年生向きなのか・・・。

小学一年生版『ウルトラマンタロウ』

小1には刺激が強すぎる!

小学一年生版もバイオレンスさが、サンデー版と変わらない。さすが1970年代。
ゾフィー兄さんがバードンに殺されるのはテレビ版と同じだ...

ゾフィー兄さんがバードンに殺されるのはテレビ版と同じだが、バードンのクチバシが貫通と残虐性が高まっている・・・これが小学一年生向きかあ・・・。

小学一年生版『ウルトラマンタロウ』

一度も単行本化されていなかった「小学一年生」版ウルトラマンタロウ・・・恐るべしな内容です。
極めてバイオレンスな石川版のタロウが復刻されるとは思ってもみなかったので、これはもう永久保存版です。

『キン肉マン』のなかったことにしたい黒歴史。キン肉マンは「ウルトラ兄弟8番目の出来の悪い弟」という設定だった。

キン肉マンは「ウルトラ兄弟8番目の出来の悪い弟」という...

キン肉マンは「ウルトラ兄弟8番目の出来の悪い弟」という設定だった。

集英社の漫画雑誌『週刊少年ジャンプ』において、1979年22号(1979年5月28日号)から1987年21号(1987年5月4日号)まで連載。
出典 p.twpl.jp
当初は変身ヒーローを題材としたギャグ漫画(『ウルトラマン』のパロディ)であったが、第28話にて始まった第20回超人オリンピック編から格闘路線にストーリーを変更して人気を博す。
ゾフィー兄さん「お父さん、またやりましたね!」

ゾフィー兄さん「お父さん、またやりましたね!」

出典 ameblo.jp
ウルトラの母「わたしという妻がありながら、あなたって人は!」

ウルトラの母「わたしという妻がありながら、あなたって人は!」

出典 ameblo.jp
ウルトラの父は赤提灯で酔いつぶれて、酒に酔った勢いで・...

ウルトラの父は赤提灯で酔いつぶれて、酒に酔った勢いで・・・なんと

出典 ameblo.jp
キン肉マンのお母さんとやってしまったのだ・・・その時に...

キン肉マンのお母さんとやってしまったのだ・・・その時に出来た子がキン肉マンという設定。

ウルトラの父「ママー」
キン肉マンのお母さん「あっ・・・いけませんわ、およしになって・・・あ~」
出典 ameblo.jp
ウルトラ兄弟のような「キン肉ビーム」を発射していた。

ウルトラ兄弟のような「キン肉ビーム」を発射していた。

『学校の怪談 春の呪いスペシャル』第2話「アサギの呪い」 学校の怪談シリーズ史上最恐に怖い伝説の作品。

『学校の怪談 春の呪いスペシャル』第2話「アサギの呪い...

『学校の怪談 春の呪いスペシャル』第2話「アサギの呪い」 地上波で放送されたとは思えない濃密なホラー映像。トラウマを受けた者が続出した。

【あらすじ】
とある女子高にて、綾(内山理名)と真由は転校生の杏子を恐がらせるために、
旧校舎の地下にある開かずの間となっていた図書室へと連れ込んだ。

綾の携帯の番号を杏子が盗み見したという口実で一室に閉じ込めたまま夜になり、気が済んだ綾達は杏子を解放してやる。
当然のごとく怒る杏子は真っ先に帰ろうとするが、入口の扉が開かない。

綾達も鍵をかけた覚えがなく、必死に扉を開けようとするがそのうちノブが外れてしまい、出られなくなってしまう。

八方塞がりな状況の中、真由はこれを「アサギの呪い」ではとつぶやく。

実はこの地下室の部屋は、かつて「アサギ」という名の生徒が閉じ込められたまま、
ミイラの死体となって発見されたいわく付きの場所だったのである。
過去、不定期に放送されていた同シリーズ内で「呪いスペシャル」が最怖と言わしめさせた元凶。
テレビ放映屈指の恐怖の亡霊「アサギ」の影・・・影だけで...

テレビ放映屈指の恐怖の亡霊「アサギ」の影・・・影だけですでに怖い。

地面を這っていたアサギに真由は捕まってしまう。

地面を這っていたアサギに真由は捕まってしまう。

真由は両目を潰されて殺されてしまう。

真由は両目を潰されて殺されてしまう。

必死に洞窟を逃げ回る綾と杏子。アサギが追ってくる。

必死に洞窟を逃げ回る綾と杏子。アサギが追ってくる。

目の前まで迫ってきたアサギに、綾(内山理名)の悲鳴が無...

目の前まで迫ってきたアサギに、綾(内山理名)の悲鳴が無惨に響き渡る……。

杏子「お願い誰か助けて・・・」 杏子が振り向くと、そこ...

杏子「お願い誰か助けて・・・」 杏子が振り向くと、そこには・・・ここで終了。

3人とも全滅する絶望的な救いようがないホラー。

『激走戦隊カーレンジャー』 お蔵入りされた「バリンガーZ」の話。大人の事情でなかったことに。

児童誌にて登場することが予告されていた『激走戦隊カーレ...

児童誌にて登場することが予告されていた『激走戦隊カーレンジャー』の「バリンガーZ」はどういう大人の事情があったのか分かりませんが、なかったことに・・・。

かなり露骨にマジンガーZに似ています。

『激走戦隊カーレンジャー』はスーパー戦隊史上でもかなりギャグ色が強い異色作だったので、微妙なところでしたが。
激走戦隊カーレンジャーの最終決戦直前には、テレビランド、テレビマガジン、てれびくんなどの児童誌にて当初「バリンガーZ」という巨大ロボが登場する予定だった事が明かされている。
「バリバリファイヤー」 胸から数万度の高熱光線を放つ。...

「バリバリファイヤー」 胸から数万度の高熱光線を放つ。「バリバリパンチ」 両手を高速で発射する。

必殺技まで酷似している。

マジンガーZのブレストファイヤーのようなバリバリファイヤー・・・。

ロケットパンチのようなバリバリパンチ・・・。

悪乗りしすぎかもしれませんね。
ダイナミックプロ側からクレームがついた。 など諸説ある...

ダイナミックプロ側からクレームがついた。 など諸説あるが、結局「バリンガーZ」は登場せずに終わった。

伝説のトラウマ絵本「くもだんなとかえる」 子供の絵本としては残酷過ぎるため一週間で販売禁止。恐ろしく毒々しすぎる絵。

伝説のトラウマ絵本「くもだんなとかえる」(1969年)

伝説のトラウマ絵本「くもだんなとかえる」(1969年)

「くもだんなとかえる」田島征三(絵)・松谷みよ子(再話) 発行ポプラ社

あまりにも怖ろしい内容と絵で、それをみた子供がヒキツケを起したために、発売後わずか1週間で発禁になったそうです。
出典 ameblo.jp
「くもだんな」は、カエルをこき使っていた。

「くもだんな」は、カエルをこき使っていた。

「くもだんな」と根性悪な奥さんに、奴隷のように扱われた「カエル」の復讐劇。

さすが伝説のトラウマ絵本。尋常ではない毒々しいヤバイ絵です。
出典 ameblo.jp
「かえる」は隙を見て「くもだんな」の口から体内に忍び込...

「かえる」は隙を見て「くもだんな」の口から体内に忍び込み、心臓近辺に寄生する。

これがカエル・・・恐ろしく毒々しすぎるカエルの絵だ・・・。

カエルの絵として最凶クラスですね。
97 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

20世紀交歓所20世紀しばりのフリマサイト

あなたにおすすめ

   

関連する記事こんな記事も人気です♪

懐かしい特撮・アニメ・漫画・テレビ番組の傑作エピソードvol.4(想定外の衝撃的な展開・みんなのトラウマ・封印作品)

懐かしい特撮・アニメ・漫画・テレビ番組の傑作エピソードvol.4(想定外の衝撃的な展開・みんなのトラウマ・封印作品)

懐かしい昭和の特撮やアニメ・漫画の衝撃的な傑作エピソードや封印作品やつい笑ってしまう面白いテレビ番組を振り返ってみましょう。いずれの作品も色々な意味で衝撃的かつトンデモない面白いネタが勢ぞろいです。
トントン | 35,414 view
懐かしい特撮・アニメ・漫画・テレビ番組の傑作エピソードvol.3(想定外の衝撃的な展開・みんなのトラウマ・トンデモない特撮やアニメ)

懐かしい特撮・アニメ・漫画・テレビ番組の傑作エピソードvol.3(想定外の衝撃的な展開・みんなのトラウマ・トンデモない特撮やアニメ)

懐かしい昭和の特撮やアニメの衝撃的な傑作エピソードやトンデモない作品やつい笑ってしまう面白いテレビ番組を振り返ってみましょう。いずれの作品も色々な意味で衝撃的かつトンデモない面白いネタが勢ぞろいです。
トントン | 54,354 view
懐かしい特撮・アニメ・漫画・テレビ番組の傑作エピソードvol.1(面白い放送事故・想定外の衝撃的な展開・トンデモない漫画)

懐かしい特撮・アニメ・漫画・テレビ番組の傑作エピソードvol.1(面白い放送事故・想定外の衝撃的な展開・トンデモない漫画)

懐かしい昭和の特撮やアニメの衝撃的な傑作エピソードやトンデモない作品やテレビ番組、つい笑ってしまう面白い放送事故を振り返ってみましょう。いずれの作品も色々な意味で衝撃的かつトンデモない面白いネタが勢ぞろいです。
トントン | 46,744 view
懐かしい特撮・アニメ・漫画の傑作エピソードvol.13(想定外の衝撃的な展開・みんなのトラウマ)

懐かしい特撮・アニメ・漫画の傑作エピソードvol.13(想定外の衝撃的な展開・みんなのトラウマ)

懐かしい1970年代から90年代の昭和の特撮ドラマを中心に衝撃的な傑作エピソードやアニメや特撮のトラウマ作品も振り返ってみましょう。いずれの作品も色々な意味で衝撃的かつトンデモない面白いネタが勢ぞろいです。
トントン | 37,438 view
懐かしい特撮・アニメ・漫画の傑作エピソードvol.11(想定外の衝撃的な展開・みんなのトラウマ)

懐かしい特撮・アニメ・漫画の傑作エピソードvol.11(想定外の衝撃的な展開・みんなのトラウマ)

懐かしい1970年代と80年代の昭和のアニメと特撮ドラマを中心に衝撃的な傑作エピソードやホラータッチな特撮トラウマ作品を振り返ってみましょう。いずれの作品も色々な意味で衝撃的かつトンデモない面白いネタが勢ぞろいです。
トントン | 36,461 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト