「ボクの婚約者」「やるっきゃ騎士」と同時期に月刊少年ジャンプに連載されたお色気漫画『どっきりマイクローン』!!
2020年7月26日 更新

「ボクの婚約者」「やるっきゃ騎士」と同時期に月刊少年ジャンプに連載されたお色気漫画『どっきりマイクローン』!!

昭和生まれの多くがお世話になったであろう“少年誌のお色気漫画”。この記事では、「ボクの婚約者」「やるっきゃ騎士」と同時期に月刊少年ジャンプに連載された『どっきりマイクローン』について特集したいと思います。

13,730 view

昭和生まれ男子がこっそり読んでいた!少年誌のお色気枠!!

昭和生まれの多くがお世話になったであろう、少年誌のお色気漫画。特に80年代には、月刊少年ジャンプの「 やるっきゃ騎士」、月刊少年マガジンの「いけない!ルナ先生」「Oh!透明人間」など、お色気要素のある少年向け漫画が溢れていました。そんな性におおらかだった80年代半ばに「どっきりマイクローン」という漫画が月刊少年ジャンプに連載されていたのを、皆さん覚えていますでしょうか?

表紙中央が「どっきりマイクローン」

 (2210934)

「月刊少年ジャンプ」1986年1月号から連載がスタート!

「どっきりマイクローン」の連載がスタートしたのは1985年のこと。月刊少年ジャンプの1986年1月号から12月号にかけて、1年間連載されていました。作者は今西まさおという人物で、以前はギャグ漫画家として活動していたものの芽が出ず、心機一転してお色気要素の強い本作に着手しました。では、この「どっきりマイクローン」とはどんな漫画だったのでしょうか?
 (2210935)

新連載時の巻頭カラー(月刊少年ジャンプ1986年1月号)。

ヒロイン・一ノ瀬桃子を取り巻くドタバタコメディ!!

物語の主人公は、聖しらゆり学園中等部に通う男子生徒・野々村健司。学校に通う傍ら、学園の女子寮の雑用係をしており、仕事の合間に風呂を覗くなどのムフフな行為をやらかしていました。そして学園一の美女でヒロインの一ノ瀬桃子の入浴を覗いていたところ、健司同様に風呂を覗いている“小型UFO”を発見します。このUFOに乗っていたのは“宇宙一のスケベ”を自称する「マイクローン星人」。このマイクローン星人との出会いが、健司をさらにスケベな世界へと誘うことになります。
 (2210943)

画像右上がヒロインの桃子、左下が健司とマイクローン星人。

「マイクローンビスケット」であらゆるスケベが可能に!!

健司と行動を共にすることとなったマイクローン星人ですが、早速健司に「マイクローンビスケット」なるものを手渡しました。これは食べると1時間だけ体長が5cmになり、小さくなっている間に色々とムフフなことが出来るという優れもの。マイクローン星人によれば、このビスケットで「あらゆるスケべが可能になる」とのこと。ただし、お湯に入ってしまうと元の体に戻ってしまうというデメリットもありました。
 (2210937)

こちらがスケベの一例。体長5cmだと気づかれそうなものですが、何故か女の子たちは健司の存在に気づきません!

健司と桃子によるラブコメ要素も!

1話完結方式で話が進み、お色気要素の強いドタバタコメディが展開されていた「どっきりマイクローン」。エピソードによっては健司以外のスケベなキャラクターも登場し、“水玉を見ると狂暴化する”御曹司・公彦がたまたま水玉の下着を着けていた桃子に襲い掛かかったり(最終的に健司が桃子を救出)もしていました。
 (2210933)

第8話「さゆりの誘惑の巻」より。
そして、普通に考えれば嫌われる要素しかないスケベなエピソードの数々を通じて、桃子は健司に心惹かれていきます。「HOBBY's JUMP」に掲載された番外編では、テレビ番組「夕やけおニャンプ」で桃子の下着を脱がされピンチになった際、代わりに健司が全国ネットで股間を晒すことで一件落着。体を張った健司の活躍で、桃子との仲は一層深まるのでした。
 (2211003)

第11話「誘惑のエアロビクスの巻」より。

意外と人気要素だった!お色気漫画における超能力&科学技術!!

「どっきりマイクローン」の話の前提として機能していた「マイクローンビスケット」ですが、このようなアイテムや超能力などが採用されたお色気漫画は意外と多いです。ここでいくつかご紹介していきましょう。
48 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • MUT 2020/7/27 12:55

    何年か前に、某古本屋さんの100円コーナーに並んでいたので即買いしました!
    単行本未収録の話もあるので、完全版で復刻して欲しいですよね。
    この記事で作者の行方が分かるかと思いましたが、やっぱり不明なのですね・・・

    銀粉塗ったら白獅子仮面 2020/7/26 23:54

    設定が、江戸時代の好色本「まめえもん」みたいですね。
    主人公が小人化して覗きを堪能する。
    発想自体は古くからあった様です。

    GLS 2020/7/26 21:21

    ぜひまた気軽に読めるようになってほしい作品ですね。少年誌のお色気漫画は、この作品のような「エロ過ぎない、ほどよいH加減」がいいと思うんです。第1巻を持っていたのに処分してしまったのが悔しい…。

    すべてのコメントを見る (3)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

下積み時代の苦労!?有名漫画家が若手時代に描いたお色気マンガの数々!!

下積み時代の苦労!?有名漫画家が若手時代に描いたお色気マンガの数々!!

ミドルエッジ世代の少年たちが夢中になった、週刊誌・月刊誌のお色気枠の漫画。「ルナ先生」「やるっきゃ騎士」「Oh!透明人間」などが有名ですが、現在巨匠と呼ばれている漫画家も、若手時代にお色気枠を担当していたことがありました。この記事では、若手時代にお色気枠を担当した方々をご紹介したいと思います。
となりきんじょ | 41,519 view
80年代の青少年のバイブル!「かぼちゃワイン」の三浦みつる、引退を発表。

80年代の青少年のバイブル!「かぼちゃワイン」の三浦みつる、引退を発表。

「The・かぼちゃワイン」で有名な漫画家・三浦みつるが自身のTwitterにて、新作描きおろしである「バック・トゥ・The・かぼちゃワイン」をもって漫画家を引退することを発表しました。
隣人速報 | 12,312 view
80年代~90年代のりぼん歴代連載作がスカイツリーに集結!「250万乙女のときめき回廊」1月9日から開催予定

80年代~90年代のりぼん歴代連載作がスカイツリーに集結!「250万乙女のときめき回廊」1月9日から開催予定

月刊少女漫画雑誌「りぼん」の創刊60周年を記念したイベント「250万乙女のときめき回廊 at TOKYO SKYTREE」が、2017年1月9日~3月31日までの期間限定で開催される。今回、80年代~90年代に連載された人気漫画が東京スカイツリーを彩る。
red | 2,527 view
長野県の佐久平駅に「北斗の拳のマンホール」が登場!更に新作スマホゲームでアルフィーが「愛をとりもどせ」をカバー!

長野県の佐久平駅に「北斗の拳のマンホール」が登場!更に新作スマホゲームでアルフィーが「愛をとりもどせ」をカバー!

長野県佐久市のJR佐久平駅にて、80年代の週刊少年ジャンプを代表する漫画「北斗の拳」の人気キャラを描いたマンホールの蓋が設置され、このたびお披露目となりました。さらに、新作スマホゲーム「北斗の拳 LEGENDS ReVIVE」が現在好評配信中です。
隣人速報 | 1,456 view
フィギュアの老舗「海洋堂」が送る「KAIYODO北斗の拳フィギュアワールド」の来場者が1万人を突破!!

フィギュアの老舗「海洋堂」が送る「KAIYODO北斗の拳フィギュアワールド」の来場者が1万人を突破!!

80年代を代表するアクション漫画「北斗の拳」のフィギュアをフィーチャーした、鳥取県倉吉市で開催中のイベント「KAIYODO北斗の拳フィギュアワールド」の来場者数が1万人を突破しました。
隣人速報 | 1,215 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト