教授こと世界の坂本龍一が他のアーティストに楽曲提供した世界。
2018年7月23日 更新

教授こと世界の坂本龍一が他のアーティストに楽曲提供した世界。

今なお現役で世界を股にかけて大活躍している坂本龍一。YMOのメンバーとして知られるアーティストですが、彼の才能はテクノに限ったことではありません。童謡からアイドルまで幅広いアーティストに関わっています。その幅広い楽曲提供の世界。

5,967 view

坂本龍一

坂本龍一といえば、言わずと知れた世界の音楽家。別名、教授ですね。イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)の一員としての活躍や映画音楽を担当し日本人初のアカデミー作曲賞を受賞したことで知られています。
 (2033518)

出生名:坂本龍一
生誕:1952年1月17日
出身地:東京都中野区
学歴:東京芸術大学大学院修士課程
自身多くのオリジナル曲を発表する一方で、、他のアーティストへのプロデュースやアレンジ、楽曲提供もこれまた数多く行っています。坂本龍一が他のアーティストへ提供した代表的なものを取り上げてみました。結構意外ですよ。

めだかの兄妹

当時、坂本龍一といえばテクノの人でした。その彼が1982年12月21日に編曲を手掛けたのが意外や意外「わらべ」の「めだかの兄妹」です。
わらべ といえば高部知子、倉沢淳美、高橋真美の3人からなるアイドルグループというかコーラスグループというか欽ちゃんファミリーというか、そんな人たちですね。
めだかの兄妹

めだかの兄妹

作詞:荒木とよひさ/作曲:三木たかし/編曲:坂本龍一
そして「めだかの兄妹」といえば、これはもう童謡ですね。童謡と坂本龍一。結びつかないようにも思えますが、何でも出来る音楽全判に造詣が深い坂本龍一と思えば納得です。教授ですから。

めだかの兄妹

わらべ(高部知子・倉沢淳美・高橋真美)
因みにメンバーの高部知子が不祥事を起こしてしまい、3人組の「わらべ」はこの曲だけなんです。大人気だったたけに勿体なかったですね。

アメリカン・フィーリング

坂本龍一がアレンジャーとして最初の大きな成功を収めたのは、1979年12月に発売されたサーカスのシングル「アメリカンフィーリング」でしょう。この曲で日本レコード大賞編曲賞を受賞しています。
アメリカン・フィーリング

アメリカン・フィーリング

作詞:竜真知子/作曲:小田裕一郎/編曲:坂本龍一
当時、この曲の洗練された感じから洋楽のカバーかと思ったほどです。

アメリカン・フィーリング

サーカス

振子の山羊

「アメリカン・フィーリング」の2年ほど前、大貫妙子 に楽曲提供しています。大貫妙子の通算2枚目のスタジオ・アルバム「SUNSHOWER(サンシャワー)」の中の1曲「振子の山羊」がそうです。
SUNSHOWER

SUNSHOWER

1977年7月25日発売
「振子の山羊」は、作詞:大貫妙子 作曲:坂本龍一で、キーボードとして坂本龍一は録音にも参加しています。また、アルバムにはベース:細野晴臣、ギター:渡辺香津美、大村憲司とYMOファミリーも参加しています。

Taeko Ohnuki 振子の山羊

39 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【PR】映画「戦場のメリークリスマス」をフルで無料視聴できる動画配信サービスを比較!

【PR】映画「戦場のメリークリスマス」をフルで無料視聴できる動画配信サービスを比較!

『戦場のメリークリスマス』は、1983年公開の日本、英国、オーストラリア、ニュージーランドの合作映画。監督は大島渚。脚本は大島渚とポール・マイヤーズバーグ。デヴィッド・ボウイ、トム・コンティ、坂本龍一、ビートたけしらが出演したこの作品を無料視聴できる動画配信サービスをご紹介します。
タモリこと森田一義のこと(2) 「笑っていいとも!」開始からタモリロス症候群、略して「タモロス」まで

タモリこと森田一義のこと(2) 「笑っていいとも!」開始からタモリロス症候群、略して「タモロス」まで

タモリは実は無計画、無責任、無反省、無目標、無国籍、無専門、無向上心。過去にも未来にも自分にも他人にも期待せず、ただひたすらその時、その時間を肯定していく。そう「これでいいのだ!」
RAOH | 3,204 view
岡田有希子が生前にリリースした8枚のシングル。それがコレです。

岡田有希子が生前にリリースした8枚のシングル。それがコレです。

難しい曲を軽やかに歌いこなしてみせた岡田有希子。早すぎる死は余りにも残念ですが、残された楽曲を聴き返してみると、何ともさわやかな気持ちになります。
obladioblada | 16,141 view
強敵と書いて「とも」と読む!?84年にデビューした女性アイドルのキャッチフレーズ一覧!!

強敵と書いて「とも」と読む!?84年にデビューした女性アイドルのキャッチフレーズ一覧!!

昭和期に活躍したアイドルであれば誰もが持っていた「キャッチフレーズ」。松田聖子であれば「抱きしめたい!ミス・ソニー」、中森明菜であれば「ちょっとエッチな美新人娘(ミルキーっこ)!」と、ある意味そのアイドルの看板として機能していました。この記事では、1984年にデビューした女性アイドルに付けられたキャッチフレーズについて振り返ってみたいと思います。
音楽配信サイト"AWA"でミドルエッジがお届けする「昭和J-popに酔いしれる!!」をご紹介!

音楽配信サイト"AWA"でミドルエッジがお届けする「昭和J-popに酔いしれる!!」をご紹介!

音楽配信サイト"AWA"で公式プレイリスターとして情報提供しているミドルエッジがお届けする「‘70 ‘80 ‘90 Best」シリーズ!今回はその集大成と言える「昭和J-popに酔いしれる!!」に収録した84曲の一部をライナーノーツ的に紹介します。曲のチョイスは「何故この曲?」なんて堅いことは言いっこなし(笑、有線さながらのバックミュージックに使えて、そして懐かしむミドルエッジの王道を是非ご堪能ください。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト