2017年2月9日 更新

激しい戦闘の連続がドラゴンボールの醍醐味!作中で頻繁に用いられた「!」の数、最高でいくつ連なった!?

「ドラゴンボール」夢中で読んでいました。毎週のジャンプはもちろんのこと単行本も全て持っています。ドラゴンボールの見どころは何といっても派手な光線技の応酬!その破壊力はどんどん高まる一方で、そんな展開を支える表現もまたド派手でしたね。とくに作中で何度も登場した「!」は最高でいくつ連なったのか、単行本を一気読みしながら確認作業をいたしました!

23,461 view
久しぶりに押入れの中の単行本「ドラゴンボール」を引っ張り出して読みふける週末。
そう、それは作中の「!」表現の最大級がいったいどの場面で使われているのかを確認するため。

といいつつ、いざ読み始めると止まらないのがドラゴンボール。
今回、第1巻から第35巻(セル編の終わり)までを一気読みしながら、「!」について確認していきましたのでご覧ください。

ちなみに戦闘力についてはコチラにて。。。

物語の出だしからいきなり「!×4」をマークするドラゴンボール

さあ「読むぞ!」と単行本の第1巻をめくった途端、目に飛び込んだ「!×4」表現。
悟空が何気なく丸太を抱きかかえるシーンがそれでした。。。
冒頭からの気前のいい「!」にちょっと挫けそうになります

冒頭からの気前のいい「!」にちょっと挫けそうになります

第1巻p.7にて確認。
いただきました「!」4つ。
出典 単行本「ドラゴンボール」第1巻
ページ全体を使った派手な戦闘シーンはまだまだ出てこない牧歌的な風景の中での「!×4」。
なるほど、そう来たかと。

と、思うのも束の間。
3ページめくっただけでまた出てきた「!×4」

3ページめくっただけでまた出てきた「!×4」

第1巻p.13にて確認。
この時点で思いました、「あ、4つは普通なんだ」と。
出典 単行本「ドラゴンボール」第1巻
次のページでブルマのおったまげ「!×4」

次のページでブルマのおったまげ「!×4」

第1巻p.14にて確認。
はい、もう「!×4」を追うのは止めます。
出典 単行本「ドラゴンボール」第1巻
実際のところ、「!×4」は以後も無数に登場します。

もちろんフォントや大きさが異なることで随分とインパクトも変わってきますが、どうやらドラゴンボールの世界では「!×4」は通常運行だったようです。

そして早くも登場「!×5」

と思った矢先、まだほとんど読み進めていないなかでの「!×5」初登場です。
その記念すべき瞬間を飾ったのは悟空の技などでなくブルマのおったまげでした。
この通常フォント内での「!×4」「!×5」は以降も見過ごしてしまうくらいの頻度で登場します。
どちらかというと記録より、記憶に残る「!」のほうが大事だったのかもしれません。
どちらかというと「波~!」での「!」を思い描く中で、こ...

どちらかというと「波~!」での「!」を思い描く中で、この「!」

第1巻p.28にて確認。
以降、「!×4」ほどではないにせよ「!×5」もちょいちょいと見かける表現だったことに気が付きます。
出典 単行本「ドラゴンボール」第1巻
ブルマのおったまげに遅れること数十ページ、悟空も負けじ...

ブルマのおったまげに遅れること数十ページ、悟空も負けじと「!」発動です

第1巻p.60にて確認。
ここで初めて「技」炸裂の「!」登場。
出典 単行本「ドラゴンボール」第1巻

ウーロン×神龍コラボによる渾身の「!×5」

なんと、地球はおろか宇宙をも破壊しつくす光線技に用いられた「!×5」を使いこなした、こんなレアケースが登場。

それは幾度となく願いを叶えさせられた神龍にとって、おそらく本当に「たやすいこと」だったに違いない、記念すべき第1回目の願い。

ウーロンかく語りき「ギャルのパンティおくれ~っ!!!!!」。
ウーロンにもっともスポットライトが当たった瞬間!

ウーロンにもっともスポットライトが当たった瞬間!

第2巻p.125で確認。
後にも先にも、これは衝撃的な「!×5」だったのではないでしょうか。
出典 単行本「ドラゴンボール」第2巻
このウーロンの誌面を大胆に使ったカット「!」は、後にバトル漫画へと進化するドラゴンボールのフォーマットを彷彿とさせます。
そんな渾身のカットがこのシーンだったことに、何とも可笑しみを感じずにいられません。

そんなドラゴンボール、孫悟空にもライバルたちが登場していきます。
最初のライバル、ヤムチャ!

最初のライバル、ヤムチャ!

第4巻p.16にて確認。
中盤以降、不動の咬ませ犬ポジションを形成することとなるヤムチャの華麗なる必殺拳「狼牙風風拳」が炸裂!
ウーロンの下に並べるのが気まずい「!×4」です。。。
出典 単行本「ドラゴンボール」第4巻
ここでは登場しませんがクリリンや亀仙人も登場し、いよいよ闘いが物語の中心に来始めた中での天下一武道会開催です。

「!×5」アナウンスも熱い!

いよいよ天下一武道会。
このあたりからドラゴンボールも本格的に盛り上がって来たでしょうか。
キン肉マンでいうところの超人オリンピックにも似たような展開を感じました。
第5試合に思い切り熱量がこもるアナウンサー

第5試合に思い切り熱量がこもるアナウンサー

第4巻p.75にて確認。
このアナウンサーは何気に最長寿キャラクターの一人でしたね。
熱いアナウンスが大会を大いに盛り上げてくれました。
出典 単行本「ドラゴンボール」第4巻
「かめはめ波」がポピュラーな技となったあたりから、表現は「!」のみでなく光線技の描写自体にも迫力の増した展開が増えてきたようです。
遠隔でも放てる光線技を奥行も生かした描写や描線などで表現するなかで、「!」の数が無限に増える展開を避けることが出来たのではないでしょうか。

現に第1巻で「!×5」を付けた後、ここまで一度もそれ以上の「!」をつけたことはないのです。
熱いアナウンサーの本領が発揮された「すごい」と「!」とコラボ

熱いアナウンサーの本領が発揮された「すごい」と「!」とコラボ

第4巻p.130にて確認。
「すごい」の速射砲もまさしくすごいなかでの「!×2、3、4、5」の新技炸裂です。
出典 単行本「ドラゴンボール」第4巻

【波~「!×5」】VS【波~「!×5」】

この後の激闘でフォーマット化した光線技の放ち合い。

孫悟空と武天老師(亀仙人)が、天下一武道会の決勝戦で師弟対決した際に初の光線技激突シーンが描かれました。
気と気のぶつかり合いがドラゴンボールの見どころの一つ!

気と気のぶつかり合いがドラゴンボールの見どころの一つ!

第4巻p.162にて確認。
強者同士の気のぶつけ合いは、その後も多くのライバルとの激突で描かれました。
でも、気づけばここでも「!×5」はキープなんですね。
出典 単行本「ドラゴンボール」第4巻

以降、セル編終了までに「!×5」を上回る描写が現れたのはたった一度だけ!

第1回天下一武道会の後、レッドリボン軍との戦いを経て第2回天下一武道会へ。
そして武道会直後からはピッコロ大魔王との戦いへと、物語は相次ぐ戦いの連続へと突入していきます。

ただ、レッドリボン軍や第2回天下一武道会あたりでは「!」の描写が目立つ展開は少なかった印象です。

天津飯の気功砲あたりからは「気を溜める」描写もまた、タメを作ることで威力を表現することに一役買ったかと思われます。様々な表現を駆使することで「!×5」を維持することが出来たのでしょうか。
ピッコロ大魔王との最終決戦、孫悟空少年期ラストの名場面

ピッコロ大魔王との最終決戦、孫悟空少年期ラストの名場面

第14巻p.65にて確認。
多くの死者を出し、まさに死闘と呼ぶにふさわしかったピッコロ大魔王との最終決戦。
サイヤ人の大猿オーラを身にまとった孫悟空が、ピッコロ大魔王を貫く名場面です。
この迫力の場面でも「!×5」は堅持されています。
出典 単行本「ドラゴンボール」第14巻

光線技の描写も目立ち始めた第3回天下一武道会

神の下で修業し、逞しく成長した孫悟空。
天津飯、ヤムチャ、クリリンもそれぞれの光線技を身に着け、描写はより「気を溜めて」「気を放つ」ところで派手さを増していく感じでした。

光線技を放つ瞬間の顔面アップも、このあたりから多用された描写だったでしょうか。

で「!×6」より上は結局あるの?ないの?どっちなん??という方に先にネタバレ。
35巻までで1か所だけ「!×6」を見つけました。
その場面は、、、ラストに書かせていただいております!

「ったく勿体ぶりやがって!」と思われた方、スミマセン。
最終ページに飛んでいただければ幸いでございます。。。
後半、今一つ強さが増さなかった天津飯ですが「!」系の描...

後半、今一つ強さが増さなかった天津飯ですが「!」系の描写は気功砲など多め

第15巻p.30にて確認。
鶴仙流の兄弟子、桃白白渾身のどどん波を気合で粉砕した天津飯のドアップ。
出典 単行本「ドラゴンボール」第15巻
光線技の応酬合戦。
これも後にVSベジータ、VSフリーザ戦でお約束となりましたね。

地球を壊すわけにはいかない孫悟空は、常に下から打ち上げる形をとりました。
第3回天下一武道会決勝、孫悟空VSマジュニア(ピッコロ...

第3回天下一武道会決勝、孫悟空VSマジュニア(ピッコロ大魔王)戦

第16巻p.63にて確認。
「超かめはめ波」ですが、後にベジータが自らを「超ベジータ」と称した行と同じで、とくに流行らずに終わってしまいました。
出典 単行本「ドラゴンボール」第16巻
以降、強者との最終決戦のクライマックス近辺では下図3枚のようなカットが多く登場することとなりました。

また、下図「どん!」のセリフがありますが、セリフでなく「気を開放する」際や猛攻に打って出る際に「ドン!」という擬音をつける展開も多く観られました。
波~っ「!×5」

波~っ「!×5」

第16巻p.72にて確認。
出典 単行本「ドラゴンボール」第16巻
74 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

20世紀交歓所20世紀しばりのフリマサイト

あなたにおすすめ

   

関連する記事こんな記事も人気です♪

ニコチャン大王という摩訶不思議な生き物に関する考察とロマン。

ニコチャン大王という摩訶不思議な生き物に関する考察とロマン。

「ニコチャン大王」、かつての大人気マンガ「Dr.スランプアラレちゃん」に登場するユニークなキャラクターたちの中でも一際異彩を放つこの生き物についての考察。そして同じような構造をしたプリプリマンや後の時代に登場する変態仮面について。
青春の握り拳 | 44,386 view
「ドラゴンボール」孫悟空、ピッコロ、ベジータ、フリーザ、、、最強必殺技の数々!あなたはどの技が好きでしたか?

「ドラゴンボール」孫悟空、ピッコロ、ベジータ、フリーザ、、、最強必殺技の数々!あなたはどの技が好きでしたか?

みんな大好き「ドラゴンボール」、主人公の孫悟空をはじめベジータ、ピッコロ、フリーザ、セル、クリリン、亀仙人などなど、多くの魅力的なキャラクターたちが登場しました。ド派手で強烈な必殺技の数々に魅了された読者も多かったことでしょう。
青春の握り拳 | 68,055 view
【ドラゴンボール】戦闘力って最終的にどれくらいまでいったの!?インフレがとまらないドラゴンボールの戦闘力について。

【ドラゴンボール】戦闘力って最終的にどれくらいまでいったの!?インフレがとまらないドラゴンボールの戦闘力について。

大人気だったドラゴンボール。ピッコロ編、べジータ編、フリーザ編、セル編とみんなジャンプを楽しみにしてましたよね?ところで物語の途中から強さを表す指標として登場した戦闘力。最初は100くらいの数値だったのが、強い敵が現れるにつれてどんどんインフレが進み最終的には一体いくつになったんだ!?なんて思いませんでしたか。戦闘力を測るスカウターも途中から壊れるのが当たり前でしたね。そんなインフレ続きだった戦闘力をちょっと追いかけてみたいと思います。
青春の握り拳 | 403,741 view
「スラムダンク」カードダス全210種から、レアカード30種だけを並べてみた!

「スラムダンク」カードダス全210種から、レアカード30種だけを並べてみた!

カードダス、流行りましたよね。様々なカードダスが登場しましたが個人的にはドラゴンボールを一生懸命集めてました。果てしない「フルコンプリート」に途中で断念した人も多かったのではないでしょうか。そこで、フルコンプリート「スラムダンク」カードダス全210種から、背面が光り輝くレアカード30種を並べてしまいましょう!
ドラゴンボールのマグが4月から販売開始!マル亀マークやレッドリボン軍のエンブレム等の絵柄が描かれている!

ドラゴンボールのマグが4月から販売開始!マル亀マークやレッドリボン軍のエンブレム等の絵柄が描かれている!

ドラゴンボールの印象的な絵柄が、マグ&タンブラーのブランド「thermo mug」のマグにプリントされ、4月から全国のジャンプショップで販売される。サイズは直径80×H115mm、容量は400mlとなっている。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト