「音声変化」のルールを知れば英語の上達が可能!英会話教材「プライム イングリッシュ」
2018年11月10日 更新

「音声変化」のルールを知れば英語の上達が可能!英会話教材「プライム イングリッシュ」

英会話教材「プライム イングリッシュ」で「音声変化」のルールを理解すれば、6ヶ月後には英語が口から溢れ出します。

43 view

「音声変化」に注目した英会話教材【プライムイングリッシュ】

誰もが正しい方法正しい英会話を勉強すれば、英語は必ず話せるようになります。
逆に言えば、間違った努力をどれほどしても、望むような結果は得られません。
つまり、英語の上達の”コツ”を知らずに、ただひたすら英語を聞き流すだけでは、自然に話せるようにはなりません。

では、実際に英語が話せるようになるコツとは一体何なのでしょうか?

何度も聞いたことがある単語が、会話になると全く別の言葉に聞こえる…
海外ドラマや洋画を観ても、何を話しているか、さっぱり分からない!…よくありますよね?

その原因は『音声変化』なのです!!
『音声変化』とは

『音声変化』とは

あなたは普段、「体育」を「たいく」と話したり、「いいのではないか」を「いいんじゃないか」と話したり、無意識に言葉を変えて発音していると思います。

これが『音声変化』です。

これは英語にも当てはまることで、例えば「Stop it」 、これを「ストップイット」ではなく「スタピット」と発音したり、「next day」を「ネクストディ」ではなく、「ネクスディ」と発音したりと、会話の中に音声変化された単語やフレーズが出てくると、簡単な英語でも全く別の言葉に聞こえてしまいます。

そう言われても、どうやってリスニングを上達させればいいか難しく感じてしまうかもしれませんが、『音声変化』にもパターン化できる「ルール」があります。そして、あなたが『音声変化』の「ルール」を知ってしまえば、驚くほどスーっと英語が聞き取れるようになってしまうのです。

そう、多くの英語学習を挫折した日本人は皆、『音声変化』のルールを知らなかっただけなのです。【プライムイングリッシュ】はこの、リスニングで最も重要な部分ともいえる『音声変化』を重点的に学習できる英会話教材です。

英会話教材のイメージ

私もかつて、英語を勉強する方法は「参考書を読む」「単語を暗記していく」などの詰め込み式が正解だと思っていました。しかしその道も半ばで諦め、「短期間で身につく」という英会話教材に手を出しましたがそちらも上手くいかず、噂の「聞き流すだけで上達する」タイプにも挑戦してみましたが結果は同じ…。

今思えば、「聞くだけ」「短期間」など、最近の英会話教材って手軽さをポイントにしているものが多いですよね。それで上達する人は良いのですが…私のような根っからの英語苦手人間には中々難しいというのが現実です。

「音声変化」を効率よく学ぶための工夫

「音声変化」を効率よく学ぶための工夫は、大きく分けて2つあります。

工夫①
『音声変化する箇所を「記号・色付け・カタカナ表記」
これにより、音声変化に触れるのが初めての方でも、どこがどのように音声変化しているのか瞬時に理解できます。また、カタカナ表記により、音声変化した発音を自分で真似ることも簡単にできます。

工夫②
『機械式ではなくスローモーションで吹き込んだ英語音声を用意』
これにより、ネイティブがどのように発音しているのかが細部まで丸わかりになります。今までごちゃごちゃした音声の塊にしか聞こえなかった英文が、短期間でクリアに聞こえるようになります。
スローモーションの音声が吹き込まれているのは、日本の英語教材では【プライムイングリッシュ】だけです。

結果にコミットする5つの秘密

秘密① いきなり今日から「聞き取れる」を実感できる音声変化ルール

「What do you want to do?」

通常の英語教材では、「ワットドゥユワントゥドゥ?」といった、教科書的な発音で話すかもしれません。ですが、ネイティブは“you”を“yuh(ヤ)”、“want to”を“wanna(ワナ)”に変化させて読みます。その結果、全体としては、「ワドゥヤワナドゥ?」のように聞こえます。

このように、ネイティブが自然に話すと、様々な箇所で音声変化が起こります。【プライムイングリッシュ】は、このような英語の音声変化のルールを徹底的に教えます。音声変化のコツさえ知れば、今日からいきなり聞き取ることが出来るのです。

秘密② ネイティブ並の発音とリズムを身につける

「発音が下手でも、まずは話すことが大切。」
よく言われているセリフですね。しかし、実は発音が悪いと、相手に言いたいことが伝わっていないことが多いのです。

ここで大切なのが、「発音」「リズム」です。意識してほしいのが、リズムは発音と同等レベルで大切だ、ということです。発音とリズムが良くなると、「ネイティブ」っぽく聞こえるようになりますし、実際に相手に通じやすくなります。ネイティブを真似るにはコツを知って真似ることが近道ですが、このコツの大きな役割を果たしているのが、やはり「音声変化」なんですね。

「音声変化」のルールを意識して真似ていくと、発音はもちろんのこと、自然とリズムも良くなります。そして嬉しいことに、ネイティブのリズムで話せるようになると、ますますリスニング能力が高まるという、相乗効果を経験することができるのです。

秘密③ リスニング力が驚異的に向上するサンドウィッチリスニングシステム

リスニングは、日本語にはない「音」に慣れ親しむことなので、はじめはゆっくり聞いて、新しい音を正確に把握することが重要です。そうすることで、脳の回路が開き、その音に対する認識力が高まります。次のステップとして、経験した「音」を自分で真似してみます。最後にナチュラルスピードの英語を聞いて音を定着させます。自ら真似て脳になじませた音は聞き取りやすくなっているはずです。  

このステップは極めてシンプルですが、経験すると、リスニングの積み重ねが意味のあるものだと本当に分かるでしょう。聞く回数とともにリスニング力がどんどん増していくという嬉しい体験をすることができるのです。
これが、「サンドウィッチリスニングシステム」です!

これが、「サンドウィッチリスニングシステム」です!

秘密④ 口からフレーズが自然に飛び出す3ステップスピーキングシステム

自ら英語を話せるようになるには、リスニング力がどれだけ向上しても不十分です。英語学習の研究が今後どれほど進歩したとしても、アウトプットトレーニングは避けて通れません。「そのフレーズは知っている」と思っている英語でも、話すとなるとスムーズに口から出てこない、といった経験をしたこともあると思います。

【プライムイングリッシュ】では、独自の「3ステップスピーキングシステム」で、あなたのスピーキング力を「口から自然とフレーズが飛び出す」レベルまで引き上げます。
これが、「3ステップスピーキングシステム」です!

これが、「3ステップスピーキングシステム」です!

秘密⑤ 「面白いから続けられる!!」個性あふれる登場人物6人が織りなす24の物語

(1)スクリプトに面白みがない
(2)使う場面を想定できない不自然なフレーズが多い
(3)ネイティブが使わないフレーズが使われている


上に挙げた3つは教材を途中で投げ出す、よくある理由の一部ですよね。

英語の力を伸ばすには、継続した学習が不可欠です。継続した学習をするためには、教材の内容に面白みを感じることが非常に重要です。また、面白いストーリーで登場人物になりきってスピーキングすることは、感情が揺さぶられるため脳の記憶力にもダイレクトに影響を及ぼします。いっぽう、教材で使われているフレーズが不自然だったり、使う場面が想定できないものだと学習意欲が湧きません。

そこで【プライムイングリッシュ】が開発した教材では、フォーマルすぎないネイティブの会話でよく使われているフレーズを厳選、スクリプトの「面白さ」とフレーズの「ナチュラルさ」に徹底的にこだわりました。
「このフレーズを使ってみたい、使える!」と思えるような...

「このフレーズを使ってみたい、使える!」と思えるようなフレーズが盛りだくさん!

価格と教材

効果は本物、なのに圧倒的にリーズナブル!

効果は本物、なのに圧倒的にリーズナブル!

【教材内容】

■CD12枚 (6枚組×2ケース)
■Introduction(教材取り扱い説明書)
■テキスト6冊 (各32P×6冊=192P)

     29,800円(税抜)
1日たった165円!
6ヶ月後には口から英語が溢れ出します!

「ナチュラルスピードの英語が聞き取れ、ネイティブのようなキレイな発音で話すことができ、 口から自然とフレーズが飛び出すようになる」
他の英語教材で失敗してしまった方にとってはまさに夢のような話です。 本当に?と思うことでしょう。

①音声変化表記とカタカナ表記
②サンドウィッチリスニングシステム
③ステップスピーキングシステム

【プライムイングリッシュ】なら、先に紹介した3つのメソッドで、あなたの夢の実現を強力にサポートしてくれますよ!

詳細の確認やご購入へはコチラから

20 件

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト