特撮『宇宙鉄人キョーダイン』の最終回ってどうだった?
2020年7月19日 更新

特撮『宇宙鉄人キョーダイン』の最終回ってどうだった?

子供のときに観てたけど、最終回ってどんなだったっけ?そんな作品ってけっこうありますよね。そんな方のために、最終回のあらすじをお届けします。これであなたも思い出せるはず?『宇宙鉄人キョーダイン』はこんな感じでした。一、十、百、千、万、億、兆、京!

5,609 view

『宇宙鉄人キョーダイン』

制作:毎日放送、東映
放送期間:1976年4月2日から1977年3月11日
放送時間:金曜19:00から19:30
放送局:TBS系列
放送話数:全48話
主題歌:「宇宙鉄人キョーダイン」ささきいさお

スタッフ

原作:石森章太郎
監督:若林幹(最終回担当)ほか
脚本:江連卓(最終回担当)ほか
音楽:菊池俊輔

キャスト

スカイゼル/葉山譲治:夏夕介
グランゼル/葉山竜治:佐々木剛

葉山博士:宇佐美淳
葉山健治:古川聡
白川エツ子:堀江美都子
海堂博士:天本英世

アルファタ・ダダーリン王:飯塚昭三(声の出演)
ガブリンクィン:北浜晴子(声の出演)

『宇宙鉄人キョーダイン』とは

葉山博士と譲治(長男)、竜治(次男)がダダ星人によって拉致された。ダダ星人のロボット・ダダロイドによって地球侵略が始まる。その後、健治(三男)の前に二体のロボット、スカイゼルとグランゼルが現れた。それは譲治と竜治の記憶等を移植した、キョーダインなのだった。キョーダインは健治と地球を守るため、ダダ星人と戦う。

スカイゼルがスカイジェット(飛行機型)やスカイミサイル(ミサイル型)、グランゼルがグランカー(スーパーカー型)やグランミサイル(ミサイル型)に変形できる他、専用のバイクであるスカイマシーン、グランマシーンなど登場メカが多かった。
 (2207947)

『宇宙鉄人キョーダイン』の最終回

第48話「死なないで!!キョーダインよ永遠に」

ナレーション「いよいよ地球滅亡か。激しく攻撃を続けるダダロイド。幸運にも海堂博士と巡り合うキョーダイン。地球を救うただひとつの鍵とも言うべき『はなつみのうた』の謎は遂に解き明かされようとしている」

ダダ星。揺れる宇宙船の中にいる葉山博士、葉山譲治、葉山竜治。葉山博士がドアのところに行く。
葉山博士「譲治、竜治、耳を澄ませ。何か聞こえないか。『はなつみのうた』だ。海堂博士がとうとう『はなつみのうた』の秘密を解いたに違いない。メロディ増幅発信装置を完成してダダ星に向けて発信を始めたんだ。その電波を受けて今、ダダ星の受信装置がいっせいに動き出しメロディを流しているのだ。見ろ、ロボ兵たちを」
モニターを見ると倒れるロボ兵たちが映っている。
葉山博士「この歌はダダ星ではなぜか禁じられていた。わしは以前からそこに何か謎があると思っていたが、ロボ兵たちを支配するコンピューターの中枢に何か異変が起こり始めている。そればかりかダダロイド全体に恐ろしいことが起ころうとしているのだ」

地球にいるガブリンクィン、ガブリン、ロボ兵たち。
ガブリンクィンが天に向かって言う。
ガブリンクィン「母なる祖国、ダダ星の神にして、偉大なる帝王であらせられるアルファタ・ダダーリン王よ!我らに新たな言葉を発したまえ。闇の将軍ガブリン様は、今、深い嘆きと悲しみに打ち震えておられます」
今度はガブリンに向けて言う。
ガブリンクィン「闇の将軍ガブリン様、母なる祖国ダダ星に異変が起きております。アルファタ・ダダーリン王の波長の力が次第に弱まり、途切れんとしております。…おお!『はなつみのうた』の調べがダダ星に向けて発せられたと、将軍がおっしゃっている!」
動揺するロボ兵たち。

ナレーション「ベース円盤では海堂博士が『はなつみのうた』のテープをメロディ増幅発信装置にセットし電波をダダ星に向けて発信していた」

ダダ星の三人。
葉山博士「ふたりともついて来なさい。私はアルファタ・ダダーリン王に会わねばならない」
竜治「お父さん、アルファタ・ダダーリン王は400年前に死んでいるんですよ」
葉山博士「ダダーリン王は生きている。今ならコンピュータールームに入り込める。ダダ星の秘密のすべてはそこで明らかになるだろう」
頷く譲治と竜治。
激しい揺れの中を進む三人。扉を開けてコンピュータールームへ。部屋にある青い箱の上が開き、水槽がせりあがって来る。液体の中には頭脳が入っていた。それは生きて目覚めているアルファタ・ダダーリン王の頭脳なのだった。機械から音声が流れる。
ダダーリン王「余はアルファタ・ダダーリン王である」
葉山博士「ダダーリン王よ、あなたはなぜ地球侵略を命じられたのか」
ダダーリン王「余は侵略を命じたのではない。余の子孫が緑なる星に永遠の安住の地をうることを望んだのだ」

ダダ星は清き水と緑の星だったのだが、ダダ星人たちは科学を過信して、水をにごし緑の木を枯らしてしまった。そのため酸素が減少し、ダダ星人たちは死に絶えてしまったのだ。ダダーリン王はロボットたちに、緑の星を求めて開拓することを命じていた。

ダダーリン「今こそ余の願いは達せられた。『はなつみのうた』の調べ余のもとに届き、余はこれより大いなる眠りの道にいざ歩まん。さらば、余の息子たちよ」
水槽は宙に浮き、ゆっくりと宇宙に消えて行く。
葉山博士「なんという不幸な王であろう。王のこころざしを継ぐダダ星の人々は既に死に絶えて、ただ命令だけがロボットたちの中に生き続けていたのだ。ダダーリン王よ、安らかに眠られよ」

『はなつみのうた』のメロディの波長が、ダダーリン王の脳波を停止させる働きをしたのだ。しかも脳波が停止するとコンピューターは自動的に破壊され、ダダ星は滅ぶようにセットされていた。三人の頭についていた銀の輪が取れて自由になる。三人は宇宙船に戻り、地球へ向けて脱出することにした。

地球。ガブリンクィンがガブリンに、ダダーリン王が死んだことを告げる。
ガブリンクィン「おお。ガブリン様は自らの滅びを賭けて、葉山親子を許さぬと怒っておいでになられる。私とて思いは同じ。この怨みは晴らさずにおくものか」
ロボ兵たちに命令する。
ガブリンクィン「皆に告ぐ!今日よりガブリン様がダダーリン王に代わってダダ星の王になられるであろう。お前たちの脳波はガブリン王の命令によって動くのだ!」
ダダ星。爆発する中を葉山博士たち三人を乗せた宇宙船が脱出する。ダダ星はみるみる遠ざかって行く。

ベース円盤。葉山博士からの通信でダダ星を脱出したことを知る葉山健治、白川エツ子、海堂博士、スカイゼルとグランゼルたち。大喜びする健治。そこへ新たな通信が入った。ガブリンのロボ兵たちが街に現れ殺戮を始めたという。応援要請に、出動するスカイゼルとグランゼル。

地球防衛軍とロボ兵たちが戦っているところに、空を飛んで現れたスカイゼルとグランゼル。ロボ兵を次々と倒す。笑い声と共に現れるガブリンクィン。
スカイゼル「ガブリンクィン!お前たちの祖国ダダ星は滅びた。無益な殺戮をやめさせるんだ」
クィーン「黙れ!ダダ星は永遠である。滅びるのはお前たち地球人の方だ」
グランゼル「ガブリンクィン!闇将軍ガブリンはどこだ!」
クィーン「我らの新しき王ガブリン様は、既に地球にはいない。祖国ダダ星に向かっている!ハハハハハ!」
戦いが始まる。ガブリンクィンの指先からエネルギー光線が出る。
ガブリンクィン「どうだキョーダイン、エネルギー光線、受けられるものなら受けてみよ!」
身動きができないキョーダインは苦しみ出す。しかし今度は突然、ガブリンクィンが苦しみ出した。高いところから落下する。
グランゼル「ガブリンクィン!お前の体内のエネルギーもそれまでだ」
ガブリンクィン「黙れえーっ!私の体が燃え尽きても、お前たちだけは、倒さずにはおかぬ!」
両手が砲身になるガブリンクィン。そこから弾を撃つ。避けるキョーダイン。
ガブリンクィン「キョーダイン、私と共に死ぬのだーっ!」
目が光り、頭部だけが分離したガブリンクィンがキョーダインを襲う。二人はパンチ攻撃でガブリンクィンを倒した。壁面に頭部の形の焼け焦げがつく。
カイゼル「なんと恐ろしい執念だ。死してなお、影を焼き付けるとは」

そこへゴンベス(健治の世話をしたりするロボ)が現れた。健治がベース円盤を見よう見まねで操縦して、葉山博士を迎えに行ってしまったと言う。空を飛んでふたりはベース円盤にたどり着いた。操縦機器を操作し安定させ、健治を叱る。
スカイゼル「よぉーし、大丈夫だ。こら、健治!」
健治「ごめんなさい。僕、おとなしく地球でお父さんたちを待つよ」
しかしグランゼルは、このまま博士たちの宇宙船を迎えに行くと言う。喜ぶ健治。地球はみるみる遠ざかって行く。
宇宙船に乗って地球を目指している葉山博士たちは、ベース円盤がこちらに向かっていることを知る。一方、異常物体が宇宙船に近づいていた。レーダーに映るその正体はガブリンだった。

宇宙船とベース円盤がドッキングする。再会し、葉山博士と健治は抱き合う。
葉山博士「良かった。無事でよかった。これからはもう、ずっと一緒なんだぞ」
健治「お父さん!」
スカイゼルと譲治、グランゼルと竜治もがっちりと握手する。そこへ警報音が鳴った。モニターを見ると、そこには接近してくるガブリンの姿が。ロケット弾を撃つが、ガブリンには効果がない。宇宙船は急旋回するもガブリンが側面に当たって行く。揺れる宇宙船。
スカイゼル「父さん、僕たちのエネルギー極限発動装置を使うときがきたようです」
博士「いかん、それだけはいかん!」
グランゼル「お願いします、お父さん。僕たちのエネルギーを極限までパワーアップすれば、ガブリンは倒せます」
博士「お前たちの体がバラバラになって、燃え尽きてしまうんだぞ」
グランゼル「それが僕たちの役割です」
スカイゼル「諸共に滅びて、宇宙の星と輝けばいいんです」
博士「いかん、いかん!」
そこへ再び警報。ガブリンがまた宇宙船の側面に当たって行く。揺れに倒れる葉山博士を譲治と竜治が両側から支える。

スカイゼルとグランゼルは向かい合って握手する。お互いの胸のダイヤルを操作する。ふたりの身体が熱を持ったように赤くなった。
葉山博士「スカイゼル、グランゼル」
スカイゼル「大丈夫です」
グランゼル「任せて下さい」
ふたりは宇宙船の操縦室を出て行く。
健治「キョーダイーン!待って、キョーダイーン!」
 (2207951)

24 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • 頭文字P 2020/7/21 12:40

    億兆京の単をこの主題歌でおぼえたけどほんとは「きょう」じゃなくて「けい」だった。
    あと、ミサイル形態で喋るのがどう見てもパペット(笑)。
    戦闘機にシャークマウス書いてるのみると、スカイゼルを連装してしまう。

    銀粉塗ったら白獅子仮面 2020/7/21 06:58

    途中から変型しなくなったのが残念でした。
    敵側の変容で戦術的に不要になった、と解釈はできるんですけどね。
    でも面白い作品だったのは確かです。
    あと、ゲストや端役で桜井浩子さんや二瓶正也さんが出て来た時は驚きました。

    すべてのコメントを見る (2)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

特撮『大鉄人17(ワンセブン)』の最終回ってどうだった?

特撮『大鉄人17(ワンセブン)』の最終回ってどうだった?

子供のときに観てたけど、最終回ってどんなだったっけ?そんな作品ってけっこうありますよね。そんな方のために、最終回のあらすじをお届けします。これであなたも思い出せるはず?『大鉄人17』はこんな感じでした!
こういち | 3,444 view
特撮『ザ・カゲスター』の最終回ってどうだった?

特撮『ザ・カゲスター』の最終回ってどうだった?

子供のときに観てたけど、最終回ってどんなだったっけ?そんな作品ってけっこうありますよね。そんな方のために、最終回のあらすじをお届けします。これであなたも思い出せるはず?影の魔人『ザ・カゲスター』はこんな感じでした。ギュッギューン!
こういち | 7,643 view
特撮『仮面ライダーX』の最終回ってどうだった?

特撮『仮面ライダーX』の最終回ってどうだった?

子供のときに観てたけど、最終回ってどんなだったっけ?そんな作品ってけっこうありますよね。そんな方のために、最終回のあらすじをお届けします。これであなたも思い出せるはず?『仮面ライダーX』はこんな感じでした!セタップ!
こういち | 6,503 view
特撮『キカイダー01』の最終回ってどうだった?

特撮『キカイダー01』の最終回ってどうだった?

子供のときに観てたけど、最終回ってどんなだったっけ?そんな作品ってけっこうありますよね。そんな方のために、最終回のあらすじをお届けします。これであなたも思い出せるはず?『キカイダー01』はこんな感じでした!
こういち | 7,995 view
特撮『アクマイザー3』の最終回ってどうだった?

特撮『アクマイザー3』の最終回ってどうだった?

子供のときに観てたけど、最終回ってどんなだったっけ?そんな作品ってけっこうありますよね。そんな方のために、最終回のあらすじをお届けします。これであなたも思い出せるはず?『アクマイザー3』はこんな感じでした!行く道ひとつ、ただひとつ!
こういち | 3,997 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト