昔流行ったカップラーメンのCMを集めてみた!
2017年10月1日 更新

昔流行ったカップラーメンのCMを集めてみた!

手ごろで安価ゆえに、国民のソウルフードとして親しまれ続けているカップラーメン。その歴史を振り返ると、これまでさまざまな商品が発売され、それに伴い多種多様なテレビCMが放送されてきました。今回はその中でも、特にインパクトが大きかったCMをいくつかピックアップして紹介していきます。

4,068 view

ケンちゃんラーメン 1988年

80年代後半、『加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ』(TBS系)、『志村けんのだいじょうぶだぁ』(フジテレビ系)といった冠番組が軒並み好調で、絶頂期ともいえる人気を誇っていた志村けん。その人気にあやかろうとして生産されたのが、ケンちゃんラーメンでした。

「ケンちゃんボールペン」「ケンちゃんケシゴム」「ケンちゃんびっくりカードペン」などが当たるクジ付きのケンちゃんシールが同封されたこのラーメンは、子供たちのおやつとして長らく親しまれたものです。

ケンちゃんラーメン CM

日清食品 カップヌードル MISO 1992年

カップラーメンの元祖・カップヌードル。2016年時点で世界累計売数・400億食を突破している同商品は、日本が誇るグローバルブランド食品の一つとして、国際的にも認知されています。
そんなカップヌードルのコマーシャルには印象的なものが多く、1992年は、特にその当たり年であり、後述するミニ原始人がマンモスを追いかけるCMと共に話題を呼んだのが、ブラックミュージック界の大御所・ジェームス・ブラウンを起用した「カップヌードル MISO」のテレビCMでした。

その内容はというと、JBの代表曲『Get Up(I Feel Like Being Like A)Sex Machine』のフレーズ「Get Up!」が「ゲロッパ」と聴こえることにひっかけて、「ミソンパ!」と歌わせるというセルフパロディ的なもの。そのため一時期ジェームス・ブラウンは、彼の凄さを知らない子供たちから「ミソンパのおじさん」と認識されていたものです。

日清食品 カップヌードル MISO James Brown 15" 1992

日清食品 カップヌードル 1992

人気の俳優、タレント、アイドルを起用したり、J-POPの流行歌を流したりと、日本のテレビCMというのは、イメージ戦略を重視する傾向にあります。そのドメスティックさゆえに、国際的なCMのコンペティションで評価されることは極めて稀です。

しかし、1992年に放送されたカップヌードルのテレビCMは例外であり、世界でも高く買われ、カンヌ国際CMフェスティバルでグランプリを受賞しています。なんでもこのCM、日清社員が「自分たちのほうが面白いCMを作れる。失敗したら全員坊主になるからやらせてくれ」と、上層部へ直訴して実現したのだとか。結果として、CMは大好評につきシリーズ化。作り手の強烈な熱意が込められていたからこそ、歴史に残る名CMになったのかも知れません。

日清カップヌードル CM 1992年 「マンモス」篇

日清食品 ラ王 1996年

現在、前園真聖といえば、フジテレビ系の情報番組『ワイドナショー』で、松本人志や東野幸治にいじられている、天然系のおじさんタレントとしてお馴染みです。しかし、90年代中ごろまでは、将来を嘱望されるサッカー界の若きスターとして君臨していました。

そんな選手として絶頂期の前園を迎えて制作されたのが、日清『ラ王』のCMです。彼の相棒役をつとめたのが、当時無名の中田英寿。「ヒデ、ラーメン食いたくね?」「いくか、ゾノ!」という、コミカルな掛け合いは、1998年に日本が初のワールドカップ出場を決めて中田が時代の寵児となるほどに、格好のネタとして語られていたものです。

日清食品 袋のラ王 前園真聖 中田英寿

サンヨー食品 「サッポロ一番」カップスター 1999年

カップスタ~♪
食べたその日から~♪

味の虜に~♪
虜になりました♪
出典 「サッポロ一番」カップスターCMより
「サッポロ一番」カップスターのCMソングとしてお馴染みのこの歌。商品の発売年である1976年ごろより既に歌われていたという同曲は、一度聴いたら、耳から離れないキャッチーさがあります。
1999年には、吉田拓郎がこの曲を歌唱するバージョンが放送開始。当時、KinKi KidsがMCをつとめたフジテレビ系の音楽番組『LOVE LOVEあいしてる』への出演により、若年層にも知られる存在になったことが、起用の理由であったと考えられます。
サッポロ一番 カップスターしょうゆ

サッポロ一番 カップスターしょうゆ

「サッポロ一番」カップスター 吉田拓郎

エースコック スーパーカップ 1990年代後半

現在、コンビニやスーパーの即席麺コーナーを賑わす「ガッツリ系カップラーメン」の数々。その元祖とでもいうべき商品が、1988年から発売されているエースコックの「スーパーカップ」です。
24 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

今懐かしいカップラーメン・インスタントラーメン

今懐かしいカップラーメン・インスタントラーメン

日本が生んだ世紀の発明品の一つ!カップラーメン。学生の頃は、その安さから主食だった人も多いのではないでしょうか。また、大人になった今でも、夜中とかに小腹がすいた時の強い味方ですよね。そんなカップラーメン、毎年すごい数の新商品が出ては消えています。そこで、ここでは今、懐かしいカップラーメンを紹介していきます。
yt-united | 8,582 view
アトランタオリンピック最大の衝撃!日本サッカーマイアミの奇跡を振り返る

アトランタオリンピック最大の衝撃!日本サッカーマイアミの奇跡を振り返る

1996年アトランタオリンピック。陸上、競泳、体操、柔道、テニス…と数々のスポーツ競技があるなかで、最大の衝撃!最大の番狂わせ!と言われているのが、男子サッカー日本vsブラジル戦です。いわゆる「マイアミの奇跡」と言われている一戦は、優勝候補と言われていたブラジルの猛攻を守備陣が防ぎ、奇跡の勝利を収めました。その日本サッカー衝撃の一戦を振り返っていきましょう。
yt-united | 1,562 view
お湯をかけるとボスジャンになる!?「BOSS」と「ラ王」の奇跡のコラボ「ラ王ボスジャン」が登場!!

お湯をかけるとボスジャンになる!?「BOSS」と「ラ王」の奇跡のコラボ「ラ王ボスジャン」が登場!!

サントリーコーヒー「BOSS」と「日清ラ王」はともに発売25周年!それを記念し「BOSS×日清ラ王 25周年コラボ ラ王ボスジャン」キャンペーンを実施中なのですが、その賞品が「お湯でもどるボスジャン」だと話題になっています!
隣人速報 | 895 view
『キャプテン翼 ~たたかえドリームチーム~』サッカー日本代表ガチャキャンペーン「たたかえ蒼き戦士たち」を開催!応援隊長に前園真聖さんが就任!

『キャプテン翼 ~たたかえドリームチーム~』サッカー日本代表ガチャキャンペーン「たたかえ蒼き戦士たち」を開催!応援隊長に前園真聖さんが就任!

『キャプテン翼 ~たたかえドリームチーム~』でサッカー日本代表ユニフォームを着用した選手たちが登場!アトランタオリンピック代表の前園真聖が今回のキャンペーン応援団長に就任!!LINE スタンプ第二弾を無料配布&公式生放送も決定!
ダンプ松本のCMで話題になった異色作『日清のタコヤキラーメン』

ダンプ松本のCMで話題になった異色作『日清のタコヤキラーメン』

日清食品から1985年に発売された懐かしのカップラーメン『タコヤキラーメン』 ラーメンの上にたこ焼きを乗っけてしまう斬新な発想と、ダンプ松本が出演した個性的なCMで話題になった。 黒歴史と言われながらも、人々の記憶に残っている衝撃作を振り返る。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト