伝説の名機コモドール64の復刻版が日本でも!「コモドール64ミニ」の国内販売予約受付が開始!
2018年7月28日 更新

伝説の名機コモドール64の復刻版が日本でも!「コモドール64ミニ」の国内販売予約受付が開始!

キュレーションセールスのヴェルテは、Retro Games社製ホームコンピュータ「コモドール64ミニ」の国内販売を開始すると本日7月26日に発表いたしました。「コモドール64ミニ」自体は「THEC64 Mini」として3月にヨーロッパで発売されていましたが、今回を機に日本でも購入が可能になります。

3,083 view
 復ッ活ッ

 コモドール復活ッッ
 コモドール復活ッッ
 コモドール復活ッッ

コモドール64のミニチュア復刻版が日本でも登場

《コモドール64ミニ》国内販売、予約受付開始

 キュレーションセールスのヴェルテは、Retro Games社製ホームコンピュータ《コモドール64ミニ》の国内販売を開始すると本日7月26日に発表いたしました。

 《コモドール64ミニ》自体は「THEC64 Mini」として3月にヨーロッパで発売されていましたが、今回を機に日本でも購入が可能になります。
コモドール64ミニ 本体

コモドール64ミニ 本体

 コモドール64は米コモドール社が1982年1月に発表した8ビットホームコンピュータ。
 ライトユーザー、ヘビーユーザーともに愛好され、1機種としては異例の2200万台を出荷。
《歴史上もっとも売れたホームコンピュータ》としてギネスブックにも掲載されている。

《コモドール64ミニ》は、《コモドール64》のフルスペックを1/2スケールで再現。
 HDMIで720p出力、2つのUSBポートも備えており、専用ジョイスティック1個も同梱。
 ゲームタイトルは往年の名作が64本内蔵されています。

 BASICプログラムも可能であり、子供向けのプログラム学習に活用ができるとのこと(汎用USBキーボードを接続した場合)。


 また独自につくられた日本語の取扱説明書と、特別付録冊子「コモドール64で小中学生から学ぶBASICプログラム」も付属されます。

概要

コモドール64ミニ パッケージ

コモドール64ミニ パッケージ

THEC64 Mini – 2018 promo (American English)

種別
 海外輸入商品、並行輸入(正規代理店契約を交渉中)

製品名
 コモドール64ミニ「THEC64 Mini」

開発製造
 Retro Games社
 https://thec64.com/

輸入代理店
 ヴェルテ(株式会社シティ)
 http://welte.jp/

予約受付開始
 2018年7月26日

出荷開始予定
 2018年10月

価格
 9,800円(税送料込)7月31日迄の早割特価。
 通常価格15,800円(税送料込)

支払い方法
 予約注文時の銀行振込のみ
 大学、研究機関、上場会社は請求書による後払が可能

販売方法
 直営店の完全予約販売

販売URL
 http://welte.jp/ca3/121/p-r-s/

仕様
 ・本体サイズ 360×144×100mm
 ・HDMI出力、720p/60Hz
 ・USBポート×2、MicroUSBポート×1(電源用)
 ・ジョイスティック×1付属 (別売りジョイスティック追加で2プレイヤー可能)
 ・USBフラッシュドライブによるアップデート対応
 ・BASICプログラム(C64 BASIC)対応
 ・日本語版クィックガイド付属
 ・日本語版ユーザガイド付属
 ・独自特別付録冊子
  『コモドール64で小中学生から学ぶBASICプログラム』(松川政裕著)
 ・64本のゲーム内蔵
 ・認証 VCCI/FCC/CE/RoHS他
 ・保証 90日保証(初期不良交換、無料修理、無料交換対応。保証期間終了後は有償でサポートします。)

収録ゲームタイトル

Alleykat
Anarchy
The Arc of Yesod
Armalyte
Avenger
Battle Valley
Boulder Dash
Bounder
California Games
Chip's Challenge
Confusion
Cosmic Causeway
Creatures
Cyberdyne Warrior
Cybernoid
Cybernoid 2
Deflektor
Everyone's a Wally
Firelord
Gribbly's Day Out
Hawkeye
Heartland
Herobotix
Highway Encounter
Hunter's Moon
Hysteria
Impossible Mission
Impossible Mission 2
IO
Jumpman
Mega-Apocalypse
Mission A.D.
Monty Mole
Monty on the Run
Nebulous
Netherworld
Nobby the Aardvark
Nodes of Yesod
Paradroid
Pitstop 2
Ranarama
Robin of the Wood
Rubicon
Skate Crazy
Skool Daze
Snare
Speedball
Speedball 2
Spin Dizzy
Star Paws
Steel
Street Sports Baseball
Summer Games 2
Super Cycle
Temple of Apshai Trilogy
Thing on a Spring
Thing Bounces Back
Trailblazer
Uchi Mata
Uridium
Who Dares Wins 2
Winter Games
World Games
Zynaps

PC史と日本ゲーム史に残る数奇な名機《コモドール64》

 コモドール64が登場したのは1982年のこと。
 スペックを見るとCPUのところに《1.02》と書いてあったから一瞬ビビリましたが、《1.02 MHz》でした。Intel Core i9のCPU周波数が《2.6 GHz》なので数字上では1/1000という事になりますね。
 
 メモリは《64KB》。容量は《20KB》。ミニチュアみたいでかわいらしいですね。
《コモドール64》。当然だが復刻版のデザインとほとんど...

《コモドール64》。当然だが復刻版のデザインとほとんど差は見られない。

 しかし当時としてはかなり良いスペックであった事、そして低価格路線や広告展開などの商業的なセンスの良さもあって《コモドール64》は爆発的な人気となりました。
 様々なツールやアプリケーションを使う事が可能で、市販されたタイトルは10000を超えるとか超えないとか。

 とはいえ基本はゲーム機として使われていたようです。
The Last Ninja

The Last Ninja

どことなくAge of empireを感じるグラフィック

どことなくAge of empireを感じるグラフィック

 当時の日本にもコモドールジャパンという会社が存在しており、名機《コモドール64》は1982年末に国内でも販売される事になりました。なったのですが……。

 まず、欧米では標準価格595ドルという〝安値〟で取引されたコモドール64ですが、日本での価格はカタカナキーボードがついて約10万。
 1ドル250円程度だった当時の事情を考慮すると割合頑張っていた値段だと思います(単純計算すると定価15万くらいにもなりえる)。
 が、1983年に発売された《光速船》が「54800円と定価が高く、あまり売れなかった」と言われていた状況ですから、消費者にとってホイホイ買える価格ではありません。

 先に発売されていながら《廉価版コモドール64》とも言われている《マックスマシーン》という存在もあり、こちらは34800円とだいぶ落ち着いていたのですがやっぱりヒットはしなかったようです。
 色々理由はありそうですが、やはり最大の要因は1983年7月に《ファミリーコンピュータ》が登場した事でしょう。
ファミリーコンピュータ

ファミリーコンピュータ

23 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

80s~90sに誕生した大人気 《サンリオキャラクター 》がサンキューマートに初登場!

80s~90sに誕生した大人気 《サンリオキャラクター 》がサンキューマートに初登場!

「サンリオキャラクターズ」と「サンキューマート」の新商品が販売開始!80s~90sに誕生した大人気サンリオキャラクターズ《ノラネコランド》《おさるのもんきち》《るるる学園》《ぽこぽん日記》とのコラボ商品!もちろん店内全品390円となっています!
夢だけど、夢じゃなかった!愛知県に「ジブリパーク」を誕生させる大構想が始動!!

夢だけど、夢じゃなかった!愛知県に「ジブリパーク」を誕生させる大構想が始動!!

愛知県長久手市にある愛・地球博記念公園を「ジブリパーク」に――このたび、愛知県とスタジオジブリが愛・地球博記念公園に開業を目指している「ジブリパーク」の基本デザインがまとまり、2022年度に開業を目指すことで一致したことが明らかとなりました。
隣人速報 | 2,339 view
「メガドライブミニ」で世間を沸かせているセガが、なんと“任天堂”と手を組んで過去の名作ゲームを復刻!!

「メガドライブミニ」で世間を沸かせているセガが、なんと“任天堂”と手を組んで過去の名作ゲームを復刻!!

株式会社セガゲームスは、2018年4月14日~15日に開催されたイベント「セガフェス2018」において、名作ゲームを現代に復刻するシリーズ「SEGA AGES(セガエイジス)」をリブートし 、Nintendo Switch™向けに新展開することを発表しました。
隣人速報 | 7,767 view
噂の「メガドライブミニ」がついにお目見え!どのタイトルが収録されるのか勝手に予想してみました!!

噂の「メガドライブミニ」がついにお目見え!どのタイトルが収録されるのか勝手に予想してみました!!

4月14日から15日にかけて開催されている「セガフェス2018」の会場にて、「メガドライブ」の生誕30周年を記念した復刻機「メガドライブミニ(仮称)」が公開されました。果たしてどんなゲームが収録されるのか?ミドルエッジで勝手に予想してみました!
隣人速報 | 7,346 view
森高やフーミンを超えろ!?「実話ナックルズ」が「神パーツ」の持ち主を募集中!!

森高やフーミンを超えろ!?「実話ナックルズ」が「神パーツ」の持ち主を募集中!!

ネットサービス「マシェバラ」と「実話ナックルズ」とのコラボレーション企画「実話ナックルズ神グラビアオーディション」が参加者を募集中です。今回のテーマは「神パーツ」。神パーツをお持ちの方は是非参戦を!
隣人速報 | 13,618 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト